Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.919
5つ星のうち3.9
価格:¥10,072+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月17日
Steamで発売日に購入しました。それなりに弄り情報収集した感想を書きます。

まずは長所から。UIはツクールVXAの正統進化です。
というかほとんど変わっていないんですけどリージョン周りが使い易くなってます。
マップエディタもほぼいつも通りでレイヤーの任意切り替えは出来ませんが
公式プラグインのOverPasstile.jsを使えば立体交差も擬似的に組む事が可能になってます。
スクリプト言語をRubyからJavaScriptに変更したのは一長一短ですが
JavaScriptの方が実用的なライブラリが豊富でMV最大の売りであるマルチ出力を可能にし、
また技術者も比較的多いせいか国内外でツクールMV関係のフォーラムが作られユーザ間で意見交換する場が増えたと思います。
残念ながらイベントコマンドにはあまりフィードバックされていませんが
マウス/タッチ入力取得やPIXI.jsを利用した描画演出等スクリプトで操作可能な範囲が格段に広がりました。

次に短所その1.半分誇大広告である事。
最大の長所はマルチ出力「を可能にした」だけです。
apkファイルにしたい場合は別途JDKやAnt、AndroidSDK等が必要になります。
初心者がスマホ実機テストするだけでもけっこうハードルが高いです。
また、公式サイトではRTPを廃止した事をメリットとして紹介していますが
その結果、膨大なファイルサイズになる事に対して一切フォローがありません。
RTPをゲームに含めるだけならVXA以前からオプションチェックで出来た事ですよね?
ただの朝三暮四でツクラーが喜ぶと思っているのなら猿扱いされてるようで不愉快です。

短所その2は公式に対する拭えぬ不信感。
その1と少し被るんですが、英語版や体験版がリリースされてから様々なバグや問題点が見つかってます。
そしてその事を公式に報告されているはずですが公式サイトや公式twitterでは一切反応がありません。中には
「遠景が設定されているマップでメニュー開閉を繰り返すとクラッシュを起こす」
という致命的なバグも有りますが注意喚起や情報提供の呼びかけもせずに沈黙を貫いてます。
特にバグフィクスに関する情報はユーザの目に見えるところで小まめに発信してほしいんですが…

ツール自体は良いと思いますしバグもアプデやパッチで直るなら大目に見ます。
問題点も有志の方で改善方法の模索やガイドラインの整備が検討されています。
ただし公式の態度を見ていると今後サポートをしっかり続けてくれるのか大いに不安です。
まさか機能拡張プラグインだけでなくバグ潰しや補助ツールの開発運用も全てユーザに任せりゃ良いと思ってませんか?

可もなく不可もなくの星3ではなく、星5から併せ技で減点2の星3です。
JSのスキルを持て余してる方、またはこれを機に学びたい方にはおすすめします。
自力でトラブル対応出来ない方はデバッグと情報が出揃うまで待った方が良いと思います。
また、購入の意思が固い方でも事前に体験版を落として正常動作するか確認した方が良いでしょう。
1コメント1件|143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月4日
2000,2003,xp,vx,vxace全て使ってきました。
今回のは、aceベースのものですが、ACEでいうスクリプトがRGSS3から、プラグインというものになり言語はjavascriptに変更です。
基本は、ace並みに安定した操作性だといえます。

一番良い部分として大きいのは、RTPをインストールしてもらう必要も無いため簡単に配布可能なこと。
Web公開も、プロジェクトそのままアップするだけと、簡単です。

が、日本版の更新の対応が遅い、、、気がする。

こちらのsteam版のverup更新履歴を見ていただくように
[・・・]※「steam rpgmakermv」検索とかで参照
海外版は、バグつぶしのアップデートやらがすすんでいます。
しかも毎週水曜日。

私が購入した日本語版は、
日本公式が無料DLでプラグインを配ってるやるぜ、な感じで配ってます。
その中に、海外有名プラグイン製作のYEPプラグインもDLする資格があるのですが、そこで配布されているのはPluginのVerが1.00、、、とか。
古すぎて使いものになりません。結局、英語サイトに飛び、英語と格闘しながら探すような事になるのですが、
向こう側の本体verが違うのか、日本の本体のverだとバグを起こすものもあります。

例えば
最新のYEPプラグインだと、webに上げたらスマホブラウザからだとタッチが利かない、
日本公式が配布している旧版のYEPプラグインだとタッチ可能とか。つまりは、海外製のプラグインに日本語版の本体が追いついていないのは?
という疑惑も残ります。まぁここは、公式以外が開発したプラグインのことなのでソフト自体のレビューではないですが。

ちなみに、公式が無料でドヤと配布しているプラグインには、スプライトのバグを修正するプラグインやらも配布されています。しかもどうやら海外製。
つまりは、プラグインでもしやパッチををあてていくのかという疑惑もおこります。(VXの時も旧ゲームのパッチは配布スクリプト追加でしてましたたが・・・)。
これがどういう事を意味するかと言うと、海外と日本じゃ、本体の更新をしていくのかパッチプラグインで補正していくのか、かなりカオスな状況が予想されます。

他、細かいバグが多いのですが、2016/01/04時点でも日本語版のバージョンは、1.01のまま。

二度書きますが、Steam版は、毎週水曜日更新だそうです。
つか、日本語版と、更新が別と言う、、、もうカオスですね。

あと追記としては、海外プラグインメインで行くなら、UTF-8にして編集など手間もあります。
この時点でライトユーザーアウトです。これはソフトの評価ではないですが、、、。

が、最初にも書きましたが、プラグインに頼らない、素で製作するにはAce並みに安定していますし
そこそこのはつくれて楽しめるとは思います。

私は、更新が多そうな、Steam版買えば良かったと後悔しています。現時点では。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
 スマホアプリを作るには別に開発環境が必要です。
スマホアプリを作ったことがない方は、AndroidやiOS開発環境の構築をしてから公式サイトの30日無料版を試すことをおすすめします。
開発環境の構築が大変です。パソコンの知識がある程度無いと問題を解決できないかもしれません。
 ダウンロード版ならWinとMac両方で使用できます。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月11日
ツクールMVが重いという人は居ても、お使いのPCの性能が不明な事が多いので、
私の環境でMVを使った場合の使用感について書きます。

【今回使ったPCの性能】
NEC VN770FS3ER/OS Win7 64bit/CPU 2.2GHz i7-2670QM/Mem 8GB
2011年モデルですが、事務仕事をする程度であれば問題ない性能です。

【今回行った作業】
(1)マップエディタモードにし、新規マップを作成(17x13)
(2)1x1マスのマップチップを配置(ABCからそれぞれ2種類)
(3)2x2マスのマップチップを配置(ABCからそれぞれ2種類・範囲選択使用)
(4)イベントエディタモードにて宝箱、宿屋、触れると戦闘になるモンスターを配置
(5)テストプレイ

【感想】
まず全体的に挙動が遅いと感じました。特にマップエディタです。
1x1のチップを配置している時はそうでもないのですが、範囲選択を用いて2x2のチップを配置している時が特にひどく、
まず2x2のチップ範囲選択に1秒ほど、配置に1~2秒ほどの遅延が発生します。
小さいマップならともかく、大きめのマップを作成するとなると使い物にならないレベル。
イベントエディタも少しもたつくため、長い期間触るツールとしては辛いです。

反対に、テストプレイの挙動については宝箱、宿屋、戦闘も特に遅延が観られませんでした。

以前から興味もあり、よく確認せず購入してしまいましたが失敗したかなーと思っています。
デフォルトで用意されている素材も大変素晴らしいですし、有志のスクリプトも沢山公開され始めており、
長い目で観ればMVを購入するのも選択肢としては大いにアリだと思いますが、まずは必ず体験版を触ってみてください。
バカな私の様に勢いで購入してしまうと困ったことになりますので。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月30日
現状のMVはバグもあるし重いし、MVで出来ることは大抵ACEでも出来ますし、作りやすさも大して変わりません。
現状のMVで、旧作ACEより優位なのは、ブラウザやスマホで公開できることぐらいですが
初心者にはこれが簡単には出来ないので、今は大きな壁になると思います。
そうなるとACEとまったく同じで、PCへの配信ぐらいしか出来ないということになり、
それならACEのほうが軽くてバグもなくてMVで出来ることは大抵出来るのでACEのほうが優れてる。
さらに、MVには「ACEで作ったゲームをMVにコンバートする」、という機能もあるし
作り方もほとんど一緒なのでACEで製作作業をすることは無駄にはならないはず。
というように思います。
今後のアップデートで、バグ修正や、配信が容易になる予定が発表されてますが
それが期待どおりのものかどうかを見定めてから買っても遅くはないと思います。

MVは、「ユーザー増加が著しいスマホ用に配信できたらそれでツクールを取り巻く状況が良くなるはずだ」、
という単純な動機から、単純にこれまでのPC用ツクールをスマホにも配信できるよう作ったように見えます。
しかしスマホ向けに配信する場合、パケット料金やスマホの性能、セーブデータ、ゲームを配信するサーバー費用など
様々な問題が新たに生まれました。
それらの問題について開発段階での考慮が足りず、
今現在、作りながらプレイしながら解決策等を議論してるような状況に見えます。

現状のMVはゲーム製作ツールとしては、完成度65%という感じがします。
「ゲームを作りたい」 ならACEのほうがいいと思いますが、
javascriptなどを勉強してる人は、その力を発揮できて楽しめてるように思います。
ただ、jsが出来る人は、ツクールのウリ文句の、「ゲームを簡単に作成したい初心者」 ではない人だと思います。
0コメント|38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月19日
ファンの私にとっては待望の新作です。
本作からはスマートフォンにも対応ということで、よりプレイの幅が拡がりました。
ただ、本作は最新のOpenGLに対応をしていることが利用条件なのですが、対応をしているのにも関わらずゲーム起動時や戦闘テスト時に、稀に周囲のアプリをも巻き込んで5秒ほどフリーズをします。

本件を開発元へ問い合わせたのですが、「OpenGL対応のカードを使ってほしい。利用環境について個別のサポートは行っていない」という旨のテンプレート回答しか得られず、まともに取り合ってもらえませんでした。
もともと使用していたグラフィックカードも、最新のOpenGLには対応をしていましたが、このためだけにグラフィックカードを新調してもみました。
しかし、結局フリーズ現象は直らず、このことを再度報告しても同じテンプレ回答しか返って来ず、非常に残念な思いをいたしました。
最初から最後まで利用者の環境を疑ってかかる姿勢は、サポートとしてどうなのだろうかと感じました。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月31日
スクリプト言語がJSとなったことが最大の変更点。
しかし、JSのマニュアルが英語など分かりづらい点も。実際にJSを弄りたい人は、デベロッパーツールを理解していないと現状では難しい印象。
そこに期待していたので、★-1というところです。
しかしRubyに比べるとJSは(個人的には)簡単な言語なので、マニュアル(functionの解説)がもっと充実してくれば、窓口は広がりそうな気がします。

実際に(完成した)スクリプトを使うユーザーとしては大変使いやすいツールだと思います。
しかし、現状では発売から間もなく、プラグインも揃っていないため、今すぐに開発をはじめたいという人は前作ACEを使うほうが無難かもしれません。
しばらく時間を置いて、JSプラグインが出揃い始めれば、かなり良いツールになると思います。そのためにも、プラグインを作るユーザーに向けた発信をもっと増やして欲しいところです。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月9日
 実際に使ってみると、ドラクエタイプもFFタイプの戦闘システムを用意している、今までのツクールの集大成と言っても過言ではないだろう。
 今回からはRGSSを廃止し、Javascriptでプラグインを作成してシステムを自前で拡張できるようになった。RUBYベースからJavascriptベースになったのは歓迎したい。
 しかし、反面極めて残念な点が2つある。
 1つ目は説明書の説明が極めて雑であること。特に、プラグイン作成に必要な定数の説明やらプラグインをどのようにしてデータベースやゲームのイベントに使えるようにするかの説明が全く無い。現状はプラグインの組み込ませ方しか書かれていない。これでは、オリジナルシステムを作りたくても作れない。公式から提供されているプラグイン以外使うなという公式からのメッセージか?
 2つ目は不具合が多いこと。システムクラッシュする不具合やゲームパッドがまともに動作しない問題がある。これはどうしようもない。公式からのバグ改修パッチを待つしかないのか。
 そういうわけで、そのままの評価なら☆3つだが期待も込めて☆4つ。とにかく、プラグインのマニュアルの充実化と不具合の問題は直ちに解決して欲しい。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
デフォルトの機能でも
ドラクエ風に仲間ひきつれて
FFのようにサイドビューで戦闘できます!

今回からプラグインという拡張システムが出来て
とても 作りやすく?改良しやすく なったとおもいます。
でも、色々と前作から追加はされていますが
基本的に前作VXでも知識と技術があれば できたことが多いですね

しかし 逆に言えば本当にプログラミング等の技術が0で
最初っからの方でも ちゃんと作りこめるので おすすめできます^^

個人的に一番うれしかったのはテストプレイしながら
エディタですぐにミスした箇所を修正していけるところですね!
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月22日
普通にインストールしただけでは、BGMの番号などがとんでいます。
DISC内に同梱されているだけなので大丈夫です。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)