Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
115
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年5月3日
レビューなので個人的見解100%前提で
面白かったです!期待通りでした!
トム(イーサン)をはじめみんなそれぞれキャラが立ってました
やっぱり脇役が良いと主人公のキャラも立つしストーリーも余計に面白く思えるっていうのが良く分かる作品だと思いました
特にカーチェイスのところでお互いの車がぶつかり合って互いに認識し合うところのベンジー(サイモン・ペグ)の
「あぁー!お前らなー」って感じで指さすところが好きです
これは買って良かったです
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月19日
おなじみのテーマ曲が流れるだけで興奮してしまいます。
この音楽のテンポに合わせて脚本が書かれて編集が行われているのでしょうね。
それにしても脚本が毎回良く作り込まれてますね。
スパイ道具も「映画的」で面白いし、悪役の最後も痛快。
相変わらず誰も気づかないマスク変装も笑える。
そしてなによりも、広げた風呂敷はきちんと畳む気持ち良さですね。
ただただ壊しまくったり、殺しまくったりするストレス発散系の映画とはひと味違う良質の作品。
007のように二代目イーサンが誕生しても見てみたいシリーズです。
1作目から一貫してプロデューサーを務めているトムクルーズにはその立場を続けて欲しいですけどね。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月2日
DVDは要らんからもう少し安くお願いします。
Blu-rayのみで無問題だと思うのは、自分だけかなぁ。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月7日
ブルーレイで十分なのに何故DVDも買わされるのか…いつも困ってます…
1コメント1件| 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月20日
劇場でも鑑賞しました。

今までミッション〜シリーズを見た方なら、
まぁ満足できるでしょうといった形です。

登場キャラはほぼ前作ゴースト・プロトコルで
揃ったメンバーに女性が入れ替わった形。

今回、イギリス諜報部員、元イギリス諜報部員などで構成された敵組織など
様々なスパイ達が絡んできますのでゴッチャにならないよう。

今回のアクションシーンは見所沢山です。
が、ゴーストの時のドバイのシーンのような
この映画ならではのシーンがなかったかなぁ。
(それが輸送機にしがみつく最初のシーンなのかなぁ…。)

アクションシーンは今までミッションシリーズで
してきた事を、更に見栄え良く組み込んだような感じです。

全体的に面白いんですが、個人的にはゴーストの方が好きです。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月6日
 オープニングで「アリババ・ピクチャーズ」のクレジットを発見して、まずビックリ。チャイナマネーはハリウッドまで爆買いしていたんですね。
 さて、映画はのっけから息もつかせぬアクションで幕を開けます。でも、離陸する軍用機にしがみついたトム・クルーズの顔がアップになると、「ちょっと老けたかな」という感じは否めません。そりゃそうでしょう、万年青年のトムももう五十過ぎですから、まあ、年齢相応なのかなぁ……なんて不安は体を張ったスピーディーなアクションの連続が吹き飛ばしてくれます。それだけではなくプッチーニのオペラ「トゥーランドット」に合わせて進むオーストリア首相暗殺シーンの円熟味溢れたアクションは手に汗握りました。
 かつてショーン・コネリーは四十過ぎで007を卒業、後を継いだロジャー・ムーアは五十代後半までボンドを続けましたが、さすがに最後の数作は体が重そうだったのを考えると、トムクルーズの鍛錬ぶりが分かります。
 おなじみのIMFの面々も相変わらずいい味を出しているのに加えて、今回は悪役のサイモン・マクバーニーがこれまでの作品のなかでも出色のできばえだったと思います。ジョン・ル・カレ原作の「裏切りのサーカス」にも出演していた名優ですが、先の先を読んで、とことん人間を操ろうとする非情なスパイマスターの姿は、まさにル・カレの世界を彷彿とさせます。ウッディ・アレンの「マジック・イン・ムーライト」でもいい演技を見せてました。
 後半のストーリーにはややあっけなさを覚えたものの、シリーズ5作目にして、世界中で七百億円を超える興行収入を上げるのも納得の見応えでした。ソフトでディテールにこだわりながらゆっくりと見直すのが楽しみです。
 
1コメント1件| 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月29日
このシリーズは面白い!ゴーストプロトコルが出来すぎた感じがあるので、少し見劣りするかもしれませんが何度観ても飽きません!
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月14日
久しぶりに予約してブルーレイを買いました。映画館も2回も行って何度見てもかっこいいし、面白い。こんなに今作でハードル上げてしまって、次どうするのか心配です。。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月28日
T.クルーズのMIシリーズは、もう20年以上も続く人気シリーズになったとは言え、どうも最初からオリジナルのTVシリーズとの乖離が甚だしく、MI(スパイ大作戦)のファンであればあるほど評価の難しい映画群になっていた。今更大昔のTVドラマと比較してどうのこうの言うのはヤボだけれども、これだけ設定もテーマ曲もイイとこは拝借しておいて、一世を風靡したオリジナル作品へのリスペクトのない、バイオレンスアクション映画にしてしまったT.クルーズの功罪は大きい。と、思いつつも結局見続けてしまうのがまた悲しい。ところが、不思議なことにこのシリーズ、作品回数が下るごとに「オリジナルに近づきはじめた」のである。前作の第四作ではその傾向が顕著で、チームプレイとトリックプレイが重視された作りになっていて、とても好感が持てた。クルーズも歳だからこれが最後かと思いきや、5作目が登場。話題の飛行機しがみつきシーンが何と冒頭のミッション。この強烈な「つかみ」で始まり、定番の「指令」が敵の挑戦状だったというショック、平行して所属組織のIMFが上部組織のCIAの目に目の仇にされているというバックボーンの危機(この設定は最近の007と酷似)もあいまって、追い詰められたチームが死力を振り絞って「不可能作戦」に挑むという内容の充実度。ちょっと頼りなげだったIMFチームに、古株V.レイムスが復帰し、最後まで敵か味方かわからない凄腕女スパイがからんで面白いコンビネーションが成立している。シリーズ映画の宣伝では常套句として「シリーズ最高傑作」と軽々しく使うことが多いが、この作品に関しては、決して言いすぎではないだろう。多少まだバイオレンス度が気になるが、オリジナルのファンでも納得できるMI映画がやっと出来たかなと言う気がする。007的な実写アクションもいいが、今作で一番ポイントが高いのが、オーストリアのオペラ劇場での狙撃シーンだ。標的を三重に狙う暗殺計画をハントが食い止めるアクションも凄いが、このような古典的スパイ映画の題材を再現してくれたのには拍手喝采したい。それもヒッチコックが「暗殺者の家」「知りすぎていた男」で二度も映画化した「狙撃の瞬間を楽譜で追う」というアイデアまで忠実に再現してくれたのには参った。このシーンだけで「最高傑作」の称号をあげてもいい。バイクの追っかけアクションも水槽倉庫へのダイブシーンも映画版MIシリーズ定番のアクションで冴えているし、仇の首領を殺さずにトリックで捕らえるというとの決着のつけ方もいい。しかも最初の「挑戦」のお返しをきっちりつけて仕留めるのが痛快だ。暴力で決着をつけるという前作までのパターンをいい意味で壊しており、これもよい進化傾向だ。世界界各地を巡って最後の決戦の舞台がロンドンという、007の最新作のストーリー設定を先取りしており、MI前作で女殺し屋を演じたL.ゼドゥが007最新作のメインボンドガールに就任するなど、もはやボンド映画の先を行っているスパイ映画になっているとも言える。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月13日
トムも、この映画の撮影時は、52歳くらい。 普通のサラリーマンのおっさんなら、運動不足で
贅肉もつくし、危険なスポーツは避ける年齢だ。どのジャンルのスポーツ選手でも、現役は退いているだろう。

バイクも前傾姿勢がきついスポーツタイプは、お腹もつかえ、肩もこる。
小金もあるし、乗るのは、BMWのレーサーでなく、ハーレー・D.か。

筋力、運動神経だけでなく、タブレットや、スマホの細かい文字も老眼鏡が無いと、見えなくなっている人も多い。
肝臓には、しじみのオルチニンとか言って、錠剤をとっては、お安い第三のビールを飲み続ける。。。

そして、50代になると、ヒトの名前が、ときどき出てこない。なのにハントの記憶力といったら。

そう考えると、イーサン、いやトムはほんと驚異的だ。
普通は、各国でロケを行う、この映画の撮影自体、ついていけないようなハードな内容だろう。
それだけでも、トムのやっていることは、インポッシブルなことなのだ。

今晩は、お風呂の浴槽で、息を1分止めてみよう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告