Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
154
5つ星のうち3.5
スタイル名: 左手用|変更
価格:¥4,197+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月6日
トラックボール ロジクール M570t からの乗り換えです。

初めて親指操作のトラックボール ロジクール M570t を使ったときから、あまり違和感なく、すぐに慣れました。

そして、ELECOM M-XT3DRBK も同じような操作感覚で、違和感なくなじめました。

しかし、ロジクール M570t は、基本的な機能しかなく、もっと多機能なトラックボールを探していました。

そこで見つけたのがこの ELECOM M-XT3DRBK でした。結論を言うと、このモデルにはかなり満足しています。いくつか不満な点はありますが、まあ満足できる商品です。感想や不満を細かく挙げていきます。

【反応の精度】
マウスポインタやクリックの反応精度に関しては、ロジクール M570t のほうが上です。ロジクールの場合は、反応しないことがほとんどありませんでした。これに対して、ELECOM M-XT3DRBK は、マウスポインタもクリックも反応しないことが度々あります。しかし、個人的には受け入れられる範囲と感じています。精度がいいに越したことはありませんけど。

ちなみに、トラックボールでマウスポインタが合わせにくいという意見がありますが、windowsの「マウスのプロパティ」の「ポインターオプション」の中にある「ポインターの精度を高める」にチェックを入れると、使いやすくなります。これは、トラックボールを速く動かせばポインタがたくさん動き、ゆっくり動かせばポインタが少し動くようになる設定です。こうすることで、ポインタの動きがトラックボールの動きに細かく連動するので、ポインタを合わせやすくなります。だから従来の「減速スイッチ」はなくても問題ないと思います。

【機能】
機能は多機能なので、満足しています。戻る・進むボタンもありますし、横スクロール(チルト)もあります。もうひとつのカスタムボタンには、私は ctrl を割り当てて、ブラウザの拡大・縮小をトラックボールだけでできるようにしています。

【要望】
機能について、欲を言えば、ロジクールの高速スクロールが使えるとありがたい。ELECOMでも高速スクロールは使えますが、内容がだいぶ違います。

ELECOMの高速スクロールは、マウスホイールを、設定した回し方をすることで、スクロールし続けるというものです。ホイールボタンを押して自動でスクロールし続ける「オートスクロール」を一定のスピードで行うような機能です。

これに対してロジクールの高速スクロールは、マウスホイールを回した程度にあわせてスクロールをするというものです。マウスホイールを軽く回せば少しスクロールして、強く回せば大きくスクロールして、激しく回せば一瞬にして下まで(上まで)スクロールするというものです。

ロジクールの高速スクロールがあれば、長いウェブページでも楽にスクロールできますし、一瞬で一番下や一番上に移動できるのでとてつもなく楽です。

ELECOMの多機能トラックボールに、「ロジクールの高速スクロール」と「精度」が加われば完璧だと思います。

トラックボールはとても便利です。楽です。手首やひじの負担が激減します。もう手放せそうにありません。

もっとトラックボールの種類が増えてくれる事を切に願います。
0コメント| 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月23日
自分は重度の障害者で、右腕は使えず左手だけのパソコン操作のため使いやすいマウスをずっと探していました。いろんなトラックボールマウスを試したりしましたがなかなかしっくりするものがなく、 3年前にごろ寝で使えるトラックボールマウスを使い始めとても重宝していたのですが、使いやすさは申し分ないのですが若干壊れやすいため(ボールが反応しなくなったり、クリックボタンが連射したり)何度も買い直していました。今回も予備がなくなったので新しいのを買い足そうと思っていたら、こちらのマウスを見つけました。いろんな方のレビューを拝見し試しに購入したところ、操作性に関しては申し分なく思いますしボタンがカスタマイズできるので自分に使いやすくできるのでとても良いと思いました。

マイナス面を挙げるならば、思っていたよりマウス本体が大きかったので手の小さい自分には握りづらかったです。手の小さい方用にもう一回り小さいサイズがあったらいいなと思いました。なので、手の小さい方には多少使い勝手が悪いと思います。ですが、障害者の自分でも工夫次第で使いやすくなるので左利き用のマウスを探している方にはぜひ使っていただきたい商品だと思いました。

左利き専用の商品は数少ないので、使用者が増えていけばバージョンアップなども出るのではないかと期待しています。

追記:ボタンをカスタマイズできて便利なのですが、パソコン起動時(パソコンの機種によって違うのかもしれませんが)パスワードを入力時には初期設定に戻っていて、デスクトップ画面になるとカスタマイズの状態になるので、パソコン起動時からカスタマイズの状態で使えるといいなと思いました。
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月10日
普段は右手用トラックボールを主に使っていますが、
右手で筆記用具を使ったりオヤツ食べたりテンキー使ったり資料めくったりしながら
左手でパソコンのポインタ操作したい時用に、この製品を購入しました。
お絵かきするとかの高精度求められる時でないポインタ操作くらいなら、利き手でなくとも十分なので。
この左手用トラックボールと、別の右手用トラックボールを1台のパソコンに同時に接続し両側に置いて
時々にあわせて使い分けています。左右どちらか電源切ったりしなくても大丈夫です。とても便利になりました。

もともと左手でもトラックボールでポインタ操作したいと長年思っていて、
LogicoolやKensington等の左右両用ユニバーサルデザインの製品をアレコレ買って試行錯誤してきましが、
しかしボールの大きさであったりチルトホイールの有無やボタンの数や配置に満足がいかず、
すぐ使わなくなる製品ばかりでした。
そしてこの製品は右手用のトラックボールから何かを削って左右両用に収めた設計にするというようなこともなく、
右手用を完全に鏡映しにした「左手用」として左手に馴染みつつ機能性も全く劣らないという、単純な帰結ではありますが
2015年11月現在ではオンリーワンの価値を持つ製品なので、見つけてすぐ購入を決めました。
そして実際使ってみて、長年求めていたのはまさにコレだと感動しております。
是非他社も見習って左手用をリリースしてくれることを願ってます。
ニッチなので、この製品のように右手用より値段高くてもいいんです。自分はそこは十分納得できました。

ちなみに初期設定の右クリックと左クリックも入れ替わってるので、そこは使い始めの今はまだ違和感があります。
しかしドラッグ&ドロップ等の操作は人差し指の方がしやすいハズなので、そこは慣れるまでの我慢だと思ってます。
ただ、今のところは大きな違和感なので本当はマウス設定で入れ替えたいところでもありますが、
右手用も同時に接続している私の環境だと、左右2台とも同じ設定が共用されてしまうために出来なかったので
諦めて慣れてしまうようにしたというのが個人的事情でもあります。

あと電池式なワイヤレストラックボール製品全般に言える事ですが
操作止めてるとすぐ自動的に省電力モードに入ってしまい、
操作再開時に数秒待たされる事が非常にストレスなので本当は有線タイプの方が好きです。
なのでこの製品でも同シリーズに左手用かつ有線タイプがあれば良かったのでそこは残念に思ってます。
とはいえ他社製のワイヤレストラックボールより省電力モードに入るまでの猶予が長いようでマシな方です。
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月27日
以前からトラックボールを供給し続けてくれているエレコムさんの応援のために購入しました。
もちろん旧機種も購入しています。
旧機種ではボールの動きとマウスポインタの動きが同期せず、非常に不快でM570に戻っていました。
チルトホイールは待望の機能だったのですが、基本性能で大きな欠陥がありました。
今回の機種はセンサーがゲーミンググレードだと謳われており、期待して購入しました。
しかし、残念ながら旧機種の問題点は改善されていませんでした。
旧機種よりマシにはなっているのですが、ボールとマウスポインタの動きは同期はしません。
これはM570のボールに交換しても軽減しますが解決はしません。
M570からの乗り換えはまたしてもできませんでした。
左手用を出すことなどは高く評価できるのですが、まず基本性能を磨いていただきたいと思います。
20年近く前のトラックマンマーブルにも劣るポインタ追従性では困ります。

とは言え、前回よりマシになっているので★2つとします。

追記 2016/01/28
ロジクールM570の玉への交換で改善すると言われておりますが、確かに改善するものの私は満足できるレベルでないと思いました。
そこで、ロジクールTrackMan Wheel ST-65UPiの玉を入れてみました。
赤地に黒のつぶつぶ模様があるあの玉です。
これだとM570の玉よりもさらに改善されてマウスポインタの追従性はほぼ問題ないレベルになったように感じます。
ただ、玉の転がりのスムーズさに問題が残っており、人工ルビー球ではないプラスチック部分が接触しているものと思われます。
接触しているのは穴の入り口の枠部分と思われますので、近いうちにヤスリで削ってみようと思います。
ともかく、マウスポインタの追従性に問題を感じておられる方で、ロジクールのマーブル柄の玉をお持ちの方は試してみるといいと思います。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月13日
同じエレコム製の、握りの極みを使っていましたが、不調になったためこちらに変更しました

コレにした理由は、「握りの極み」シリーズと形状が似ていること、トラックボールを触ってみたかったこと、の2つが主です
もう一つ有りますが、これはセールだったためです(笑)
M570tと悩みましたが、スイッチ等の品質低下がレビューで上がっていたため、選択肢から外しました

簡単な操作自体は30分もあれば慣れるとおもいます
FPS等のゲームをする人は、完全に慣れれば問題ないとはおもいますが、慣れるまではろくにエイム取れないでしょう

初期不良については、問題は見られませんでした
ただ、私が購入したものはホイールが割と固く、回すたびに大きな溝を越えさせるような感覚があります
ちょっと不満ですが、初期の仕様かもしれませんし、まあ支障はないので次作での品質改善を祈ってます

個人的に一番残念だったのは、マウスアシスタントですね
薬指の部分のスイッチにあるポインタの減速機能の部分です
M-XT"2"DRの方、つまり前の型の方にはコレがあったようなのですが、こちらのM-XT3DRにはないようです
説明書に減速スイッチだとあり、細かい調整がしづらいと感じたためすごい期待して設定していたのですが、無いと知りとても残念でした
ホイールの後部にも有りますが、コレをいちいち触るのは煩わしいですよ
できれば設定できるようにして欲しかった・・・

追記
使用開始から2ヶ月経ちました
普通のマウス握ったら親指を動かそうとしてしまうくらいトラックボールに慣れてしまい、便利さを実感します
一時「ホイールを回した方にスムーズに行かない、又は逆の方に進む」といった症状が突如発生、頻発しましたが、ドライバーの削除とPC再起動で気にならないレベルには戻りました
原因はよくわかりませんが・・・
まあこういったこともあった、レベルで参考になれば

更に追記
ドライバー削除で一時的にマシにはなりましたが、ほんとに一時的で、またすぐ症状がではじめました
ホイール以外の調子には問題が何一つ無いため、ホイールの耐久が高くないことが原因だと思われます(チルト等もあまり多用していません
ホイール不調での交換だったので、最初にココがダメになるのは残念ですね・・・

更に更に追記(2016/6/15)
気づけば症状消えてました
何もしてないので何が原因だったのかさっぱりわかりません・・・
とりあえず消えて良かったです
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月20日
以前使用していたM-XT1DRBKが不調になったので購入。
開封初日でホイールのスクロール数が安定しなかったり、下に回転してるのに上下にスクロールしたりといった初期不良に合いました。
色んなレビューを見てみると、同じような症状の方が多いみたいなので、それほど落胆せずにサポートを調べてみたら愕然としました。

このご時勢にサポート電話が有料回線のみ、メール対応なし、サイトフォーム対応なしと・・・
さらにサポートに電話はなかなか繋がらず、対応も悪く長電話となり、発送料もこちら負担でこれだけで1,000円近くかかりました。
何故、初期不良の商品に対して購入額の4分の1をこちらが支払わなければならないのでしょうか。

しぶしぶ2つ前に使っていたロジクールのM570tを買いなおすことにしました。
ちなみに過去ロジクールで保障期間内に交換してもらったときは、1円もかかりませんでした。
当然ですよね。
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

商品については他の方が、多くの視点で語って頂いてるので一部割愛しますが、商品アピールにある 「大型人工ルビーを支持球に採用」 というのは従来機M-XT1DRBKよりも突っかかりが強く、ボールの始動が劣化しており使いづらくなっています。
マウスとしての評価ではM570tが総合的に二回り上という印象ですが、「ボタンの割当て」ツールが使いやすいのはこのマウス唯一のメリットだと思います。

これまでラインナップの多さと安さから色々なエレコム製の商品を購入し、成功と失敗を続けてきましたがこれで最後にします。
二度とエレコムの商品は買いません。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月16日
もともとの右利きですが、左手も使いこなせるよう思い立ち、はや十数年です。その間、入力機器も多数購入してきました。

左右対称のマウスから始まり、ロジクール社は左右対称トラックボールを2ボタンから4ボタンへの変革も経験し、最も長く関わっているのはケンジントン社のエクスプローラー系トラックボール各種ですが、どうしても「左手親指」はボタン操作のみ。ボール操作には使われることがなく、訓練の宙に浮いているのが長年の気になっていた点でした。
その点、この製品は課題の親指をピンポイントで狙う製品となっているため、長く使用すれば自然に親指も器用になる製品だと確信できます。

しかし入力機器として見た場合は、残念ながらボールの認識が甘いらしく、カーソル操作にストレスが発生します。M570のボールと交換するとよいとの情報を実行してみましたが、確かに以前よりは良いですが、それでもM570そのものには及んでいません。 戻る・進むのボタンも、左クリックボタンと位置が近すぎて、指を乗せるときに誤操作をおこしやすい。 無線の飛びもあまり特別よいとはいえず、ハブで手元に近づける工夫をしないと不安など、欠点は数多いです。 2000円代のマウスと思えるほど全体的に安っぽいのもマイナスですか。

しかし、それらすべてを考慮しても 「左手専用の親指トラックボール」 の存在は貴重であり、出色です。ゆえに5点をつけます。
願わくば、改善を施されたものが後に出てくればさらによいですが、この製品で慣れておくのも決して悪いことではないですよ。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月17日
セールでの価格の安さにつられて購入。
しかしながら値段以上の非常に良い品物だと思います。

操作性や機能においてこれまで使用していたM570tに比べ遜色ないどころか、明らかに
優れています。
通常の使用方法ならば、M570tと大差はなく、他の方のレビューで見受けられる操作の難は
一切見受けられないのでメーカーも随時製品を改良しているのでしょう。
一度作ったら生産中止まで放置するメーカーもある中、非常に良心的だと言えます。

そして最も便利だった機能がGoogle Chromeの操作に於いてタブ切り替えをトラックボール側の
操作で実現できた点です。
左右のチルトに 『Ctrl+Tab』 『Ctrl+Shift+Tab』 を割り当てることでタブ切り替えが容易に
出来るのです!!
FireFoxでは右クリック+ホイールで出来たタブ切り替えがGoogle Chromeでは出来ず、うんざりして
いたのですが、唯一にして最大の難点がこのトラックボールで解消でき、本当に満足です。

製品の作り、完成度、価格、操作性、ソフトウェア等々、これまで使用したトラックボール10種類以上の中で
伝説のEM5に次ぐ最高レベルの製品だと断言できます。

本当にお勧めです。
☆5個なのはそれ以上の☆を付けられないからです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月10日
左手用のデバイスはスマートスクロールに始まって、最近までNostromoとか使用していましたが大きいので邪魔になることがしばしば、ペンタブの傍らで使用できる物を探していました。普段は右手用のM570をメインで使っていますので、使用頻度は少ないですが中々使い易いし、コンパクトで邪魔にならないし、結構しっかり机に貼り付いて頑張っていると思います。右手用も同時購入して良かったと思います。無線式なので同じ2.4GHzを使用する物との干渉がありますので、レシーバーを取り付けるUSB端子の場所には注意が必要ですし、使えない場合も考えられます。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月8日
昨年M-XT1DRBKを購入し、初めてトラックボールに触れました。
まだ使用し1年経っていませんが、使用感も悪くなくサブパソコンでも使えるようにと今回M-XT3URBKの購入に至りました。
無線機器を多く利用している環境の為、少しでも干渉を抑えられるかなと有線タイプが欲しくなっていたのもありメイン用として使用を開始しました。

本体の見た目はどちらも同じに見え大きな変化は感じられませんが、無線から有線に変わっただけの環境変化で済みある意味良かったのかもしれません。
有線になったことで使用前に電源スイッチを弄らなくて良い分、ちょっとした事ですが1動作少なくなるだけで楽に感じました。
手元に届いた個体は、多少ボールの動きが軽く感じるかな?位でカーソルの動きも悪くなく、順調に動作してくれています。

一つ説明書を読んで思ったのが、箱の裏の保証書を貼り付ける位置がありますが、M-XT3URBKは簡易パッケージなため箱は商品名などが記載されたシールが貼られているのみ。
M-XT2URシリーズ・M-XT3URシリーズ ユーザーマニュアルと書いてある事から、通常パッケージ版に入っている説明書と全く同じ説明書が入っているのだと思いますが、この点細かい事だとは思いますがちょっと不親切かなと思えました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)