Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月7日
東芝RD-S303という古いDVDレコーダーからの買い替えです。
よって比較対象がその機種になります。
RD-S303と比べて悪い点があまりにも多いというかなんでこんなに改悪されてるんだと思えてきたので点数を4から2に変更。
特に録画番組のタイトル名の編集のことなんかも腹が立つレベルでイラッ!!!としました。
なんでソフトウェア面でできることがここまで減ってるのか理解できない。

○良くなっていた点
・もっさり動作が改善されています。
・録画終了時や編集終了時のローディングで2分くらい待たされていたのが即完了するようになっていました。
・帯の録画予約で火曜-土曜が追加されていた。
・本体の電源OFF時でもテレビのチャンネルを、本機をHDMI接続している外部入力チャンネルに合わせたり、PCからネットdeナビにアクセスすると自動で電源がオンになる。また、リモコンの録画リストボタンなどでもオンになります。
・録画タイトル一覧で選択中のタイトルの録画日時、録画時間、チャンネル等の情報が同じ一覧画面の端に表示されるのでこれらを表示させるための操作が不要。
・毎○予約をする際にその番組のタイトルのフォルダを自動的に作ってそこに保存されるように設定できる。
・リモコンに「地デジ」「BS」「CS」のボタンがある。
・S303ではTS録画したものはスローでの逆再生はすごいゆっくりの速度しかできなかったがこの機種のスローの逆再生は三段階に切り替えができる。
・録画中でも録画済みのタイトルの削除ができる。
・自分で作成したフォルダは表示順を自由に変更可能。
・例えば4日後から始まる月曜-金曜の番組の録画予約を今日設定してもちゃんと4日後から録画される。S303は今日からだった。
・副音声がある番組の場合、主音声と副音声の両方ともが録画(録音?)され、リアルタイムの放送のように音声の切り替えができる。

○悪くなっていた点(X印が付いてるものはかなり悪いと思った点)
・本体前面に再生・録画時間等が表示されない。
・録画予約毎に自動でチャプターを付けるかどうかを選べなくなっていた。全ての予約でチャプターを自動で付けるか付けないか。
・番組表からは同じ番組を二重に録画予約ができない。既に録画予約している番組を二重に録画するには2つ目の予約は手動で入力して予約する必要がある。その場合は急な放送時刻変更の際の追っかけ録画はできないでしょう。
・タイムバー?が奇数と偶数で色分けされていないのと、チャプターの印が細すぎるのでわかりにくい。
・早送り等の操作ボタンをパパパと押しても2度目以降のボタン押しが反応しない。パッ・・・パッ・・・パッくらいの速度で押す必要がある。
・ネットdeナビでできることが録画予約とネットワーク設定のみになっていた。しかも毎○予約は内容を変更したくてもできない。予約を一度削除して予約しなおさないといけない。録画した番組のタイトル名やフォルダの編集がネットdeナビでできない。本体からのみ。
・放送中の番組を録画ボタンを押して録画開始した場合の自動で録画終了する時刻を任意に設定できない。その番組終了時に自動的に録画終了。あとは手動で停止するか。
・チャプターを削除する際は複数のタイトルのチャプターをまとめて同時に削除できない。
・チャプターを分割すると「チャプターを分割しました」というメッセージが約4秒間表示され、その間は操作ができない。次の操作をしたらこの表示消えるようにすればいいじゃないか。なんでこうした?
・リモコンにスロー再生専用のボタンが無い。「早送り」「巻き戻し」のボタンと兼用。一時停止中にこれらのボタンを押すことでスロー再生になる。つまり一時停止中からは早送りや巻き戻しができず、通常再生中からしかできない。スロー再生も通常再生からはできず、一時停止中からしかできない。
・普通の録画タイトルとプレイスリストが同じ一覧表示画面に表示されない。プレイリストだけが表示される一覧の画面に切り替えないといけない。
・本体のHDD内で録画タイトルのコピーができない。内蔵HDDからUSB-HDDへならできるが・・・これにはかなり絶望した。
・録画タイトルを他のフォルダへ移動させるとき、同じフォルダ内の複数のタイトルを他の同じフォルダへ移動させることはできるが異なるフォルダにあるタイトルを同時に選択したり、同時に複数のタイトルを異なるフォルダへ移動させたりはできない。
X・タイトル一覧表示中にカーソルが合わされているタイトルは小窓で音声付きで再生される。サムネイル表示は無し。サムネイル表示が無いので例えば、スカパーの音楽チャンネルで録画したミュージックビデオ番組はタイトルが「ゆいかおり他アニソンヒッツ」と表示されるが、「ゆいかおり」以外の歌手の曲の部分だけを残した場合、タイトルだけではどの曲かわからないので必ずタイトルを書き換える必要がある・・・が、ネットdeナビでタイトル編集ができないのでリモコンでちまちま携帯操作のように打たなくてはならない。録画開始前にネットdeナビで録画予約のタイトルを任意に書き換えても番組表に記載のタイトルに自動的に書き換えられてしまうので任意のタイトルにしたければどうあがいても録画後にリモコンで書き換えないといけない。さすがにこれはめっっっっっちゃイラッ!!!としました。S303ならこんなことなかった。なんでこんな余計なことするの!ここまでして強制的に番組表記載のタイトルに書き換えるならせめてネットdeナビからPCのキーボードでタイトル名の編集くらいさせろよ!!!
X・「すべて」「ジャンル」のフォルダがはっきり言って邪魔。他のフォルダに入れたタイトルがこの2つのフォルダにも表示されるから紛らわしいだけ。
このフォルダ、消したりできないし。自分に必要なフォルダだけ表示されるほうがいいに決まっている。そのくせ「未分類」(S303のルートフォルダに該当)のフォルダだけは非表示にできる。自分で作ったフォルダと「未分類」があれば全て表示されるんだからそれだけ表示されるようにできればいいのに。
自分で作ったフォルダに録画したタイトルを入れても「すべて」「ジャンル」のフォルダにもそのタイトルの名前は残り、それらのフォルダからもそのタイトルを再生・編集できるが、削除するときに必ず「全てのフォルダから削除」か「このフォルダから削除」の選択をしないといけない。要するにPCでのショートカットのようなもの。はっきり言って余計。強制的にショートカットを作成されているようなもの。
「全てのフォルダから削除」したいのに間違って「このフォルダから削除」を選んでしまうと実際には削除されていないので、「すべて」「ジャンル」のフォルダからそのタイトルを探して削除しなおす手間がかかる。
ほぼ「全てのフォルダから削除」したいのにこの項目のほうが下側に表示されてるから毎回カーソルを移動させないといけない。
X・「画面表示」ボタンを押してタイムバー等を表示させても早送りなどの操作をすれば消えてしまう。消したければ自分で消すから余計なことするなよ!表示させたくて表示させたものが勝手に消えて嬉しいわけがない。
・深夜の番組の録画予約を手動でするときに25時など「時」の項目に24以降の数字が使えない。
X・毎○予約している番組を今日は録画したくない、なんてときにチェックボックスのチェックを外して録画を実行させない、ということができない。そんなチェックボックスが無い。もう録画予約を削除するしかない。
・契約前の有料チャンネルは録画予約できない。S303ならできた。

○良くなったのかどうかわからない点
・一時停止してチャプターを付けると自動的に一時停止が解除される。これも自動的にこうなるかどうかを任意に設定できるようにすればいいじゃないか。
・S303はリモコンの数字ボタンと再生や早送り等のボタンが兼用で側面のスイッチを切り替えて使うようになっていたがこの機種のは別々になっている。S303のようにすればリモコンをもっと小さくできたのではないかと思う。

総評としてはS303と比べて動作が遅いのが改善されているのであとはソフトウェアはそのままでよかったのにと思いました。全体的に「余計なお世話だ!!!」」と言いたくなるような強制的な設定(自分で設定を選べない)のソフトウェア。S303から変更されてる点についてS303と同じにするか、この機種のようにするかを選択できるようにしてほしかったです。(悪くなっていた点に記載したマジックチャプターや録画予約の内容変更やフォルダの機能、タイトル名の編集など)このへんはこういう強制的な設定にした東芝の開発チームの思考が理解できませんね。こんなのがユーザーに喜ばれると思ったんだろうか?
あと、帯の録画予約で火曜-土曜が追加されていたのは良かったと思います。東芝機には長年、これが無くてイライラしていましたので。
悪くなっていた点はできるだけ改善してほしいですね。ファームアップで改善できるならぜひお願いします、東芝さん。
特にネットdeナビでタイトル編集や毎予約の内容変更くらいできるようにしてください。

実は数年前から東芝機のレビューを見てもいまいちみたいだったのでこれの前にパナソニックの最新の(DMR-BRZ1010)を買ったんですがフォルダ機能が無かったのでこれに買い替えました。フォルダ機能と同等のタブというものがありましたが3つしか作って使用できないので録画したものを管理するには私には少なすぎて話にならなかった。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月12日
(このレヴューは随時編集します)
目当ては編集機能。
経年を経て、動作速度・CM検出がどれほど進化したか楽しみでした。
まず各種動作速度は及第点です。確実に高速化はしています。

とにかく録画した番組をCMカットしてパッと見たい人には東芝・無双状態で、
ワンボタンでこれが可能。インターフェースの成熟度は4割程度と考えますが
理想の機種に近づいている印象があります。
将来的には録画覧の自動CMカット再生の設定ON/OFFもできそうな。
カット精度はSONYに勝る機種なし。
元祖三菱なんかはビデオデッキの時点で搭載するという離れ技をやっているので、
東芝も元祖に準ずる立場としてSONYと同じ精度までカットを高めて欲しい。たまに頭切れ・内容飛ばしはあります。
とはいえ実用には十分。★5つを求める人にはこれが完璧でないと評価してもらえません。

⇒評価大幅に訂正。★3 ⇒ ★4としました。
【 見直し点 】
1.おまかせプレイリストにより、ディスクにまとめて焼きこみが
簡便になったこと。
(ただ操作に慣れないとこの意味には気づきにくい)

2.早見再生・ゆっくり再生などの切り替えが早く操作ストレス少なし
(2015年Pana春機よりも早いです)

3.ブルーレイの初動再生が高速!同じディスクでもPanaよりも早く画面が出ます。
特に連続モノでディスクを入れ替える時に効果大です。

スカパーチューナーなどLAN経由や他のレコーダー録画した番組ではマジックチャプターが
働かず、「融通が利かない」堅物な面があります。
それこそ東芝最大のレコーダーの魅力を磨き切れていないですし、
PanaもCMカットを発展させてきているので見直しが必要ではないでしょうか。

ただTVも東芝の場合はレグザコンビネーションにより、明らかに画質のクリア感が増し
最適な描画になります。
ただしアニメモードなど特殊再生モードは搭載せず、TV側におまかせとなるので、
良い意味で言えばセッティングが少なくて済む。
悪い意味で言えば個人の好みを追求する要素が少ない。

メーカーは録画した番組が変換にどのくらいの時間がかかるのか?
その速度も公開すべきです。
それが早ければ体感速度も遅いということはないでしょう。

これにより焼き機としてかなり優秀な可能性を感じてきました。
今のところ、おまかせプレイは精度が完璧ではないものの、
9割方CMカットされ、快適に視聴できます。
Pana機もゴミが残りますので精度としてはSONY機が最優秀です。
(ただしSONYは2011年機ですので今の機種は不明)

リモコンでの直接編集ボタンが存在しないし、
「おまかせプレイ」ボタンの位置が端過ぎて押しづらい。
(妙に細いし・・・)
なぜボタン一発で編集できないのだろう?
別に間違って押してもデータが消えるわけではないし、
わざわざリモコンの下部にはスライドシャッターまで付いているので
そちらに配備してもいいのでは。
ファームアップでの大幅改善を期待。
これは他のメーカーもCMカット機能搭載して
切磋琢磨しなきゃ焼き焼きする人には辛いわ。

またスカパーチューナーなどから録画した場合は
CM自動カット機能が働かず、完成度が中途に感じる。
その場合は操作が増えるのでCMカッター機としては50点。
(50点ではあるが本機で直接録画した番組にはやはり便利)
ドラマやアニメなど連続モノのディスク化には選択肢に入る。
大胆にシンプルにしたUIデザインもチープな感じ。

どうせならCMカットに加え、
◆主題歌・ED曲 カットモード(毎回同じ物が9.5割。ディスク容量の無駄)
搭載くらいの意欲が欲しい。
液晶REGZAでは輝度大幅UPとか尖った製品出してるのに、レコーダーは売れないからか。

録画モードも選択の幅が少なく、いろいろいじりたい人には
物足りないかも。何というか「本気度」が感じられない。
何で他のメーカーをもっと研究しないのか?
編集の際にはリモコンで1・2ステップで完了するようでなければ
2015年以後のレコーダーとは言い難い。

液晶REGZAと組み合わせた画質は良好。Panaのように地デジ・BSも
4K化する技術は搭載されない(ブルーレイは4K化アプコン)が、
透明感があるデジタルらしい色味です。
アニメも質の高いHDMIケーブル使えば鑑賞にいいです。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月14日
1stインプレ
基本動作
 PC用のモニターだと映らない。えっ!?
 HDMI解像度が高すぎるのが問題か?。回避策として1080pに固定
 午前4時にモニターの電源が入る。はぁ?
 番組表取得のためだが、それはないんじゃないの
操作性
 良い点
  チャンネルボタンを2度押ししても、サブチャンネルへ移動しない
 イマイチ
  サブメニューを操作すると、そのたびにメニューが消える
リモコン
 良い点
  地上/BSボタンが中央寄りになったのは使い勝手がいい
 イマイチ
  REGZA TVと比べるとかなり大きい
  方向ボタンががパチパチと五月蠅い!
  チャンネルボタンが小さくなった
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月17日
RDとの比較では不満しか上がらないでしょうけど、DBR-T560との比較では★5つを上げてもよいくらいに改良されています。
ダビング選択で1タイトルごとに止まるのがなくなって、複数タイトルを選択しやすくなったので快適になりました。
SeeQVault対応HDDにフォルダが作れるようになったのも大きい。
タイトル編集とか改善しなければならない点も山ほど有りますが、DBR-T560で感じたイライラが改善されている点は評価できます。
外付けHDD4基繋げられるのは大きなアドバンテージですから、良い方に伸ばして行って欲しいと思います。
身売りが決まってしまいましたが、チーム船芝として改良を継続して欲しいです。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)