Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.477
5つ星のうち3.4
パターン名(種類): パッケージ版|変更
価格:¥13,253+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月24日
はじめまして、当方1993年ころのWindows3.0から自作している者です。

Windows10の認証とマイクロソフトの自動アップデートによる各個人のPCの「マイクロソフトの製品の正規利用」の自動確認について、経験を元に使い勝手などをレビューしたいと思います。

まず、Windows10を導入したら、ハードと一緒に購入したDSP版やメーカーPCに付属していたOSの場合、使用していたPCのハード構成のうちマザーボード、グラフィックスボードなどのボード類・OSが入ったHDDを変えた時点で認証は切れてしまい、再認証は出来なくなります。Win7や8.1を使用していて10にUPした場合も同じです。

HDD交換は、他のPCを使ったり「HDD楽々交換」とか言った機器を使い、よくある1TBから中身をそっくり2TBに移動したっていうやつです。
CDドライブをBLドライブに交換した、マザーにUSB機器を接続した位では大丈夫ですが、マザーなどのボード類本体は全く同じメーカーで全く同じ型番でも交換した時点で認証は切れ、どんな事をしても、マイクロソフトの認証オペレーターに泣きついても再認証は出来なくなります。

Win10になった時点で、インストールされているマイクロソフトの製品は全てOSと同期され、Officeなども同様に認証が切れてしまい再認証は不可能になります。

マイクロソフトに何回も電話して確認を取りましたので間違いありません。

実は先日当方の自宅にある自作PC7台の内、1台のハードを交換したことにより2回も散々な目に遭いました・・・。

(1回目)
マザーボードが故障し同じメーカー(GIGABYTE)のインテルの6×系チップから8×系チップのマザーボードに交換し、CPUも交換しました。その他の機器はそのままです。
よって、導入後はドライバーの再インストールを何回かしたのみで直ぐに使用できました。
OSは7のDSP版からのUPです。

暫くすると画面右下に「認証は無効です、再認証してください」「あと30日で使えなくなります」とグレーで表示が出てきました。
それと同時にOffice2013Proも使用中に「認証されていません、認証してください」「あと30日で使えなくなります」と表示されました。

常に表示されウザいのでWin10の状態で双方とも再認証をかけましたがインストールID番号を入れても、プロダクトキーを入れても「このインストールIDは無効です」「このプロダクトキーは無効なためロックされています」と表示され認証できません。

マイクロソフトの認証オペに電話したところ、「DSP版からの10へのUPの場合、ハードを交換した時点でDSPの有効が切れるので、元のハードに戻さない限り絶対に認証されません」との回答でした。
Officeもそうなのかと確認したところ、「弊社(マイクロソフト)の認証が必要のソフトの場合、大元のOSの認証が無効になった時点で同じく認証が無効になります」と言われました。

対応はどうすれば良いかと聞くと、「ハードを交換しても使用するなら『Windows10の正規の通常クリーンインストール版』を購入してHDDをフォーマットしてからOSをクリーンインストールし、そしてOfficeも再インストールしてからご使用ください」と言われました。

さすがに頭にきてかなり言いましたが「ご不便をおかけしまして申し訳ありません」と言うのみで話になりません。
いい加減に疲れたので電話を切りましたが、私が頭に来ていたのが滑稽だったのか切る直前、オペのお姉さんに「クスクス」と笑われてしまいました。

私は手の施しようがないので、ここでWindows10のHomeを買い、最初からクリーンインストールをしました。(元はPROです)
重要なデーターは内臓の別のHDDにバックしていたのでかなり助かりましたが、元の構成に戻すまで一週間かかりました・・・。

(2回目)
3週間くらい使用していて、USB3.0のスピードが異常に遅いことに気づきました。ハードやドライバーを入れ直したりいろいろしましたが改善しません。
どうやらマザー本体に搭載されているUSB3.0のチップが壊れていて2.0で動作していることが判りました。マザーボードの初期故障です。
購入した店舗に電話したところ新しいのと交換してくれるとのことでしたので、マザーボードを外して速攻で販売店に行き「全く同じもの」と交換しました。
「全く同じ」マザーボードでしたので再装着したところ、すぐさま使えるようになりましたが、またもや!!
画面右下に「認証は無効です、再認証してください」とグレーで表示が出てきました。
やはり同時にOffice2013Proも使用中に「認証されていません、認証してください」と表示されました。

ガッカリして再度マイクロソフトの認証オペに電話しました。

今回はかなり親切で親身なお兄さんが出て、「ハードを交換した時点で認証は切れます」と言われました。
しかし今回はOSは「通常インストール版」なので認証番号は出ます。との事でしたので言われた認証番号を入れたところ、OSは即座に認証され、Officeもすぐさま自動認証されました。

☆結論☆
どうやら、Windows10になって自動アップデートが導入されてから、自動アップデートの度に各個のパソコンの中のマイクロソフトの製品が正規に使用されているか常に確認(監視)しているようです。

マイクロソフトとしては違法使用を防止するために今回のWindows10からこのシステムを導入し、ユーザーの統制をし始めたようです。
確かにDSP版はハード付属なのでハードを交換した場合、DSPは無効になるのは正規ですが、使用者側の立場や利便性を全く考慮していないのではと感じました。
Windows7から8.1までのユーザー全てにWindows10の無料UPを提供したのを聞いて、何か裏があると思っていましたが案の定でした。

以上参考までに・・・・。
7コメント7件|567人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月13日
商品紹介ページにて、"Amazon.co.jpが販売・発送します。"となっていたので安心して注文したところ、実際には"SINP NeT"という所から商品が届きました。
届いた商品をインストールするとライセンス認証エラー(0XC004C008 プロダクトキーがロック解除制限を超えている)の為、認証できません。プロダクトIDは末尾AAOEMでした。
もし万が一商品ページの販売者と実際の販売者が異なる場合(注文履歴から確認出来ます。)、開封せずに即返品手続きをとって下さい!!

Amazonには、私達がもっと安心して買い物ができるように改善を望みます。
2コメント2件|36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
認証出来ません、「すでに他のPCで使われています。」になります。
連絡先電話も通じないです。悪質な詐欺商法?
review image
0コメント|39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月11日
オンラインコードのみの商品なので、注意点をいくつか。
もしisoをDVD-R等に焼いて使う場合、必ず1層式のものにしないとエラーが出てインストールが途中で止まります。
意外と気付かない、書いていない項目なので。

インストール中のシリアル入力は飛ばすべきです。フリーズして進まなくなります。
後から入力も出来るので飛ばした方がいいかと。

それ以外は特に問題はないです。OSですし普通にコード認証も済みましたので★5で。
0コメント|94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月22日
誤ってドライブ中のOSを削除するという愚行を働いてしまい、しかもリカバリーもとっていないというアホさ加減・・・。

仕方がなくOSごと購入する事にしたのですが、なんだか海賊版だとか何だとか、色々とあるみたいで良くわからず。

こちらの商品は、レビューの評価が比較的良かったので購入してみましたが、それなりのお値段がするので実際に使うまでは不安でした。
実際に物が届くと、小さな箱にフラッシュメモリが1個。

ディスクでインストールが当たり前の僕のようなおっさん世代は、これがさらに不安w
で、まずはフラッシュメモリを端末に挿してみたわけですが、画面に出てくる指示はそう難しくもなく、僕のような何の知識もない人間でも指示されるままに操作する事で、いつのまにかインストールが完了。

今では問題なくWindows10を使わせてもらっています。

昔のことを思うと嘘のように簡単で大助かりです。
良い時代になったもんですね。
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月24日
OS自体については7からの移行で特に戸惑う箇所はありません。
OS入れたてということもありますが、7と比べて起動がとても早い気がします。

ダウンロード版を買いましたが、何故か私のメインPCではメディア作成ツールがエラーを吐き、
USBメディアを作成できませんでした。
昔使用していたノートPCを引っ張りだして、そちらでは成功しましたが、
PCが一台しか無い方はどうしようもなくなる可能性があります。
買うならパッケージ版をおすすめします。
0コメント|38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
新PC購入を機に、windows10を導入してみました。

まずwindows10というOSについての感想ですが、私自身元々OSの使い勝手はあまり気にしない事もあるのか、さほど不満はない感じです。
現在windows7,windows8.1,windows10を三台のマシンにそれぞれ入れて使っていますが、7や8.1より変わったUIには多少戸惑う箇所もあるものの、まぁUIの違いはじきに慣れると思います。
homeバージョンでは、windows updateが自動になっているのが、かなり不安ではありますが。
MSは、過去にもwindows updateでバグったパッチを配信して全世界規模で被害を出した事があったので。

動作ソフトや周辺機器については、やはりというか、7や8.1で動いたソフトが設定をいくらいじっても動作しなくなったり、ドライバーが無くて買い替えを余儀なくされる周辺機器もわりと出てきます。
あと、今現在はまだOSとしてこなれていないのか、フリーズしたりする事もたまにあります。

OSについての感想はまぁこんなもんですが、やはり「windows10へのバージョンアップの押しつけ」については物申したい。

先に書いたように、私はwindows7と8.1を入れたマシンも同時に使っています。
windows10ではどうやっても動作しなくなったソフトや周辺機器を使うためにwindows7と8.1環境も残してあるのですが、最近はMSが狂ったように10へのバージョンアップを押し付けてきて、隙があれば勝手にwindows10へバージョンアップしようとしてきます。

実際に私のマシンでもwindows7の方のマシンが、特になにかの設定をしたわけでもないのにwindows10に勝手に変わっていた事があってびっくりしました。
「windows10になっても元のOSに戻せる」と言われていますが、私の環境ではwindows10から7に戻すと、今までは特に起きていなかったフリーズやクラッシュが結構起きるようになったため、結局windows7をクリーンインストールするはめになりました。
ソフトも全部入れ直しで、失った時間も馬鹿になりませんでした。
人によっては「そもそもエラーが出て元のOSに戻せなくなった」という報告もわりとあるようです。

PCについては、業務で使っている人も多いと思うのですが、そのPCのOSを本人達の望まない感じでwindows10にバージョンアップさせて、今まで仕えた業務用ソフトや周辺機器を使えないようにさせるのは、一体何を考えているのでしょうか?

無償バージョンアップサービスを始めてからかなり経ったので、windows10にしたい人はとっくに7や8.1からバージョンアップしているでしょう。
今も7や8.1を使い続けている人達は、10では不具合が出るから7や8.1を使い続けているわけで、そういう人らにバージョンアップをうざいほど押し付けたり、勝手にバージョンアップするのはいかがなものか?

業務で使っているところは、windows10に変更されると業務ソフトや周辺機器が途端に使えなくなってしまい、それで業務がストップして結構な損害を受けるところも出てくる(あるいはすでに出ている)と思われます。
そういう被害を受けた企業が世界各地でMSに対して集団訴訟を起こすとどうなるでしょうか?

海外では、企業に対して過剰な制裁金を課すという事は全然珍しくありません。
MSが今後もwindows10へのバージョンアップの押しつけを続けて、それで業務上の支障が出て多額の損害を受けた個人や企業が集団でMSに対して訴訟を起こすと、場合によっては数千億円の損害支払いが裁判所で認められる事になるでしょう。

現在MSに努めている方達の中にも大量のリストラを出す事にもなりかねないので、関係者の方がもしこのレビューを見ているなら、windows10へのバージョンアップの押しつけは今すぐやめるべきです。
今後も続けるなら、将来世界規模で集団で損害賠償裁判を起こされるのを覚悟してください。
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月14日
OSXのBootCampにてインストールするため,Microsoftからインストール用isoをダウンロードしてセットアップ完了しました。
USB版であれば,当然新規インストールできるものと思って購入したのですが,この製品のプロダクトキー(同梱のカードに貼付)では「他のPCで使用されている」とのことでライセンス認証できませんでした。Microsoftサポートに連絡したところ,プロダクトキーがOEM製品のものであることが分かりました。
このままでは利用できないので,この商品は返品としました。
別途量販店で購入した正規品に同梱のライセンスキーでは,問題無くライセンス認証を完了できました。
こちらの商品で「使えている」とされている方は,スタートボタン→設定→更新とセキュリティ→ライセンス認証 を確認されることをお勧めします。

追記
Professional版の方で海賊版に関する情報(レビュー)が多数ありますので,こちらもご参照ください。
Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版) [オンラインコード]
1コメント1件|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月5日
パソコンはmac以外考えられずかつwindowsを使用しなければならなかったので、bootcampでmacにwindows10をインストールしました。
windowsのインストール自体はbootcampアシスタントが全て行ってくれるので非常に楽です。
環境はMBA11inch(絶滅しそうなので・・・),OS X El Capitan 10.11.4です。
ただいくつか私が感じたことを注意喚起として書いておきます。
1つ目:bootcampでwindowsをインストールする際に必要な「isoファイル」が、現在のwindowsパッケージ版ではインストールメディアの形態がusbフラッシュメモリであるため、DVDのインストールメディアのように、ディスクユーティリティーからisoファイルを作成する方法ではうまくいきません、おそらく”容量不足”あるいは”起動に必要なusbメモリを作成できませんでした”と表示されると思います。
usbフラッシュメモリの形態でwindowsOSを入手した場合は、appleのサポートページにも記載がありますが、MicrosoftのホームページからwindowsOSの64bit版isoファイルをダウンロードする必要があります。ここで一点注意ですが、自宅のwifiの速度によっては、このファイルの容量が4.49GBあるので、数時間かかると思われます。
2つ目:MacのOSを最新にしておかないと、bootcampができません。appstoreで確認しましょう。
3つ目:isoファイルをダウンロードするのに、USB3.0に対応したフラッシュメモリが必要です。自宅に眠っている古いものでも構いませんが、そのusbからデータを読み込んだり、書き込んだりしますので、転送速度は意外と重要だと思います(USB2.0で確認したわけではないので確かではないですが)。
4つ目:先ほども述べましたが、wifiの速度は重要です。isoファイルをusbメモリに書き込んだ後も、windowsアプリケーションなるものをダウンロードしますので、ここでも時間がかかります。
5つ目:bootcampアシスタントに沿ってwindowsのインストールが終了した後、windowsOS側でbootcampの最後の設定を行いますが、私はここでエラーが発生しました。bootcampアシスタントが正常に完了せず、途中でwindowsOSが再起動してしまい、エラーコードKMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLEDが表示されたのち、再起動し、一応windowsを使うことはできましたが、様々なドライバ(wifiやキーボードの設定など)がインストールされていない状態だったので、まだ使用不可でした。ブルースクリーンが表示されるときの解決法は、bootcampのisoイメージを保存したusbメモリ内からBootCampと書かれているフォルダを選び、setup.exeというファイルを起動すれば再度bootcampの設定をやり直すことができます。私は二回目にこの方法を試したところうまくいきました。
最後に総評として、macとwindowsの組み合わせも悪くないと思います。mac自体が洗練されているので、どんなOSを入れてもサクサク動くでしょう。ただ注意したいのは、トラックパッドの反応がwindowsOSでは少し鈍くなるので、ワイヤレスマウスなど用意されるといいと思います。あと、windowsOS側にはきちんとウイルス対策ソフトを入れましょう。
macにwindowsやofficeを入れると追加費用がそこそこかかりますが、今のぺらぺらになったwindows機に比べれば、アルミ筐体のmacはそれだけの価値があると私は思います。
windows10も酷評されておりますが、私は使いやすいOSだと思いますよ。ただバックグラウンドでの処理をさせると重くなるので、設定には注意です。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月2日
Vista搭載ノートPC(Core2Duo T7200 2.00GHz、メモリ2G搭載)に32bit版をカスタムインストールしてみました。
OSのインストールはすんなりと終わりましたが、ドライバ関連で少し苦戦しました。
用意していたドライバが古く、新OSに対応していなかったのです。
ネットで新しいドライバを入手し、何とか使える状態にすることができました。
結果的に使用不可になった機器はなく、以前と同環境で運用できています。

Vista SP2からWindows10へと一気に進化したわけですが、動作が著しく重くなることもなく、体感的にさほど変わりないように思います。
今となってはスペックが高くないPCに導入してもそこそこ動くのですから、最近のPCだったらやや低スペックでもサクサク動きそうです。

私の場合、できるだけ安く済ませたかったので本製品を購入しましたが、Vistaマシン(特にVistaが登場して初期に販売されていたもの)をお使いで、PCについてあまり知識のない方や、金銭的に余裕がある方には新しいPCの購入を強くお勧めします。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)