Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.01
5つ星のうち3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

いよいよ復刻シリーズ第3弾のいわゆるエイリアンモデル。
80年代のジウジアーロによるオリジナルデザインは黒x黄で彩色されていました。
この復刻モデルは表面処理(硬質コーティング)による黒のツヤ消しが施されていますが、これはデジタル復刻や前回のアナログ復刻モデルの質感とは異なっています。
とてもシャープでオリジナルモデルのつや消し塗装よりも格好良く優れていると思います。

正面から見るとオリジナルモデルにかなりそっくりで良く出来ています。
しかし残念ながら視線を傾けるとケース厚がすごく厚いことに気付きます。
左側は竜頭やボタンなどが無くなったためすっきりしたことも
原因だとは思いますが、もう少し誤魔化す工夫があっても良かったと思います。
ケースが厚い分、ベルトの薄さも際だってアンバランスな印象です。
(ちなみにケース厚はオリジナル9.5mm、復刻11mmです)
前作のアナログ復刻モデルSEIKO SCED003ではベゼルがあったおかげで厚さを誤魔化せていましたが、
このモデルではベゼルがない分ボッテリしてしまい、
まるでデジタル版復刻モデルを初めて見たときのような印象でした。

ジウジアーロのデザインスケッチがセイコーの特設HPに載っていますが、
ボタンや竜頭の位置はオリジナルモデルよりこの復刻モデルのほうがデザイン通りになっています。
右側のプッシュボタンはオリジナルモデルもスケッチでも黄色でしたが、
黒いボタンは黄色のカジュアルな印象を薄めるのでビジネスで使っても悪くないと思います。

腕時計離れの時代にメーカーはよく頑張りました。
さすがに復刻シリーズも打ち止めでしょうか。

SCED003もこの表面処理で発売して欲しいです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)