消滅都市ストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.65
5つ星のうち3.6

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

この96時間シリーズは
なんといっても一作目が凄すぎた。
娘との絆を取り戻したい哀愁漂う父親を見事に描いていた。

一作目で完結すべき作品だったが
この面白さからしてヒットしてしまったものだから続編が製作されたのだが、ファンとしては続編が観られて嬉しい気持ちと一作目を超えられるか?という不安な面はあった。

結果としてこのシリーズは
回を増すごとにトーンダウンしていった。
一作目から★5・★4★・★3と言いたい所だが
三作目に関しては★2をつけざるをえない。

ファンがこの映画に求めていることと製作側の見せたいものがミスマッチしていたと思う。
このシリーズにカーチェイスは求めていない。

ブライアンの特殊スキルや圧倒的な格闘術を
思う存分観たいのにそれがあまりにも少ない。
そのせいかストーリーもおざなりに感じてしまった。
キャスト変更もいかんかった。そういうのは観る前から冷める。

厳しくしたがシリーズファンとして敢えてである。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
リュック・ベンソン考案の大ヒットシリーズ完結編ということで興味深く観れました。
最後の作品ということでニーソンも迫真の演技を体現していた感じだしシリーズ集大成
的な作品。ハイテク、ドライビング、格闘アクション、スリリングな展開と多彩なフィーチャー
盛りだくさんなノンストップアクションに仕上げられている。
元CIA秘密工作員としての非情な人格を見せる一方で家族を守るというやしい父親とし
ての人間性も見逃せない。今作品は劇場公開版のほかにロング・バージョンも収録されて
いるので異なった展開が楽しめる。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月18日
2014年作品。109分。原題 “Taken 3”

1作目「96時間」(2008)、2作目「96時間 リベンジ」(2012)と続いた最強オヤジムービーの第3弾にして最新作です。

またもや元CIA秘密工作員であるブライアンの家族を悲劇が襲い、今度は彼自身が容疑者として警察から追われる身となります。
ま、細かいことはネタバレになるので省略しますが…。

今度は舞台はアメリカで、自国の警察に追われながらも真犯人を追求すべく、警察の手を逃れながらの捜査・追及が始まります。

前2作もそうでしたが、今回も勢いのある展開でストーリーが語られ、あっという間にクライマックスへと突っ走っていく感じです。
109分ある映画とは思えないくらいに短く感じました。

早いカット割りとズームアップ・ズームアウトを多用した画面が、アクションシーンに緊迫感を与えております。

いやぁ、なんだかんだ言って今回も良くできた映画だと思います。

本編以外の突っ込みどころを言うと、原題は「Taken」なのですが、1作目で娘を助け出すためにブライアンに(ある意味)与えられた時間が96時間だったことから、そのまま「96時間」という邦題が付けられたおかげで、本作のように「96時間」という時間制限が全くないにもかかわらず、「96時間」というタイトルを付けざるを得なかったことでしょうかね。(^_^;)
原題をそのままカタカナに直した邦題が多い中、頑張った邦題だと思いますが、思わぬ形でバックファイアしてしまった感じです。

「ランボー」が、1作目の原題は「First Blood」だったのに2作目は「Rambo:First Blood Part II」となり、3作目には「Rambo III」と既にFirst Bloodが消えているのの逆バージョンな感じです。

ともあれ。
アクション映画ファンの方、全2作を気に入っている方、そしていつの間にやらアクション映画に多く出るようになったリーアム・ニーソンのファンであれば、楽しめること間違いないでしょう。

さて出演は、「STAR WARS エピソードI ファントム・メナス」「シンドラーのリスト」、そして古くからのB級映画ファンには『「ダークマン」の』という方がなじみがいいかもしれない(^_^;)リーアム・ニーソン、「X-メン」「アイ・スパイ」などのファムケ・ヤンセン、「トライライト・サーガ ブレイキング・ドーンPart2」「ナイト&デイ」などのマギー・グレイス、「ディープ・インパクト」「エバー・アフター」などのダグレイ・スコット、「ハスラー2」「クライング・ゲーム」「フェノミナン」などのフォレスト・ウィテカー、そして個人的に絶対書かなくてはいけない「天才アカデミー」などのジョン・グライスなどです。
監督は、前作「96時間 リベンジ」に続いて、「トランスポーター3 アンリミテッド」などのオリヴィエ・メガトン、製作・共同脚本は「ニキータ」「レオン」などのリュック・ベンソンが務めております。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月17日
魅力的なキャラが多数出て参りますが、こぢんまりとした印象の出来に感じました。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月11日
なんだかとても悲し出来事だけど、男として主人公を応援してしまう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告