Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
22
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月4日
プロポーション的には、かなり頭部と肩が小さい印象です。
特に頭部は非常に小さく感じます。バルカンポッドを装備させないと違和感がアリアリです。

塗装して作成してみたのですが、パーツ割りが考えられており、
非常に簡単に作成できました。ただし、足の裏の肉抜きは埋めるのが大変でした。

黒いガンダムのイメージが好きな方はぜひ作成してみてください。
バルカンポッドをつけるのを忘れずに。
review image review image review image
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年11月30日
ガンダムMk-IIはRGが決定版だと思っているので期待値は低かったんですが、さすがはバンダイ。
作ってみて、触ってみると旧HGUCキットから格段の進化をしています。

旧キットもパーツの色分けは優秀だったので、見た目的にはあまり変わりません。
新キットはパーツの合わせ目が目立たない構造になっているので、初心者の方にもお勧めです。

可動面に関しては旧キットよりも抜群によく動く。
蹴りのポーズなどは開脚が優秀なので格好良く決まる。パーツのポロリもない。

情報量と存在感はRGの方が上なんですが、組みやすさと気軽に触って遊べる点では新キットはお勧め。
しかもティターンズ版は色が濃いので墨入れしなくても見た目が良いです。

バックパックに3ミリ穴があるのでHGUCのGディフェンサーは装備可能です。
ロングライフルに関しては手首の基準が違うので、手首を交換するなり改造しないと持てません。

ビルドガンダムMk-IIについては構造が違うので頭部と胸パーツは改造しないと付けられません。
ブースターは接続できるけど微妙に隙間ができます。

とても気に入りました。シンプルなデザインで組み合わせ可能なキットも多いので改造用のベースキットにも向いていると思います。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
13年前に発売されたHGUCガンダムMK-IIを可動域の拡張、作りやすさの追求をコンセプトに
リニューアルしたキット。Rivive仕様なので全身よく動き、関節保持力も上々で
バックパックのサーベルラックも可動します。組み立ては1時間ほど。エゥーゴ仕様
との違いは、色と機体識別用の01・02・03号機用のマーキングシールが付属すること。

□付属武装など
・ビームライフル。エネルギーパックは取り外し不可。サブグリップが可動し両手
 持ちが可能。胴体を浮かす必要がありますが腰サイドアーマーにもマウント可能。
・バズーカ。マガジンは取り外し不可。腰リアアーマーにマウント可能。
 グリップが可動します。
・ビームサーベル及びクリアエフェクト「サーベル13」×2。
 柄はランドセルにマウント可能。
・バルカンポッド。頭部に装着可能。可動箇所はなし。
・シールド。差し替えでの伸縮を再現。2種のジョイントパーツを介して腕に装備可能。

○ハンドパーツ
・左右武器持ち手。サーベルとライフル/バズーカ兼用なので人差し指がトリガーに
 かかっていないという難点はあるものの、「左手でライフル/バズーカが持てる」
 という利点にもなっています。まぁ以前のHGUCでも持てましたけどね。

▼気になった点
・肩関節パーツ(胴体側)と肩アーマーが引っかかりやすく、干渉して腕が回らなくなる
 ことがあります。動かないと思ったら落ち着いて肩アーマーを外側に下げてください。
・ライフル&バズーカ&バルカンポッドの成型色がグレーのみ。

☆総評
頭部の小ささは人によっては気になるかもしれませんが、以前のキットでは頭部にバルカン
ポッドをつけると肩可動に制限がかかっていたので頭部+バルカンポッドを小さめに
して可動域を確保するのは個人的にはありだと思います。ただ気になった点1つ目の
肩関節の引っかかりはからくりが解る年代の方が遊ぶ分にはいいですが小さなお子さん
だと無理に動かそうとして破損もあり得ますので、注意して見てあげて下さい。

投稿写真は同時発売のエゥーゴ仕様と同時に写しています。3枚目はマーキングの
ナンバー的にあり得ない対決になっていますが気にしないでください(笑
review image review image review image
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月2日
HGUCらしい作りやすさを備えながらも、デザイン面で妥協の跡がほとんど見られない良キット。
旧HGUCガンダムMk-IIと比べると、可動範囲と精緻感の表現も飛躍的に向上しています。
エゥーゴ仕様と同様のつくりで、デカールの種類が少々異なるだけのカラーバリエーションですが、
完成品の雰囲気はかなり違います。
こちらのティターンズ仕様の方が、シック、スタイリッシュといった雰囲気が濃く、大人向けと言えます。
濃紺と黒で構成されたモノトーンの機体に鈍く輝く緑色の目はセクシーとすら感じます。
しかし、清楚なエゥーゴ仕様も捨てがたく、どちらか一つ選ぶのは酷。
可能であればぜいたくに両方そろえてしまいましょう。
製作上の注意点として、肩の付け根のジョイントがきつめなので、挿入時にきついようなら少し削ることをお勧めします。
review image review image review image review image review image
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月5日
昔のキットもわりと不満はなかったので新キットは買わなくてもいいかなと思ってましたが、
たまたまお正月特売で800円ほどで売ってて、すでに旧キットは改造用にパーツ取りしてしまっていたので
初買いに購入してみました。
可動はより動くようになっていて進化を感じましたが、サイズが旧キットよりも小さく、スタイリッシュにはなっているとは
思うのですが、昔のガンダムにあった無骨な雰囲気が逆に失われているような感じがしました。
あと、相変わらず新しいキットほど腕がすぐ取れますね。ここはバンダイさんはいいかげんどうにかしてください。
理想はユニコーンシリーズのサイズ感と丈夫さが欲しいです。
ただ、新キットは造りやすい工夫が多くされているのでガンプラ初心者で初期ガンダム好きな人には
良いキットだと思います。塗装なしでもこのティターンズ仕様は色別けバランスが良いので素組みでも
見栄えは悪くないです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
殿堂入りVINEメンバー2015年11月28日
HGUCの新作は少し前にドライセンを作った以来ですが
最近のHGUCは手首パーツが1種類だけなんですか?
平手がないのはマーク2に似合わないという配慮かもですが
少なくともビームライフルはバズーカと違い常に握った状態なんだから
もう1種類手首パーツあってもよかったのでは。

同じZ系のマラサイは右手首が2種類ついてたのになぁ・・・。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月7日
前のMK2もかなり出来がいいので
リバイブされると聞いてそんな必要あるの?と懐疑的でした
が、実際出来上がった物はやはり最新技術が詰まった
更に良質なキットでとても感動しました
ですが、このMK2のプロポーションはちょっと物議を醸し出すかもしれないです
個人的には許容範囲内でキットの出来の良さに相殺されて結果的に有りになりましたが
満点とまではいかないなという気分です
せめて誰かのデザイナーブランドとかっていうならば問題なく受け入れたのですが・・・
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月30日
本日マークⅡがとどいて、早速作りました。HGUCなので、サクサク作れました。2時間もかからなかったと思います。それだけ作りやすくなっていいものだと思います。合わせ目も目立たなくていいですね。特に足や肩は合わせ目がなく、トサカも別パーツになっていて、塗装派にも作りやすい作りになっていますね!前の時は足はもなかで、関節も挟み込んでしまっていたのと、頭も縦にカブト割のような分割だったので、額のカメラの処理がしづらく、塗装派にはちょっと辛いかと思ってました。関節も前以上に可動範囲が広くなって、素晴らしいキットになったかと思ったのですが・・・・・、やっぱり残念なところがあります。
それは、足首の肉抜きが前よりひどくなっています。前回のHGUCが出たときは、肉抜きはありましたが、モールドに見立てたような作りに立っていたのと、あの当時はアクションベースもない時代だったので、そこまで気にするほどのものではなかったのですが、今回のははっきり言ってひどいです。特にかかとの部分はごっそり抜かれています。アクションベースで飾る人もいらっしゃるかと思いますので、あんなに抜かれていたら、みっともないです。パテで穴埋めればいいかと思うのですが、せっかくのモールドを犠牲にしなければならないかも・・・。
あと、個人的には前回より500円アップした割にはちょっと物足りない気がします(いくら原材料が高騰化してても・・・)。それは、武器の作りが前回のとあまり変わっていない点です。色分けはともかくとして(ライトグレーではなく、ボディーと同じクロだったらちょっとまだましだったかも・・・)、バズーカのカートリッジや、ライフルのエネルギーパックの取り外しくらいは出来てほしかったです(へイズルやマラサイのライフルでは、ちゃんとエネルギーパックの取り外しができてるのに・・・)。手首の種類もいくつか入れてほしかったです(ガンダムやガンキャノンにはしっかり入っているのに・・・)。
1000円であれだけのクオリティーを見せてくれたバルバトスやグレイズが出来るんだったら、バンダイさんももう少し頑張ってくれたらもっといいキットになったかと思います。
(最初はキットの特徴はネット等を見ただけだったので☆3以下にしようかと思っていましたが、実際に作ってみて思った以上にすばらしかったので、☆4にしました。ただ上記の理由で、☆5にはできませんでした)

追加:このキットのクリアパーツはUV対応しませんが、ガイアノーツの蛍光グリーンを使うと、クリアパーツの素材を壊さず、ブラックライトを当てると光輝きますので、ぜひ試してみてください。
review image review image review image review image review image
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月3日
ガンダムMK-Ⅱが好きなので、エゥーゴ仕様も購入しました。先にティターンズ仕様を製作しましたが、濃い色の為にゲート跡が目立ちます。
ランナーからニッパーで切り取る際に、気を付けないと派手に白く跡が残ります。
ペーパーがけをかなりしましたが、消えないので、塗装しようと思います。
ランナーからの脱落防止の為なのか、一つのパーツでゲートが太い所と細い所があります。
部品数の多いRGより手間がかかった気がします。
可動に関してはとても良く出来ていて、腕がとんでもない角度で曲がります。
パーツの外れも無いので、遊ぶ方には良いと思います。
アマゾンならRGが安く買えるので、RGをお勧めします。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月13日
旧作を購入していないので、比較レヴューは置いといて。
先ず残念なところは、他の方も仰っているよう、変にゲート断面が大きいパーツがあり、ティターンズ版では形成色が濃いため、切り取り跡が白く大きく目立ちます。
特に腕部、頭の右側(バルカンポッドを付ければ隠せる)、膝の外側(内側にゲートは無く、ナゼに外側にしたし)、直立ポーズでは隠れますが、脚を広げた場合、腰サイドアーマーの前(こちらも大きい断面がナゼか前)。
形成色を生かしてお手軽に作ろうという人には「嫌がらせかよ(笑)」レベルで、塗装などの対策が必要かと。
手も武器保持用の握り形しかなく、表現が制約されます。
襟と頭の干渉が気になります。首は仰角がとれる作りですが、大きく上を向くと胸部の大きさに比べバランスが不自然に見えてしまいます。
評価が分かれると思われるのは、通常他の多くのキットが前向きに肩軸が可動するのに対し、マークⅡは「上向き」となっている事。個人的に90°を超える、上向きの腕の動きに関しては肩アーマーの内部で対応して頂きたかったかと。
しかしながらゲートの問題に対応出来れば色分けも工夫されており、プロポーションの良さやポージングの自由度は定評です。例の「ガンダムSEED」のポージングもとれますよ。
後発キットのため、背中及びバックパックにビルダーズパーツを取り付けるための3㎜穴があります。
review image review image
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告