Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
100
5つ星のうち4.1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト1000レビュアー2015年12月16日
QuickCharge非対応のものとは型番と裏面の対応電圧・電流等の表記以外、大きな違いがありません。
10ページ分の計測結果を記憶出来たり、消費電力、積算電流量、給電時間などを測定できるのも変わりありません。
USBポート直刺しなので場所によっては確認しにくいのと切替のボタンが操作しにくいのが難点です。
また値のクリアはボタン長押しで次のページがクリアされるのですが
(1番をクリアしたいときには0番のページに移動してボタン長押し)
クリアされるページに残っているデータを確認したい場合、次のページで確認してから一周して戻って来なきゃいけないのが面倒です。
問答無用で消しちゃいなよ!って言われたらそれまでですが。。。
不満もありますが、ケーブルやバッテリーの劣化を目で確認できる便利なアイテムなので、手放せません。
review image review image review image
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月19日
このルートアール社製QC2.0対応RT-USBVAC3QCを使って
ANKER製充電器及びバッテリーの充電電圧値 / 電流値を確認してみました。
充電に使用した充電器はAnker PowerPort+ 1、バッテリーはAnker PowerPort+ 1でしたが
どうも充電専用ケーブル(Owltech社製2.4A出力対応急速充電専用ケーブルなど)を使うと
Quick Charge2.0に非対応となってしまい5Vでしか充電しない模様です。

このRT-USBVAC3QCは積算充電量も判るので非常に便利です。

ってQC2.0非対応品を他に4ヶ所有してますが、全部買い換えたくなってしまいました。
これは困った(笑)
review image review image review image review image
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月18日
昨今のUSBによる充電対応機器が増えてた中で、これでどれだけの充電が出来ているのか視覚的かつ数値的に把握できます。
現在使用しているLenovo社のwindows8.1を搭載したThinkpad8が充電ケーブルを接続しているにも関わらずバッテリー残量がどんどん減っていくと言う謎の現象に悩まされていました。
そういう事もこの電圧・電流チェッカーで原因究明&問題解決です。
iPhoneの充電電流も全て確認出来ます。

ちなみにiPhone6Sの充電電流は純正1A充電器と純正ライトニングケーブルでは1Aの充電電流になります。この純正ライトニングケーブルをUSB延長ケーブル3mの物で延長したら0.66Aの充電電流になりました。
別途所有している、microUSBと先端に取り付けるライトニング変換コネクタだと1Aは普通に流れていましたが、これを3mのUSBケーブルで延長すると0.51A迄低下します。
様々な調査のうちの一部分を書きましたが、ケーブルやアタッチメント、充電器の性能で、充電電流が大きく変化する事が分かります。
リチウムイオンバッテリーの充電電流の制御と言うのは緻密な物ですね。

自己満足の物で、興味の無い人には不要な製品ですが、一度知りたいと言う疑問が湧けば楽しいアイテムになります。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月9日
RT-USBVAC3QCはスケルトンでは無い為、傷が目立ちません。
RT-USBVATM2QC より内部インピーダンスが低く、機能がマニア向けだと感じました。

オシロスコープで QC2.0 の切り替わり状態を確認しましたが、OKでした。

携帯電話の充電確認以外に、簡易測定器として電気テスター代わりに使えます。(笑)
自家用車に積んでいる GPSレーダー や ドライブレコーダー とかの配線に繋げるよう
USBのオスメスを、シガーライターのオスメスに変換するケーブルを製作中。
何せ安いので素材として使うのも良いかと考えています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月1日
コンセントから取ったりと安定して出力されるものにはそこまで必要ありませんが、ソーラーチャージャーの様に出力が環境に大きく影響されるものには必須です。

どういう使用状況でどのような結果になるのか分からなければ意図から大きく外れた使い方になってしまうからです。

私はソーラーチャージャーを設置したとき、どの程度の出力になるかを測るために購入しました。
ソーラーチャージャーは太陽光が窓ガラス1枚を介するだけでも出力がガクッと落ちます。
曇りでも落ちますし、窓ガラスに貼るように設置するよりも地面に置くような形で設置した方が出力が上がります。

同じソーラーチャージャーのレビューを見ていても、このあたりを確認せずに使えないと判断されている方が多いように思います。

せっかく買ったものをどのように使えば効果的に使えるのか、それを何も考えずに数字で出してくれる本製品は星五つの価値があると私は思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月17日
iPhone 6PLUSとLUMIA640XLをQi充電用のパッドを付けて充電していました。置くだけで便利なのですが充電に時間がかかるため、新しくマグネット式のコネクタを購入してどの程度の電流が流れるか測るために購入しました。電圧と電流が同時に表示されて便利です。いろいろと測ってみたところ、Qiは確かに流れる電流量が少ないので充電に時間がかかります。しかし、スマホのバッテリーはスマホ自体が管理しているので、流れる電流量はバッテリーの残量によって常時変化します。バッテリー残量が70%以上になってくるとだんだん電流量が下がってきて、コネクタ直結でもQiでも流れる流量は殆ど変わらなくなってきます。ずっと同じ電流量で100%まで充電されるわけではありません。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月18日
実質1ヶ月使用しました。電圧と電流を同時に確認でき、安価なのに外観も良く、継続使用しています。
 
多チャンネル表示やデータ記憶など機能は充実していますが、たったひとつのボタンで様々な操作を兼用しているため、深い機能を呼び出すのは面倒かつ使いづらく、結局電圧・電流の確認という基本機能しか使っていません。
 
決定的なのは(購入したバージョンは)およそ0.10mA未満の電流は0.00mAと表示してしまう製品の仕様にあります。iPhone等での充電ではあまり問題にならない微弱電流領域ですが、ヘッドセット等電池容量の小さい機器においては、この0.10mA未満の電流の移ろいが個人的に一番気になる領域です。また対象機器の故障の切り分けにも微弱電流の有無の確認は役立つものです。ここをスパッと一律に0.00mAと表示してしまうのは(高性能な機器を思わせる外観だけに)残念です。他社の¥300.程度のチェッカーでも(絶対的な精度はともかく)微弱電流域を表示しますので今後の改良に期待します。
 
操作性と微弱電流への対応でそれぞれ星1つずつの減点とさせていただきました。なおルートアールさんのサポート体制は実直かつとても好感の持てるものでした。今後もこのメーカーの製品を追いかけ、愛用してゆきたいと思います。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月4日
バッテリーの充電モニター用に購入。
Ankerの2.4A急速充電器を使用して、実際にどれだけ電流が流れているか確認してみました。
最初は0.9A程度でスタートして数分経過すると徐々に電流が上がり、2.2Aまで出ていました。
99%あたりで1Aに下がり、100%で0Aを表示。
正常に動作している事を確認。
充電状況がリアルタイムで確認出来、機器の異常があった場合も素早く発見。
購入して良かったです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月24日
マニュアルに以下の記載があります。
『本製品の表示窓には輸送時の傷防止のためのフィルムが貼られています。ご利用時にはがしてください。』

レビューの中には、「フィルムが無い」「傷がついている」等の文章を見受けられますが、実は剥がすが容易ではなく貼ってあるか貼ってないのかは、初めて購入した方は判断が難しいと感じました。

私の場合は、色々こすったりしているうちに傷がつきました。ただ、フィルムがあると信じて何度も挑戦を繰り返したところ、フィルムはきちんと貼ってあり剥がす事に成功しました。
そのフィルムを剥がした後には、先程傷がついてしまった所も傷がついてなく安心しました。

爪で簡単に傷が入る様であれば、確実にフィルムはあると思われます。
ただ、私が購入したのは1つですので、本当にフィルムが貼って無いものが流通しているかは判断できません。

もし、フィルムが無いと思っている方がいらっしゃいましたら、一度根気よく剥がすのに挑戦してみてはいかかでしょうか?
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2015年8月31日
RT-USBVAC2からの買い増しになります。
説明に書いてある通り、
・12Vまで電圧に対応した(従来は7V)。
・USBメモリや、バスパワーのHDDなどでデーターを通信している時の電源状態を計測可能。
以外は、RT-USBVAC2と全く同じです。
不具合方法の多かった表示部分(剛性が足りない?)、スイッチ動作なども変更はありません。
・急速充電規格(Quick Charge 2.0)などの9.0V~12Vの電圧を計測する。
・USBメモリ、バスパワーHDD/CD/DVDなどデータを転送する時の電圧、電流を計測する。
・1つのバッテリーから複数の機器に充電したりする場合など、複数の機器の積算を記憶して
おきたい場合。
などは、従来機種RT-USBVAC2/VATMから乗り換えると便利です。
また、初めてUSB電圧、電流チェッカーを購入する場合も、今なら一つあればなんとかなる
便利なチェッカーだと思います。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)