Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.537
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月19日
これまで、気化式、超音波式と使っていましたが、一番気になっていたのは、タンクにすぐに発生するヌメリ。
特に超音波式の場合は、菌を撒き散らしているかのようで、不安がいっぱいだったため、スチーム式を購入しました。
結果、満足度は高いです。

■これまでの不満点と本機の満足点
・タンクのヌメリ
 ⇒基本的にポットと同じ構造で、水全体を沸騰させるので、ヌメリは発生しません。
・給水時のタンクからの滴り
 ⇒これも、基本的にポットと同じなので、コードを外して直接蛇口から注ぐ、もしくはヤカン等で上から注げます。
  一般的なタンクのように、取り出し・取り付け時に、下から水滴が落ちることはありません。
  日々の給水が超ラクです。
・手入れが面倒
 ⇒ヌメリが発生しませんし、内部の構造がシンプルなので、手入れ回数が少なくてよく、クエン酸等で簡単に出来ます。
  また、仮に手入れをしなかったとしても、「菌を撒き散らしているのでは・・・」といったような不安感はありません。
・転倒に弱い
 ⇒これも基本ポットのメリットですが、ちょっと横に倒れても水が大量にこぼれる心配がありません。
  他のものだと、水濡れに不安な場所や、台の上には置きづらかったですが、これであれば、
  そこまでの不安はありません。

■購入前に心配していた点と使った結果
・沸騰音がうるさい
 ⇒他の口コミで音に関する不満が多かったですが、確かに音はします。
  ただ、我が家ではそれほど気になりませんでした。寝室において使っています。
  逆にリビング等だとTVの音とかに影響あるかもしれません。
  また、内部の水量が少ない時に、スイッチONすると、最初の沸騰時に結構な音がしますが、満水に近いと大したことはないです。
  利用のまま水が減っていく分には問題ありません。
・蒸気が熱い
 ⇒小さい子供がいるので、気にしていましたが、商品説明にあるとおり、少し温度がさがったものが出るようです。
  吹出し口に手をかざしてみると、確かに熱いものの、瞬間的にやけどをするレベルではないので、
  1歳以上くらいであれば、触ってもやけどをする前に手をよけるでしょうし、最悪でも大怪我には至らないと思いました。
・電気代が高い
 ⇒ここが最後まで悩みの種でしたが、タイマー等でなるべく必要最低限にするしかないかなと思います。
  また、熱した蒸気が出るので加湿機だけでもある程度室温が上がります。
  これでエアコンの電気代が多少なりとも減るでしょうから、その辺に期待します。

■EE-RK50-CA(3.0Lモデル)とどちらを選ぶか?
⇒結論は、こちら(RK35)でなく、RK50の大きいほうのモデルでよいです。

私は、RK35のみプライム対象だったので、都合によりこちらを買いました。
しかし、RK50のほうが容量多く、長時間OKなのは単純にメリットです。
また、サイズが大きくはなりますが、タテ・ヨコ変わらず高さが高いだけです。
商品の性質上、上にモノを置いたり、棚に入れたりは出来ないので、
高さが高くなるだけなのは、さしてデメリットにはなりません。
値段も大差ないので、RK50のほうがよいと思います。

ただし、RK35のほうも加湿能力は若干低いですが、十分なパワーはありますし、
給水は先にも触れたように、他機とは違い、格段に楽なので
RK35でも別に大した問題もありません。

ちなみに、給水は、ペットボトルに入れた水を隣に置いておき、
減ったらすぐ給水、なんてことも出来るのでホントに便利です。

■まとめ■
電気代のコストはかかるものの、性能と利便性は一般的なものに比べて突出していると思います。
ポット型により多くのメリットがありますが、一方、あくまでポットなので、インテリア性は乏しいです。
値段もそこそこなので、実用性第一であれば、満足できる商品だと思います。

▼▼▼追記:電気代について
(科学的な話・実はそれほど無茶な電気代にならない)

本機の消費電力は、985W(湯沸し時) 305W(加湿器時)です。
超音波式の加湿機は、大体30Wくらいなので、単純に電気代は10倍です。

但し、これは加湿機なので、暖房器具との併用になるため、総合的な電気代で考える必要があります。

超音波式は、水の小さな粒を放出しているため、蒸発する際には、「気化熱」により部屋の温度を下げてしまいます。
従って、下がった室温を暖房器具で上げる電力量も考えないといけません。

※どれくらいの電力量で気化熱分を取り戻せるかは、私には計算できません。。。

一方の本機は、湯沸し時に985Wを費やした後、沸騰状態のお湯を305Wで維持し続けるイメージです。
結果的に、305Wで熱を放出し続けているのにほぼ等しくなります。

これは小型電気ストーブの電熱線1本分や、弱運転のエネルギー量程度です。
なので、本機が一概に電気代が10倍高い、というのは誤りで、実質的にはもっと経済的です。

実際、我が家の寝室はマンションで気密性がよい事もありますが、
昨年までは毎夜エアコンの暖房を利用していましたが、今冬は、一度もエアコンを使わず、加湿機のみで過ごせました。

なお、エアコンの場合はヒートポンプなので、同じ電力量でも暖房効率は全然違います。
電気代的には、超音波式&エアコンの暖房を使うほうが経済的とは思います。
0コメント|69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2016年1月26日
 全く私的な話になり恐縮ですが、数年振りに風邪をひいてしまい、家族共々咳き込んで寝込んでしまいました。
 あまりにも咳き込んで呼吸が苦しいため、これまで使用してきた超音波式加湿器を引っ張り出しましたが、加熱処理方式ではないため水粒子と一
緒にカビの胞子等が撒き散らかされるのが嫌なため、スチーム式加湿器を購入することにしました。

 しかし、風邪のシーズンということもあり、近隣の電気店ではスチーム式加湿器は在庫がなく、低価格の中国製超音波式加湿器が数点あるのみで
した。
 どこのネット通販でも時節柄、在庫切れ状態でしたが、流石はAmazon、この象印のEE-RK35-CAに「在庫あり」の文字を見つけた時はまさに晴天
の慈雨といったところでした。
 製品が届くまでの2日間は、苦肉の策として、自宅で使用中の象印電動ポットCD-XC30-WAの蓋をオープン状態にして沸騰した蒸気を拡散させて
いました。

 さて、この象印のスチーム式加湿器EE-RK35-CAを選定した理由ですが、やはり、長年、電動ポットを手掛けてきたというノウハウが十分にあること
で信頼感は抜群です。
 加湿器ポット内はフッ素加工され、持ち運び用のハンドルはAg+抗菌加工がされており、また、本体上蓋が着脱可能となっているため給水や内部
清掃がし易く大変便利です。
 また、転倒検知センサーが内臓されているため転倒すると転倒時自動オフ機能が働き通電停止と共にランプとブザーで知らせてくれます。

 運転モードの自動では「高目(体感湿度60%)」「標準(50%)」「ひかえめ(40%)」が選択出来、連続では「強」「弱」の選択となります。
 タイマーは、約2時間後に切れる「切タイマー」、6時間後に開始する「入タイマー」があります。
 体感湿度を表示する「湿度モニターランプ」は「低湿(37.5%未満)」、「適湿(37.5~67.5%)」、「高湿(67.5%以上)」の3段階表示になっています。
 この他、「湯沸し音セーブ」キー、「チャイルドロック」キーも装備されていて万全です。

 取扱いの注意点として気を付けなければならないことは、本体に水が入ると故障の原因となるため、このポットに蛇口から直接水道水を入れたり、
直接流し台に置いて底面を濡らさないようにすることです。
 また、使用する水は必ず水道水を使用し、アルカリイオン水、ミネラルウォーター、井戸水、温泉水、汚れた水、化学薬品、芳香剤、除菌剤、アロマ
オイル等の使用は厳禁となっていますので注意が必要です。

 さて、使用感ですが、ヤカンから出る水蒸気と同じ原理ですから超音波式とは異なりマイルドで優しい加湿に感じます。
 最初の沸騰時は電動ポットと同様、コポコポといった音は出ますが、個人的にはあまり気にはなりませんが、夜間等では運転を「弱」モードにし「湯
沸し音セーブ」キーを活用すると良いと思います。
 とにかく、電動ポットを手掛けたノウハウが随所に生かされた製品です。
 主に夜間に使用したい場合は容量が480ml/hのEE-RK50-CAが良いかと思います。

 今後の製品開発に当たり、象印には一つだけ注文を付けたいと思います。
 それは、一旦給水し運転を始めると「給水ランプ」が点灯して空になるまでポット内の水の残量が把握出来ないことです。
 途中で沸騰中のポットの蓋を開けて覗くと火傷の可能性があります。同社の電動ポットにはお湯の量が見られるWIDE WINDOWが付けられてい
るのですから、加湿器にも同様の窓を付けてもらいたいものです。
 さらに付け加えれば、構造が同じですから、普段は電動ポット、風邪の季節はスチーム加湿器に切り替えられるハイブリッド型の製品は開発出来な
いものでしょうか。

 なお、同社から「ピカポット ポット内容器洗浄用クエン酸 CD-KB03-J」が併売されていますが、これは電動ポット、スチーム加湿器共に使用出来ま
すので助かっています。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月31日
これまで某P社のハイブリッド式(気化温風式)を使ってましたが、運転音が大きいし加湿力は全然ないしで不満でした。
スチーム式はいいですね!加湿能力がすごいです!
煮沸するので清潔ですし。 
(電気代は一番かかる方式のようです)

12畳ほどの部屋で使っていますが、標準運転だと窓がべちゃべちゃになるので、ひかえめで運転しています。
加湿量480mlの機種もありますが、よほど広いか天井が高い部屋じゃない限り、こちらで十分ではないでしょうか。

運転モードは5種あるので、好みの加湿具合を見つけられると思います。
音は沸騰する時にゴポゴポうるさいくらいで、あとは「シュー」という音なので昼間の使用では気にならないレベルです。
(超音波式よりは音は大きいです。寝るときの使用は厳しいかな)

タイマーは2時間の切と6時間の入の2種のみです。

中身はフィルターがなくシンプルな構造で、1か月以上使用していますがカルキ汚れはついてません。
この調子だとワンシーズンに1回クエン酸洗浄をすれば大丈夫そうです。
お手入れがとにかくラク♪

どっしりとしているので少々ぶつかっても倒れないし、ロック付きなので子供がうっかり開ける心配もなさそう。
大変いい商品です!
review image review image review image
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月31日
お手入れが簡単で助かります。
加湿効果もバツグンです。
私も子供もアレルギー持ちで乾燥してくると寝る時に咳がひどいのですが、これをつけると治まりました。
とても良い商品だと思います。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月21日
2年前に同型の480mL/hタイプを購入しましたが、フィルターレスで手入れが不要な点が非常に気に入って今回小さいタイプを購入しました。
もうちょっと見た目がカッコいいといいんですけどね。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2016年4月5日
 全く私的な話になり恐縮ですが、数年振りに風邪をひいてしまい、家族共々咳き込んで寝込んでしまいました。
 あまりにも咳き込んで呼吸が苦しいため、これまで使用してきた超音波式加湿器を引っ張り出しましたが、加熱処理方式ではないため水粒子と一
緒にカビの胞子等が撒き散らかされるのが嫌なため、スチーム式加湿器を購入することにしました。

 しかし、風邪のシーズンということもあり、近隣の電気店ではスチーム式加湿器は在庫がなく、低価格の中国製超音波式加湿器が数点あるのみで
した。
 どこのネット通販でも時節柄、在庫切れ状態でしたが、流石はAmazon、この象印のEE-RK35-CAに「在庫あり」の文字を見つけた時はまさに晴天
の慈雨といったところでした。
 製品が届くまでの2日間は、苦肉の策として、自宅で使用中の象印電動ポットCD-XC30-WAの蓋をオープン状態にして沸騰した蒸気を拡散させて
いました。

 さて、この象印のスチーム式加湿器EE-RK35-CAを選定した理由ですが、やはり、長年、電動ポットを手掛けてきたというノウハウが十分にあること
で信頼感は抜群です。
 加湿器ポット内はフッ素加工され、持ち運び用のハンドルはAg+抗菌加工がされており、また、本体上蓋が着脱可能となっているため給水や内部
清掃がし易く大変便利です。

 また、転倒検知センサーが内臓されているため転倒すると転倒時自動オフ機能が働き通電停止と共にランプとブザーで知らせてくれます。
 運転モードの自動では「高目(体感湿度60%)」「標準(50%)」「ひかえめ(40%)」が選択出来、連続では「強」「弱」の選択となります。
 タイマーは、約2時間後に切れる「切タイマー」、6時間後に開始する「入タイマー」があります。
 体感湿度を表示する「湿度モニターランプ」は「低湿(37.5%未満)」、「適湿(37.5~67.5%)」、「高湿(67.5%以上)」の3段階表示になっています。
 この他、「湯沸し音セーブ」キー、「チャイルドロック」キーも装備されていて万全です。

 取扱いの注意点として気を付けなければならないことは、本体に水が入ると故障の原因となるため、このポットに蛇口から直接水道水を入れたり、
直接流し台に置いて底面を濡らさないようにすることです。
 また、使用する水は必ず水道水を使用し、アルカリイオン水、ミネラルウォーター、井戸水、温泉水、汚れた水、化学薬品、芳香剤、除菌剤、アロマ
オイル等の使用は厳禁となっていますので注意が必要です。

 さて、使用感ですが、ヤカンから出る水蒸気と同じ原理ですから超音波式とは異なりマイルドで優しい加湿に感じます。
 最初の沸騰時は電動ポットと同様、コポコポといった音は出ますが、個人的にはあまり気にはなりませんが、夜間等では運転を「弱」モードにし「湯
沸し音セーブ」キーを活用すると良いと思います。
 とにかく、電動ポットを手掛けたノウハウが随所に生かされた製品です。
 主に夜間に使用したい場合は容量が480ml/hのEE-RK50-CAが良いかと思います。

 今後の製品開発に当たり、象印には一つだけ注文を付けたいと思います。
 それは、一旦給水し運転を始めると「給水ランプ」が点灯して空になるまでポット内の水の残量が把握出来ないことです。
 途中で沸騰中のポットの蓋を開けて覗くと火傷の可能性があります。同社の電動ポットにはお湯の量が見られるWIDE WINDOWが付けられてい
るのですから、加湿器にも同様の窓を付けてもらいたいものです。

 さらに付け加えれば、構造が同じですから、普段は電動ポット、風邪の季節はスチーム加湿器に切り替えられるハイブリッド型の製品は開発出来な
いものでしょうか。
 なお、同社から「ピカポット ポット内容器洗浄用クエン酸 CD-KB03-J」が併売されていますが、これは電動ポット、スチーム加湿器共に使用出来ま
すので助かっています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月6日
加湿器のスイッチを入れてから、加湿器するまでに20分程かかります。
電気代も不安がありますが、フィルター不要という点でそこのお金がかかりません。お手入れも他の加湿器に比べ時間も手間もかかりませんので、その点を考えたら全然お得なのかなと感じました。何より、清潔を保てるのが一番いいです!
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月3日
◎体感的に、加湿されてる感じがする
◎部屋があたたかくなるので、マンションの小さい部屋なら、暖房要らず。
◎熱い熱気が出るが、大人だけなら、問題なし。安全
◎軽いので、あの部屋、この部屋と持ち運べる。◎衛生的
◯うるさいですが、私は慣れました。私の為に頑張って沸騰してくれていると思えば、愛おしくさえあります。✖️ただし、電気代がちょっと心配です。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月10日
皆さんのレビューを読んで、お手入れが非常に簡単というのにひかれて購入しました。
ポットとほとんどおなじような構造みたいなので、本当に楽です。
ただ、ほかのかたも指摘しているように湯沸しの音がちょっとうるさいですが、ほかは気にいっています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
今までのような重いタンクを持ち運ぶ必要がなくなり、とっても楽です。
更に、掃除も楽。
今まで4種類の加湿器を使用してきましたが、どれも吹き出し口にカビが生えます。
もちろんスチーム式なので今の所目に見えるカビは生えていません。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)