Amazonコイン Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月15日
初登場は新型機としてダグラムと交戦しましたが、後に味方戦力となった おいしい奴です。
関節はポロリもなく保持力も十分ですが、足の可動範囲は機体デザインもあって少々残念な感じで、パッケージ写真以上のポーズはとれません。
手を加えるとすれば 腕と腿のラインと左腕2連装ライフル砲口、平手の指内側が形成上の都合でスカスカしてるぐらいで、ストレスなく組み上げられ素組なら1時間かかりませんでした。
とても素晴らしい完成度と思います。
そもそもブロックヘッドに続きこのアイアンフットまでキット化されたこと自体、奇跡に近いと感じています。
開発陣の方に感謝、感謝です。
大型リニアガンの運用を前提に設計された機体のため少々不格好に見えますが、完成品を見た感じ 妙にリアルで、なかなかかっこいいですよ♪
さらなるシリーズの発展に期待しております!
個人的にデザート ブリザードガンナーや装甲剥ぎ取ったソルティック辺りが、好きなんですねー
0コメント|41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月31日
ダグラムシリーズのプラモデルがこれで4種類目。ファンとしては実にありがたい限りです。
ダグラム、ソルティック、ブロックヘッド、そしてアイアンフット。これまでどのキットも満足でしたが、本キットも非常に満足度の高い内容でした。
出来上がりを見ると、バンダイのHGUCシリーズに負けてないです。製作過程では、若干作りにくいパーツもありましたが、この仕上がりなら文句なしです。
強いて言えば、ミサイルランチャーは設計図どおりに接着剤を使わないで組むとパーツ真ん中あたりに隙間が出来てしまうので、接着推奨とか、あるいは右腕の手首~肘パーツも接着推奨とか、その程度でしたので。
次弾も出るのか、出るならどのCAが選ばれるのか・・・?マックスファクトリーのダグラムシリーズはお布施のつもりで全キット2個ずつ購入しているので、次弾を非常に楽しみにしています。
私の周りでは、とにかくブッシュマンを希望する声がとても多いですね。第4弾としてアイアンフットが発表されたとき、「今度こそブッシュマンだと思ったのに、アイアンフット!?」とがっかりしたのは何を隠そう私の友人5人です。私はアイアンフットの方が嬉しかったのですが、たしかにブッシュマンも魅力的なCAなので、友人たちの気持ちは理解できます。
非常にファンの多いブッシュマンを、是非今後のシリーズ展開で出してもらえるとありがたいです。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月13日
このシリーズもなかなか充実してきました。大河原デザインが好きな人ならたまらないダグラムのコンバットアーマー、こんなのまで一般販売で商品化してくれるの!?ってラインナップでもしかしたら全部出してくれるかも・・・と期待できそうです。

今回のアイアンフットについてですが・・・
スタイル面は良好、コクピットハッチなどのギミックもちゃんと再現されてます。
可動については見た目どおりでそこそこですがアイアンフットに過剰な可動範囲を求める人はあまりいないと思いますし問題なしでしょうか。

良い部分・・・
●プロポーション・・・ちゃんと見本写真通りの完成度です。

●造形・・・大雑把なようでいて実はかなり細かく、とてもよくできています。コクピットやサーチライトはクリアパーツで表現です。

●ギミック・・・コクピットハッチの開閉や肩の大型ランチャーの可動などしっかり再現。完成後はほぼ見えなくなるけどちゃんとパイロットも付属します。

悪い部分・・・
●パーツ精度・・・パーツのダボについてですがダグラムほどではありませんがややきつく、削り込み等の調整を行わないと割れる危険があります。これについてはむしろ一つ前のブロックヘッドの方がしっかりしていました。
プラモデルに慣れてる人ならいいのですが初心者の場合、無理やりはめ込もうとして破損と言う事もありえます。軽く合わせてみてきついと思ったらドリルで穴を広げる、ダボ軸をナイフやペーパーで削る等の調整を行いながら作るといいです。

●平手の肉抜き・・・全体的な造形がいいのでなんで?ってぐらい残念だったのが両平手の指内側にかなり目立つスリット状の肉抜きがあることです。ブロックヘッドでも肉抜きがありましたがアイアンフットはいわゆる武器が肩や腕に付いてるメカなので両手が空いており、表情の出せる平手は大活躍するはずだったのですがこれでは・・・。塗装できる人はパテで埋めてあげるといいかと思います。

●値段が高い・・・定価5800円なのですが大型CAのブロックヘッドが6000円だったのでかなり値段が高くなっています。
ダグラムよりも横に一回り太いのですがそれでもブロックヘッドと比べるとかなり小さいです。
中小メーカーにガンプラ並の値段にしろとまで言いませんがシリーズ平均で考えても4800円ぐらいが妥当じゃないかと思われます。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月22日
2015年にアイアンフットの新製品が組めるとは。。長生きするもんです。
合わせ目を消し、肉抜き穴を数か所埋めた以外はストレートに組んで、普通に塗装完成させました。
いくつか合わせがキツいと感じた部品がありましたが、ほとんどストレスは感じませんでした。
大型リニアガン以外は、無塗装でもほぼ設定どおりの色分けが実現されます。

欲を言えば、もう少し定価が安ければ。。量産プレイを楽しみたかった。。
review image
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月25日
 完成度が非常に高いですね。価格がネックで2機しか買えません。次回作のネイティブダンサ-、次々回作のブッシュマンにも期待出来ます。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月29日
アニメは再放送で初めて観まして(同じく再放送のレイズナーが終了した後に放送)
うろ覚えですが、ヘイスティが初登場した回ではダグラムのリニアキャノンを脚にくらいながらも半壊程度で済む程の防御力、それが奥にもう一機居るのだからその時に私が観た危機感は「24(にーよん)部隊」との戦闘以上に「ヤバイ、かなり強力な機体だ!」と思いながら観ていた記憶があります。

キットの方はさらに完成度が上がり 組みやすさ、パーツ強度、保持力、可動範囲、色分け、等 良いキットだと思います。

平手、ミサイルポッドの付け根、肩上のフック掛け等に肉抜き穴があるのでエポキシパテで埋めました。(画像左から8枚目)

合わせ目は 肩、前腕、平手の内側、太股、肘、膝関節、リニアガン本体部、スモークディスチャージャー程度で、ミサイルポッド、ボディー等は綺麗にパーツ分けされています。

ジャバラモールドのある肘、膝、関節の合わせ目消しでは瞬間接着剤が乾く前に使い古したデザインナイフの刃でモールドにそって溝を作っておくと乾燥後のモールドも彫りやすくなります。

スカートアーマーは一体なのでケガキ針とPカッターで溝を彫ってからレザーソウで切断、ウェーブのプラサポ、ポリキャップ、2ミリのプラ棒「×3G高強度」で接着、スカートアーマーを可動可能にしました。(画像9)(アーマーがかなり開けているのであまり変わらないかもしれません)

今回の下地には「サーフェイサーブラック1500番」を吹きましたが目が細かいので3~4回ほど重ね吹きをしてから塗装しました。(最後の画像)

本体のパープルには「パープル、つや消しブラック、モンザレッド」を混ぜました。(クリアー系の塗料以外には「フラットベースなめらか」を混ぜて塗装しています)

水転写デカールは旧キットのときに脇腹に貼る「IAF」に苦戦したので(出っ張りモールドの上に重ねて貼るため)今回は「IAF 」のデカールを
「横半分」に切り、下から「出っ張りに重ならない様に」貼り、乾燥後、残りの上半分は出っ張りに「重なるように」貼ると位置調整がしやすくなり、綺麗に貼ることが出来ます。(ここにばかり集中したためか、左膝と右スネ部分をうっかりはがしてしまいました)

ヒーロー体型のメカも好きですが、この機体の様な首や腰の座ったガッシリ体型も好きです。
このキットの完成後、たまらず素組とスミ入れをしてあったコトブキヤの「ハンニバル」も完成させました。(画像7 奥にある機動歩兵は2年半ほど前に完成)  

「プロスプレーMk. 6」で塗装をしてますが、余った「Mk.2」は空吹きでパーツに付いたホコリやチリ等を吹き飛ばすのに使っています。

画像10にあるランナーからL字に切り取ったプラ棒は塗料のかき混ぜ棒として、ノンアルコールウェットティッシュはパーツ表面の薬品を拭き取った後、塗装ブースのフィルターとして再利用しています。
拭き取る回数としては、ランナー状態→切り離し後→組んでから、の順で3~4回程拭き取りますがティッシュが乾いても水に付けて軽くしぼれば復活します。

まだまだ拙い所も有りますが、少しでも参考になればと思います。
review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月6日
MAXシリーズの中ではダグラムの次に気に入っています。前腕と太腿の合わせ目を処理すれば完成した際の見映えが良くなります。
成型色の濃いパープルはもう少し紺色に近くしても良かったのではと思います。残念な点はこのキットがというよりMAXシリーズ全体に言えることですが、最初の出荷で入手できないと以降に入手しにくいという点です。生産や流通に問題があるのでしょうか?
ともあれキット自体の出来は最高です。参考にしていただければ幸いです。

2016年6月2日追記:撮影環境が整ったので画像をアップします。(他CAとの大きさの比較です)
review image
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
マックスファクトリーさんのダグラムプラモデルもシリーズ化され次々にキット化されていくことに感謝しています。まさかこの歳になってダグラムの新作プラモデルが発売されるとはと喜びながら全機種を買い漁っています。今回のアイアンフット発売はまさかそこに来たか!と不意討ちをくらいましたがキットの出来は満足のいくものでアイアンフットの武骨さや重量感のあるフォルムをうまく立体化していると思います。個人的にはビックフットのキット化を強く望んでいますのでマックスファクトリーさん今後も宜しくお願いします。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告