Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

写真1
SoundPeatsのスポーツタイプのBluetoothヘッドセットQ9です。

写真2
耳掛けタイプのヘッドセットになります。
仕様は、Bluetooth4.1+EDRでaptXに対応してます。またノイズキャンセリング機能も搭載しています。ということで、通話も可能です。

連続通信状態6時間で、 充電所要時間2時間です。

写真3
本体に取り付け済みのイヤーパッドを含めて、S、M、Lの3組付属しています。他に、結束用パーツ、クリップ、充電ケーブルも付属します。

写真4
持ち運びに便利なポーチも付属しています。

写真5
イヤーパッド部、耳掛け部共に固定式になっています。

写真6
右のイヤホンで、全ての操作を行います電源スイッチ、音量調整、早送り、巻き戻しが出来ます。
背面に電源ランプとマイクが装備されています。

写真7
左のイヤホンには、充電ポートのみがあります。

SoundPeatsのヘッドセットは、QY7も持っています。
今回のQ9は耳掛けタイプで、激しいスポーツをされる方など、落下防止を考えるとこちらがおすすめですね。
QY7のレビューでも触れていますが、若干Bluetoothオーディオについて解説します。
aptX=高音質。
間違いではありませんが、aptX=高音質にするには、条件があります。
このヘッドセットは受信側ですね?そう、送信側もaptXに対応して、初めてこのヘッドセットの高音質を体感できるわけです。
ここで、コーデックについて触れます。コーデックとは圧縮技術のことです。
再生側のデータをそのままで送信すると、データが多くなるので、安定した送受信が出来ません。そのために、送信側で圧縮し、その圧縮したデータを受信し、データを展開し、イヤホンやスピーカーで出力しています。
このコーデックでまず最初に出たのが、SBCというコーデックになります。このSBCですが、規格上は、上限512Kbpsまで使えるようになってますが、1/20に圧縮されることがあるそうです。(ちなみに、aptXのビットレートは352Kbpsです。)例えば、無圧縮のCD音源があるとします。無圧縮のCD音源のビットレートが1141.2Kbpsです。これがもし1/20に圧縮されたら、どんな音質になるかわかるでしょう。
また、SBCの難点として、遅延が大きいということもあります。aptXも遅延は発生しますが、0.03秒ほど。それに対してSBCは、0.2秒の遅延。音楽だけ聴いてる分には問題はないと思いますが、これが動画になると少し厄介です。口の動きと音のズレが発生します。
こうした問題を克服したコーデックがaptXになります。では、送信側がaptXに対応したものは、どういったものがあるでしょうか?ごく最近のAndroidデバイスなら、ほぼaptXに対応しています。(要確認)
ではiPhoneはどうでしょうか?iPhoneはaptXに対応してません。iPhoneで使われているコーデックは、AACというものです。AACの詳細については割愛しますが、aptXコーデックと同等と思ってください。
こう考えると、このヘッドセットを使うなら、Androidデバイスが最適と言えるでしょう。
ではiPhoneで使うと音が悪いのか?
理論的には悪いと言えます。何故かといえば、このヘッドセットは、iPhoneで使われているAACに対応してないからです。つまりiPhoneで使う場合のコーデックは、SBCになるということです。
図1
この図を見ていただくと、使われているコーデックがわかると思います。
先ほど、理論的にはiPhoneでは音質が悪いと言いました。ところが最近になって、コーデックはSBCを使っても、各社でチューニングをして、AACやaptXに負けない音質にしているデバイスを見掛けます。
このヘッドセットもそう感じました。
今回視聴したのはiPhoneを使いましたが、一昔前のSBCとは思えないぐらいの音質です。恐らくダイナミック型のドライバを使ってるはずですが、このドライバが良いのか、SBCのチューニングが良いのか、ビックリするぐらいいい音が鳴らしてくれます。低音も「マジかよ!?」というぐらい出ています。
このように、仕様を見る限り、Androidデバイスが有利と思えますが、iOSデバイスも遜色ないことだけは断言しておきます。

ではQ9の音質はどうなのか?
QY7と比べての感想ですが、QY7のほうがわずかながら良いと感じました。Q9の音質ですが、Bluetoothオーディオ特有のこもった感じが少し感じました。ただほんのわずかということを付け加えておきます。
こういう特徴からすると、落下防止を重視されるならQ9。あくまでも音質を重視されるならQY7をおすすめします。
review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月17日
かっこいい

それが第一印象(笑)様々なカラーリングで展開しているbluetoothイヤホンの中にあって精悍なブラックっていうのもなかなかいいもんですね。

では比較してゆきます。

<装着感> 同じカナル式であるけど、こちらは「耳掛け」タイプ。QY7の方が圧迫感があって長時間かけていると若干耳が痛くなるが、Q9Aは耳掛けとイヤーピースにより軽く感じます。QY7にあったランニング時の「ドン ドン」 身体の響く音は皆無ではありませんが、まだましかな?それに伴い周りの音も少しは聴こえてきます。こちらもランニング中に外れたりはしません。安定感はQ9A。
      
<音質> ドンシャリ系ですね。しかし、これは明らかに人によっては「こもってる」と感じるかもしれません。ただ、これにしても、イコライザーで好みに出来る範疇でしょう。あざとくキラキラしないのは好感がもてますし、不明瞭とはちがいます。あと、最大音量はQ9Aのほうが大きいです。

<操作性> 同等に多少の慣れが必要かな?ボタンひとつに複合する機能。音量増加+早送りなどなど。

<ハンズフリー> これは何の比較?というと、着信があったときにアナウンスで「090***」と番号を教えてくれたのがQY7。Q9Aは呼び出し音のみ。番号通知は地味に有難かったので、残念でした。ハンズフリーの品質的には両方とも快適に使えていました。

<電波の強さ> 微々たる差かもしれませんが、QY7のほうが離れても大丈夫でした。家でXperia Z4を2階において1階に下りたところ居間でも繋がってましたが、Q9Aだと階段降りきったとこら辺で途切れ始めました。

<価格> 圧倒的にQY7が安い!タイムセールでもあれば近い価格で購入出来るかな?

レビュー評価でいうとQ9Aは圧倒的で、QY7からのステップアップだ!とばかりに購入しましたが、一長一短。しかし、最大の魅力のランニング時のストレスを感じない装着感は得がたいものがあります。

QY7も良い製品ですが、僕の使用環境下ではQ9Aの方が合ったようです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月16日
マラソンの練習で日常的に使っています。プレーヤーはXperia Z3です。ペースはキロ5分30秒から7分位で、距離は6キロから20キロ位走っています。聞いている音楽はダンスミュージックが多いです。

1,つけ心地
耳にかけるタイプで、イヤーチップはSMLと3種類ついてきましたが、ランニング中にずれたりせず、快適に使えています。
特にケーブルが細めで柔らかいので、ケーブルの擦れる音がしないのもプラスポイントです。

2,音の良さ
自分の場合、走りながら聞いているのですが、他のBTイヤホンよりもこの製品の音がとても良いと思いました。
製品によってはボリュームを上げても音があまり大きくならずに、聞こえにくいものも多いのですが、こちらはボリュームをあげなくても
とてもよく聞こえます。音質も低音から高温まで割りとよく出ていて、ノイズの少ない綺麗な音質で驚きました。
ただ、走っている時に顔を斜め後ろに向けるとたまに音が一瞬途切れることがあって、それが気になりました。
ケーブルが切れているのかと思ってケーブルをいじってみても問題なく、原因はよくわからないです。

3,使い勝手
充電はゴムの蓋のついた充電ポートにUSBケーブルを刺して行います。急に使いたい時にバッテリー切れだと困りますが、10-20分ほど
充電すると1時間位使えるので(正確ではありませんが)、急に走りたい時なども便利です。
走り終わったら水道でさっと洗ってタオルにくるんで置いていますが、作りがしっかりしているのでメンテも簡単だと思いました。

同じメーカーのQY7も持っていますが、ランニングで使用すると耳からずれることが多いのと、ケーブルが太くて走っている時にすれる音が出るので耳かけタイプのこちらの商品を買いましたが、買って大正解でした。
付属するイヤーピースの形状が同じもののサイズ違いだけですが、もう少し耳の奥まで刺さるタイプとか、形状違いも付属していれば多くの人の耳に合ってさらに良いのではないかと思います。

<追記>
フルマラソンで使ってみました。結果ですが、3時間位でバッテリー切れました。サブスリー達成できる人なら問題なさそうですが、自分みたいな5時間オーバーのランナーの場合、ハーフ過ぎてから使用するなど工夫が必要かもしれません。
あと、この手のインイヤータイプのイヤホンはなるべく耳の穴にきっちり挿入しないと良い音にならないです。最初は怖いかもしれませんが、思い切って突っ込んでみましょう。
ちなみに音飛びですが、どうやらスマホの設定で画面をダブルタップでスタンバイ復帰するように設定していましたが、走っている時に
起動したりスリープしたりしてた為のようです。今回、Garmin910XTとスマホで心拍センサーを同時にモニターして、なおかつBTでスマホから
音楽を聴きながら走りましたが、バッテリーが切れるまで全然問題ありませんでした。素晴らしい。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月26日
① 見た目や機能などについて
・本体は真っ黒に統一。イヤーピース内部が明るい黄緑
・20gと軽い部類
・耳にかけるフックは根元が回らないタイプ
・充電ケーブル、ケース、イヤーピース、本体ケーブルをまとめる部品が付属している。
・耳にかけるタイプゆえ、装着するのに少し手間取る
・装着感は良い。あたまを振り回しても外れる恐れは無い
・しかし、イヤーピース部分がちゃんと耳の穴を全て塞いでくれないため、音が漏れる

② 音質
・そのまま装着して聴いた場合、同社のQY9と比べて音質が劣る
・というのは完璧にイヤーピース部分が耳の穴に入らないため、本来の音を聴くことが出来ないからである
・試しに両耳を押さえて聴くと、少しこもるが音の鳴り方は綺麗であることが分かった

③ 評価
・イヤーピースの装着感をもっと向上して欲しい。例えば耳に入れる部分を少し長くするなど
・音質を気にせず音楽を聴きながらランニングやトレーニングをしたい人にはオススメ。音質を気にするのであれば他の機種が良い
・説明書は全て英語だが説明書にイラストが描かれているので、ある程度は理解しつつ操作は出来るかも
・以上を踏まえ総合評価☆5中、☆4
・ただし、手元に届いてから日数が経っていないため評価が変動する可能性がある
review image review image review image
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月15日
以前、当製品の評価を☆3つとして評価・記述しておりましたが、再評価となります。

理由として、当製品購入後のテストで二つの問題がありました。
1) 電源をONしてから10~20秒ほど、必ず音が途切れる
2) 次曲、前曲の制御ができない

この評価を記述していたところ、メーカーの方から直接連絡があり、症状の詳細をお話ししました。
その結果、これらの問題は製品の仕様ではなく、製品個体の問題すなわち故障品であり、保証の範囲内であるため正常品と交換します、とのこと。
その翌日午前には、なんと新たに製品が到着。
早速製品確認したところ、前述の問題は全て解消された製品と確認できました。

今回のメーカーの対応には、久々に感激をしてしまいました。
実はこの数年、日本のブランド・メーカーの製品をいくつか購入しましたが、少なからず故障品と思われるものが何点かありました。
その時の対応は、結局こちらの使用環境・条件がトラブルを起こしている、などの回答で腹立ちを覚えるメーカーが何社かありました。
それに引き換え、今回のSoundPEATS社の対応には本当に感謝感激の思いです。
(これは別に過大評価ではありません)
このようなユーザーに寄り添ったサポートが最近薄れてきている中で、これからは私の推奨できる信頼ある会社・製品として記録しておきたいと思っています。

とにかく、今は久しぶりの素晴らしいサポートが受けられたことに、感激しております。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月20日
総合:★★☆
無線のため手ぶらになりますし、全体として、コスパよしですが、私の耳には装着感があわず残念ながら★2.5。
---------------
音質:★★★★ クリアで癖がなく、中音域に強み
デザイン:★★★ プラスティックで、少し大振りだけれど、全体的にクールで良い
充電の持ち:★★★★ 一度充電すると、1週間は充電不要な印象(1日あたり30分x2の使用)
装着感:★ 残念ながら、私の耳にはあわず、痛みを感じる。長時間の装着(1時間程度)になると、我慢できないレベル
その他: 充電量がわかる、または電池が少なくなってくるとアラーム出すなどしてくれると便利だと思う。突然電源が落ちるので
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月22日
商品のパフォーマンスが高いことは他のレビューにて多数ありますので説明不要と思われます。

特筆すべきは企業対応です。
私の手許に届いた商品は2~3回使用後、初期不良により電源がつかなくなりました。
イヤホンに断線などはよくある出来事のため、使用に問題があったものと思い諦めていましたが、たまたま届いたサウンドピーツからのメールに返信してみたところ10分程度で返信がきました。
数回のやり取りの後、「保障の期間なのですぐに替えを送る」と、丁寧な対応をして頂き正直驚きました。
現在は何の問題もなく大変満足して使用しております。
この場を借りてお礼申し上げます。有難うございました。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月26日
スポーツ用・学習用にいくつかこのタイプのイヤホンを購入しました。
・耳かけがない他のタイプのものよりはランニング時に外れたりしないのは便利でした。この場合は動いてるので音量も最小にしないので気になりません。
・学習時は出先の静かな場所で使う場合は小さめの音量で聞きたい場合は、他の製品よりも音量最小値がわずかに高いように思われるので、最小値にしても少し大きいかなと思いました(ihpneのアプリ側の音量バーで微調整しようとしても一定値以下にすると音量が0になります。かなり小さめにするので普通の方は気にならないかもしれません)。
・音質についてはそれほど問題ないように思いますが素人なので評価は差し控えます。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月1日
音質、使い勝手、装着感、全てにおいて、ランニング時の満足感が大きく喜んでいたが、約2週間後、充電ができなくなった。たまたま不良品なのかと思い、同じものを購入したが、まったく同じ症状で2週間後に使用不可に。充電ができなくなる直前には、1時間過ぎにノイズが入り、1~3時間程度でバッテリー切れに。そして、充電不可(ランプが不点滅)。3回目の購入はやめて別な製品を購入しようと思ったのですが、4000円以下で同様な製品(ワイヤレス、耳かけ)は意外に少なく、有線のイヤホンを購入することにした。本当に満足していたがので、是非、故障が少ない製品に改良して欲しいです。
1コメント1件|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月2日
今日届いて、付けて16キロ位走ったら壊れました。
終わってます。ランナーは買ってはいけない商品です。
お金返して欲しい…
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)