Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.113
5つ星のうち4.1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月4日
パソコンで使うために購入しました。音楽再生、映画やアニメ鑑賞、ゲーム等使用目的は多めです。

筐体はかなり大きいですが、デザインは非常に洗練されていてかなりカッコいいです。
また背面の接続が非常にやりやすく、ユーザーインターフェースも直感的でユーザービリティの面においてデノンのアンプは優れていると言えます。

初期設定に関してですが、オーディシーの自動音場補正がついています。さらにデノンのアンプにはマイクスタンドが付属していて計測しやすくなっています。このような付属品は他のAVアンプではあまり聞いたことが無いです。
デノンはユーザー目線に立った親切な設計が売りなのかな?こういう所は好感が持てて良いですね。

このようにユーザービリティは良いのですが、エントリークラスであるこの機種の自動音場補正はあまり優れているとは言えません。
自動音場補正で有名なパイオニアのMCACCpro等と比べると補正能力は低いと考えて良いでしょう。一度計測したら、後は昔のように手動で調整しましょう。

次に音質についてです。
私個人の意見としてはアンプによる音質の差というものはほぼない、もしくは無視して良い程度と考えています。
超高級スピーカー等を粗悪なアンプで駆動するのは流石に苦しいと思いますが、一般的なスピーカーとアンプの組み合わせなら差はないと思います。
所謂中華アンプと聞き比べをしても私には差は分かりません。逆に言うとAVアンプを選ぶときに音質の項目は重要にはならないという事です。

私が音の部分で重要視するのは対応している音響方式と音場プログラムです。
つまりこのAVR-X1200Wを評価するときに重要なのは最廉価でドルビーアトモスに対応しているという点で、そのドルビーアトモスが優れていればこの機種を選ぶ重要なポイントになります。

実際に聞いてみた結果は……フロントハイト構成ではよくわかんない!(なんじゃそら)
数日かけて調整を追い込んでみたのですが、天井方向から音がする感覚はまったくありません。
自分の調整が失敗したのかと疑いオーディシーの測定結果を一切弄らず試してみましたが、自分で調整したパラメーター以下でした。

音場の違和感は全くなく、それに関しては素晴らしいのですが1mほど音場空間が上に伸びたかな、程度です。
この手ごたえだと恐らくイネーブルドスピーカーでも同じでしょう。天井スピーカーは必須、ドルビーの謳い文句を再現するには恐らく5.1.4chでやっと入り口に、という感じでしょうか。

音場プログラムについて
アップミックスのドルビーサラウンドは確かによく出来ています。
デノンのオリジナルの音場プログラムがまったく実用に堪えないのを考えると流石ドルビーラボラトリーといった所か。
ですがステレオ収録に使用しても純正の5.1ch収録や7.1ch収録のようにはまったくなりませんし、
5.1chや7.1chに使用してもドルビーアトモス自体がフロントハイトでは効果微妙なのでその劣化版のアップミックスでは効果は……といった感じ。

では何故このアップミックスが優れていると思ったのかというと違和感が全くないからです。
AVアンプには大体音場プログラムが入っていますが、普通は数日で原音との違いが許容できなくなり使わなくなります。
ですが、このドルビーサラウンドは違和感が全くない!(2回目)
たまーーーーーーーーに変な所で音が鳴ってるなぁと思う程度です。ほぼすべてに常用可能という素晴らしい出来です。

長くなりましたが……

・デザインや配線のしやすさ、使いやすさで★+1
・自動音場補正で★-1
・天井スピーカーが設置可能な人は価格を考慮して★+2

といった所でしょうか。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月27日
届いたその日に Update retry の無限ループに陥り、初期不良で交換してもらった品も Update retry の無限ループに陥り、いまクレイマーと思われるのを覚悟でまたカスタマーサポートに問合せ中です。せめてInitialized で初期化できればもう二度とアップデートしないで使い続けてもいいのですが(うざいアップデート画面を毎回消しながら映画を見ることにはなるかもしれません)、Initialized してもすぐに Update retry が始まりこれを延々続けて ConnectionFail09 (デノンサーバへの接続失敗)が出て動かなくなります。有線LANでもこの状態。電源を入れなおすとまた Update retry が始まります。この繰り返しです。二度とメニュー画面が表示されないので設定変更も出来ず手の打ちようがありません。アンプなんてつないで音がすればそれでいいと思っている人にはあまりにもリスキーなので薦められません。取説も何かあった時にはほぼ役に立ちません。一度のアップデート認証の失敗が一貫の終わりです。アップデートなんていらないので完成品を出荷して欲しいと思いました。アップデートが必要だとしても、Initialized で本当の初期化が出来ればここまでストレスは溜まらない気がします。Update retryの文字を見るだけで神経症になりそうです。頭の古い人間ですみません。もうついていけません…。

追記:再度動かなくなった返品交換品をカスタマーサポートに着払いで送付しました。工場に届いたその日にアップデートと動作確認をして当日中に再発送してもらえたようですぐに戻ってきました。メニューの画面遷移も問題なく、ようやく正常に使用可能となりました。DENONのカスタマーサポートはとても迅速で良かったと思いました(それで星1つ追加…)。20年間DENONファンでしたがもう少し続けてみようと思います。でももうアップデートはこりごりです。なにかあったら買い換えます。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月20日
4Kときて、アトモスときて、ついにDTS:Xも出てきたたところですが、
この価格帯でDTS:X対応ということで、このAVアンプを買いました。 初めてスピーカーから音を出したとき、
自動音場補正の機能でスピーカーを最適化するところが面白い。
測定用のマイクと組み立て式のスタンドがついてきます。
Wi-Fiが使えるのでネットワークにつなぐのがカンタンでした。
Bluetoothでスマホやタブレットもつなげて、
中に入っている音楽もワイヤレスで聴くことができて便利です。
今はAWAとかのストリーミングサービスをスマホで聴くことが多いのですが、
いつもヘッドホンできいている音楽をこのアンプで鳴らすと、
さすがにオーディオのデノンだけあって、音が良いと思いました。
リモコンもついてますが、デノンのアプリでリモートコントロールができて、それも便利っぽいです。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月16日
AVアンプもどんどん世代が変わってきて、そろそろ買替えかなと思って購入しました。
AVR-X1200Wは入門モデルながらアトモスにも対応しているので、コレならしばらくは買い換えなくていいかなと思っています。最初に設置する時のセットアップの機能が優れていて久しぶりのAVアンプですが、そのあたりはずいぶん進化したな、と思います。

映画も好きですが、音楽ファンなのでライブのBlu-rayやDVDをよく見ています。ライブの動画は、サラウンドの包まれ感がすごいです。曲が終わると後ろから拍手がしたり歓声があがったりと凄い臨場感です。アトモスの天井スピーカーはまだ試していませんが、いずれやってみたいと思います。

またハイレゾに関してはハイレゾ音源を入れたUSBメモリーを本体のUSB端子に差すだけで再生できるので、とてもカンタンに高音質が楽しめます。

iPhoneもUSB端子につなげて、充電しながらiPhoneの中の音楽が再生できるので、それも便利に使ってます。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月16日
少し前に、古いミニコンポが壊れてしまい…。
パソコンやスマホに入っている音楽をBluetoothのスピーカーで聴くことが多いのですが、CDを聴けないのは困る。
そう思っていろいろ調べていたら、デノンのお手頃なAVアンプを発見。
ミニコンポ時代のスピーカーと、ブルーレイプレイヤーもあるから、CDも再生できるし「コレいいかも」と。

私は映画も好きですが、最近はDolby Atmos対応のブルーレイが増えてきたので、せっかくなら迫力の音で映画を楽しみたいと
思ったのも決め手のひとつです。

いざ届いてみると「一人でセットアップできるかな・・・」とちょっと不安になりましたが、セットアップアシスタントという
テレビ画面に設定手順を表示してくれる機能があったので、意外なほど簡単にできました!

それと、これは便利と思ったのはスマホを充電できる&充電しながら音楽が聞けるところ。
ついつい長時間再生し続けて、気づいたらスマホの電池がなくなりかけてた!ということがよくあったので、充電できるのは嬉しい機能でした。
久しぶりにCDも聴けたし、さすがに音も良いし満足!

これから、スピーカーも少しずつ揃えて、Dolby Atmosもちゃんと堪能できるようにしていきたいなあと思ってます(まだスピーカー二つだけなので先の話ですが)。

ただひとつだけ。ちょっと大きいのがウチ的には難点か。他のもだいたこの大きさだけど、いまの時代、お弁当箱ぐらいにならないものかと・・・
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
カーゲーム、アクションゲームをスクリーンに投影して楽しんでるんですが、
ぜひサラウンドでゲームを楽しみたいと思って買ってみました。
サラウンドでのゲームはハマりますね。
たとえばレースゲームでの音の迫力は
今までとは全く全然ちがいます。
あのエンジンの重低音はサブウーハーの効果かなー。
周囲から音がするリアリティもすごいです。
アトモス対応のゲームはまだないみたいですが、
映画はもう出ているみたいなので、
近々天井スピーカーにも挑戦しようと思っています。
音楽はスマホに入っているものを聞くぐらいですが、
Bluetoothで接続できて、いい音で聞けるので、
それもハマります。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月22日
いつかはほしいと思いつつ今までずっと様子を見ていましたが、低価格にもかからわずアトモスなど機能が揃い尽くした感があるので、ついに初めてAVアンプを購入。憧れだったホームシアターを始めました。スピーカーの設置やテレビなどとの接続も、もっと大変かと思ったけど、いちいち手順を本体が教えてくれたので、意外とスムーズにできました。ホームシアターだけなく、CDもかなりいい音で聴けます。Wi-Fi接続もできるし、iPhoneの充電もできます。この値段でこの機能は凄いと思います。これで娘と映画をたくさん見ようと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月22日
ブルーレイのコレクションにDolby TrueHDやDTS-HD Master Audioを収録したディスクが増え、最近ではDolby Atmos音声版も徐々に増えてきたので、自宅のAVルームの古くなったスピーカー(3-1-2のSWを除く5台)を総入れ替えするのにちょうどよいタイミングと思い、本製品をチョイス。
新たにスピーカーを2台追加して、5-1-2配置で再セッティング(7台すべてfostexの10cmフルレンジ:FE103Enで統一)しました。
もちろんメインはDolby Atmos再生なので、追加分のハイトチャンネルSPの取付位置は迷うことなくトップミドルを選定。
音場補正も問題なく終了し(補正中にトップミドル右側を+-逆位相で接続していたのを指摘されました…冷や汗)、オプション機能で各チャンネルごとの音量補正も終えて、早速「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」を視聴。結果、その自然なドーム状の包囲感が100インチスクリーンの映像とぴったりマッチして、大満足。
これまでの5.1ch再生では、個々の効果音が「オレはここで鳴ってるぞ!」とばかりに存在を主張しているような印象でしたが、こちらは文字通りの渾然一体。ふんわりと包み込まれながらそれでいて明瞭に四方八方から降り落ちてくる…そんな感覚です。
加えて、従来のドルビーデジタル5.1chやDolby TrueHDも、アップミックス機能(ドルビーサラウンド)を使えば、全チャンネルにサウンドが再構成されて振り分けられ、包囲感も格段にアップ。
言うこと無しと思っていましたが…DTS-HD Master Audio収録の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を再生してみたところ、「あれ、なんか違う…」。包囲感が弱く、個々の音がきつめなんですね。
ふと思いついて駆動中のアンプを表示させてみると、なんとトップミドル分が作動しておらず、従来通りの5.1ch再生になっていました。
考えてみれば当然のことなんですが、DTS-HD Master Audioをセレクトしているときは、「3-1-4」のサラウンドバックSPの使用が前提なんですから、トップミドルSPは除外されて当たり前。さらにアップミックス機能のドルビーサラウンドがDTSに対応するわけもなく、これは「007/スペクター」や「オデッセイ」、「図書館戦争 THE LAST MISSION」でもすべて同じ結果でした。
しょうがないので、一旦設定を解除して、トップミドルSPを(位置は変えずに)サラウンドに、サラウンドSPをサラウンドバックに設定し直して音場補正をやり直すと、今度は無事全チャンネル駆動で再生されました(音響的にはSPの配置が適正でないためか、左右上方に音場が引っ張られて違和感が残ります)。
この事態は、DTS:Xに対応したファームアップを施してやれば改善(つまり、トップミドルの設定のままでも、DTS-HD Master Audio+Neural:Xの機能で、全チャンネルを違和感なく駆動)出来るんでしょうか?
DENONがDTS:X対応を謳ってから1年近くが経過しているのに、本機のファームアップは未だに通達されません。
従ってあくまでも現状の使い勝手として、★3つ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月28日
他の方のレビューでは、外装の仕上げが悪いとありましたが、そんなことはありませんでした。
説明書が付属しないのも購入前には不便そうに感じましたが、テレビにHDMI接続するとアシスタンスが始まり、その指示通りに接続、設定していくだけなので、説明書は確かに不要でした。
音質も素人には必要十分です。
高級なシステムを聴いたことがないので違いはわかりませんが、映画の臨場感は家庭で聴く分には十分です。
大音量で楽しめない場合でも、自動で補正して小さな音でもサラウンドを楽しめる機能が付いています。
テレビとHDMI接続すると、テレビの電源オンで自動的に本機も電源が入り、テレビ音声を流してくれるので非常に便利です。
十数年前のアナログなAVアンプで5.1chを楽しんでいましたが、テレビを買い換えたのをきっかけにHDMIでシステムを組み替えたところ、便利さに驚きました。
ブルーレイプレーヤーの電源を入れるだけで、テレビも本機も電源が入り、再生が始まれば何もせずに5.1chが楽しめる。
昔のシステムでは、各スピーカーの音量を自分で確かめながら設定してましたが、本機では指示された場所(8箇所)にマイクを置き、指示されたとおりに設定するだけです。
素人向けの入門機というポジションですので、必要にして十分な機能と性能だと思います。
おそらく、耳の肥えたマニアな方々には設定などが物足りないでしょうが、そういった方々はもっと高級で高機能な製品を購入されると思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月28日
ATOMS、DTS:Xと新しい音声フォーマットが出そろったので、
アトモス対応の映画が思う存分楽しもうと思って
ついにAVアンプを買替えました。
「ゼロ・ブラビティ」や「ミッション・インポシブル」を見ましたが、
やっぱりアクションものでのリアリティはバツグンです。
スピーカーを設置するのはやや大変でしたが、
テスト機能があるので配線の間違いなどはなく、便利でした。
天井にスピーカーをつけるのは物理的に無理なので
フロントスピーカーの上に置く安価なイネーブルドスピーカーにしましたが、
包まれ感たっぷりのアトモスのサラウンドは充分楽しめます。
特に「ゼロ・グラビティ」では本当に息が詰まるかと思いました。

それとアトモスに対応していないブルーレイでも擬似的にアトモスにしてくれる
アップミックスという機能があって、従来のソフトでも疑似的なアトモスで
上のスピーカーも使用することができます。
それもかなりいい感じで、手持ちのソフトがもう一度楽しめます。

DTS:Xは、まだソフトは出てませんが、
出たらすぐに試してみたいと思っています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)