Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
30
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年11月7日
私の初期不良の例です

購入1週間後
最初にPCのアプリケーションが突然、クラッシュ状態を起こす
その後、アプリケーションがエラーで起動しなくなり、WINDOWSメニューの表示もできなくなってしまう
(OS再起動でも症状同じ)
            ↓
OS(WIN10)の不良だろうと疑い、OS再インストール実行
再インストール後も症状変わらず(これを3度試す) 
            ↓
OS起動時も異常に重くなる
再び再インストールを試すが設定で受けつけなくなる
(BIOSは起動できる)
            ↓
ストレージ(SSD)かメモリーの不良を疑うが、
代替品がなく試せない
(過去にこの2つの不良もあった)
            ↓
個人ではお手上げ状態になり修理店に修理依頼をお願いする
            ↓
ショップにて全てのパーツを検証したところ、CPU交換で回復したとのことでした
他のパーツは異常なしとのこと
        
CPUの不良は微塵も疑いませんでした...

これまでHaswellはi7-4790、i5-4590、セレロン(G1840)と3個使いましたが
むろん初期不良に当たった経験なしです

SKYLAKEは新設計のCPUというこで不良にも当たりやすいんでしょうか・・・
信頼、安定感で選ぶなら今はまだHaswellかなって思いました

あくまで個人的な感想でございます

追記 16.2.2 現在

その後、交換後の物はこれまでトラブルなく稼働しております
ロットのハズレに当たったのかもしれないですね・・

CPUの不良はこれがCPUトラブルだと気づきにくいことが難点だと思いました
それと気づかず私も本体ごと修理に出しましたので、
みなさまの参考になれれば幸いです
1コメント1件| 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年5月16日
新規に自作を…
旧世代のPCから更新を…

といった、大幅なアップグレードや新規作成では良い選択肢だと思われます。
しかし、これがi7からの更新の場合i7 2600Kと比較しても1割ほどの性能アップであとはグラフィック部分の性能向上がメインです。
グラフィックボードを搭載せずにオンボードのみで使用するのであれば体感的にも性能の向上を感じることが出来るでしょう。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月10日
普段自分はCore i7 5820Kを常用しており、新CPUが出たと聞いて購入して使ってみましたが、ベンチマークスコア等を見ても5820Kとあまり変わりはない、むしろ5820Kの方が性能が高いと思われます。
この価格でi7を買うのでしたらほぼ同価格帯の6コア12スレッドのi7 5820Kの構成で組んだほうがコストパフォーマンスは良いかと思われます。
6700Kのダイとスプレッダ間のグリスは4790Kより低い伝導性の物が使用されているため発熱量は4790Kより多いです。
新しいCPUが出たといってスグに買ってしまうと後悔するかもしれません。
3コメント3件| 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月10日
i7 2600Kからの更新になります。
まぁ、ここ数年でいえばCPU&MBシステム交換でのパワーアップ感よりは、
HDD→SSDの交換によるパワーアップ感のほうがはるかに高いのが現実で、
CPUの進化自体も内臓グラフィックの向上がメインで本体はおざなりではあります。

で、期待されていたskylakeの最上級品ではありますが、早速「爆熱」だの「プレスコの再来」だの「期待はずれだの」と言われているようです。
まあ確かにLGA2011-v3のシステムとのコスト差を考えてしまうところですが、
LGA2011-v3がHaswell-Eで終わりになってしまうのを考えると
LGA1151では少なくともkabylakeまでは持ちますので、製品寿命としてはよいのかなぁと思います。

とはいえ6700Kを選ばなくとも6700でもよかったかなぁと思わないでもないです。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年1月25日
Skylake-Sこと第6世代i7の最新型です。
ソケットはLGA1151。対応したマザーボードを購入しましょう。
おすすめは「Intel Z170」チップセットを搭載したマザーです。
Intel Z170チップセットを搭載したマザーボードでのみオーバークロック対応となっています。
6700Kはオーバークロックをする人はお間違えの無いように・・・

ちなみに同じCPUでも『6700k』と、kが抜かれた『6700』と2つの種類があります。
これはオーバークロックに対応しているかどうかの差です。
オーバークロックをしない人は6700の購入すればいいかと思います。
基本性能は変わりませんし、値段も5000円以上は安くなると思います。

6700kはアーキテクチャを新しくし、性能の向上、省電力化を図ったCPUだそうです。

省電力化の効果ですが正直なところ、ほとんど実感できませんでした。
というか増えてるんじゃないか?と思うこともしばしば。
i7シリーズを買う人は省電力にこだわって買うということはないと思いますが、こちらも要注意ですね。

肝心の性能ですが、こちらも正直そこまで変化を感じませんでした。
ベンチマークを取りましたが、3、4世代前のものと比べるともちろんかなりの差があります。
しかし、1世代前のものと比べると、その差は微々たるものでした。
1世代前のものが安く出まわるのでしたら、それを使っても性能の差はほとんどないでしょう。

ただ、それはもともと性能がかなり高いからであって、実力不足家と言われると、そういったことは一切ありません。
最新の3Dゲームや、動画編集など多岐にわたる運用が可能ですので、スペック重視にはもちろんおすすめですね。

余談ですが、Z170はストレージの速度が大幅にアップするとのこと。
CPUの性能自体は、1世代前の物と変わらないと言いましたが、パーツの組み合わせ次第では、大幅に性能アップが見込めるかもしれません。
高速ストレージなどを使っている人は一度調べてみると良いかもしれません。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月20日
ASUS Z170 PRO GAMING マザーボードでOCを行い、常時4.7Ghzで使用しています。マザーボード付属のソフトで簡単OCで全コア4.7Ghzで安定して動いているので、素晴らしいです。高負荷にするなら上限を下げた方がいいかも…クーラーは空冷のサイドフローですがハイエンドなものは使っていないので水冷とかにしたらもっと上がるのかな?ちょっとそこはCPU個体差かもですが早いです。1コア負荷なら4.8Ghzも行けそうだけどそこは妥協しています。
ゲーミング用PCなので単コア当たりのクロックが高いこのCPUは快適です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月30日
第3世代の3770を使用していましたが全部中古で揃えた物で不安があったので第4の4790kと第6の6700kで迷いましたがこちらを選択しました。
結果良かったと思います。ゲーム用としては4790kのほうがターボブースト時に4.4GHz?だったかな、なので4790kのほうが有利と聞きましたが、
発熱のすごい個体と少ない個体の差が激しいという意見が多かったのですが、こちらは4790kより若干ターボブースト時のクロックが低いですが、
何より新しい物ですし発熱も3770と大差なくていいなと思います。箱の薄さから見れば分かると思いますがあのリテールクーラーはついてません。
冷却悪いと聞いていますし使ったことも使う気もないので私はいらないからいいんですけどね。
I7-6700K
H170-PRO
GTX970
SSD2台
HDD2台
RAM16GB
600WBronzeの電源ユニットで組んでいます。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月16日
4790kから劇的な変化は無いが単純に性能は高いのでお金に余裕のある人なら買い替える価値あり
PCゲーム目的なら5960よりパフォーマンスは良い
以上
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月12日
FX-8320からの乗り換えです
初期不良などもなく順調に動いてくれています
正直、あんまり体感は変わらないだろうと思っていたのですが、以前使ってたCPUよりSSDのアクセス速度が体感できるほど上がり、驚きました。

追記 2016/07/03
CPUだけの評価にはならず構成がガラッと変わるので評価をしづらいのですが、このCPUにして良かったと感じるのは、前のCPUクーラーと同じ型の物を使っていてもCPUクーラが静かですね
あと、前のCPUだとOSを動かしているとたまに応答なしになるのですがこいつにしてからまだ応答なしを見てないですね。
気持ち的にゲームもサクサク動くようになった気がします。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月12日
私用のメインPCをアレコレ延命させながら使ってきましたが、モッサリ感があり、どんどん遅くなる一方で目にした記事を読んで考えてしまいました。
「新CPUだとwindows7/8/8.1はwindows10の無料アップグレードを2016年の7月までにする…うんたらかんたら」
このCPUからwindows10を買わなければいけなくなるようです。
更に、「クワッドから6700kに変えて電気代が月2500円くらい減った」「4k対応」「内臓グラフィックは旧GeForceと同等」とレビューを見て、「このGWに作り替えるか」と、行動に起こした次第です。

残念ながらアマゾンで買ったM2が初期不良でGWは不良品確定する時間で無くなりましたが。

前回のCPUはQ8200で、2010年に200MHzほどOCしたものからの比較となります。
数値計測しておらず、体感でのレビューになります。
発熱はアイドル時、温度低いです。
ガスガス動かすとQ8200よりはけっこう熱くなります。
しかし、処理が速いので、いつまでも熱いということもありません。
高負荷のゲームなど、処理が追い付かないくらいの事をしているといつまでも熱いままですので、PCケースのフローを考慮したほうが良いかもしれません。
(温度に注意するのはHDDが温度に弱いからです)
高負荷書けない人は、そこまで温度に注意しなくても良いCPUでしょう。

OCですが、ちょっぴりやってみました。
何の苦も無く、4.2GHzで動作しました。(ブースト時4.7GHz)
メモリが追い付いてこないのでメモリ側の電圧設定が不可欠になると思いますが。
限界を試していないのでなんともさんですが、そんなに求めていませんので、私的には十分です。
定格でも十分だと思いますので、OCしない人は、K無しで十分でしょう。
たぶんですが、歩留まり上、FreqTestで引っかかったのは捨てるのもったいないのでK無し、良い物に対してはK付きにして販売した感があります。
K無しが「できそこない」というイメージがついて回るかもですが、どちらも製品として問題無いものでしょうから、お金に余裕か否かで判断されると良いでしょう。
私は4GHzでの運用、メモリ3200MHzでしばらく使ってみようと思います。

内臓グラフィクですが、4kディスプレイ持っていないので、私は評価できません。
FFXIしているので、そっちで。
マザーのデフォルトだと32Mしかないので、上限の1024Mにしましょう。
また、マザーに付いていたユーティリティは画面がおかしくなることもしばしばですので、新しいドライバーをインストールしてあげましょう。
私のマザーはASUS製だったので、サイトにある最新ドライバV20.19.15.4377を使い、安定しています。
さて、気になるFFXI具合はというと、それまで使ってきたGeForce9600GTよりチョッピリもっさりしています。
エフェクトが重なると「ん?」くらいでしょうか。
もう古いゲームなので、ソロしかしていない私は別に構わないくらいです。
GeForce9600GTに近い(7800くらい?)と思われます。
それくらい内臓グラフィクは向上していました。

どのくらい処理が速くなったかとなるとエンコードですが、今まで25分の番組をMP4へと変換にするのに約40分くらいかかっていたのが、約8分程度になりました。(OC4.7GHz時。定格4GHz時だと20分です。)

消費電力ですが、装置持ってないので、わかりません。
CPU自体は電気食ってなくても、どうも今回購入したマザーが無計画に電気食ってそうなので、なんとも言えません。
その辺はまたいつか報告しましょう。

もっとハイスペックをお求めの方は、10コア20スレッドのBroadwell-Eが発表されましたので、検討してみてはどうでしょうか。
まあ、マルチコア対応のソフトがどこまでかという問題もありますが。

最後にエクスペディエンスの画像張り付けておきます。
windows標準でなくなったエクスペディエンスなので、3Dグラフィックはアレなのですが。
review image review image
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)