Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
45
5つ星のうち4.0
色名: ブラック|変更
価格:¥1,814+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年8月21日
前モデルAW-3G2(PitchHawk-G2)と比較して
・画面明るさ(照度)が前モデルよりやや暗い→ 電池寿命に貢献。使用上は問題なし。(並べて比較)
・起動が早い。 前モデル約3秒 → 約1.5秒へ
・全体的にスリム化。画面表示サイズは変わらず。
・小型化により背面スイッチが密集かつ固く押しにくい。前モデルのほうが押釦の操作性は良いと思う。
・ファインチューニングモード機能追加により±0.1セント以内の精度が出せる。
・電池寿命が約8時間から約24時間に延びた。

新機能のファインチューニングは、モードを選択して使える機能だった。(単純に精度が上がって操作性は変わらないものと勘違いしていた。)通常チューニングはこれまでと同じ±1セント以内の精度になる。通常チューニングを済ませてから、ファインチューニングモードを試してみた。画面のストロボがピッチの高低で右に左に流れる。ペグを少しずつ前後に回して追い込む。ピッチの精度が高まるにつれてストロボがゆっくりした動きになり、やがて止まる。この状態が±0.1セントの精度。最初は、なんじゃこりゃ、という感じだったが、慣れてくるとナルホド・・・という感じ。この流れるストロボは慣れるまでは分かりづらい。開放弦を念入りに±0.1セント以内に合わせたとしても、精度の悪いギターではフレット毎でずれることも頭に入れておきたい。(ギターはもともとチューニングが狂いやすい楽器なので、ここまで神経質にならなくてもいいかもしれない。)

付属のボタン電池が箱の開閉口に収納されおり、気づかず捨てるとこだった!
クリップチューナーは本体で振動を検知するので、マイクタイプより扱いやすくて便利。
ヘッドに内向き(裏側)に取り付けることでそのままハードケースに収容できる。(アコギ)
スイッチの操作性が前モデルより悪くなったので星ひとつ減点。スイッチ部品や配置を見直してくれたらもっと嬉しい。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月14日
ギターを初めて早10年、音叉からの初チューナー。想像していたよりもずっと小さく、画面も見やすい。高精度なモードは元から使う気はないし、試してみてはしたものの、やはり使用することはないと思う。欲しかったものは、なるべくコンパクトに見やすいもので長寿命なもの。ズバリだったので購入。
レビューに電源スイッチが固く、指で液晶を押さえることになって、液晶が歪むとあったが全く問題はなさそう。確かに押しづらく固いが、本体の縁に指をあてれば液晶に触れない。
でも爪が短い人は確かに液晶に触れる事になるのかもしれないけども。そこを容認できれば長寿命の恩恵は大きいと思う。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
AW-1からこのAW-4まで使ってきています。率直な感想ですが 全体に小さいと言う印象
今までと同じ程度の大きさで良いように思いました。液晶は、もう少し表示部が大きいと思っていました。
イメージ写真ほど はっきりくっきりのカラー液晶には、見えません。裏側のボタンが押しずらい
など気になった点です。機能面では、電源ONからの立ち上り動作も早く気にならないです。
今まで通りの機能プラス ファインチューナーの機能も追加されています。(普段使うかどうかはわからないですね)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月17日
ギターチューナはいっぱい持っているのですが、新しいのが出るとついつい買ってしまします(^_^;)
Pitch Hawk-G2も持っていますが、このPitch Crow-Gはカラー液晶はそのままに、少し小さく、電池の持ちは3倍と文句ないです。
これからはこのチューナーがメインとなりそうです。
他の方がおっしゃるように電源スイッチは少し硬いような気もしますが、私には大した問題ではないです。
0.1セントの超高精度モードはギターには要りませんね!もともとそんな精度が出る楽器ではないですから・・・。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月10日
歴代のAWを所有しておりますが、このAW4GはAW3(pitchhawwk-G/G2)のように電源ONから動作まで待たされる事のイライラ感が少なく、電池の持ちが3倍になり、AW-2と同様にダブルボールジョイントに戻った事は設置の自由度の点からも評価に値する。
唯一の欠点は、サイズダウンにより、枠が細くなったため、片手で電源ON/OFFする際、電源スイッチがかなり固くて、片手での操作では液晶部分まで押さえざるを得ない事だ。
液晶部を押す事になるため、ちょうど440Hz表示の44部分の色が数秒間変色してしまう。よって液晶の耐久性が心配だ。
個人的にはAW-3のカラー液晶(pitchhawwk-G2)のSW形式を採用して頂ければ満点である。
写真では、左からAW-4、AW-3(G2)、AW-3(G)、AW-2であるが左から2つ目のG-2の黄色ポッチ形式のSWが押しやすい。
ちなみに、SNARKのクリップチューナーも数種類所持しているが、こちらの方が片手では使い勝手が良い(ボールジョイント部が壊れやすいのが欠点だが)
review image
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
電源ボタンについての意見が多いようですが、さもありなん。
メーカーとしては、「これだけ小さくまとめたんだから大目に見てよ」ということかもしれませんが、
電源を入れるとき必然的に液晶画面に圧力が掛かる仕様というのは
安心感と言う面からすればマイナスなのは否めません。
しかもその液晶が、ちょっと触れただけで表示が怪しくなる、やわなものだし。
(というと語弊があるでしょうか。液晶板はやわで当然ですが、それを保護するカバーが
不十分と言う感じです)

そんな非常にちゃちと言うか、華奢な造りの割には、チューニング時の反応はまあまあ。
ギター系なら特にストレス感じないでしょう。
管楽器などに使うには、かえってもう少し反応鈍いほうが使いやすいかも。
そういう人は、ファインモードよりスローモードなんかの方がありがたかったでしょう。

画面の方向は結構フレキシブルに変えられるので、その辺も特に不満ないです。
ただ、スイッチは固いとかよりも、使い勝手そのものがよろしくない
(画面を見ながら指先の感覚だけで裏側から押せないと実用的でないでしょう)ので、
その点が一番の不満点かな。
華奢なケースのクセに、電池の交換蓋も開けにくいしね。

昔からある箱型のクロマチックチューナーなんかと違って、
消耗品と割り切るべきなのかもしれませんね。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
長いこと音楽から離れていましたが、最近レスポールモデルを購入しギターを再開(ひとりののんびりした趣味ですが)して半年ほどたちます。

この数ヶ月、楽器屋さんのレジのところで売っていた、シールドを挿すタイプの安いチューナーを購入して使っていました。
昔バンドをやっていた頃は音叉かピアノに合わせていたので、それでも6本の弦すべてが合わせられる!と喜んでいたのですが、今はそれとて古いものだったのですね。

ヘッドにクリップを挟むだけ。いちいちシールドを差し換える必要がないですし、カラー表示もきれいでとても見やすい。
持っていたチューナーではできなかった半音下げチューニングも楽々です。

しかも写真から想像していたより小型軽量で、練習中ずっとヘッドに付けていても何の違和感も感じません。ぶつけるとアーム部分が破損しそうな感じはしますが。
レビューで読んでいたスイッチの押しにくさも、言われればそうだなと感じる程度でした。
個体差かもしれませんが、私的にはそれほど堅いとも感じず、液晶面に触れずに枠部分だけのホールドでON/OFFできています。

実にすばらしい。チューニングしなおす機会がぐんと増えました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月19日
クリップチューナーはたくさん集めちゃってます。
真ん中にぴったり合わせる時に反応がやや鈍いので、行きすぎたりします。
KORGのチューナーはみんなこんな感じだと思います。
ですが、真ん中付近の精度はいいです。
きっちりあってると、きれいに響きます。
合わせるコツは反応量を見込んでまわして待つという感じです。
あとは、完璧を求めず矢印が両方光ったらOK、でいいかなと思いました。
小ささと画面の見やすさ、かっこよさが気に入っています。

polytune clipが最強かなという印象です。
回す手元と光が連動して真ん中に合わせやすい。

ですが、これも使うと思います。
こういうデザインも楽しいです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月4日
AW2Gあたりでは、純正率の3度を示すマークがありましたが、それは残しといてくれたらよかったのに。
それ以外、何の不満もない。
AW2G、Pitchclipと使ってきて、いまいちと思っていたLo-Bへの反応も満足いくもの。
0.1セントのファインモードは安定性もよくストロボちっくな表示もみやすく、このモードで常用しても良いと思えるもの。
クリップとネックもしっかりしていて、演奏の影響でがたつくようなことも感じられない。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月21日
色名: ブラック|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
クリップタイプチューナーの宿命的な弱点(自分が音を出さない。またギターのヘッド形状および重さは鳴りに少なからず影響するらしい)については減点対象にしません。現在のクリップタイプチューナーの中で極限の軽さと視認性の両立、高精度、高感度、長電池寿命を目指したというハイエンド志向に対し星5つです。
しかし実際に使ってみると、クリップタイプチューナーでここまでやるのが実用的なのだろうかと思えてきます。
ファインチューニングモードは中途半端でむしろ要らない。ここまで精度の高さをアピールしたいのなら、いっそ0.1セント単位でデジタル表示するとか430-450Hzまで0.5Hz単位で自由に設定できるくらいの親切且つフレキシブルな対応をしてほしい。
電池寿命の長さは特筆に価する。CR2032なのもたいへんありがたい。ひょっとするとランニングコストで価格差を埋めることができるのではないかと思うほどだが、CR2032は現在とても安価なので現実的ではない。
普通に使えるものが800円程度で手に入る時代にどれだけ付加価値を見出せるか?

この価格ならでは、と言えるだけの価値がどこまでユーザーに伝えられるかが成功の鍵だと思いますが、セールス的には相当苦しいのではないかと危惧します。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)