Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.09
5つ星のうち3.0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

前機種のRX100Ⅲとの価格差とスペックの差を考えると
ⅣではなくⅢでも十分かと思われます。
しかしながら他のコンデジよりはるかに高性能。
スペックは最強のコンデジだと思います。

ただ、写真画質は一眼レフカメラには敵わない場面があるでしょうし、
4K動画も高画質のビデオカメラがあれば
RX100Ⅳは必要ないと考える方もいるかと思います。

このカメラの強みは気軽に持ち運べて直ぐに撮影できるという点です。
ビデオカメラや一眼+レンズはポケットには入りませんし、
カメラがカバン容量を結構占領します。また、高価なレンズ、カメラ本体を
守るため、カメラ収納専用のカバンを用意することもあるでしょう。
撮影の度に外でイメージセンサーにわんさかホコリを入れながら
ゴチャゴチャレンズを入れ替え撮影するのは嫌だという人向けです。
このカメラはポケットや、バッグから取り出した後、
すぐに撮影出来るのでシャッターチャンスを逃しません。
気軽に素早く高画質で撮影でき、コンパクトで持ち運びが楽。
特に旅行の際はこのカメラが大活躍するとおもいます。

コンデジ、一眼レフカメラ、ビデオカメラにはそれぞれ強みがあり、
使用に向いている用途があります。
そこが一致していないと無駄に高価な買い物になってしまいます。

値段高い......
0コメント|43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月15日
総じて、すごく気に入っています。

私はスーパースローモーションが撮れるfs700というカメラをいつか購入しようと思っておりました。

時は経ち、2015年。
スーパースローモーションがこんな小さなカメラで楽しめるなんて。
夢のようなカメラが出ました。
技術の進歩はすごいですね。

ただ、動画カメラとしてみた場合、欠点がとても多いカメラでもあります。

1.長時間の録画は出来ない

カメラの熱暴走強制停止で、4k撮影は20℃くらいの環境でも5分未満で強制停止することがあります。120fpsの100mも、センサーがかなり熱くなるのか5分程度でストップすることがあります。

手持ちで液晶を閉じたままだと更に悪化。
手の熱と液晶の裏側の熱がこもり、強制停止も早まります。

小さいボディのため、仕方ないとは思いますが、パナのlx100は4kが15分撮れるという事実。sonyさんにはもうちょっとだけ頑張って貰いたかった。

2.スーパースローモーションの実際の撮影可能時間は2秒or4秒で、使い勝手が悪い

このカメラの大きなウリである240fpsより高速のスーパースローモーションの使い勝手が悪いです。

実際画質で使用に耐えれるのは240fpsの2秒なわけですが、

・スタンバイ状態でズーム、ピントを合わせる

・ボタンを押してスタンバイを解除(この時ピントをMFで合わせることは不可)

・録画ボタンで録画スタート

と、行程が多く、スナップ的にサッと使うのは難しいです。動く被写体に使うのも難しい。

ただ、仕上がる映像は、何気ない日常が非日常に変わります。
これは本当に驚きとワクワクに満ちています。

3.外部給電の貧弱さ

rx100m4は撮影中もモバイルバッテリーなどで外部給電が可能です。
ただ、給電に使う端子はマイクロusbで、電圧も5v0.5a程度。
ガンガン電池の減る4k撮影では給電が全く間に合わず、あまり意味はないです。

ま、その前に熱暴走で止まるので長時間撮れることの方が少ないですが笑

このカメラの悪い点として、

とにかく、このカメラは熱暴走が酷い。
これはかなりひどい笑

ちょっとしたスナップの様な業務でもこのカメラを使うのは相当難しいです。(カメラの見栄え的にも)
そういう用途にはおとなしくrx10m2以上を買いましょう。

で、ここからは良いこと書きます笑

このカメラは、この高機能でとにかく小さいこと。これに尽きます。

アイスクリーム型のミニジンバルにも余裕で乗ります。
どこでも持ち運べて、サッと出して超高画質な120fps100mのスローが撮れます。

ここぞというときは240fps〜のスローも撮れます。
4kは、、あまり期待してませんでしたが高画質です。
あと、s-log2に対応してるのも素晴らしい。

本体はボタン類をかなり自由にカスタマイズ出来ます。使い勝手を自分なりに上げられます。
ポップアップ式のファインダーのギミックも素晴らしい。男子はこういうのに弱いです。

写真には全然期待してませんでしたが、高画質でビックリしました。ノイズがとても少ないです。iso1600くらいまでは全然使える感じ。
ポップアップ式のフラッシュは、手で固定して上に向けて天井バウンスが可能。
これを使うと場所によっては光の周り具合がとても良いです。

初代発売から約3年。
この間、豊富な社外アクセサリーが出ました。
これらを買って自分だけのカメラにするのも色々と楽しいです。

私としてはこの数年で、一番満足度の高い趣味カメラです。

ただし、写真を撮るカメラとして見た場合、rx100m3にしておいた方がいいと思います。
さすがに値段が高すぎるとおもうので。

スーパースローモーションの世界を気軽に体験したいなら、このカメラはとても良い選択肢だと思います。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月15日
Beware of Amazon's misleading page, this is the limited Japanese version and cannot be switched to English/PAL. Great quality product otherwise.
1コメント1件|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月2日
  普通はカタログに書いてあることは話半分…というのが通常でしょうが、正直今回のバージョンアップはすごい。もちろん「コンデジ」としての価格や、使用用途に当たっては「高い」という感情も分かるが、「こんなことができたら」と、テレビ放送を見ながらあこがれていた者にとっては本機で、または10Ⅱで実現できていることは素晴らしい。カシオでも電子シャッターを用いて似たような機能はあったが、あくまでも静止画の世界。「ハイスピードカメラ」としての動画がコンシュマー機として実現できたことで、おそらく多くのテレビ放送自体にも影響があるだろう。つまり、ドキュメンタリーやバラエティー番組でも、気軽に「手持ちできる小型カメラ」で超スローモーションの世界が配信できるようになる。それくらいの「革命カメラ」と言っていいと思う。家庭では、子どもの観察日記に「ミルククラウンのでき方」など、動画で発表できる。また、スポーツ競技でフォームの矯正について「一瞬の」動画を見ながら説明できる、など、今までスマホに居場所を取って代わられそうになっていた立場を一気に回復したものと思う。ただ、もちろん高価で、そこまでの動画を必要としない者にとってはいくらシャッター速度が1/32000になり、高速のものでも撮れる!明るくてもF1.8よ!と言われても・・・という感もある。個人的には、安くなったⅢを買おうかどうしようか・・・迷っている。ちなみにⅡユーザーです。
0コメント|33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月17日
ま、金額的に文句言いたい人もおられるようですが
ま、いいカメラですよ。

α7からSONY使い始めたのですが、マイナス面はバッテリーの保ちが悪い
ことと、4K撮影時機体発熱くらいですかね〜

発熱は手際良く撮影すれば気にもなりませんが。
手際悪いと発熱で本体ダウンします。

ま、凄くいいカメラですね〜
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月6日
初心者にもわかりやすく扱いやすいモデル
持ち歩きにもちょうどいいです
未購入者の低評価は意図がわからないなー
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月2日
今も3万円台で買える初代RX100と画質面では大きな差はなく、ましてやM3との違いはほとんどがマイナーチェンジに等しいもの。

現在7万円台のM3でさえ高いと言われているのに、M4は更に4万円アップの11万円台。最も売りとなっている4K動画撮影とスロー撮影に、はたしてこの4万円の価値があるのか?初代3台分の価値があるのか?

というような疑問はそもそも従来モデルを併売し続けているから起こる。

従来モデルを併売するが故に新モデルがあまり数が売れず、その分価格を上げなくてはならないといった事情もあるのかもしれない。ならば従来モデルはとっとと生産を終えM4のみに販売を一本化し価格を下げて欲しい。

特に理由も無く、新型だしデフレの時代は終わったし買うのはどうせ経済的余裕のあるおっさん達だろうから11万くらいにしとけ、みたいな価格設定なら購入者をバカにし過ぎ。

とにかくM4のこの価格には全く合理性を感じず、ソニーもとうとうカメラ部門まで焼きが回ってきたかという怒りと哀しみを覚える次第です。
0コメント|87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月3日
しかも30pでこんにゃく動画。
スーパースローもそんなに興味ない。ありがたくない。
10万オーバーならAF性能、レンズにもさらなる力を入れて欲しかった。

D7200が買える金額では、IVは売れないだろう。
1コメント1件|37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月10日
赤字のソニーを応援してきた身としてはガッカリな商品企画です。
社内の製品企画で、ロードマップ、自社製品の住み分けや市場におけるポジショニングが結構綺麗に説明できそうな製品です。
しかし、マーケティングの素人でも避ける安直な製品企画です。
シグマの単焦点とは本質的に異なり、消費者の感受性を無視しています。
動画を撮るならムービーカムです。超高速撮影をSNS等にアップしたい人の多くはこの金額を受け入れるとは思えません。
高品質高額で、スマホとムービーカムの隙間を狙ったのでしょうが そこには市場はないと思います。
静止画質の向上と軽量化に絞るべきでした。
毎年、新製品を出すのは結構ですが、4機種併売で実売価格が大幅に違うのは消費者の神経を逆なでします。
毎回少しづつ重くなっているのもソニーらしくない。せめて重量を増やさない企画が出来なかったのでしょうか?
サプライヤーさんや技術系が可哀想です。
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)