Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.264
5つ星のうち3.2
エディション: 通常版Amazon限定無|変更
価格:¥5,027+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年3月12日
世界的に流行っているFPSマルチプレイをやってみたいと思いつつ味方のチームに迷惑かけたり3D酔いしたりするかも・・と手を出さずにいましたがパッケージ版を1ヶ月試してみて「これは毎日起動するゲームだな」と感じてダウンロード版を買いなおしました。

まず3D酔いしなかったのがありがたいです。2Dでも酔うときは酔う人なので一安心です。

よくプレイするモードが、敵AIをどれだけ倒せるのか競う 12 vs 12 の「WARZONE」、自分以外すべて敵のアリーナ6人対戦「個人戦」です。どちらも初級者が一人くらいいても影響がないし、だいたい自分に合ったランキングの人たちとあたる様になってるのでやられっぱなしという事はないです。(空気にパンチや肝心なところでリロードとかそんな人達とよくあたる・・))あとシアターモードで試合を振り返ることができるので(過去25試合、全ての参加プレイヤー視点)上級者のプレイスタイルを参考にすることもできます。

試合終了後に渡されるゲーム内クレジットでヘルメットやアーマーを買ったりできるのでいいモチベーションになります。

シングルキャンペーンも前作をほとんど見てませんが十分楽しめました。ちなみに白色のスパルタンには田中という日本名がついてます。(主人公の一人ロックの先輩女性兵士という役)

ファーストパーティーゲームだけあってアップデートも定期的にありますしマッチングも特に問題ないですし Halo6 まで十分遊べるゲームになってますよ。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
キャンペーンとマルチプレイヤーに分けて、感想を箇条書きにします。

キャンペーン:良い点
・分隊システムの導入
・二つのチーム視点でストーリーが交錯する新しい試み
・武器、ビークルの選択が豊富
・分隊アクション、敵の意表を突くルートが用意されている広いマップ
・シネマティックな演出と激しい戦い
・FPSの基本的なボタン配置と操作性の良さ
・コレクター要素のスカル、インテル(情報)を探す楽しみ
・アクションの増加(ジャンプアクション、ブーストタックル、一部スライディング)
・バランス崩壊の極端な兵器が出る(お気に入りはLMGタイプのThe Answer)

悪い点:
・ボリュームが少ない
・キャンペーンco-opが招待できるフレンド限定
・エンディング
・マスターチーフでインテル回収に苦労する(エリアスキャンなし)

画面分割プレイの廃止は気にならないので省きます

マルチプレイ:良い点
・基本マップが15個、ゲームモード10種(アリーナ、ウォーゾーン含む)
・大規模戦闘のWARZONE、ボスクラスの強敵AIを攻略しながら敵チームと戦う楽しさ
・カスタマイズ、ロードアウト、アビリティーが豊富
・アクロバティックな戦闘、フィールドピックアップ、ビークル、グレネード

悪い点:
・いつもの残念なマッチングシステム、テンポが悪く待機時間が長い
・REQ(カスタマイズ)画面が煩雑
・18人からスタートという人数要件のため、WARZONEがなかなかマッチングしない
・小規模戦闘アリーナは極端な試合になることが多い
・カスタムゲームのオフライン廃止(せめてボット戦でも用意して欲しい)

最後に、キャンペーンはとても楽しかったです。
過去作から引き継いだ要素、新しい挑戦、いろいろと進化しています。
ストーリーを楽しみながら最後までプレイできました。

比較的ボリュームは少なめですが、
同じミッションを違うルートで攻略するような楽しみ方、
インテルを探したり、周回プレイもいいかなと思うキャンペーンでした。

個人的にはHALO 1、HALO REACH が好きです。
0コメント|67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月6日
2月のアップデートでマッチングが非常に早くなりました
マッチングが失敗することが多かったプレイリストの「個人戦」や「ウォーゾーンアサルト」も普通にマッチングします
「ビッグチームバトル」だけ時間が掛かったり、マッチングに失敗することがありますが、
以前のように何度検索してもマッチングしないということは無くなりました
アップデート前に比べてラグを感じる場面が多くなった気がしますが、私には許容できる程度のものです
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月11日
2016年2月11日現在、オンライン対戦のマッチング問題が改善されました。発売当初はマッチング条件を絞っていた為、時間がかかっていましたが、今は数秒~1分程度でどのルールでも対戦が可能になっています。ウォーゾーンアサルトや個人戦も同様です。

遊んだことが無い方への説明として、対戦のルールは大きく分けて、「アリーナ」「ウォーゾーン」の2つにカテゴリ分けされます。
「アリーナ」… Eスポーツを意識したバランス調整、お互い公平な条件で対戦。
「ウォーゾーン」… 大人数でお互い強力な装備でガンガン撃ちまくるお祭り騒ぎ的な対戦。
XBOX ONEを持ってる人はマストバイですが、持ってない方にもオススメできる作品に仕上がっています!!
youtubeやニコニコの動画を見てみて興味があれば購入を検討してはどうでしょうか。
--
2016年2月25日追記:
今月のタイトルアップデートが行われ、アリーナに新ルール、新マップが追加になりました。特にHaloにおけるラグビーともいえる新ルール「グリフボール」はHaloをまた違った角度から楽しむ事ができます。他に、今後4ヵ月間に渡って毎月アップデートされる事がアナウンスされ、4ヵ月後のアップデートには過去作品で好評だった「ファイアファイト」が追加されることが決定しました。ファイアファイトは、対戦ではなく協力プレイです。味方と協力して押し寄せる敵を倒していきます。尚、毎月のアップデートによる追加要素は全て無料です。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月29日
私はオンラインには繋いでいますが、対戦はプレイする事が少ないので、キャンペーンをメインに書かせて頂きたいと思います。

プレイしたての瞬間は「ヘイローじゃないみたい。だけど面白い!」といった感じでした。全ての武器(アサルトライフル含む)でアイアンサイトが使用可能になった事や、スラスターパックが基本装備に組み込まれた事の印象でそう感じたのだと思います。

しかし、進めていくにつれこの作品が「1から構築しなおしたヘイロー」である事に気付かされました。賢い敵との立ち回りや民兵との武器交換などのヘイローの伝統を残しつつ、優先撃破ターゲットの指定、味方部隊への武器装備の指示(落ちている武器に向かって方向キー↑を押すと仲間が装備してくれます)など、プレイするにあたってストレスを極力感じさせない、という制作サイドの努力を感じました。

一人でキャンペーンをプレイするにあたって、同じ部隊の3人はNPCになる訳ですが、このNPCが「いい感じに力を抜いてくれている」感も良いと思いました。NPCがバタバタと敵を倒していくのではなく、エリートのシールドを削るにとどまったり、撃ちもらした敵にとどめを差してくれたり、あくまでもプレイヤーが主人公である、というバランスをうまく取ってくれていると思います。

敵の堅さも一新されており、前作の4で煮え湯を飲まされたウォッチャー(ひらひらした奴ね)が柔らかくなっていたり、プロメシアン・ナイトとの戦い方が基本部位破壊の戦法にシフトしてあったりと、試行錯誤の結果が良い方向に向いていると思いました。

あと4で「これは酷い」と言わざるを得なかった「敵の落とした武器の消失」ですが、こちらも昔のヘイローのようにかなりの長時間消えない仕様に戻っています。これは嬉しかった。

私はヘイロー5をプレイするまでバンジーの作ったヘイローリーチを越えるヘイローはもう出ないだろうと思っておりましたが、今作ヘイロー5はリーチと同等、あるいは越えているとの印象を受けました。制作の343には賛辞を送りたいです。

長くなりましたが、この作品はFPSがお好きなら買って損はない作品です。長文、駄文失礼致しました。最後まで読んでくださってありがとうございます。
0コメント|63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月2日
マルチプレイについてレビューします。
halo5は専用サーバーを用いてラグの少ない相手と快適に対戦できるようにという配慮がなされています。
日本からだと国内のプレイヤーと優先的にマッチし次第にアジア圏、オーストラリア圏…というように範囲が広がっていきます。(欧米までは広がらない)
しかしタイタンフォールのように対戦サーバーを自分で選べず、自動マッチングしかないため同じ人と何度も対戦することが頻繁にあります。
また自動マッチングの範囲も狭いため実質プレイできない死んでいるプレイリストもあります。(SWAT、ブレイクアウト、個人戦、ウォーゾーンアサルトなど)
これはそもそもxboxoneユーザーが少ないこと、HALOプレイヤーが少ないことに起因します。
FPSとしてはとても面白いですが、マッチングの問題によりこのゲームの価値は半減してしまっています。
僕はこのゲームを他人にオススメできませんし、このゲームを目的にxboxoneを買うこともオススメできません。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月8日
本作のためにXbox本体を購入しました
キャンペーンはまだきちんと終わらせていないので、マルチプレイについてのレビューになります

プレイ感としては、
「体力を3倍にして、二段ジャンプをなくした代わりに、ダッシュからのショルダータックルを追加した、CoD:AW」
というのが正直な感想です

また、BFやCoDプレイヤーの不満を丁寧にすくい上げ、解決しようと努力しているなぁと感じました
具体的には、
①強武器を手にした上級者による、一方的な試合
②海外サーバーでのプレイによるラグ
③「これは負ける」と思った瞬間、次々に抜けていくプレイヤー
の3点です

①に関しては、ロードアウトの変更は大規模戦闘のウォーゾーンのみであり(正直、ここは分かりにくい)、
4vs4のアリーナに関しては「強い武器をアンロックした人が、まだアンロックしてない人達をなぎ倒す」という事はありません

②に関しては、今の所ラグを感じた事はありません
開発者インタビューで「日本国内にサーバーを設置しており、日本の皆さんはリッチな環境で楽しんでもらえる」
みたいな事を言われていました

③に関しては、「あんまり切断してるとマッチングを禁止するよ」と言う事がゲーム内で明確に表記してあります
ここはCoDで特に顕著だったので、勝っても負けても最後まできちんとプレイ出来る、と言う安心感は素晴らしい

他の対戦型FPSと比較して体力が多く、
不意に撃たれても、グレネードによるけん制+ブースト+上下の通路への回避、で何とかなる場合も多いため、
初心者向け対戦型FPSとして最適だと思います

大きな不満は今の所ありません。メニューが一部英語のままで読めないくらいw
「お金を出した人と、出していない人の間に差があってはいけない」という考えのもと(素晴らしい!)、
今後も無料でマップの追加があるようなので、それこそ1年、2年という単位で楽しめそうです
思い切って本体ごと買って良かったなぁ、としみじみ思う今日この頃です
割引が始まる直前だったけどねぇw

最後に、Halo初めて、と言う方へHalo初心者からのアドバイス
とりあえずキルレ1を何度か達成したから、アドバイスくらいはいいよねw

①十分に慣れるまでは、仲間と常に行動を共にする
仲間が撃たれたら、撃ってきた敵を撃つ。仲間が敵を発見して撃ったら、自分も同じ敵を撃つ

②グレネードをケチらない。1対1のケースでは特に
近距離で接敵>先に撃たれたら逃げる、仲間と一緒なら状況に応じて反撃。こちらに気づいていないなら、射撃で追いかけつつ一気に仕留める
中距離で接敵>とりあえずグレネード>左右・前後、あるいはジャンプで上下に動きながら撃つ>合間にグレネード、不利だと思ったら逃げていい
遠距離で敵を確認>射程距離まで近づいてグレネード+射撃、あるいはダッシュからのタックル+射撃

③カウントダウン後にマップ内に武器が出現したら、積極的に取りに行く。使いこなせなくても、敵に取られるよりは全然マシ
たまにヘンなのがあるけど気にするなw
あと、最初からマップに置かれている武器を積極的に使ってみよう。自分に合う武器があるはず

初心者なら、足を引っ張って当然です。お荷物になって当たり前です
でも、それでいいじゃないですか。あなたを余裕で倒した人も、最初は初心者でした
一歩ずつ、自分のペースで、上達する事が大事だと思います
そしていつか、試合を支配出来るような存在になれば良いんです

それでは、オンラインでお会いしましょう
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月8日
※主にマルチにの現状についてです。(2015/12/8)
発売当初も「マッチングしないな〜人少ないのかな?」という感じでしたがまあ、少し待てば試合が出来るので問題ないかなと。その後アプデが入りBTBが追加されたり「これで改善されるだろう。」と思っておりましたが…マッチングシステム自体は恐らくなにも改善されていないようです…何種類もゲームモードはあり、小規模なモード、大規模なモードとスタイルや気分に合わせて出来ていいのですが、平日の昼間は基本アリーナ系しかマッチングしないです。休日や夜はBTBやらウォーゾーンはマッチングしますが、未だに個人戦は一度もマッチングしないですね。本体の設定で国や言語を変えたら海外サーバーとマッチングするか思いやって見ても結果は意味なし。
キャンペーンは出来はすごくいいと思いますがストーリーの内容に関しては色々言われてる通りだと思います。
ヘイローはxbox独占タイトルなのでオンラインのマッチングシステムを何とかしてくれないと人は離れて行くばかりだと思います。360の時はこんなこと問題にならなかったのになぜoneでこうなるのでしょうか…ちなみにスターウォーズもマッチングに関してはほとんど似たようなものですが自分が昼間やってみた所どのモードでもいっさい人がいるサーバーはなかったです…
1の頃からリマスター版以外はすべてプレイしており非常に思い入れが深いので+1マルチの問題を解決してくれるだろうという希望
を込めて+1点とします。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月16日
HALOは大好きな作品であり、5も楽しみにしていました。

キャンペーンのできは総合的にみて良いといえます。
分隊システムはいままでありませんでしたし(リーチも似てますが本質は違いますし)、美しいグラフィックは息をのみます。
ガーディアンが集う場面や、言動がくそかわいい上にヘイロー至上もっとも有益なモニターのディテール、自然の美しさは本作が一番です。
なにかと4は批判してしまいがちですが、4は光の質感がとてもよかった。美しさという点ではエフェクトも含め、とても良い。

賛否両論のスパルタン「ロック」ですが、私はこれはこれでありな気もします。
そもそも、4からはリクレイマーサーガと名打っており(4のストーリーは調べないとわからないことだらけですがw)、ぽっと出ではありますが新主人公でも違和感はありません。
ロックが、今作の経験を通じてどうなっていくのか。チーフのような英雄としての道をスパルタン4である彼が新たに歩むのか。
バックとの相棒感がとても好きです。ODSTの仲間だったバックのチームも気になりますね(ルーキーは死んじゃいましたが)w
チーフの存在が大きいことは確かですし、出番が少ないのは残念です。 でも、いままで通り役割は大きいはずです。
見かけよりも、ずっと。また銀河の危機に立ち向かうことになるのですから。ただ、人類の仲間的な意味で一人ではない、ということはたしかですが。

あと、意外と評価されてないなぁと思ったのはいままでゲームにでてこなかったブルーチームの面々が出たことです。
フレッドやケリー、リンダはアニメや設定などで出ますが、こうしてゲームに出るのはとても意義のあることではないでしょうか。
ロックもたしかにぽっと出ですが、そもそも設定を知らなければブルーチームの面々も誰??となりそうですが…それだけ主人公の役割は大きいとのことなんでしょうが。
キャラAIに関しては、普段はほんと役に立ちませんが敵に攻撃指示をだしたときは途端にチームの火力があがります。
強すぎると実績解除できないのもありますしそのへんの考慮なのかもしれませんが、なんとなくみんな弱い感じしますw

キャラクタで言えば、アービターもいますね。とても威厳のあるオーラは前と変わらず、強さを感じさせます(アーマーのせいで年をとってるようにもみえるかもw)。5ベータをやった方、パックで出た方はお分かりになるでしょうが、プロフェットベインを使うのは一味違う感じがとても良い。
共闘するときも、壁をベインで刺して上るなど、おおお…と私はなりました。

そして、なぜコヴナントが?といってる方が多いものですが、ジェールムダマが指揮している残党で(今作におけるそれらしい設定が見つからないのですが、4で残党を指揮していたあたり)そもそものコヴナントではないのかな。4スパルタンオプスの最後で彼らは大分にげましたしね。残党とはいえ相当な数がいるのではないかなと。
証拠に、エリートのアーマー(ムダマしか確認していませんが)は4の一部がない残党仕様ですし。
でもムダマがムービーであっけなく死んだので(4でそれなりに悪役っぽく活躍してたのに)変な笑いが出ました。QTEで死ぬラスボスの彼のような感じを受けますw
ただ、スパルタンオプスででてきたフォアランナーの兵器などの座標が記された鍵や、ハルゼイ博士があっさりこっちに戻るあたりが個人的に?なポイントです。腕がないのもパーマーさんのせいなんですが(あれ絶対わざとですよねw)恨んでる様子もないですし…

ほかにもありますが、核心を突く部分ですし控えておきますが、リクレイマーそのものの定義の話はなにか裏があるというかなんとなく違いそう、とだけ。

そして、ヘイロー関係ないじゃんと言ってる方。
ぜひ、難易度レジェンドでのクリアを。
6でいったいどうなってしまうのか本当に気になります。 

忘れてほしくないのは、今回のキャンペーン、いままでのヘイローよりもずっと立体的だということ。
上ったり下りたり壊したり。道が開拓できるのもいいですね。これはいままでなかった要素だといえるでしょう。

あっ、声優はもう慣れました。たしかに違和感ありますが、2アニバーサリーで誤訳を谷チーフで修正したり、フォワードオントゥドーンも谷チーフだったり、はっきりしなかったのがあうあわない以前にもやもやしました。6も小山チーフでいくのかとはっきりしましたのでそこがわかってよかったです。

マルチですが、私は特に不満を感じません。画面分割なしも悲しいといえば悲しいですが、とくに問題もないですし。
マッチングは問題なくします(時間帯にもよるそうなので何とも言えませんが、夜7時以降はウォーゾーンも一瞬で集まります)

あんまりKDはよくないほうですが思うことは、ヘイローの基礎を助けるアビリティが充実していますので(スラスターとか)それを使いこなせなければ厳しいのは間違いありません。とにかくゲームスピードは速いですから、ついていけなければ死にますし、武器の場所、連携なども重要です。
ダッシュするとシールドが回復しないのは、とてもスリルで立ち回りを意識させます。

ブレイクアウトという新しいルールは今作の大事な要素をすべて含んでいますし(シールドはありませんが、回復の点ではシールドありよりも気を使います)
素早い行動、連携、武器を拾うこと、グレネードを使うこと、旗をとるか?キルをとるか?そこからどうするか、遮蔽物の位置、マンキャノンの位置は?強武器への対処は…

ブレイクアウトは難しい分、学ぶことが多いです。チームの役に立てないとすごく申し訳ないですが…w
これらをやっても勝ち負けではなく、楽しいかどうかで考えたとき楽しくなければたぶんヘイロー5のマルチは楽しめないでしょう(ウォーゾーンを除く)

ウォーゾーンはルールというかチームメンバーが勝ち方をわかっていないと大人数戦ですので厳しいです。
拠点を2つくらいとってスパルタン殺してはい終わりではなく、そこからボスを倒し得点を稼ぎ、徴発レベルを上げて武器を選択し…という流れですし。
逆転が難しいゲームでもあります。最近は接戦が多くなりましたが、たまに700点差くらいつけて勝つことも負けることもあります。
味方のせいにはできませんが、12人いて自分一人でボスに立ち向かっても厳しいのでいくらかは味方に左右されるといっても過言ではないです。
徴発はよくもわるくも、最近のFPSでの流行りみたいなものでしょうか(BFのバトルパック的な)。別にコレクションしたいわけでもないですし、アーマーは元のでも十分かっこいいですし気になりません。 が、やはり暗殺モーションとかポーズほしい人にとっては気になるところでしょうか。

乗り物を乗り回したい!という方は、もうすぐのアップデートで待望のビックチームスレイヤーがきますので、もうちょっと待ちましょう。
マンティスに乗りたいので私も楽しみです。

今作はすべてが素晴らしい!というわけではありませんが、間違いなく楽しく面白い作品であることには違いないです。

※追記
カートグラファーギフト?追加DLCがきましたし、時間もたちましたので追記いたします。
キャンペーンについては、ストームコヴナント(残党)がフォアランナーに裏切られた、みたいなセリフを確認しました。
ナイトやウォッチャーの変化はわかりませんが、ボルトガンなどが大きく性質が変わったのにも理由があるようです(ダイダクトが消えてから変異したそう)

大きなものはフォージの追加です。想像力が物を言うフォージがようやく実装です。
簡単な射撃練習マップや、乗り物練習など、ちょっとしたマップも作れますし武器や地形のことも詳しく設定できます。ものすごくきれいなマップができるので素直にすごいなぁという感じがしました。 ただ、空を飛んでいるといきなり死んだり、突如爆発したりするのはめんどくさいです。ちゃんとキルエリアをはっきり示してほしかったです。
機械音や、戦場の音(遠くで鳴るマシンガンのバララララ…という音や爆発音)など環境音が設定できるのが個人的には感動しました。
衝突など意味が分からないものがまだありますので、その辺は調べる必要がありそうです。
ファルブラウザ機能などが実装されていないので、簡単にほかの人の作ったマップが探せないのが難点です。
3のときのような感じになるとかならないとか…続報を待ちます。

ウォーゾーンに登場する徴発システムの重火器等、ゲットしていないものの説明もでるようになりました。
これにより、重火器がどんな特性をもっているのか、ウォーゾーンで敵に使われたときに「なんだろうあれ」とある程度効果を知ることができますね。
プロフェットベインの説明はどう見ても殺意の波動です。本当にありがとうございました。

徴発パックの購入にはリアルマネーが使えたわけですが、お得なゴールドパックの複数パックが出たようです。すごい金色の塊で気持ち悪い…w
べつに課金はしないので特に魅力はありませんが、する人にはお得なんでしょうか。

旧デザインのロケットランチャー、SPNKrが登場しました。通常のロケットランチャーよりも、レートが高い、リロードが若干早いようです(フォー時マップにて比較しました。データはとってませんが明らかに早いです)
アリーナにでてくれるとうれしいです…簡易な形もよいですが、奇怪な形はSFの特権ですからねw

新マップも登場しました。アリーナマップのバトルオブノクタスしかやれていませんが、レールガンがよく当たるマップという印象です
交戦距離が近いのでアシストがききやすいんでしょうか。エナジーソードをとられるとかなり厳しい。

何回もプレイしてみて思うのですが…。
ランクマッチ機能はパーティを汲んでいると高い人に当たるようになるのかな?
というくらいにオニキス、ダイヤモンドの方によく当たります(自分は恥ずかしながらプラチナ)
味方のせいにはできませんが、味方はランクなし、KDAマイナスの方によく当たる感じがしました(マッチの数から初心者の方なのかな?という予測は尽きますが)
別に負けるのは構わないんですが、プラチナ二人がパーティを汲んで相手全員オニキス,KDA6以上みたいなのが連続ですw
自分の弱さを痛感できていいですねw

マップですが個人の感覚としてリスキルの頻度が高い、というのが気になります。
2アニバーサリーで経験したリス位置にグレネード投げられて1マッチ終わる、みたいなのほどではありませんが、敵が目の前にリスポーンする、敵の目の前にリスポーンする、普通に敵の見える位置にリスポーンするなどある程度仕方ないとはいえ普通にリスキルされます。
ひいてはマップが悪いということになるのでしょうか…。待ち、籠りが有利なマップはたしかにありますがひどいなぁって程ではない印象ですが…。
リス位置は、動き回るスパルタンにあわせるのも難しそうですし(ほかのFPSもそうですが)動き回られるとある程度仕方ないのかも…。

ぶっちゃけDMRおくならBRおいてくれよと思うくらいBRが強いのも問題ですが、距離の長いマップはDMRが有利な面もあります。
BR強い。

いまのところこんな印象です。
歴代から見ても総じてバランスはいいほうだと思いますが、人によるのかなと思います。
ARを捨てるところからアリーナは始まると思いますので、ARで打ち負けてしまう方はハンドガンへ切り替えることをお勧めします。
もちろん、使いどころや使い方によってはARのほうが強い場合もありますが、ある程度の距離があるならハンドガンのほうがわかりやすいですし、グレネードによる追撃もしやすいです。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月4日
グラフィック、サウンド、操作性、全てが高クオリティであり流石の作品になっています。
実際のゲーム中の画面のテクスチャなどはそこまで高くないですが、それ以外の演出などが綺麗なので近づいてよく見ないとわからないレベル。
プリレンダの動画部分などもはや粗を見つけることが困難なはずです。
難易度は少しやさしくなってる気がします。やはり仲間の存在がかなり大きいと思いました。
マルチは正直まだそこまでやっていないのでなんともいえないですが、
やはりシアターモードのクオリティが凄いなと。自分のプレイをあとで見ているだけなのに面白く感じるんですよね。

問題のストーリーですが、タイトルどおりもう完全に初見は理解できない物になっています。
もちろんONEではストーリー含めマスターチーフコレをプレイしてドラマをみていれば問題ないのですが
いわゆる誰にでもお勧めとはいかないタイトルになっています。
日本のタイトルなら何らかのチュートリアルやまとめストーリーとかつけそうなレベルなんですが、
さすが洋ゲー、この辺りのハードルは高いです
既存プレイヤーでも実質メイン主人公であるロックがドラマのナイトフォールを見ていないと既存プレイヤーでも「誰だよこいつ」状態。
これまでもそういうことはありましたが、あくまでも外伝での話でありナンバリングタイトルでこれはどうなのかと感じてしまいました。
今回いえるのはチーフは主人公とは言いがたいです。
もう一人の操作キャラである、ロックがメインの主人公であり、チーフはプレイできるもののサブ的な立場になっていると思います。
予告などでチーフが砂に埋もれたり、チーフが砂漠をさまようってるっぽいシーンありましたがまったくそんなことはありません。
状況的にはロックが今までのチーフの位置にいるというぐらいであり余り代わり映えはしていないのです。
アービターとチーフの再会など期待されたこともおそらく次回作までおあづけ、
なによりせっかくのブルーチーム同士の語らいとかたくさん聞きたかったのですが、サブポジのため最初少しあるだけでシーンが少ないのです。
代わりにロック達チームオシリスに少し多めに語らいがあるのですが、正直そんなものは期待していなかったというのが個人的本音です。
今回はストーリー的に今までの四作を完全に裏切る展開になっています。これまでのプレイに思い入れがあったのでかなり残念でした。
いくつかのレビューにあるとおり、確かに4での展開が今回への前振りなのですが、個人的にはむしろ今作こそが新たな章の始まりだと感じます。
そう、あくまでも始まりでしかない状態でキャンペーンは終わります。
ほとんどの謎は明かされないし、何よりこれまで基本的にエンディングである程度の大団円を向かえるのがナンバリングタイトルでしたが、
今回は完全に海外ドラマのクリフハンガー状態です。

今作は昨今のeスポーツ化激しいFPS業界を受けてマルチ関連に完全に舵を切ったタイトルのように感じます。
あくまでもキャンペーンは次回作につなぐ販促という位置づけのように見えました。
個人的な考えですが、ONE版マスターチーフコレクションという名前、そこにドラマが付属してその主人公が出演する時点で4までがチーフメインであり、
5以降は違うよというメッセージだったのかも知れません。

HALOのファンは基本的に皆チーフとコルタナへは強い思い入れがあると思います。そういう意味では今作はお勧めできません。
しかしひょっとすると次回もう一度チーフが完全なメインになることもあるという意味をこめて、やはりプレイはしたほうがいいとは思います。
なので評価は星三つにしました。マルチは結構面白いのとやはり演出、グラフィック、サウンドの凄さは体験して欲しいと思うからです。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告