Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.420
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月24日
マニュアル等は一切ありませんが、普通に使うには問題ありません。
I2S driverはHifiberry+の為、lightMPDやVolumio V1.55ほーりーさん改造版は使えない様です。
(通常のVolumio V1.55で使っています)
リモコンを使いたかったので、テスターでIR素子の接続端子を調べ(GPIO26 37番ピンに繋がっていました)、lircを組み込んで使える様にしました。
音も綺麗でヘッドフォン端子もありますのでお得だと思います。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月15日
ラズパイ初心者です。「モニオの部屋」さんの設定どおりで動作、そのままラズパイ3の40Pに重ねて接続しました。volumio2 RC1でweb radioを聞いています。無線lanの接続は、まず最初に有線lanの接続でvolumio2を設定してから、有線lanのコネクターを外して無線lanの接続をすることで解決しました。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月12日
届いた商品は、基板が汚い、芋・ツノハンダだらけ、
ハンダの飛び散りが有りました。

ショートの原因になる飛び散ったハンダを落とした後に取り付けたのですが、
電源を入れ、Volumioを設定後、音楽データを再生しても
サウンドカードモジュールのランプが点かず、音も出力されません。
設定を色々変えてみたりしたのですが、一向に音が出力される気配もなく
返品も考えたのですが、ダメ元で基板を観察すると、
右側の四角い部品、DC-DCコンバーターの三番ピンのハンダ付けが
妙に汚いのでやり直した所、ランプが点き、音も出力される様になりました。
どうやら三番ピンは、単にハンダ付けが汚いだけではなく、ハンダブリッジもされている様です。

自分も含め、不慣れですと原因究明が困難かと思われますが、
サウンドカードモジュールが正常であれば、ラズパイの電源を入れた際
ラズパイ本体のランプと共に、モジュールのランプも一緒に点灯しますので、
参考にして頂ければと思います。
review image
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月23日
Raspberry Pi Model B 用の I2S DAC を探していたところ、この製品にたどり着きました。
ボードの形は、Geekroo DAC Hi-Fi Picobber と同じでしょうか。赤外線センサ(RCA白の向かい側)は予め取り付けられていました。

Raspberry Pi Model B の I2Sインターフェースに接続する為に、2列×4の8ピンピンヘッダーとスペーサーが別途必要です。
Raspberry Pi 本体の P5(Rev 2.0)またはP6(Rev 2.1)に、ピンヘッダーを半田付けする必要があります。
また、スペーサー(1cm程度)はボードの固定に必須です。

チップはTI 製 PCM5102が搭載されています。ドライバは Hifiberry DAC で動作します。Volumio、RuneAudioで動作確認しました。
音質は、くっきりダイレクトな印象です。

現在は赤外線リモコンで操作可能な Volumio + Radiko 再生機として使っており、満足しています。
(lirc の設定で、リモコンからの信号をOSコマンド、スクリプトの実行に割り当てました。)
次は、SDカードを変えて、Pi Musicbox で Google Play Music 再生を試してみたいと思っています。
1コメント1件|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月13日
 このI2S基板の導入ついては、他の方のコメント欄で述べられている内容と重複しない点を述べておきます。raspberry pi 2 model B に実装

1  OSに関してはvolumioのインストールになると思いますが、PCネットワーク経験の乏しい一般ユーザーにとってはそれなりに敷居は高いです。通常のwi-fi接続の範囲ですが、デバイスの操作には様々な前提が有るので、パソコン一般のセッテイング知識とPCネットワークの経験は必要だと思います。

2 Raspbian (Linux)に関してはI2Sの機器として認識しません。(設定には項目が有る)ドライバーが調達できないので、この辺は目下研究中です。

3  音出しの最初のうちは音がふらつく感じがありました。暫く使っているうちに全くなくなりました。(電解コンデンサーの初期現象?)

4 GPIOのピンに基板のソケットを一旦はめ込んでしまうと抜けなくなると思います。他の用途に使えなくなる恐れが有るのでご確認下さい

 
 この基板でとても安価で高音質な「ハイレゾ ミュージック サーバー」が構築できると思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月3日
Raspberry b+で使用
Raspbianで音楽プレーヤーとしても活躍させようと、探していたところ、こちらがヒット。MPDでflacの192kHzまで、問題なく再生出来ました。352kHzは、ラズパイ自体の処理能力が間に合わないのか、たまにポツポツ切れます。
ラズパイからの内部出力と比べてくっきりとした音が再生され、今まで聞き取れなかった部分の音も聞くことが出来るようになり大変満足しています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月26日
Raspberry Pi 3B+, Volumio V1.55で無事動作しました。皆さんご指摘の通り、基板は汚く実装している電解コンデンサーや赤外線センサーもこれでもかとリード線が長いまま部品が斜めに倒れて半田付けされています。2枚同時購入しましたが、部品実装は随分差があります。神経質な方は止めた方がいいと思います。

最初、ドライバーをHifiberry DAC+にしましたが再起動してもプルダウンメニューに「DAC認識できず」なエラーが出ました。挿し直しを繰り返しているうちに正常認識して音が出るようになりました。正常認識できない場合は、根気よく挿し直しと再起動を試してみるか半田付け不良を疑うかでしょうか。半田付け面積が極小なので、半田付け不良を追跡しようにもお年頃の眼には厳しかったです(汗

音質は手元の音源が44.1kHzしかないので、実力の程は不明です。Internet radioは局によってはそこそこの解像度(に聞こえる)で再生されるようで、持っているBBshoutより粒立ちはこちらの方が良く感じました。

ちょっと気になるのは、Config反映後Volumioを再起動するとBoot途中で止まってしまう再現性が3回に一度程ありました。電プチで再起動して事なきは得ていますが気持ち悪いです。このボートのせいではないかもですが。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月3日
 Rapsberry Pi B+本体だけでもかなり良い音質で聴けるのにびっくりし、期待をふくらませて購入しました。
 OSカーネルは本カードを認識していて、volmio 1.55の設定パネルで出力先を「Hifiberry+」に設定するところまではできるのですが、実際には出力端子からつないだアンプに信号が出てなくて聴くことはできておりません。
 何か追加設定が必要なのか、時間のあるときに試してみます。
 他のユーザーの方のレビューを拝見すると、Ras Pi 2では実績があるカードです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月28日
ebayのGeekroo HiFi DAC+のページにこの商品は廉価模造品として注意するよう掲載されています。
実際に全く同じものがebayだと送料含めても約2,300円ぐらいで買えますよボッタクリですね。
review image
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月13日
Raspberry Pi2用に購入しました。安いことだけで買いましたが、資料がなくネットで検索して
ハイレゾ ラズパイで検索して、音楽用のディストリビューションである Volumio(i2s は標準でGUI設定) と
 RuneAudio (SSHによるLinuxコマンドで設定ファイルを変更後GUI設定が必要)を見つけました。そのほか5つほどありましたが試していません。
資料を手掛かりにバイナリーファイルをダウンロードして、16Gバイトのフラッシュメモリーに専用ソフトでいれて、起動させ、PCから家庭内LANに接続。
PCからWebでIPアドレス検索してGUI画面をだして、設定をI2sにすると、基板上の緑色のランプが点灯して音が出ました。 とてもいい音で驚いています。
ラジオ局も聞けますし、USBメモリーに入れた音楽やiphoneやPCのiTuneからもAirPlayで音楽を飛ばせます。
設定が終わったら格安USBWifiアダプターも挿すだけで認識してくれて、イーサネットケーブルを外して、Wifiだけのスマホ充電池で
動作するようになりました。
しかし、曲の途中でプレイリストを削除したりしてると、落ちることがたびたびありました。 LinuxコマンドでRebootしても戻らないこともあって
よくわかっていません。 どうも内部でタスクが同じことをするとぶつかって落ちるみたいです。 そのうちVerUpでいろんな開発が進むと思います。
サイトを探すと、WatchDogの設定ファイルを入れて、フリーズしても復帰できるようにしている人もいて、まだまだ開発段階です。
赤外線リモコン用の受信チップもついていますが、リモコンコードは複雑で各社多くあって、設定させると余計なソフトウエア負担になるみたいです。
便利ですけど余計な負担をさせるより、スマホにMPDなどの専用アプリをいれてリモコン化にするといいですね。
ハイレゾOUTPUTはRCA端子からでますが、横に小さなイヤホンジャックがあってここにヘッドホンを挿すと音は聞こえますが、ヘッドホン用アンプがないので
そういう使い方は奨励されていません。イヤホンジャックにさしてもRCA端子からも音楽は流れます、これはただの接続用と考えたほうがいいです。
音楽用NASは自宅用の無線ルーターにUSB_HDDをつないで設定しました。NASもどういう設定をすればうまくいくのかを学習しないとなかなかわかりにくい
ものですね。だいぶ苦労しました。 ラズパイの16GメモリはBOOT部分で2Gバイト使っていますから、のこり13Gバイト残っていたので、その部分をFdiskで分割フォーマットして内部NASに変更し、外部から普通のフォルダとして見れるようなりました。 ここにお気に入りの音楽を入れて、プレイリストを更新して聞いています。
このあたりは触りすぎるとソフトを壊してしますので、個人の力量によって変わるのだど思います。Linuxがある程度わかるようになってからしたほうがいいようです。
古いアンプが生き返り、いままでの音質が様変わりして嬉しさ倍増です。 最近の円高で格安でハイレゾが聞けるアダプターとしては格安だと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)