Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.122
5つ星のうち4.1
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年6月26日
ブルーレイの再生のみならず豊富な格安の動画サイトが4kアップコンバートで綺麗に見れるの驚きです。
またネット配信で日本語入力による検索が出来ることも最高です。さすがSONYです。
これを持つと他のメーカーの購入が損しますよ、、、ネットワーク接続も侮れません。
Wi-Fiと有線LANを使わないと勿体無い一品です。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
自分の部屋に設置しました。Wi-Fi親機もバッファロー製のを部屋内に設置していますので、こちらのWi-Fi内蔵のBDP-S6500を購入しました。
電源を入れた初期設定のかんたんネットワーク設定で、本機が一発でバッファローのWi-Fiを認識してくれたので、Wi-Fiのパスワードを入力するだけでネットワーク設定を完了する事が出来ました。さすがSONYだと思いました。

購入を記念して、NETFLIXもHD契約しました。YouTubeもNETFLIXも、スマートフォンやタブレットから見たい動画を検索して、後はスマホ画面のYouTubeやNETFLIXの画面上にあるテレビに飛ばすマークの所をタップすれば、本機が認識をしてテレビで再生が始まります。これは大変便利な機能です。本機のリモコンでの検索では、動作がもたつきますがスマホでやればサクサク検索出来ますので。
さらにYouTubeでは検索した動画の再生が終了しても、8秒後に自動的に次の関連動画を再生してくれます。
ネットワーク動画の画質も、NETFLIXはHD契約でも充分に綺麗な画質で満足出来ます。YouTubeも地上波デジタル放送を少しぼやかした様な画質ですが、充分視聴出来る画質だと感じました。(因みにテレビは37型 フルハイビジョン液晶です。)
HDMI端子で、Panasonic ビエラに接続していますが、本機のリモコン電源ボタンを押すだけで、テレビの入力が自動的に本機の入力に切り替わります。またはPanasonic ビエラのリモコンで入力を本機に切り替えるだけで、本機の電源が入るようになっていますので、メーカーは違えど、ある程度のリンクが出来ているようです。

テレビはフルハイビジョンテレビですが、Blu-rayは勿論、DVDの画質も綺麗に映ります。
画質設定は、『カスタム1~2』にすると結構細かく画質を設定する事が可能ですが、僕には『自動』でも充分満足する事が出来ました。
DVDもBlu-rayもディスクトレイが閉まってからの読み込み速度が大変早く優れものです。

本機の見た目も安っぽさがなく、Panasonicのライバル機と比べても、本機の見た目の方が勝っていると思います。
ただ本機はコンパクトで軽いので、ディスクトレイボタンを押しただけで機体が動きそうなのが嫌だったので、僕は本機の底面4隅にバッファロー製の耐震ジェルマットを付けてAV機器ラックに、くっつけています。

2万円を切る価格帯で、Wi-Fi内蔵型でYouTubeやオンラインで映画を鑑賞出来て、勿論Blu-rayとDVDの高画質鑑賞も出来る・・・しかも機器の前面にUSB端子が有るので、デジカメで撮った写真等もテレビで鑑賞出来る・・・コンパクトながら実に多機能なBlu-rayプレイヤーだと思います。
このBDP-S6500のお陰で、AVライフの楽しさがよりいっそう広がりました。

追記・・・
新情報です。SonyさんからのEメールにてBlu-rayプレイヤーが新型になり、BDP-S6700となります。外見は、ほぼ変わり無しで、Wi-Fi内蔵も同じですが、改良点はBluetoothでのヘッドホン等でのハイレゾ音源対応に、ネットワーク動画のアプリにAmazonプライムビデオが追加(NETFLIXやYouTubeも現行機と変わらずに対応)、さらにネットワーク動画も4Kアップコンバート対応になり、4テレビでは今までより高画質な4K画質でネットワーク動画を視聴出来るとの事です。
ちなみに5月25日にSony発表となります。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月9日
良い点はみなさんおっしゃってる通り、この価格帯とは信じられない程、画質と音質は良いです

気になる点はDVD→BDに交換して再生した時にフリーズしたこと
BD再生時の字幕が明るすぎること

今後のアップデートに期待
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月2日
評判どうり、PS3やPS4より綺麗です。 特に動画がアップコンするのはいいですね。
だが、PS3より対応する動画ファイルが少ないのが残念です。
我が家ではBD,DVDと動画はこれで、ゲームとトルネはPS4で...。
ナスネに録画した番組も見れます。(しかも綺麗。)
残念なのは動画アプリが少ないことです。 それでマイナス1にしました。
アップデートに期待します。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
PS3が壊れてしまい、PS4かこちらの機種にしようか迷っていましたが、画質が良いということで購入
以前より高画質になりましたが、リモコン操作はソニー機器特有のもっさり感が残るので注意が必要
nasneのチャプタースキップが出来ないのが残念。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月30日
DVDやBDRの再生はPS3が一番と思ってましたが
このS6500でディスクを再生して見ると
その画質の良さに驚きました、確実にPS3や
PS4より綺麗です
音質は光と同軸で、こちらのDACで聞き比べると同軸が音質が良いですね
YouTubeなどもアップコンバートのお陰か
非常に綺麗に見れます
この画質の良さなら、PS3はお役ゴメンに
なりそうです
ゲームはPS4でしかやらないので
この値段でこの画質なら
非常に満足で★5とします。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月12日
N社から16500-で購入しました、性能が良くなって安くなったもんですね!
小さい:薄い:軽い:操作機敏:3D対応:4Kアップコンバート。
手動で設定できる項目は少ないです、自動で判断してプレーヤー側で設定する項目が多いです。
細かく設定して使用したい人には不向きかも?基本的には良いプレーヤーだと思います。
3D:4Kは操作、体験していません。(環境が無いので・・とほほ・・)
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月5日
この上位モデルにした理由は画質評判、4Kへの先行投資とYOUTUBEが理由でした。
もっともS1500でもYOUTUBEは見れるため、この機器にする必要ないのかもしれません。
(買う前は、YOUTUBE見れる記事がなくS1500で十分でした。後悔してます)

画質は★5ですが、機能はこの価格において★2です。
ディスクのイジェクトがいつでもできないのはそれまでのプレーヤーではなかった事でしたから。

半端なOSを載せたばっかりに機能がおざなりになった感を受けました。

別件で、ソニーのアンドロイドTVもメニューがカスタマイズできないところに不満はあるのですが、
こちらの機能のなさは比較すると論外レベルでそもそも
古いTVの機能をネット対応時代にする。そういう機器ではないと思いました。
PCがありネットワークしている、貧乏人の2台目TVのネットクライアントとしてはすすめられません。
(ソニー固めしている人は別ですとなると・・・リッチならBDレコーダー買います。客層が不明ですね)
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月23日
さすがはSONY。単なるプレイヤーですが良い仕事してます。
コンパクトで多機能、画像も音声も文句なし。Wi-Fiの感度も良いですね。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月4日
4K アップコンバートのおかげでBS CS録画もさらにきれいに見れます
また 機動が早く静かです
軽いので私は振動防止のジェルを貼り固定しました
review image
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)