消滅都市ストア Amazonファミリー ホリエモンチャンネル for Audible Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 映画「ペット」×ペット用品 Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.25
5つ星のうち4.2
星5つ
3
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
価格:¥5,048+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年9月29日
Xbox OneのMJエディションを買いました。PS4の方が需要があると思うので、こちらにレビューを書きたいと思います。
My Careerとオンラインクイックマッチを少しやった程度ですが、前作よりも完成度は高いです。

・My Career
ストーリーをあのスパイク・リーが手掛けたということで、前作のものとはかなり違う感じです。
ハーレムのハイスクール、カレッジを経てNBAという流れでストーリー展開しますが、カットシーンがかなり長くて、まるで映画です。
ハイスクールでは1Q2分を3試合を行います。ここはオマケ感が強いです。
カレッジは前後半6分を4試合行いますが、こちらは実際のNCAAの「雰囲気」がよく再現できていて、カレッジも大好きなファンとしては嬉しいです。
そしてNBAですが、ルーキーイヤーはわずか8試合のみのプレイになっています。私自身はまだドラフト後1試合終えたところです。

※追記 ルーキーイヤーを終え、2年目に突入しましたが、スパイク・リー脚本のストーリーは2年目に入る直前までで意外と短かったです。
2年目以降は以前と同じMy Careerなんですが、試合以外に「休日」が増えて、トレーニングしたり、スター選手達とのコネクションを作ったりして過ごすことができます。特にトレーニングはチームメイトと1on1やドリル、シュートアラウンドをしてブーストやVCをゲット出来ます。2K11とかにもあった感じのやつです。

・ゲームプレイ
動きがより自然になりました。ジャンパーはスムースで、ドリブルからのプルアップも違和感なく自然な流れです。またリリース後にフォロースルーを残したりするなど、より現実に近くなりました。
ブロックも改善されていて、前作まではフェイクに引っかかり、一度ブロックに飛ぶと終わりでしたが、今作からは小さく飛べるのでフェイクに引っかかったとしても着地後すぐにブロックに飛べます。またブロックした時のモーション、音もかなりリアルになりました。
選手の身体のモデリングが改善されています。Zach RandolphやBig Babyみたいな身体の幅・厚みがあってズッシリした体型の選手はしっかり再現されていて試合中も違いを生み出します。
ピックアンドロール時のAIのディフェンスは向上した感じを受けました。簡単に崩れて失点は少ないと思います。
フローターがやっと改善されました。前作までのフローターは当たりまえのようにブロックされていましたが、今作はしっかりアーチの高いフローターが打てるので意味のあるものになりました。
シグネチャームーヴも増えたようで、Steph Curryの高アーチレイアップも再現されています。
トリプルスレット時のジャブがよりリアルになり使いたくなります。

ゲームプレイに関してはまだまだありますが、2K史上最高の作りこみです。

・オンラインクイックマッチ
FIFAシリーズのようなリーグ戦に変更になりました。10試合中○勝で上のリーグに昇格といった感じです。
今まではシクサーズやウルブスなどの弱いチームを使うのにメリットはなくほんとに好みでしたが、今回はチームレベルごとに1,2,3(1>2>3)と分類されていて、3のチームを使って1のチームを倒すとアドバンテージとして更に2勝、2を倒すと1勝が更に追加というシステムになりました。これにより弱いチームを使うことのメリットが生まれ、新たな楽しみ方が出来るようになりました。
今作からチームを選んでからマッチングになったので、直前まで相手の使うチームがわからなくなりました。ここで私が気になったのは、相手とチームが被ったり、ジャージの色が被ることが多くなったことです。チームはなんとか耐えられますが、ジャージの色が被るのは正直萎えます。なのでジャージだけはクラシックやオルタネートを使うようにしてます。

・まとめ
2K15からの正当な進化です。確実にLive 16よりクオリティは高いですし、安定かつ最高のグラフィックです。
(2KTVでお馴染みのRachelのシュートリリースも収録されてます。彼女のファンなのでこれは嬉しかったです。)
クラシックチームも07-08セルツやT-MACロケッツなど素晴らしいチームが追加されてます。
NBAファンはマストバイです。

長文で拙い文章ですが、参考になれば幸いです。

追記10/2
・シュートリリースについてですが、前作はパーフェクトリリースが意外と出やすく、出れば100%決まりましたが、今回はパーフェクトをコンスタントにだすのはかなり難しい上に、時々ショットを外すようになってます。

・他のレビューにもありますが、コンテストされた状態でジャンパーを打っても9割方外します。なので、いかにスペースを作るかが重要で、適当なオフェンスではかなり難しい試合を強いられることになります。

・ゴール下や密集したエリアでのスティールがかなり多いです。CP3やK.Irvingでも、無理にドリブルしていくと取られる・ファンブルすることが多々ありました。

・自分でオンボールディフェンスが出来るようになりました。前作までは自分でオンボールディフェンスをするのは有効的ではありませんでした(特にオンライン)。しかし今作のディフェンスシステムは、自分の操作・腕次第で相手のドリブル突破を完全に防げます。

※追記10/23
オンラインクイックマッチで最上位のリーグで全勝するまでやりましたので、感じたことを書きます。
・現実でもそうですが、やはり勝つにはディフェンスが大事です。オンボールもオフボール含めてです。P&R or Pop時cpuが毎回いい動きをするとは限らないので、状況に合わせて自分はボールマンかスクリーナーどちらをケアするのか考えながらDするべき。
・相手がシューターをフリーにしようとしてるなら、オフボールでシューターをマークし、フリーにさせない。
・相手に合わせて適切な守り方をする。例えばRondoを守るとき、ピッタリと張り付くようなDはせずパスコースやインサイドのケアにフォーカスしたり、P&R時はオーバーではなくアンダーで守る。このように選手に合わせてDすることで失点のリスクを最小限にできます。もちろんLeBron等を抑えるのは難しいですが、ダブルチームをしてボール離させたり、オフボールで徹底マークするなどして極力自由は与えないように守っています。
・ダブルチーム時は空いた選手のカバーをしましょう。例えばCurryにダブルへ行ったとしたなら、Thompsonをフリーにさせないようにしたり、ゴール下をケアしたりするなどcpu任せのDはしない。

NBAやバスケ初心者には厳しいですが、まずは色んなチーム・選手を使う、NBAを実際に見るなどして選手の特徴を覚えましょう。そうすれば、攻めも守りも確実に上手くなります、そして勝てます。
弱小レイカーズでキャブスやウォリアーズ使いにも勝ってきたので、ディフェンスに苦戦してる方や初心者の方は是非参考にしてみて下さい。
2コメント2件|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月20日
 タイトルどおり、対CPU戦においては前作の方がバランスが上です。ただし、ブロックモーションや、その他アニメーションの進化により前作に戻ることはできません^^;
 問題は、ミドル・ロングレンジのシュートがほぼ機能していないことですね。
 ピック&ロールに対するディフェンスAIが進化したとのことですが、甚だ疑問です。確かにボールマンに対するディフェンスAIの動きは賢くなった感じはありますが、スクリーナーに対してはかなり馬鹿です。前作はスクリーナーのロールに対してしっかりついていくものでしたが、今作はボールマンについていくだけでスクリーナーがフリーになりやすく、簡単にゴール下にいけます。
 また、1対1の駆け引きも前作がはるかに上でしょう。
 今作は前作でせっかく再現されていた横のミスマッチがなくなりました。小さい選手に大きい選手がついてもほぼ抜くことができず、同じサイズの選手であれば、ほぼ1対1は成り立ちません。さらに、ミドル・ロングレンジのシュートがどフリーでようやくなんとか50%とという体たらくのため、1対1でスペースを作って振り切ってシュートなんてほぼ入りません。ちなみに足下のメーターは赤ではないのできっちり振り切れています。このためアウトサイドのプレイヤーが非常に不遇をかこっており、またプレイしていてもストレスが溜まります。
 次にブロック。
 これは伝統なのでしょうか?ダンクブロックが頻繁にあります。普通ダンクブロックなんてものはそうそう見かけません。とくにドライブからのスピードに乗ったダンクに後出しジャンプでこちらが振り下ろしているときに手を出そうものなら下手をすれば指を骨折するため手を出すことすら怖いはず。ところが今作は後ろからちょっと触ってブロック、正面から後出しジャンプで簡単にブロック。んなあほな。
 最後にマイキャリア。これはめちゃくちゃ期待はずれでした。
 高校から大学、NBAへ、というのでとにかくワクワクしていたのですが、高校3試合、大学も4試合ただ試合するだけ、しかもNBAに進むか大学に残るか悩む描写があるのですが、勝手にNBAへと進まれます。おまけにNBA1年目は8試合しかプレイできず。新人王は絶対に取れません。これなら前作のルーキーショウケースからプレイで十分、というか、1年目をしっかりプレイできる分前作の方がいいのでは?
 
 以上、正直がっかりな出来ですね。前作はパッチが当たる前から非常に高いゲームバランスが実現されていたのに何故それができないのか、不思議でなりません。次回作に期待です。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月9日
クイックマッチのみ、10試合程度です。
15と比べて、劇的な変化はありません。15ver2みたいな感じです。
ただ、きちんと進化していて、バスケット好き、NBA好きなら買いです。
15と比較して、手軽に豪快なダンクやテクニカルなレイアップは簡単には決まりませんが、そこがよりリアルな試合に近くなったかなと感じます。
パスやスクリーンで、いかにノーマークやスペースを作るかが面白い。
あと、他のレビューにもあるが、体格差や身長差は結構、影響あります。インサイドでのプレイでは特に重要かな。
(ゲーム経歴は2k1~2k3  2k9~2k15、liveシリーズを数本(スーファミのテクモNBAも経験してますが。)
毎年思うが、この世代だと、レジェンドがたくさん入っていて、色々、弄れるのは大変うれしい。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月30日
15から確実に進化しています。
それ故 もったいないのがいくつかあります。
良い部分はレビューにあるので悪い部分を少々

相変わらずの振りかぶったダンクを後ろからちょっとさわってブロックは健在です。
今回から復活のシュートフェイクからのファールですが ディフェンダーを飛ばしてからシュートでファウルではなく 方向キーでファウルなります。
フェイクにかかったから抜きにかかると勝手にシュートモーションに入りファウルになります。

ディフェンダーがちょっと前にいるだけでシュートメーター赤でまったくはいりません。
バッヂの意味ないです。

今書いたことはパッチで修正はいると期待しております。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月29日
、MyCAREERモードやマイGMやマイリーグ進化はマイリーグオンラインあります。マイリーグオンラインは、1チームから30チーム操作可能です。NBA2k16マイリーグあるのか楽しみです。pre geme show ハ―フタイムショウ POSTGAMESHOW 元NBA戦手とアナウサーがリアルに再現されています。TNT解説の一人追加し2k16TV3人体制します。
NBATDAYもあります。海外版だと10月12日プレーシーズンがあります。
日本版10月29日発売には、もう開幕します
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥5,609
¥5,090