Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.04
5つ星のうち4.0
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年7月31日
FFのキャラデザを担当されている野村哲也氏デザインのバットマンということですが……
これを見て、一発で「バットマンだ!」と思える方は相当の近視か乱視です。
遠目にもまったくバットマンには見えませんね。
写真からわかることなので、いまさら言うまでもないことですが、バットマンが好き、という方にオススメできるものではありません。
どうしてこうなった。

が、「バットマンではない」ことを差し引いて考えれば、非常にカッコいいデザインです。
グリフォンだとかアストラナガンだとか、そのへんのロボットだと思えば……。
顔が露出しないフルフェイスのマスクや、フレキシブルに稼働する翼、
コウモリというより悪魔っぽい背面アームも、日本人ウケするデザインだと思います。
このへんは、日本市場をガッチリつかんだ野村哲也氏の面目躍如といったところでしょうか。
また、全高30センチ近く、翼を横に広げるととんでもない大きさになるので、大迫力。
(余談ですが、翼のデザインには桂正和氏のゼットマンに通じるものを感じます。そういえば全体的にゼットマンぽいな……)
2万円近くする商品ですが、この迫力とカッコよさだけでも「失敗した」とは思わせない説得力があります。

一方、可動フィギュアとしてのデキはどうかというと、「アーカム・アサイラムからぜんぜん進化していない」という印象。
僕は数年前に発売されたアーカム・アサイラム バットマン以降、久々のプレイアーツ購入だったのですが、
PVCの多用によるグニャッとした心もとない感じや、格別広くない可動範囲(狭くもないが)などが
改善されていないように見受けました。
ボディの大部分を締めるPVCは、柔らかめなので、塗装剥げやホコリの吸着が怖いです。
マントはともかく、その他の部分は大々的にABSに置き換えたほうがカッチリして、
かつ軽量化も図れていいんじゃないかと思うんですが。特に、こんなに鋭角的なデザインで、巨大なアイテムならばなおさら。
とにかく大きくて重いので、動く動かない以前に「あまり動かしたくない」というのが本音です。

と、短所も挙げましたが、この商品に関してはもう、デザインが全てだと言っても過言ではないでしょう。
デザインが気に入って、置き場が確保できるなら、この商品が持つ無二の迫力は大変魅力的です。

P.S.本日プレイアーツのアーカムナイトが届いたので並べてみました。うーん、これはいいですね!
ツヤツヤでヒロイック、赤いフルフェイスマスクのバットマンと、
渋いツヤ消しでミリタリー、青いフルフェイスマスクのアーカムナイトが好対照です。
サイズもほぼ同スケールでバッチリ。
発売時期からして狙ってのことでしょうが、本家バットマンより、こっちのほうが似合うんじゃないかと思います。
セットで揃えるのがオススメです。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月13日
初めて知った時にとても妄想を掻き立てられ、ガシガシ遊びたい衝動に駆られながら待ってました。
プレイアーツは初めての購入です。
個人的にサンプル写真では分かりにくくずっと気になっていた箇所についてを主に上げていきます。
サンプル5枚目以降、皮膜状のマントと副腕・翼の部分が連動して動くような印象を覚えますが、その二つは独立しています。またマントはとても柔らかく、マントが可動の妨げになることはないと思います。
副腕・翼部分は、Yのような形をとっており、二の腕から前腕部が二本生えているような形となります。
また、翼は3枚の硬質パーツからなり、閉じたり開いたりして翼のクセに表情は豊かです。
副腕の肘は二重関節で、バットマンの肩に手を添えるディアクティブモードは、前腕部を共有する翼に表情を付けても沈黙を維持し続け、アクティブモード時には、思い通りにポーズが決まらない時や、副腕を持て余してしまった時には、撮影時のアングルによっては違和感なく翼やマントの陰に隠れられる程度には可動の自由度が高いです。
しかしそんな優秀な背中に比べ、バットマン本体の肘は90度関節で、これがとても痛いです。
更に、本体がマッシブな分、腕の長さが余り稼げず、前腕部装甲と差し替えのナイフ(サンプル二枚目上段右二つ)の魅力があまりありません。
サンプル二枚目、左側上段にある大腿部装甲差し替えパーツと、左側中央にある脛装甲差し替えパーツは、装甲がせり上がり、内部に格納されたバットラング(コウモリ型の手裏剣)を展開しているイメージです。
これは蝶番のような部分がバットマン前面にある形になるので、バットラングを塗り分けている大腿部ですら、正面からみると一枚しか視認できません。このデザインで後ろから見ろというのはいささか…という気もします。

後半は欠点を上げましたが、元のデザインだけで星6くらい評価していたのと、後半もオプションは蛇足だったというだけでそこまで減点する謂れもないので、☆4の評価をさせて頂きます
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月22日
バットマンは別に好きではありませんが、デザインに惹かれて購入。
期待通りのカッコよさでした。

30cm程もあるフィギュアは初めてでとても大きく感じます。
羽を含めるとかなりの重さがあり、単体での自立は安定しないので
スタンドは必須になると思います。

大きいフィギュアなので仕方ないですが、一部の稼働はクリック式なので
動きの細かい調整はできない部分があります。

それなりに値段がしますが、デザインに惹かれた方は購入されても
損はないと思いますよ。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月25日
そのヒロイックなカッコ良さでこのシリーズで初めて購入してみました。
値段に見合った大きさと可動率の多さに個人的には満足です。
難点はやはり関節を稼働させる際に慎重にならざるおえないことでしょうか。(他のシリーズでの
可動破損のレビューを結構拝見してますし)
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告