Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.03
5つ星のうち5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
サイズ名: 60V型|変更
価格:¥212,000+ 配送無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月6日
 パナホームの二階リビング(14畳)で使用しています。レグザ42インチを子供部屋に移設したため購入しました。4K放送が始まらないことは承知の上で、60インチが欲しかったので4Kを選択しました。実はレグザの前はソニーのグランドベガ(リアプロジェクション)の60インチを使用していました。今回も2階への搬入でクレーンを使う必要性を心配しましたが、階段からすんなり搬入できました。重量が35kgと軽く、ベゼルと厚みが薄いからでしょう。もし、二階への搬入を心配しているのでしたら、「安心してください入りますよ」。ということで意外とすんなり運べるかもしれません。
 取説もソニーや東芝に比較するとシンプル、質素です。リモコンの操作ガイドボタンを押下すると画面上で操作方法は確認できます。ネット環境が構築されていれば、ネットフリックスやユーチューブで、4K映像が観られますよ。
 動作はレグザユーザーから言えば非常にもっさりしていますが、まあ許せる範囲です。問題の画質ですが、通常の2K放送を見る限りではアップコンバートしているとはいえ、通常の2Kパネルと大差ありません。逆にレグザサーバーの圧縮画像は比較的綺麗に観えます。レグザーサーバーの中画質で使用していますが、DR画質よりは劣りますが、特に不満がでないレベルです。正面から40度ぐらいずれると白っぽく見えますが、通常の視聴ポジションでは問題ありません。ブルーレイの画は4kアップコンバートされ細部の描写力が凄く、見慣れた作品でも見直したくなります。タイタニックは映画館で観た迫力が蘇りました。
ネットフリックスでもHD・4Kで映画を観ていますが、作品に没頭できる画質です。
 内臓のスピーカーは下向きですので、悪くはありませんが私には歪んで聴こえます。通常はオルソニックから出力していますが、音域が広く歪み感がないため聴きやすく感じます。しかしながら、普通に使用するなら内臓スピーカーでも十分ですよ。ソニーのAVアンプもHDMI(ARC)接続していますので、テレビ音声も出力してくれます。
  僕の様にマニアではないけれど、音と画にそこそこ興味のあるライトユーザーでも十分に満足できるテレビです。もちろん、普通の方が普通に使う場合でも充分満足できるテレビです。
 追伸 先日、通常の2Kテレビを長時間使用する機会が2回(レグザとリアルの標準モデル)ありました。自宅で、半年間常に4Kで視聴していたためか通常の2K放送でも画質の差がはっきりわかりました。やはり、この4Kテレビの画質は素晴らしい。今なら価格もこなれてきています。2Kも綺麗に観られる4Kテレビ、良い買い物をしたと思っています。★4つから★5に変更しました。
0コメント|29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月23日
メインPCの4K化を行いました。
GeForceGTX960と本機HDMI-2で接続。RGBフルレンジ4K/60Hzで接続できています。
本機は非常に優秀だと感じています。気になるのは3点、1.地上波デジタルのスケーリング処理がプアで
フレーム落ちを時折見せます。2.バックライトのスレッショルドが独特で、パソコン使用時に映す内容で白味が増えると
明るい環境と勘違いし目一杯バックライトを引き上げ白とびします。ここは是非入力信号と環境センサーで連携を取って
うまくやって欲しいです。3.リモコンがデスク上で本体に向いてないと反応しないのは如何なものかと思います。

これから4Kを目指す方へのアドバイス。
まず、HDMIケーブルですが1.4までのHighSpeedで問題はありません。すべて検証はしていませんが少なくとも所有する
Amazonオリジナル、SONY、TOSHIBAどれもRGBフル4K/60HzはOKでした。
ビデオカードについては2015/05現在HDMIにて上記のフォーマットで接続するにはMaxwell世代のGeForceになります。
DP-HDMI変換アダプターで正式に4Kを謳ったものは現状見当たりません。
またHaswell世代のIntel HD Graphicsでも4Kは対応していますがHDMI2.0のPhyを謳っているマザーは見つかりませんでした

ここからが一番の課題ですが、4Kデスクトップは可能ですがWindows自体が4KむしろフルHD以上に対してデザインされていません。
Excelの広大なスプレットシート、職業上建築CADも表示しA2相当が目の前に広がるのは圧巻ですが肝心のWindowsのデザインが
フルHD相当を基準に作られており生かしきれていません。設定で125%や150%へスケールアップできますが、これは単純に掛け算を
しただけなのでアプリによってはスケーリングが悪さをしダイアログボックスのメッセージがボックスからはみ出て判読不能だったりします。
「特に、ダイアログボックスがビットマップ作成されメッセージはシステムフォントの条件が酷いです。」
一般向けで考えるとプレイしたいゲームタイトルが4Kであるとか(DirectX下でフルスクリーンなら問題ないはず)
CADで広大な空間が欲しい、4K対応NLEを使いたいなどの目的がないと殆んど意味を成さないと思います。
Macintoshのように(といってもSnowLeopard以降廃棄…)システムUIがアプリに影響をしない仕様になることが望まれます。

この点においてはAndroidのほうが解像度に依存しないので先進的とおもいます
0コメント|22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月11日
他店でのネット購入。4K世界初の認可を受けたのはシャープであり、この5日に60US30が約19年前購入のソニーHV用平面32吋ブラウン管テレビの搬出と同時に搬入。設置と本体の5年保証付きであり値動きを見て最安値を狙い奏功。後でmade in Japanの表示に気付いて嬉しい。
 そして画質は良いと思う。ただし旧型のフルハイビジョン60XL20は4K相当の画質で開発され、60US30は無論3Dに対応しサイドバイサイドの立体視も良好だが2Dの3D疑似化ができるのは60XL20関係だとのことで更に低価格。ソニーはワンプッシュで疑似視聴できる機種が多い様だ。パナソニックでは初期に比べれば3Dにこだわりがない感じ。東芝は60型の裸眼3Dを既に発売している。いずれ将来的にグラス使用は過去化するとは思われる。そして3Dは自分には必要でもあるが日常的ではなく飽きのくるものでもある。とは言え疑似機能が当然あると勘違いしたため、購入区切りの感覚がなくなり、せっかちに次を待つ気分が生じた。従来 ハイビジョン放送はレコとディスプレイをつないでモニターしていたので多機能のテレビは便利。これを機会に部屋の模様替え、DVDとBD等の整理作業など一気に済ました。またリモコンの各番号を変えても周辺機器が干渉反応するので、機器の室移動などやることが増えたし小部品の買い増しなどは進行しつつある。これも楽しみではある。(13日追記)編集に大画面はいらないので脇に半3Dのディスプレイを置き、きょう届いたHDMIセレクター5入1出力に入替えてBDレコ4+プレイヤー1機をリモコン一つで切り替えられる様にした。きのうまでは2入2出のセレクターに3入1出を組み合わせていて1本差替えれば済むものを敢えて交換。あれこれいじるのがいい。当テレビでは日に映画を選んで視ることにしており(気持だけ)、一室の映像機能が更に便利になった。毎日編集がメインで楽しみの一種。今日入替したセレクターにはUSBケーブルが付属していてもHDMIから電源供給されACは不要。使用セレクターのいまある半数がAC電源不要のものだ。 NHKで過日放送したアラビアのロレンス4kレストア版は素晴らしかった。これはハイビジョンで見た段階から差を感じていて4Kの特質が良く解る1本だと思う。外付けHDDはあるがネット機能等まだこれから試す処だ。3Dについてついでに言うなら自分の場合はややHIVテレビに近い値で購入したことと既にHIVプロジェクターがあり、このDLPで2Dを疑似3Dにして見ることもできるので、やはり次の段階では、8K時代を見越す待機状態を保つことが正解で、生活は当然ながら誰しも変化進展する道理である。(5月追記)疑似の3D化では、3Dそのものが視覚利用である限りあくまで感覚的に作用する技術である。本機の3D技術はサイドバイサイド(自分ではこの方式で言うしかない)等の3D再生ソースや放送を逆に2D化できる特徴があり、2Dを疑似化して観るより、裸眼3Dを思わせる奥行き感があることに気付いた。それはメガネなしで日常的に立体感が味わえる映像と言ってもよい。そして4K放送が本格化すれば画素数の差が出てくるものと思われる。そして予測通り4Kテレビの価格が下がりつつある。HIVTVが出始めた頃には30型で300万円もしてさすがに手出しはせず、HiVはモニター視聴を続けたので一挙に4Kに進んだことになる。HDMIはすべてハイスピード仕様だが4K対応でない物も混じる。また自己現有唯一の4Kアップコンバーター付パナソニックレコを通して過去の録画面を入力視聴した場合の画質が鮮明化していることを付記したい。基本設定直後に初めて視たのはむかしソニー8ミリで撮った家族の関係で、その時にはかなり旧型のパナソニックにHDD収録していた画面をモニターしたので4Kアップの画質でなかったが、今回同じく東芝レコX10にある同じ画面をDVDに移動してからコンバートにかけて視ても画質向上が確認できた。なお本機にはハイビジョンの4Kアップ機能が一応内蔵されていることも判った。映画はやはり大画面でみるに限る。とは言えなかなか集中することが出来ない。それは記録が目的化している為だ。amazonで12月中旬にマクセルBD-REを250枚買い占めながら、値動きだけ注視しながら多くの店が高止まりしていて、値が下がらなければ録画を止めてもいい考えになっていた処チャンス到来で楽天市場経由で久方ぶりにソニーのしかも国産のBD-RE6ケース120枚を先月中旬に入手できて、すぐ売り切れになった。在庫を含めて探せば空き充分のBDがあり無駄なく使う機会でもあったがいつもに戻った。先月から意図してtwitterとfacebookへの投稿をやめており、その分時間が浮きそうなものだが元々気軽に楽しんでいたので何の変化もない。いずれにせよバーチャルリアリティーやホログラム、ホログラフィー等 真正映像を実現する技術は最大限に生命尊重に関わる医療福祉の限りない向上にも資するものであり、映像娯楽の一般家庭への普遍化は情操教育上でも有効になっている。
 なお自分がシャープにしたのはあくまで価格対機能効果と技術的選択によるものであって、今の台湾企業に翻弄される会社を擁護する為では無論ない。シャープの液晶技術については大型プロジェクターの購入設備の時から評価していたもので、主経営の任にある者が権力争いをして増収増益だった液晶部門の足を引っぱり失脚させた不祥事が、国外に身売りせざるを得なくなった主凶なのであり、製造経緯として購入時の質的低下はないと判断したからである。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)