Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.484
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月3日
うちの配管は、施工説明書にある、別売品(分岐水栓・キャップセット;ADL531A-B4JS)が必要となるケースでしたが、調べたところ、ホースの先の分岐金具の一方を塞げばいいようでしたので、ホームセンターで見つけたカクダイ製ネジキャップ(796−001)を使って配管しました。ちなみに既設の止水栓は旧松下電工のクリーン・シャワレのものです(写真をご参照ください)。これでタンクとの接続がそのままでよくなったこともあり、素人でも設置に1時間もかかりませんでした。ご自身で取り付けしようとする方は、購入前にメーカーwebサイトにある施工説明書の内容を確認することをお勧めします。製品自体は期待通りのものでした。
review image
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年9月24日
色: パステルアイボリー|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Amazonで一番売れている東芝のSCS-T160と比較するとスペック面とコスト面に関して
下のように感じてしまいます。
値段が安くて消臭機能もついてる東芝と機能は最低限のパナソニックではありますが、節電がこっちのほうが優秀ですね。
使用している人の生活リズムを学習して節電するようです。

あとはやはりステンレスノズルですかね。
プラのノズルに比べればメンテナンスはしやすそう。
東芝のノズルは先端の形が少々複雑なので掃除が少しめんどくさいのですが、パナの方は筒そのものなのでささっと拭き取れます。
そして、なんといってもノズル部分に蓋がついています。
東芝は蓋がついてません。
長年使用していくとノズルが引っ込む部分にどうしても拭き取れない汚れがたまっていってしまうのですが、蓋があれば恐らくそこに付くであろう汚れを蓋部分がガードしてくれそうだし、ノズルが収納された際にノズル部分が見えない感じがとても良いです。

取り付け方法は説明書にも詳しく書いてありますが取り付け方法を記載しておきます。

※取り付け方法(写真参照ください)
 用意するもの、モンキー・マイナスドライバー・プラスドライバー・桶もしくはバケツ・あとは手をふくタオルなど。
 (付属のスパナもついてますがやりにくいです)
①水の流れを止めるため、止水栓を閉めます。
 スパナやモンキーなどで止水栓のナットを緩めないと動かない場合があります。
②便器へのホースを外します、その時に水がこぼれてくるので桶などで受けてください。
 あと、パッキンがくっついちゃっている場合があるのでご注意ください、少し叩けば取れます。
③付属の分岐管に、付属の青いパッキンを組み込みます。
④分岐管を取り付けます。
⑤②で取り外した便器へのホースを取り付けます。
 その際に付属の黒のパッキンを組み込んでください。
⑥元々ついている便座を取り外します。
 ねじはキャップなどで隠れている場合があります。
 ものによっては裏にねじがある場合もあるかもしれません。
⑦便座固定用のベースを取り付けます。
 ワッシャーが便器との間に入ります。
⑧ベースの前後の位置は便器よりも少し出っ張るくらい。
 取ったり外したりで調整して下さい。
⑨ホースを差し込みます。
⑩付属のホース抜け止めのクリップを装着します。
⑪完成!
review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年9月16日
色: パステルアイボリー|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
2万円以内で、
・温水ウォッシュレット
・あったか便座
を手に入れられます。コスパ良しです。

電気代、衛生面でも良いとパナソニックは言ってます(ここは信じるしかない

低価格なので以下の機能はないです。
・強弱は三段階まで(五段階までのが多いですよね)。めっちゃ強いのが好きな人には物足りないでしょう。
・ノズル位置調整不可。二度押しマッサージでは前後しながら水を噴射できます。位置にこだわりがある人は気をつけてね。

その他
温水の温度、便座温度を三段階調整可能。8時間電源OFF機能(寝るとき用?)。節電モード(使わない時間を学習)

【工事自分でしました】
手順見ながらやったら簡単にできました。取り付けにはレンチとプラスドライバーとバケツと雑巾が必要です(癖のある便器には部品の追加購入が必要です、要調査です)。

今回困ったことに、既存のTOTO製の便座を外すのに、便座締付工具組品 TCZ3Yという工具が必要でした。
外す方を考えてなかったので皆様注意ください。工事が途中で止まってトイレ使えなくなりました笑
0コメント|33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
色: パステルアイボリー|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
・便座
DL-EJX10-CPの着座センサーは機械式で、
便座に体重がかかるとスイッチが押し込まれる構造になっており、
着座時にズレるような不快感がある。
昔使っていたビューティートワレは経年劣化により
センサーの誤動作が生じるようになったが、本製品はどうだろうか。
(検証中。劣化が生じた場合はレビューに追記します。)
対してSCS-T160は着座センサーが赤外線方式で、
便座に何も無いためしっかりとした剛性が感じられ座り心地が良い。
また、センサーの誤動作は一度も生じなかった。

・ノズル
DL-EJX10-CPはシンプルなストレート構造のステンレスノズルなため、
汚れが付き難い上、適当に洗える。
SCS-T160はやや複雑な形状のプラスチックノズルで、
小傷が付きやすい事もあり洗うのに手間取る。

・取り付け難易度
SCS-T160の方が、接続が全てビニールホースのため圧倒的に楽。
DL-EJX10はタンク~止水栓間を金属ホースで接続するが、
これの取り付け難易度がやや高い。
しっかりと事前に曲げて形を決めてから装着しないと
ゴムパッキンが変形して水漏れの原因となる。
これくらいならナットの締め付けで補正できるだろう、と油断すると
残念な思いをする事になる。

・その他大きな機能差
SCS-T160は脱臭機能付き。
DL-EJX10-CPは省エネ学習機能付き。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
色: パステルアイボリー|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
本品「DL-EJX10-CP」は「DL-EGX10-CP」の後継モデルで
今年の6月に発売された物です。
現在、我が家には偶然1箇所に「DL-EGX10-CP」を設置していますので
2箇所あるWCの温水洗浄便座は、両方共にパナソニック製ということになりました。

■本品のレビューの前に余談ですが・・・・
ご存知の方も多いと思いますが、一般的に「温水洗浄便座の名称」として
「ウォシュレット」と呼ぶ人は多く(私も面倒なので つい言います^^;)
世間的にも認知され、広く知れ渡っていますが・・・
本来「ウォシュレット」とは、TOTOの登録商標の製品の事で
『TOTO製の温水洗浄便座のみウォシュレット』と呼べますが
他社の物も全て「温水洗浄便座」=「ウォシュレット」と認識している
人の方が多数だと思いますネ。
因みに「シャワートイレ」は・・・INAX(LIXIL)の商標です^^;

■DL-EGX10-CPと比較して■
殆ど機能は同じで、見た目も全く同じですが
「ムーブ洗浄」が付加されたことと、「ノズル掃除」が簡略化できる機能も
付加されています。
「ノズル掃除」については、前機種は週に1回を推奨されていて
その方法は、良くあるノズル掃除ボタンを押しノズルを片手で持ち
(使い捨て手袋必須)もう片手で歯ブラシ等で・・・という
至って基本的なものでしたが、本機種は週に1回「ノズル掃除」ボタンを押せば
収納したまま勝手に?除菌クリーニングをしてくれるという便利ものです。
後は週に1回では無くとも「気がついた時」に、前機種同様の手順の本格的な
ノズル掃除をする・・・という事ですが、掃除をする側としては
少しでも楽に出来るので有難い機能だと思います。
また、便座本体とタンクの隙間の掃除や、普段見えない箇所の掃除も
前機種同様の方法で、便座をそのまま「引いて掃除」「押して元に戻す」という
簡単な方法で出来ます。

後、追加された機能としては便座表面に抗菌効果の高い銀イオンを練りこみ
便座表面を被膜されている・・・ようですが、これは当然見た目では
分かりませんが、確かに衛生的だと感じる点です。

改めて気づいた点は「節電機能」ですが・・・
これは前機種にも付いていますが、日常的に使用していて普段は意識もせず
実感も伴わない事柄で、特に節電されていることが電気代に顕著に現れる
数値でも有りませんので、正直「無くても良いけれど あっても良いかな?」
程度で・・・今回、改めて取説を読んで「そう言えばあったんだ~」と
思う機能です。

■総合的な感想■
我が家では、これまで何度か温水洗浄便座は買い換えて来ていますが
パナソニック製が偶然ですが・・・割と多いです。
先に記載していますが、昨年も2箇所あるWCの1箇所にAmazonにて
「DL-EGX10-CP」を購入していますが・・・
これまで購入した中では、一番安価な物でした。
同じパナソニック製でも、当然ピンからキリまでの価格帯があります。
各自、色々な考え方もあると思いますが・・・
私は、高価格帯の購入と使用経験では・・正直機能が多いだけ?な気が
しています。
その多い機能が、どうしても必要な物なら別ですが・・・
全ての機能を日々使用もしませんし、結局は未使用な機能も多かった経験から
単機能で充分だと考えていることと・・・
個人的には他の家電とは位置づけが違い『温水洗浄便座は、長期間使用する物』
とは捉えていません。
仮に、日々の掃除が行き届いていたとしても、細かい部分までは不可能です。
ならば、清潔を保つ意味でも・・・経年劣化が来る前に買い換える
或いは故障をして自分で治せない範囲なら、修理に来てもらうより
買い換えた方が、適切だと思っています。
その為にも、シンプルな単機能で掃除がし易い事が優先で・・・
後は信頼できるメーカーなら、安価な方が尚嬉しい!それが私の考え方です。

その意味でも、この価格帯なら気軽に買い換えられると思います。
昔、高価格帯のパナソニック製を使用していた時(品番は忘れましたが)
その製品の一番良かったと記憶している機能は、掃除できる箇所や
見えない箇所まで、全てステンレス製だった・・・という点です。
確かに掃除をしていても、使用していても清潔が保たれている物だと
気分は良かったのですが、それで10万円を軽く超えた価格帯は
妥当な価格とは、私には思えませんでした。

確か、遥か昔・・・温水洗浄便座が初めて販売された頃は
その当時でも、10万円以下の物は無かったと記憶しています。
「温水洗浄便座が在る家庭=特別感がある」・・・そんな時代でした^^;
今では、1万円代、数万円代でも普通に販売されています。
(仮に型落ち品でも、機能はそれ程進化はしません)

自動で蓋が開閉する、自動で毎回掃除をしてくれ、脱臭して・・と
数え切れない高機能な物も有りますが、そこまでの機能を求めていないなら
気軽に買い換えられる、低価格帯の物で充分だと改めて思いました。

※因みに、設置工事については、今回レビューをしていて改めて気づいたのですが
(遅っ!^^;)
転居を含めて、温水洗浄便座を何台も交換しているせいか?業者に工事依頼したことは
一度も無く・・・というか実家でも同様でしたので、結婚してからも
「自分達で行うもの」だと思い込んで・・・現在に至ります^^;
「そう言えば、業者に頼んでも良いものだった~?」・・・と
今回レビューしていて改めて発見?しました^^;
別段・・・特殊な工具も持っていませんし、特に器用でもありませんが
今まで1時間弱もあれば・・・できていて、今回も同様でした。
何度も行っているので、知らぬ間にコツも掴んでいるのか?
慣れの問題も・・・あるのかも知れませんね。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月10日
 inax(現LIXIL)のCW-1041からの付け替えです。(左記の商品を10年ほど使用したところ、ノズルのロッドが露出したまま格納されなくなったりノズルの格納場所から水がポタポタ漏れるようになり、二度ほどオーバーホールしましたが直らず、カスタマーセンターの対応も非常に悪かったので、別メーカーに買い換えることにしました。)
 既設の給水ホースがそのまま使えた(配管工事不要だった)ので、30分ぐらいで交換できました。(既設品の水抜き・取り外し/5分、取り付け/10分、通電確認と便座・水の温度が上がるまでの待ち時間/13分、動作確認/2分)
 便器の大小に関わらず汎用的に使えるようにするため、便座の幅・奥行きとも小さめです。そのため、サイホンジェット式のような長めの便器だと、便座を手前にセットしなければなりませんが、これを見越して位置を5センチほど前後にずらせるように設計されており、リプレイスを意識したものづくりがなされています。
 ノズルのロッド(ステンレス製)は一本(「おしり」/「ビデ」兼用)で、ロッド先上部の噴出口の中に仕込まれているプラスチック部品がスライドし、タイプの異なるノズルが顔を出すことで「おしり」と「ビデ」が切り替わる仕組みです。
 低価格の割には、便座・水の温度、水圧とも満足のいくものです。
 しかし、なぜか水圧を「中」にした時だけ使用時にチュイ~ンというような音がして、ドアの外に「いま、おしり洗ってま~す」と知らせてしまいます(笑)。この型式の特性なのか、私が購入した製品だけに発生した個体差なのかは分かりませんが、再度取り寄せするのも面倒なので、これでヨシとするかわりに満点からマイナス1ポイントとしました。
 
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月26日
コストパフォーマンスもよく
機能的にも十分です
取付も30分もあればできます

問題は、分岐栓付のホースである事
既に、温水洗浄便座を使っていて、分岐がある場合、
分岐にキャップナットが必要です
取説に書いてあるようですが、購入時には注意してください
慌てて買いに行きました
キャップナット(六角袋ナット)、例えば
三栄水栓製作所 キャップナット(PB41A-24-13)だと300円くらいです
なので、4つ星でいいのですが、購入時に十分に確認できない(細かくチェックすればいいのでしょうが)点で
★一つ減です
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月12日
色: パステルアイボリー|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
作業前に工具の準備、付属品のチェック、取説を一読して作業の流れを把握しておけば
既存の取り外しから作業完了までおおよそ1時間程です。

普段DIYする人でもしない人でも事前の準備をきちんと行えば早くて40分おそくても90分程の作業時間かと思います。
わずかな作業で業者に依頼する際の作業工賃が浮くので非常にお得です。

機能ですが備え付けの便座には保温とウォッシュの機能しかなかったので、この製品に変えたことで+α
節電、清潔保持機能が増えたので非常に満足です。
機能がシンプルな分、苦戦せずに取り付け作業ができたかと思います。

今まで使っていた便座のノズルがプラだったので、ステンレスになって掃除がしやすくなりとても満足しています。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月7日
安価な温水便座を買おうと東芝製と比較、故障時の対応は東芝は酷い様子なのとパナソニックはウオシュレット部分がステンレス製という事で此方にしました。
すぐ着くし、製品もイイ感じで大変満足です。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月17日
シルバーウィーク中に、ウオッシュレットから水漏れ。業者に電話しても「同じ色の在庫が無い」とのことで、家族からも「何とかして」との嘆願。覚悟を決めてAmazonで購入して自分で取付て見ました。思ったより簡単で1時間ほどで取付できました(取付は簡単ですが、旧機を取り外したら便器がすごい汚れで、その掃除の方が時間取られました)。コスパも良くて気に入っています。その後はこまめにトイレ掃除をするようになったのが思わぬ収穫でした(笑)。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)