Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
76
5つ星のうち4.5
サイズ: 512GB|変更
価格:¥17,571+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月27日
一頃流行った?Ultrabook、LB-L420B-MK(痛PC)の起動ディスクとして換装。

PC購入当初にはSSE064GTTC0-S81という読み出しは高速なmsataSSDが載っていましたが、如何せん容量が少な過ぎるので13,000円で買ったCT240M500SSD3に交換して使用。
コレの発熱が物凄く、Web巡回しているだけでも55℃くらい(春先気温17℃くらいの頃)で、負荷を掛けると70℃オーバーという代物w
このまま使うのは躊躇われたので狭い筐体の中に銅板を仕込んで簡易ヒートシンクとして凌いでいました。
温度は50度台より上がる事は無くなりましたが何故かスピードがSATA2程度しか出ないという…

そこで今回の製品のお出ましです。

使い古されたゴミの溜まったOSのクローンでもこの位の速度なら十分過ぎるくらいでしょうと。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.0.2 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 476.152 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 452.905 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 267.431 MB/s [ 65290.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 216.212 MB/s [ 52786.1 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 398.281 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 434.468 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 25.624 MB/s [ 6255.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 63.241 MB/s [ 15439.7 IOPS]

Test : 100 MiB [C: 24.2% (112.9/466.1 GiB)] (x1) [Interval=5 sec]
Date : 2016/01/24 20:35:43
OS : Windows 8.1 [6.3 Build 9600] (x64)

容量も増え体感でも動作の俊敏さが分かるレベルのレスポンス。
ですがこのSSDも発熱が凄いw
簡易ヒートシンクは使ったままで今34度。
OSクローン中は2.5インチケースに入れた状態だったので最高76℃を記録。
若干の個体差はあるかもしれませんが、エアフローの無いPC(出来ない)での使用は注意です。

容量・値段・速度からしたら、一個買っておkですが、発熱の問題があるので-1☆です。

おしいな。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月30日
HDD搭載タイプのVaioTap21を買って使っていましたが、遅くて遅くて。

HDDをSSDに交換しようかとネットで探していると、VaioTap21には
SATAインターフェイスの他にmSATAインターフェイスも搭載されているとの
情報が載っていて、しかも両方同時に使えるようだと。

だったら、mSATA SSDを追加して、それを起動ディスクにして
今のHDDをデータディスクとして使おうと。

起動ディスクの方にはOSとアプリしか入れないので250GB程度あれば十分のなで
それで一番安いmSATA SSDを探してたらこの商品を見つけました。

VaioTap21でリカバリディスク(USBメモリ)を作成し、この商品をmSATAに取り付けて
リカバリディスク(USBメモリ)からこれにリカバリしました。
もともとOSが入っていたHDDはそのまま搭載し、フォーマットしてデータディスクとして使用。

OSの起動もめちゃくちゃ速くなったし、アプリの起動も速くなりました。
買って大正解でした。

ただし他の人も書いていますが、この商品には固定用のネジが付いていないので
別途購入する必要があります。私はホームセンターのOlympicで買いました。
これだけ減点1しようかと思ったんですが、必要なネジのサイズはパソコン本体側に
よって違うかもしれないので、減点なしとしました。

CrystalDiskMark 5.0.2 x64の結果は次の通りです。
今回購入したmSATA SSDと、比較のためにVaioTap21に搭載されていたHDDの
両方を載せています。速度はHDDとはダンチですね。

---------------------------------------------------------------------------------------
SanDisk SDMSATA256G (購入したmSATA SSD)
---------------------------------------------------------------------------------------
Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 475.498 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 472.353 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 242.941 MB/s [ 59311.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 210.204 MB/s [ 51319.3 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 362.835 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 403.531 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 24.428 MB/s [ 5963.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 55.418 MB/s [ 13529.8 IOPS]

---------------------------------------------------------------------------------------
TOSHIBA MQ01ABF050H (VaioTap21に搭載していたHDD)
---------------------------------------------------------------------------------------
Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 154.920 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 88.561 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 31.740 MB/s [ 7749.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 24.414 MB/s [ 5960.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 153.308 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 88.713 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 11.273 MB/s [ 2752.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 22.160 MB/s [ 5410.2 IOPS]
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月19日
2015/07に12,000程度で買いました。 はじめてmSATAを買いましたが、小さくていいですね。このサイズならばメモリのように、2つくらいノートPCに指す穴があればいいなと思います。
Lenovo x230に追加してOS起動してみたり、データ用ドライブにしてみたりしています。 HDDと入れ替えたSSDと2つのSSD構成です。
ちなみに、x230の指す場所はパームレストの下にあります。裏蓋のねじを全部外すとキーボードとパームレストが開く仕組みですが、線がつながっているので、丁寧に開きましょう。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月18日
レノボE420 2012年モデル、core5モデルに乗せました。
外付けHDDにデータを移したあとDVDメディアよりリカバリかけましたがスムーズにいきました。
USBメモリだともっと速く作業が終わるようですが、頻繁に行わない人ならDVDもよいかと思います。
使用感、速いです、Win立ち上がりは20sかかりません。
こちらのSSDはクローンツールがついていないぶん安いのでしょうか、購入直後の状態に戻すのなら安いしおすすめです。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 4.1.0 x64 (C)
-----------------------------------------------------------------------
Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 537.120 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 468.447 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 316.608 MB/s [ 77296.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 233.122 MB/s [ 56914.6 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 439.758 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 403.116 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 20.370 MB/s [ 4973.1 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 38.381 MB/s [ 9370.4 IOPS]

Test : 1024 MiB [C: 13.6% (31.0/227.5 GiB)] (x3) [Interval=5 sec]
Date : 2015/07/18 23:23:17
OS : Windows 7 Home Premium SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月8日
Dell Latitude E7250用に購入しました。

このマシンは2.5inchスロットが無くmSATAが1スロット有るだけです。

自分的には原則、System用SSDはintel派なんですがintelでは500GBクラスのmSATA SSDをリリースしていないので

こちらを選択しました。

今となってはmSATAは終わった仕様で最新機種はM.2インターフェイスへ移行しているので

今後、新しいmSATA機種が出てきてくれるのか、心配なところです。

1TBのmSATA SSDは現在のところ、Samsung1社しか製造しておらず、割高な状況です。

SanDiskからも1TBクラスのmSATA SSDがリリースされることを切に望みます。

星を一個減らしたのには理由があります。

一昨年から家中のHDD全廃計画で各社SSD(240GB~512GB)を17枚くらい購入しました。

intel製:7枚(2.5inch & mSATA)
SanDisk製:6枚(2.5inch & mSATA)
Samsung製:2枚(2.5inch & mSATA)
Crucial製:1枚(2.5inch)
Toshiba製:1枚(2.5inch)

その中で不具合が起きたのはSanDisk製2.5inchSSDとこのSanDisk製mSATA SSD各1枚でした。

SanDisk社のサポートはしっかりしているので、2点ともに1週間~10日間ほどで新品交換となりました。

今回はOSインストール時や既存データコピー時に発生したのでロストしたのは作業時間だけで済みましたが

実運用中だとちょっと怖いですね
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月30日
iPodの改造用に購入しました。

SDXCカードだと、class3カードでも、シャッフル再生でプチフリする事がありますが、
SSDだと、全くそのような事が起きません。

256GBでこの価格だと、買い得感もありますし、良い商品だと思います。

発熱に関しては、再生においては全く気になりません。音楽データの同期の際には、
機材がほんのり暖かくなりますが、HDD使用時と同等だと感じました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月12日
ThinkPad T430sに搭載しました。mSATAが転送モードSATA/300なので本来のスピードは分かりませんでしたが、十分速いです。
発熱は、やや高いかなと思う程度です。買って良かったです。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.2 x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
-----------------------------------------------------------------------
Sequential Read (Q= 32,T= 1): 281.016 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1): 261.700 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1): 200.879 MB/s [ 49042.7 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1): 181.827 MB/s [ 44391.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1): 272.465 MB/s
Sequential Write (T= 1): 253.140 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1): 24.883 MB/s [ 6075.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1): 39.139 MB/s [ 9555.4 IOPS]

Test : 1024 MiB [B: 0.1% (0.2/238.5 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2016/05/12 22:34:44
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 10586] (x64)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月21日
ようやく手に入れた「VAIO Tap21 (Core i5)」。再販品なのでスペックがダサ過ぎて泣けます。
ですがとても欲しかったのでそれは納得して良かったが、しかしこれでは使えない。
HDD>SunDisk SSDへ、メモリーをMAX16GBへ、無線LANカードを最新にすることにした。
ついでにOSもWindows10へアップグレードした。

#その結果
SSDの速度等の情報はいっぱい記載されているので割愛するとして
さて上記の組み合わせだと何と、電源OFFからの立ち上がりだけはなぜか。。。
「VAIO Z Canvas (Core-i7)」より早くなってしまいました。
そんなバカな現象が起きるものかと正直驚いています。
VAIO Z Canvasの方の私の施した設定と使い方が良くないかもなのですが。。。
もちろん諸々の処理速度などは完敗なんですが「電源OFFからの立ち上がり」だけは特筆すべきものがあります。
嬉しい誤算にSSD(Read 500MB)の速度が貢献していることは間違いないでしょう!

あまりに気に入ったので他のPCのSSDやらHDDもこのSanDiskのSSDへ換装しました。
以前は何となく「Transcend SSD 256GB mSATA3 6Gb/s 3年保証 TS256GMSA370」をいくつも使ってました。
しかしTranscend SSD>SunDisk SSD へ換装したものでさえ確実にパフォーマンスアップを確認できます。
すごいです。もっと早くに気がつくべきでした。
価格といいこの商品のパフォーマンスアップは期待を裏切らないです。(不良品は除く)
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月13日
VAIO DUO11のドライブ載せ替えの為に購入。
事前にリカバリーを作成し、入れ替え碁にリカバリーを実施。
何の問題も無く作業は完了。
元が128Gで余裕が無かっただけこれで実用的になったと思う。
TLCのようで、これが不安材料のような気がする。
サムスンのTLCはすぐにお亡くなりになられたので、仕事で使用してよいのやら信頼性に疑問。
サンディスクというブランドなら信用出来るかな?
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月9日
何円も前のVAIOをSSD化したところ、Originalよりはるかに快適になりました。
SonyVAIO-TTeriesはOriginalはWindowsVISTAで、CPUもDualCore 1.2GHzでしたので、購入当時としても、非常にもっさりとしたPCでしたが、11インチLCDで、DVD-Drive付と言う事でMobileとしての利便性を優先して使っていました。その後、Windows7にUpgradeして、もっさりさはなくなりました。しかし如何せんHDDが1.8インチで120GBしかありませんでしたので、SSDが安くなったのでSSDに置き換える事にしました。
所がHDDのInterfaceがMicroSATAで、1.8インチという外形に制約があり、使えるものがありませんでした。(殆どは2.5インチのSATAしかありません)。そこでmSATA-MicroSATAの変換Boardを介して、1.8インチの外形に収める事ができました。固定はねじ止めは出来ませんので両面Tapeで固定しましたが、問題なく使えています、容量も120GBから256GBに増やす事が出来ました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)