Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.1
44
5つ星のうち2.1
価格:¥2,250+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年12月21日
今、クリアしました……。
不満をぶちまける場所がここしか思いつかないのでこちらで書き留めます。
RPGが好きで、ファミコン版ドラゴンクエスト1からずっとRPGをやってきた者の感想として、文句なく、これまでやってきたRPGの中で最悪でした。
クリア直前の雰囲気から良いエンディングは期待していなかったのですが、予想通りというかなんというか……結局、育ての親を殺して、仲間の命を犠牲にして、容赦無くプレイヤーに最後の救うべき人間の心臓を刺して殺させるという演出で終わるとは……。(あちらの考えとしてはそれが救う方法らしい)……ここまでくると悪い夢を見ているようでむしろ予想外の終わり方でした。
当然、今の気分は最悪です。
ヒロイン詐欺のことやカメラワークが最悪なことなど、ある程度の下馬評も前もって知っています。ですが、ネットの情報である限り、誇張表現や脚色、虚偽情報も少なからずあるもので、それらを鵜呑みにしてやらないというのも少し勿体無いと思い、とりあえずはやってみることにしようと決めたものの……今でははっきりと後悔してます。
はっきりと言います。
ネットの情報通りです。
このゼスティリア関連に関してのネットの情報は信頼していいと思います。
なのでここではネットの情報ではみなかった不満点を書こうと思います。
自分が最初に強烈な疑問を抱いた点として、オープニングの登場人物である天族のマイセンの存在があります。
オープニングのストーリーを簡単に要約すると、
天族の村イズチにヒロイン・アリーシャが訪れます。人間は穢れを生む為、人間を滞在させることを拒むイズチの村ですが、主人公・スレイの助言によりアリーシャの滞在が許されます。ですが、アリーシャを追う賊がイズチに侵入。その後、天族・マイセンの命を犠牲にしながらもなんとか侵入者を退けます。
ここの場面は付属するOVAのアニメーションにも描かれているのですが、まず何よりも、家族のように慕っているマイセンという天族の仲間が殺されたにも関わらず、その事にはほとんど全く触れずに物語が進むのです。アニメ版ではむしろ、マイセンを完全に脇に追いやり、侵入者を退けたことに血湧き肉躍ったぞ、と歓喜する有様。
ここでまず『お前らの死生観念どうなってんの?』と疑問が浮かびます。
その後物語は進み、第二のヒロイン・ロゼが登場。
(まぁ……ネットの情報通り、この子の倫理観はヤバイです。殺しを完全に正当化している世界はおそらくこのゼスティリアだけでしょう)
この辺りでイズチの村を襲った賊は、実はロゼ率いる暗殺集団の仲間である事が判明します。これだけ聞けばここから何か一悶着起こるではないかと思われるかもしれないですが………このことに関して見事に完全にスルーされます。マイセンの仇をとろうとかなんとか言っていた主人公も親友ミクリオも全くスルー。そして、ロゼを真の仲間として勧誘。
『絶対おかしいだろ』と何度も心の中で反芻しながら物語を進ませてみても、ロゼが正式に仲間になった時もやはりマイセンのことは完全にスルー。ついでに久々にイズチの村にロゼと共に帰った時でもやっぱりスルー。
呆れました。
まぁこの辺りまでストーリーを進めるとなんかもう色々と諦めながらやっている感じなんですが、やはり最後まで死生観、倫理観の違和感は拭い去れませんでした。
あと個人的に驚いたことなんですが、アリーシャが仲間から外れる時、あまりにも淡白な別れ方だった為に袂が分かたれたという認識がなく、プレイしている最中も『アリーシャは?』と心の中で何度も反芻していたのですがこれは自分だけでしょうか?
また、最後のダンジョンにミューズという人物が唐突に出てきます。この人物は実はミクリオの母親なんですが、すでにその事を知っているはずのミクリオが何故かそういうそぶりを全く見せず、いかにも他人行儀のように振る舞いすぎていて、そのせいで事が終わるまでミクリオの母だと気付くことが出来なかったのですがこれも自分だけでしょうか?
ストーリーももちろんそうですが、ゲーム上のイベント構成、演出、キャラ同士の関係性など、いろいろがお粗末すぎて話が全く入ってきませんでした。
メインイベントが終わった後、意味がわからずメニュー画面のあらすじを読み返してみるのですが、そんな描写なかったやんけ!ということが何度もありました。
普通にプレイしてあらすじを読み返すという作業をしたRPGもこのゼスティリアが初めてです。
あと最後にゲームシステム的に絶対おかしいと思った事を少しだけ挙げておきます。
一つがマップ間の移動。
セーブポイント同士で瞬間移動が出来るのですが、何故かお金が要ります。金額は固定ではなく所持金からの割合で決まる為、最後の方は万単位のお金が必要になってきます。
そしてまた、ゲームシステムに疲労というものがあります。これは一定の戦闘をこなすと疲労が溜まり、行動・技ポイントが減少するというもの。これがある為に否が応でも一度セーブポイントで万単位のお金を使い、宿屋に行って休息しなければなりません。ストーリーの流れとかお構いなしです。強制的に物語の腰を折られてただただストレスが溜まるだけでした。
また、移動スキルに速駆けというスキルがあります。これはある条件をこなす毎に一定時間走行がアップするというものですが、その条件が、
戦闘をこなす度に走行アップ。←これはまぁ解ります。
町の中に飛び交う雑談を聞く度に走行アップ。←意味が解りません。
しかも時間制限があり、このせいで町を探索しようにも常に落ち着かない状態になります。わざわざこんな縛りプレイをする意味があるのでしょうか。普通にBダッシュとかでよくないですか?

……とまぁ不満点を挙げればキリがない程、色々と残念な事になっているのは言うまでもありません。不満点をそのまま書き起こすと万の字を用いてもきっと書ききれないでしょう。
グランディア3とかラジアータストーリーが可愛く思えるくらい、このRPGはヤバイです。ちなみにこのゲームのメインイベント、サブイベント共に、ほとんど全てのイベントが鬱展開です。これを楽しめるのは相当なロクデナシか倫理観の欠けた人だけでしょうね。
楽しむ為にプレイするのはオススメしません。
ただ、クソゲーがどういうものかを考察する為という名目ならば、これ程適したゲームはないでしょう。
0コメント| 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年4月17日
このゲーム、劣悪すぎて優れている部部分がまったくない。

スタッフの極個人的な好みの押し付けという感じで、
遊んでて違和感しか覚えず、不愉快になるレベルでストーリーも悪い。

DLCのせいでフルプライスゲームにも関わらずゲームソフトだけでは完結しないので、
ユーザーは更にお金を払うはめになるわけだが、そこまでの価値はまったくなかった。

ゲーム業界の悪しき習慣を体現したようなゲーム。
0コメント| 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月30日
DLC買ってもヒロインがすぐに離脱して使える期間短すぎるし、ヒロインの続編はDLCとか、、出たよ悪徳DLC商法。もうテイルズも終わりだな
0コメント| 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月1日
これが努力の結果というなら…もういい…………………………………$………
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月24日
過去TOGまでプレイし、久々にこのシリーズをプレイした感想です。
書いた時期が時期なので遠慮なくネタバレ書いてます。
超絶に長いのもご注意。

・シナリオについて(これに力を入れずに何をするつもりだったのか)
 メインシナリオもサブイベントも昔のTOEやTOS、TOV等と比べると、少なく感じました。
特にメインシナリオは中盤以降は4つの秘力を集める、瞳石を集めるだけ。単調で何の捻りもない。
瞳石集めあたりは相当な手抜き感すら感じた。単発でデゼルが死ぬイベントがありましたが、
ザビーダの存在やアイテム説明見れば簡単に予測可能なものです。
サブイベントが少ないのも天族が人間から見えない設定のせいで作るのが難しかったのでしょうか。
 RPGの主軸はやはりストーリーやイベントです。ここに力を入れずしての名作はありえない。
メインシナリオにキャラ設定とかを活かそうと努力した形跡が見当たらないんですよね。
ドラゴンになったエドナの兄に関しても、任意のサブイベントでぶっ倒すだけ。
(ドラゴンはストーリー上、重要な役割とかプロデューサーだかディレクターだかがぶっこいてたはずですが)
更にライラが諸事情あって今まで語れなかった内容を打ち明けるイベントも
クリア後のサブイベントという始末。
キャラの根幹をなすイベントは本編の必須イベントに組み入れ、
枝葉の部分はサブイベントというのが、昔のよいRPGの基本です。
最近のRPGはシナリオライター達の技量がないのか、プロデューサー達やディレクター達がアホなのか、
キャラ設定の根幹部分までサブイベントに回しています。
(酷いものだとヒロイン選択性みたいにして選んだときのみ)
上記のライラの話なんてメインシナリオに組み込む技量がなかったとしか思えません。
バレの部分も演出等を工夫してバレをすれば良いイベントになったはずです。
エドナの兄の話も過去の導師に憑いていた水の試練の番人、過去導師だった地の試練の番人とかに
ドラゴンを元に戻す方法がないか聞いてみる
→知らない、もしくはないと言われる
→秘力を全て集めた後(瞳石集めの時期等)に別のドラゴンと遭遇して倒すイベントを入れる
→秘力を持ってロゼと二人がかりでも戻せなかった、エドナのお兄さんどうしよう
みたいな話を必須イベントに入れれば、大分マシだったのでは。
エドナの兄が山から出て人(商隊、軍隊、旅人等)や街を襲うイベント入れれば、
導師の決断にも持ってけるじゃないですか。
これ5分で考えられたんですけど。

・噂のヒロイン詐欺について(お金が絡んでるんだけど?)
 作品発表当初からリチャード(TOGの途中離脱キャラ)並の扱いしかしなければ、
ここまで荒れることはなかったのでは。
主人公の次に紹介されて販促グッズとかでも推されるんじゃ、多くの人がヒロインと勘違いします。
中〜終盤と思われるスクショに軒並み不在、神依ができない、CMに出ない、更にはゲーム内でも
槍やリボンを落としやすい敵が序盤にもいないと来れば、アリーシャが途中離脱キャラだというのは
シリーズやってる私には容易に想像がつきました。
が、ライトなユーザーはそこまで考えないでしょう。
 他社(日本ファ○コム)もやってますけど、ビジュアルがよくできたキャラをヒロインっぽく紹介し、
グッズでまで推して買わせて、いざ本編が出てみると、
そのキャラはストーリー上、ほとんど役割がないカスキャラ。
そりゃユーザーは怒りますって。
特にグッズにまで手を出した人は、今まで買ったグッズがゲームが出たとたんガラクタと化すわけです。
お金が絡んでるんですよ?(ブラック)ジョークじゃ済まされません。詐欺に近いんじゃないですか?
私が知っているだけでも2社(しかもバンナムは大手と言っていい規模)も同じことをしてると、
これがゲーム業界の悪しき風潮になりそうで心配です。
 不景気のせいでしょうか?ゲーム業界のお金に関するモラルが欠落してきてますね。
昔はお金というものは
サービスや商品を提供し、その対価を「いただくもの」
だったはず。だが、今のゲーム業界では
可能な限り(場合によっては騙してでも)客から「むしり取るもの」
になっている。
蔓延する切り売り有料DLCがいい例です。日本のゲームの将来が危ぶまれます。

・戦闘システムについて(細かすぎ、AIが低LV。努力してる?)
 戦闘システムは細かい設定がいろいろあるんですが、はっきり言って細かすぎ。
まさか力を入れたのはこことか言わないですよね?
称号とか低LVスキルの細かい利点を気にしながらプレイした人って何割ぐらいいたんだろうか・・・
戦闘時はその細かいスキル等の効果をバックグラウンドで大量に処理してるんでしょうが、
その一方でAIがお馬鹿。
 後衛キャラは術詠唱中は敵に狙われても防御行動をしてくれない。
そりゃ術詠唱中は奥義喰らってものけぞらないというルールはあるが、
ダメージは喰らうのでHPがもたないだろうに…(特にボスの攻撃)
敵の奥義で殴られ続けたり、つつかれ続けたりしてるにも関わらず、
HP0になってぶっ倒れるまで意固地に詠唱を続けたときは、何やってんだAIと思いました。
(しかもAIキャラが戦闘不能になってもGRADEにでかいペナルティがつく仕様)
自分の周りを攻撃する術を周りに敵がいないときに使ったり、
自分が攻撃に参加しないと意味がないトリガー術ばっかり使う等、
AIが何も考えずに適当なことばっかやってるのは素人目にも判る。
術を使うための位置取りで敵や障害物につっかかってもそうと気付かず、
しばらく走り続けるというのもアホですね。
 前衛キャラもSP満タンなのにじりじりと敵との間合いを意味もなく計ることがあるのも意味不明。
コンボ参加のタイミングぐらい自分で判断できないのか。
HPが危険なので範囲回復術をかけたのに、効果範囲に留まらないどころか、ダッシュで範囲から出ようとするし。
号令でも術使う敵が複数いるので分散攻撃を指示したが、プレイヤーが前衛キャラを操作していると、
もう1人の前衛(人間キャラ)がプレイヤーと同じ敵をターゲットし、
後衛(天族キャラ)が別の敵を狙うというアホな振り分けをしてくる。
「お前、そっちを止めろよ」と何度思ったことか。分散攻撃の号令ってこういう状況で使うのが主だろうに。
いろいろ酷い。
 効果が体感できない細かいスキルをバックグラウンドで処理させるよりも、AI補強を優先したほうがいいのでは。
というか、長年続けているシリーズにも関わらずAIがこのレベルってどうなんだ?
せめて自分のHPの状態を考慮した行動をさせることぐらい、いいかげんできるようにならないのか。
技術的な進歩がないのでは?努力してます?

・移動手段について(最初っから無料にしろよ)
 空飛ぶ乗り物がないんだから、その代わりのセーブポイント間ワープだろうに。
行き先が未クリアのダンジョンならまだ許せるが、町間移動で大金取るなよ…。
サポートタレントがあるから歩かせたいとでも思ったのか?(の割にはスレイの足が遅い)

・装備品の強化について(手間かかりすぎ)
 やり込み要素はサブイベントが少ないので、ぶっちゃけキャラ強化(装備品強化)しかない。
ステータス強化は周回引継ぎ要素もある薬草だが、
薬草目当てで延々と世界を歩き回るだけなので面白味がない。
装備品にスキルを揃えるやり込みも製作者のセンスのなさで問題点が多々あり、
労力が大きい割に、価値が低い。
 まず、全員の装備で名前に共通部分があるもの(アンバ〜、カルサイト〜等、以下便宜上、通常装備)は
それなりに敵がドロップするが、名前が独特のもの(以下便宜上、レア装備)を落とす確率は
体感上、その1/5以下なので、スキルを揃えたいものがレア装備だった場合は、非常に手間がかかる。
地の主の同胞の導き(説明割愛)でドロップ率が2倍になっているのが体感できないほど、
レア装備はドロップ率が低い。(逆に1/2になってるんじゃと錯覚するレベル)
敵が落とすのもいっしょ。店に並ぶのもいっしょ、なのに、
通常装備とレア装備でドロップ率にここまでの差をつける意味がわからない。
(攻略本に書いてあることを要約すると、レア装備は通常装備よりも基本ドロップ率が
 低く設定されているにも関わらず、更に1/3にする処理をしているらしい。何を考えているんだろう)
 ザコ敵には剣を落としやすい、耳飾りを落としやすいと設定されているが、
実は複数キャラ間で共有できる指輪、靴、男性防具、女性防具は全ザコ敵共通してよく落とすので、
これも煩わしい。(攻略本によるとドロップ優先度が高いらしい)
剣目当てで戦っているのに、指輪とかいらんもののほうをドロップすることが多々あるのである。
多分、装備できるキャラが多いからドロップ優先度を高めにしようと安易に考えたんだろうが、
やり込み派からすれば大きなお世話。
指輪、靴、男性防具、女性防具も落としやすい敵が存在するので、これらが目当てのときはそいつらを狩る。
6人分必要なら、そいつらを6倍狩るだけの話で、全ザコ敵で優先設定にする必要などない。
これにイラついたやり込みプレイヤーは多かったのではなかろうか。
 ドロップ自体にここまで問題があるのに、ドロップしたものに目当てのスキルがついてない可能性も、
当然あるのである(もちろんノルミンダブルを使っても)。
どれほど面倒か、やってみた人なら同意していただけると思う。
 更に装備品を大量に持っていると敵が装備品をドロップする確率が減る。これもセンスがない。
セーブデータの容量上、所持数の限界があるのはわかる。
ならその上限に達する、または近くなったら警告メッセージを出すだけで済むのに、
やり込みユーザーの手間を増やすだけの余計な設定である。
しかもどれくらい所持したらどれくらい落ちるのか、一切説明ナシ。攻略本すらノータッチで解析放棄。
 そして、センスの無さの最たるものが、苦労して集めたスキルの揃った装備品は、
クリア時に装備していたものしか次周に持ち込めない。
というもの。ごく一部しか引継ぎできないのである。
 これら数々のセンスのない設定によってやり込みの労力が上がり、価値が激減してしまっているのだ。
ここらへんの調整をした人の製作者的センスを疑わずにはいられない。

・まとめ
 以上のように不満点が多々あってよい点が霞んでいる残念な出来でした。
さんざん書きましたが「製作者の力量やセンスが悪くなっている」のが一番の問題。
これはバンナムに限ったことじゃないですがね。
 ただ、バンナムは過去に得たシリーズの人気の上に胡坐をかいて、
中身をよいものにしようという努力が感じられません。
こんな状態で切り売りDLCやれば、より少ない労力でユーザーからお金を巻き上げることばっか考えてる
と評価されるのも当然です。(目先の利益優先)
 この前のTOXやTOX2も評判がよくなかったようですが…
スタッフが代替わりしたのか?それともプロデューサーやディレクターが悪いのか?
とりあえず、今のスタッフの力量や態度じゃ、過去作で集めたファンの期待に応えられる作品は作れない
ということは、この1作だけでもよく解りました。
間違っても集まったファンが過剰な要求でハードルを上げているわけではない。
スタッフが自分達で過去作と比べてみて、本心から自信を持って、より面白いものができたと言えるのか?
本心から言えないのであれば、最高傑作とウソの宣伝をしたことになります。
本心から言えるのであれば、製作者とユーザーの感覚の乖離が凄まじすぎます。
どっちにしても大問題です。

ああ、RPGが面白かった頃が懐かしい。
不景気で利益優先に変質したゲーム業界からは、もう名作と呼ばれるほどのRPGは出ないのだろうか。
0コメント| 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月12日
一回一回、ザコとの戦闘に時間がかかる。ボス戦ならともかく
難易度ハード以上の真ラスボスについてはいかに、一撃死を逃れるだけだし

ヒロイン詐欺は、アリーシャ離脱に加え
アリーシャの衣装(有料DLC)はロゼに使え
ロゼの衣装(有料DLC)はアリーシャに使えるとしたが、それなら最初から説明して出せ。ロゼの事にはほとんど触れなかったのに。
馬場Pは炎上してからロゼをメインヒロインと紹介したが
スマホゲームのアスタリアではアリーシャがTOZのメインヒロインと説明があるばかりで、バラバラ統一性無し
(というか馬場Pの説明以外ほとんどアリーシャがヒロインって書いてあるのだが)

アフターエピソード
アフターエピソードが205MBで内容スカスカ、ザコと戦わなければ1時間半くらいで終了。
敵は裏ダンのザコの使いまわし
神依化できないアリーシャは難易度上げると、フルボッコ
シナリオは上記で書いたように制作者のロゼage感がすごい!
1300円で売られて信じられないの一言
0コメント| 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月5日
バンナムは、低評価なのを知ってか知らずかPS4/PS3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア Welcome Price!!』を2016/7月7日に発売するらしい。
PS4のパッケージ版が3,800円+税、ダウンロード版が3,400円+税。PS3のダウンロード版が3,400円+税。
2015年1月22日に発売されたPS3『テイルズ オブ ゼスティリア』と「同じ」内容となっており、映像作品『テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~』は収録されておらず・・・当然、追加有料DLCも含まれない様です。普通のメーカーは全DLC含むとすると思うのですが・・・さすが悪評高いバンナムといったところでしょうか。

PS4ユーザーの皆様は騙されることなく情報を収集してよく吟味して購入することをお勧めします。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月5日
バトル開発陣さん、馬場さん、よ〜く目を通して見てください。
ストーリーについては、まぁどうでもいいので、主にバトル関連やその他について、ひとまず簡単に。
っとその前に、ユーザー様に一言。
今後は、テイルズは本当に新品で買うのは辞めた方がいいですよ。

『良かった点』

・新規のモンスターに対して仲間が説明するのは、素晴らしかったですね。

・音楽、いや、素晴らしいですね。ただ、システムやストーリーが泥を塗ってしまいましたね。残念。

・サポートタレントや地の主は良かったですよ。

・バトルで良かったのは、まぁ、あまりありませんが、神依時の爽快感ですかね。ただし、威力をもう少し弱めて、四人戦闘にして、バランス調整するのが本来のテイルズでしょう。

・チャット時に、たまに各キャラのイラストが出るのは良かったですね。



『良くなかった点』

レイス等の敵の詠唱キャラと接近タイプの敵キャラの強さの差がありすぎて、バトルの開発陣は本当に自分でやってみましたか?
商品をお客様に提供する訳ですから、仕事サボらずしっかりやってバランスを調整しましょう。

・武具のイラストがないのは、残念。イラストも武具それぞれの個性を引き出す大切な要素ですよ、馬場さん。武具も生きています。それに、イラストをこれまで描いて下さった方の敬意もない。

・セーブポイント間のガルドはいらないですよね、完全に。ガルドがかかる意味が解りません。

・4連携制限にする必要はないですよ、バトル開発陣さん、馬場さん。

・敵がプレイヤーを無視して、無防備な仲間AIを攻撃するようにプログラムされてますが、テイルズの敵はもう少し実際の動物のような思考で良いと思いますよ。

仮に実際のライオンが目の前にナイフを持った人間が居て、少し離れた所に弓矢の人間が居たら、ライオンは必ず近くのナイフを持った人間を捕らえますから。

開発陣や馬場さんが、プレイヤーを困らせたい、プレイヤーに今作は敵が強かったでしょ?って伝えたいのは解りますが、プレイヤーが攻撃してるのに、敵がプレイヤーを無視して、無防備にプログラムされてる仲間のAIを攻撃するように仕向けてるのは、やり過ぎでしょう。
仲間AIは防御しないようにプログラムされてる訳ですから。

・状態異常も、HPが回復できないとか、やり過ぎかな。開発陣と馬場さんが状態異常になってしまいましたね。
難易度を高くするって、そういう事じゃないんですよ。

・バトルシステムや融合の説明ですが、石碑やチャットでいちいちシステムを強制的に説明されるのは、私はまだいいが、他の方ははっきりいって面倒だと感じますよ。

ましてや、テイルズは女性ファンも多ですから。
ごちゃごちゃシステムについて、うるさすぎ。

・神依化時に二人で戦闘はちょっとね。

テイルズはやっぱり、仲間が4人居てこそ皆で戦ってるな感が実感できますよね。

神依化時も、神依化時の威力を弱めてでも、他の二人の天族が戦闘に参加出来るように開発するのがテイルズでしょ。原点(基盤)を忘れちゃいけませんね。

というわけで、まだまだありますが、ひとまずこれぐらいにしまして、今後は過去作の長所を伸ばす開発をしてください。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月6日
多分まだ下がると思うので、ワンコインで買えるまで待ってやるべき。
それでも後悔してしまう可能性はあるが、痛手は低い。
0コメント| 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月16日
一言で言えば。「お察しくださいゲーム」です。ただし、察しようにも、察するために必要な描写や説明が皆無。プレイヤーおいてけぼりくらいます。あえて描写しなかったとプロデューサーさんは仰られてるようですが・・・
ゼスティリアは内輪向けのゲームなんですか?と問いたいレベルです。一緒に製作していたスタッフには説明しなくても通じるかもしれません。でもユーザーに「お察しください」は通じません。その場にはいませんから。

今まで、テイルズシリーズは予約してましたが、今後は、出てから、しばらくは様子を見ようと思います。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥5,460-¥173,025
¥3,072