Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.437
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月25日
Inateck様提供のサンプルによるレビューです。

HDD別売りのHDDケース初めてだったのですが、取り扱いは全く難しくなかったですね。写真1のようにHDDを挿せば良いだけだった。手順としては:

1. HDDを基盤に挿す
2. ケースに収めてネジを締める(ドライバーも付属してる)
3. USBでPCに繋げる

簡単に言えばこれだけのことなのです。もちろんACやスイッチのこともありますよ。これは既にフォーマット済みのものだからこれ以上は何もせずにこちらの利用環境ではホットスワップ対応だからすぐに認識してくれたが、未使用HDDならばここでさらに初期化作業が必要ですね。

気をつけなきゃいけないと思ったのは、インジケータの位置ですね。(写真2) 横にあります。2つあって上の方はスイッチのON/OFFをしめすもので、下の方はOSの方で安全に外すというのを選択したあとにに青く光ってくれました。アクセスランプですね。

ざっとこのくらいではないかと思います。ネジを締める経験があるならば誰も問題なく扱えますよ。そのくらい簡単な扱いでOKです。

ケースについては、両端は黒いプラスチックですが、胴は1mm厚のアルミヘアライン加工で黒の塗装です。渋い入れ物という印象を持ちました。1mm厚もあるのでちょっとやそっとでは凹まないと思います。下面には4つの足がついていますが、剥がれた時の予備2つも付属していますね。この足の張り方は対称性が少し崩れてるために若干雑な張り方に思うけど、目立たないところでもあるし貼り直しもできるから、大きく気になるところではないですね。ヘアライン加工ですが、手の痕も意外と目立ちやすいですね。これは光沢のある質感のための仕方ないかもしれません。

3.5inchが入るようなHDDケースだからそこそこ大きいですが、手持ちのケース入りHDD(3.5インチが入ってるWDのもの)のものと比べるとコンパクトな方に思えます。2.5インチが入ってるポータブルHDDよりは大きめかなという印象です。

説明書は英文のみが添付されていますが、担当の方に質問すると、日本語の説明書は別途配布ということのようです。
review image review image review image
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月22日
チャラいケースが多い価格帯の中ではシッカリとした作りです。
3.5インチ7200rpmのHDDをUSB3.0で接続して小一時間ほどコピーを繰り返したところ、室温23℃の環境でアルミケースの温度は37〜38℃、人肌+αでした。USB2.0で接続の場合は、単位時間あたりの仕事量が減るため更に低い発熱です。
しかしアルミの部分はケースの殻に過ぎず、HDDとはほとんど接触していないため、ケース内の熱気で温まっているのであってHDDの温度ではありません。
組み立てるときに、HDDが左右均等にまっすぐに入っているのかを確認するために、HDDを入れる面と反対側のプラスチックを外してみたところ、そちら側のアルミケースの端は面取りがなされておらず、鋭利なままの断面で手の皮膚を切りました。省けるコストは省くという作り方のようです。
転送速度はHDD(SATA 6Gbps)の場合で、SATA2のケースで使用してしたときとほぼ同じでした、速度アップはありません。
ブラックのヘアラインは古臭いけど、とりあえずの収納目的ならコスパ的に優れたケースだと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
本体サイズ 約 190mm×115mm33mm です。
3.5インチも併用できるため、そこそこ大きめな印象を持ちましたが、本体自体は軽いです。(約255g)

デザインはシンプルで良し。アルミ製で放熱性があります。主張しすぎないロゴもグッド。
背面部分も分かり易いボタン配置に電源ボタンマークなど良く考えられています。
端子部分も丁寧な造りがされており、電源ボタンもほどよい固さで誤動作防止に役立つと思いました。
本体底面には滑り止めが4か所配置。それぞれが直径2mmあるため、ずれる心配がありません。

2.5インチ、3.5インチそれぞれのHDDをいれて動作確認。
無事接続でき、PCがしっかりと認識してくれたので良かったです。
また、PC接続時の際のHDDが使用可能になるまでの時間も早く、時短になりました。
USB3.0の転送速度についても問題ありませんでした。

本体付属物はアダプタ、USB3.0ケーブル、取扱説明書、ドライバー、滑り止めゴム、ネジの予備があります。
説明書は英語のみ。簡単な英語に見易い図が添付されていますので問題ないかと。
また、ミニドライバーに滑り止めゴムの予備まで付いているのは素晴らしいと思いました。

私みたいな心配性にとって、放熱を考えて裸のHDDを使うのはちょっと・・・と思っているのでこの手の頑丈なケースは必要不可欠。
全体的にしっかりとした作りとなっており、強固な滑り止めも付いているため長く多岐に渡り活躍してくれるであろうHDDケースでした。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月2日
製品じたいは価格を考えると安っぽさがなく、放熱性も良さそうで、機能的には特に注文はありません。HDDは一応ネジで固定するようになっていますが蓋側のみしか固定できないので装着後振ると(そんなことはあえてする必要はありませんが)微妙に中でHDDが動きます。気になる人は小さなクッションを差し込むなどして工夫すれば良いと思いますので問題というほどではありません。

この商品は前面蓋側の穴にネジを通してシャーシ側のネジ穴に締め込んで固定するものですが、到着した品物は片側の受け側ネジ穴が、ネジを半分まで差し込まないと溝が噛み合いませんでした(反対側はネジ穴入り口から噛み合う)。その状態だとネジの長さが足りず、結果的にネジを締めることができない状態でしたので不良品として返品しました。再注文で届いたものは問題ありませんでした。

たまたま不具合品に当たったからといって製品そのものの評価を「最低」にするつもりはありませんが、一度でも組み立てテストをしていればこのような事態は避けることができたでしょう。工作精度が微妙なのと、出荷時にテストをしていないであろうことを考えると、急ぎで使いたい人には不安なしとは言えないと思いますので★をひとつ減点させていただきます。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
UASP超高速データ転送モードに対応したケースです。

SATA I/II/IIIインターフェス付きのドライブなので、
HDDもSSDでも装着可能。

まずはベンチマークの結果から

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 Shizuku Edition (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : [...]
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 96.111 MB/s
Sequential Write : 83.665 MB/s
Random Read 512KB : 33.608 MB/s
Random Write 512KB : 45.804 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.481 MB/s [ 117.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.824 MB/s [ 201.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.515 MB/s [ 125.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.716 MB/s [ 174.7 IOPS]

Test : 1000 MB [G: 0.0% (0.1/465.8 GB)] (x5)
Date : 2015/04/27 14:56:05
OS : Windows 7 Home Premium SP1 [6.1 Build 7601] (x86)

__________________________________

win7でこの結果ですと、十分早いですね。

HDDの取り付けも、さすだけ。
それをケースに入れて、ネジ2本で止めるだけ。
という簡単なものなので、古いHDDなど、入れ替えるだけで高速データ転送が可能になりますよ。

win8なら、UASP超高速データ転送でき、もっと速度があがるので
PCの買い替えが今から楽しみです。
(間もなく買い替え予定)

今時のHDDケースには、ワンタッチではめ込むケースがありますが
本品のようにネジで止めるものを私は好みます。

というのも、そう何度も、交換するものでありませんし
たったネジ2本なので、それでしっかりと安定してくれるのであれば
そのほうがいいですね。

アルミボディーで耐久性・放熱性に優れ、UASP超高速データ転送モードに対応していて
この価格ですから☆5つです!
review image review image review image review image review image review image
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
UASP×新チップセットASM1153EのUSB3.0の外付けケース。まず、UASPだが他のレビューアの方もあまり触れていないようなので、カンタンに触れておくと、USB Attached SCSI Protocolの略で、コンピュータと外付けハードディスクなどの接続に使われていたSCSIの通信プロトコルをUSBで利用できるようにしたものです。昔からのユーザはSCSIと聞いて懐かしく感じる方も多いと思います。SCSIはSmall Computer System Interfaceの略でコンピュータの周辺機器を繋ぐ、USB以前の標準だったものです。

これに新チップセットASM1153Eが加わったのがこのHDDケースです。これと、『WD 内蔵HDD Green 6TB 3.5inch SATA3.0(SATA 6 Gb/s) 64MB Inteilipower WD60EZRX』を組み合わせて使ってみました。

ぼくの場合、現在iTunesライブラリにアルバム48,000枚(56万曲)を保有していて、これをこの外付け6TBHDDに入れて使用しているのですが、このケースに入れて使用して、その速度に驚きました。設置は極めてカンタンです。小型のドライバまで付属していて、至れり尽くせりです。

USB3.0を使用していて大量にデータを動かしている方にオススメです。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月19日
3.5インチHDDはもちろん2.5インチも使えるので、中身を入れっぱなしで外付けHDD用と言うよりその都度中身を入れ替えて使ってます。
箱の作りもしっかりしていて転送速度も早いのでとても便利。
残念だったことを一つ上げればLEDランプが結構無理矢理な位置にあるので、うまく逃してあげないとプラスティックの蓋が干渉してしまい若干のズレがありました。(まあちょちょいっとLEDをずらして位置を直せばどこも干渉しなくなるので問題ないです)
新品のHDDやSSDのフォーマットやクローン作成時。 中身を入れ替えて外部バックアップ用HDDにと大活躍しております。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月26日
下記レビューを投稿したあとカスタマーサポートより謝罪と「交換品を送ります。」とメールが届きました。
せっかく送って頂けるという事と、そのままじゃサポートに悪いなと思い再レビューしてみます。

今回は開封後すぐにプラパネルが外れるといったことはなし。ちょっとぐらぐらしてるのは気になりますが
前回はくっつく気が全く無かった状態だったので良いのかな。
引き出しも力入れず引き抜けましたし、その他外装部分に前回の不良部分は見受けられず。
これが本当の姿だったかーとちょっと納得。
ここは良いなと思ったのはゴム足のおかげで平置きが非常に安定しているところ。ぴったり置けます。

性能については前回100%アクセスになったときと全く同じ環境とHDDで実験。
今回は、100%アクセスにならず今のところきちんと動作しています。
参考までに結果を画像で貼っておきます。使用HDD:WD20EARS(2.0TB)

総評ですが、外付けUSB3.0HDDとしてきっちり速度が出ています。
ただお値段相当の工作精度の悪さが所々見えますので(前回はひどすぎた)
そこには目をつぶれば良いかもしれません。

値段と性能のバランスより4点ぐらいかなと思いますが、いろいろ手間暇かかった分で3点にしました。

==== 以下、前レビュー ====
届いてあけたらまず引き出し側のプラパネルが外れた。中の引き出し金具の上のカバーとしてのプラパネルなのに役目を果たしていない。
パネルは最後ねじ止めのときだけだけ固定なのかな???
他にもよくよく見てみると電源スイッチ部分は斜めにずれている。これ、プラパネルの部分から顔だすにも斜めで引っかかるよねー・・・

ともかく、まずは使ってみようとして基板を引き出そうとするがなんかがっちりはまっていて引き出せない・・・
かなりかなり力を入れてようやく無理矢理引き出す。これ梱包時にいったいどういれたのだ???

・・・・・ま、まあ、外装の話なんでちゃんと使えればよいかとこの時まで思っていましたが・・・・

実際にWindows10+USB3.0で使用開始・・・・あれ?応答が返ってこない。しばらくしてI/Oエラー。
タスクマネージャーで監視するとディスクアクセス100%にびったりひっついて離れない。
HDD自体は寸前まで内蔵で使用していたもので問題ない。

あー・・・うんもうだめだ。中も外も全く使えない。ということで返品決定。あと二度とこのメーカーは使わないことも決定です。
review image review image
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月28日
WD Blueの2TBを積んでMac mini 2014(Fusion DriveとOSはEl Capitan)にて運用中。
電源を入れた状態でMacを起動すると若干もたつくので、現在では起動した後に電源を入れるようにしております。
...起動時に外部ストレージを読みに行くのかな?

データの読み書きに関しては全くストレスありません。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月22日
ちょっと前から気になっていた製品が、タイムセールで1000円引きだったので思わずポチッ☆っと。
Inateck とはドイツの周辺機器メーカー「F&M社」のブランドで、2013年に日本支社を創立して事業を開始したそうな。セールでなくても比較的安価なので、もしかして中華製?と疑っていたけど、ドイツのブランドと知り、まずはひと安心(笑)。

商品が届いて開封すると、価格の割に高級感のあるヘアライン加工されたアルミ製の本体がなかなか良い感じ。ロゴ面を上に向けて横置きにするのが推奨のようで、裏面の四隅には滑り止めラバーパッドが貼り付け済み。
※この場合はケーブルが右側に出る事になり、通電/アクセスランプ(共にLED)は右手前の角になります。

HDDケース本体の他に、ACアダプタと取扱説明書が付属するのは当たり前ですが、この製品には USB3.0ケーブル(1m)と、予備ラバーパット(2個)、予備HDD取付け用ねじ(2個)、予備本体固定用ねじ(2個)、さらにスクリュードライバーまで付いてます。

惜しいのは、取扱説明書が英語・独語版なこと。しかしシンプルながらも丁寧な図解のおかげで、文面が読めなくても(笑)肝心のHDDの組込みには、全く問題ありません。メーカーサイトから日本語版の取扱説明書もダウンロード出来ます。残念なのは、添付のケーブルが Made in China だった事と、取扱説明書(PDF)の日本語訳が中華製品レベルだった事(爆)。

Windows Vista 機で使用していた USB2.0外付けHDD があるのですが、さすがにデータの転送速度が遅くて。
これを現用の Windows 10 機でも快適に使う為に、HDDケースの入れ替えを思い立ったワケです。
元は Logitec製 LHD-EN2000U2Wです。2TBのHDD(WD GreenPower / WD20EARS-00MVWB0)を内蔵しています。WD20EARSは、SATA2(理論値3Gbps/実効速度300MB/s)で、LHD-EN2000U2W が内部基板で SATA2 から USB2.0 に変換して、PCと接続します。

これを Inateck FE3001 を使用して UASP(USB Attached SCSI Protocol)モードで接続させようと思います。
UASPとは、SCSIの通信プロトコルをUSBで利用するもので、通常のUSB機器として接続するより高速にデータ転送が出来ます。そもそも、HDD自体の転送速度は SATA2 規格でも充分に余裕があるので、今回は、USB → UASP への変更が主題となります。

さて。LHD-EN2000U2W から HDD (WD20EARS) を取り出して、Inateck FE3001 に組み込みます。
手順は至って簡単で、HDD の SATA 電源端子/データ端子を、FE3001 の内部クレードルの基板に差し込みます。次に、クレードルのレール部分と HDD の側面をねじ止め固定して、それを FE3001 の外殻に差し込んで、ねじ止めすれば終わり。あとは、FE3001 の電源ケーブルと USB3.0 ケーブルを接続すれば使用できます。ケースには ON/OFF スイッチも付いてます。

結果は、CrystalDiskMark 4.1.0 で確認したところ、シーケンシャルリードがほぼ3倍にスピードアップしました。手持ちの USB3.0外付けHDD(Logitec製 LHD-EN2000U3WR - 2TB WD Red WD20EFRX内蔵)と比較しても遜色ありません。また、アルミケースが効いているのか、室温等同条件下で動作時のHDD温度も以前より3~5℃くらい低くなりました。

ちなみに、PC の USB端子に直付けでも、USB3.0ハブを使用しても、速度は誤差の範囲内でほぼ同じでした。
*使用したハブは、サンワサプライ 4ポートUSB3.0ハブ 個別スイッチ付き ブラック USB-HAS410BK です。
---
Inateck FE3001 は、比較的安価にも関わらず、素晴らしい性能を発揮してくれました。
他にも、WD Green WD20EARX を内蔵する LHD-EN2000U2W が2台あるので、こちらも換装してみたくなりました。Inateck HDD/SSDスタンド|USB3.0接続|2.5 インチ、3.5インチHDD/SSD SATA(SATA-I/II/III) |UASP対応|優れた放熱性|工具不要|最大6TBサポート も魅力的なので、迷ってしまいますが(笑)。
お気に入りのブランドになりました。

※画像は(少し解り難いですが)J:1% が USB2.0接続(WD20EARS)、J:0% が UASP接続(WD20EARS)、P:71% が USB3.0接続(WD20EFRX)
review image review image review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)