Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4106
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2015年5月25日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
普通の扇風機に寝るときに便利な機能がついている感じです。

うちわ風と銘打たれている微風は、やさしくもムラなく風を送ってくれて、うちわより遥かに滑らかでいい風だと思います。風が得意でなかったり、飛ばされそうなものがある環境だったりでも使いやすいです。

おやすみタイマーとして、ふつうのタイマーだけでなくフェードアウトさせていく機能も便利です。リモコンの受信音や電光掲示を消せるなど、普段の使いやすさを持たせつつ、就寝時の煩わしさを押さえた設計に気配りが感じられます。

このほか、ONのタイマーがついていたり、首振りの角度を45、70、90度と調整できたりします。

組み立て、分解も簡単で、箱に戻す行程も説明書に書かれていて助かります。

気になった点は、リモコンの受信角度が若干狭いことと説明書がコンパクトに詰めすぎていて見やすくないこと、トレンドかもしれませんが羽根が薄めで触れる際に若干気を使うことくらいです。普段使う分には何の問題もなく、これまでクーラーに頼ってきましたが、クーラー+微風で快適かつ省エネにもなりそうです。
0コメント|55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
 扇風機は、最近は3,000円程度の低価格のものがありますが、やはり機能や信頼感から言うと、本製品のようなものが結局はコストパフォーマンスがいいと思います。
 この製品の長所は以下のとおり多くあり、一方、目立った短所はないように思います。とても良い製品と思います。

(長所1)扇風機としての(風を送るという)基本性能がきちんとしている
〇 風量が4段階で調節できる。
  私にとっては、最弱の風が静かで心地よく感じられ、これまで使用していた扇風機ではこんなやさしい風は出せなかったのでうれしかったです。女性の方など、「暑いけど、長時間強い風にあたるのは寒い・冷える」という場合や、「冷房を入れているが扇風機併用で冷房温度を高めに設定」の場合などは良い風量と思います。
〇 なお、風量(4段階)以外にも、「リズム風」という風量が一定しない、自然を模した機能もありますが、私の場合は、何か落ち着かなく感じて好きではありません。(これは人の好みによると思います。)

2 快適な使用感
〇 使用時の音は、扇風機ですのでそれなりの音がしますが、モーター音は静かで滑らかな回転であり、「5枚羽根」で安定した使用感です。
〇 左右の首振りの角度が3段階(45度、70度、90度)から選択できます。
〇 前面にある表示パネルは縦一列の整然とした表示で見やすく統一感があります。一方、就寝時など表示が不要なときは明るさを暗くできます。また、操作時の「ピッ」という音を消す設定にもできます。
〇 リモコンで、ほとんどの機能(首振りを含む)が操作できます。また、本体部の操作ボタンは、「切・入」「風量」「首振り」の3つの頻繁に使うボタンが大きくできており、使いやすいです。

3 その他
〇 タイマーは「入タイマー」と「切タイマー」の両方を同時に設定できます。たとえば寝るときには、就寝時(切)・起床時(入)を同時に設定できて便利です。
〇 タイマーとは別に、「おやすみ運転」(20分ごとに風量を下げていく設定)もあります。これは、寝るときだけでなく、帰宅時のように強風量から徐々に風量を下げていきたい場合にも使えると思います。
〇 収納箱は、69cm×38cm×16.5cmのコンパクトサイズです。最近の扇風機はこの程度のサイズが多いですが、昔の扇風機を使っておられる方にとっては、特に厚さ16.5cmの箱サイズは小さく感じられ、収納スペースが小さく感じると思います。
0コメント|91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年7月13日
★この製品に惹かれたところ、

・3段階の首振り角度調整と、そのON/OFFがリモコンで操作できるところです。

ソファーに横になって扇風機をかける場合、体のどこに風を当てるかが重要です。その位置を調整するために何度もソファーから起き上がって扇風機の首の向きを調整するのは面倒です。この製品は首振り中にリモコンで首振りOFFにすると、ピタリと首振りを止めて停止します。さすがに再度ONにして微調整して直ぐ止める事まではできませんが、立ち上がらなくてもリモコンだけで十分調整できます。

また3段階の首振り角度も、45度、75度、90度と他社と比べて狭い方にシフトしていて、特に45度がソファーに横になって扇風機をかける場合に、頭から足の先まで無駄なく風を送れて快適です。

大体、90度とか100度とかの広範囲の首振りは、大勢の人がエアコンがない部屋にいる様な状況以外では、現在使い道がないのではないでしょうか。45度以下の狭い範囲の首振りなら、今まで扇風機の首振り機能を余り使わなかった人でも、便利に感じると思います。

★購入後に良いと感じたところ、

・リズムモードにひと工夫あります。

この製品の運転モードの「リズム」は、一般的な毎回同じリズム(風の強弱の繰り返し)ではなく、ランダムで乱数的なリズムとなっていますので飽きることが無く、より自然な風を感じることができます。また風量切替は4段階で、全ての段階でその段階に応じたリズム運転が可能です。この製品では微風のところに微風と一緒に「うちわ風」と書いてありますが、微風(うちわ風)はただの微風で、他社と同様の最弱な風なだけです。微風または弱の風にリズムモード、更には45度の首振りを加えると、まさに窓から入り込む自然なそよ風を感じることができます。ソファーに横になって、頭からつま先までこの風を浴びると実に心地良く、まさにパラダイスです。

・95cmの高い全高が意外と使いやすい。

例えばソファーの前の低いテーブル越しに扇風機をかける場合、テーブルの上にノートパソコンやボトル等の背の高い物が載っていると風が遮られてしまいますが、この扇風機の高さなら問題ありません。家には4台扇風機がありますが、この製品だけが飛びぬけて高いです(その分、安定感を出す為か、ベース部分の直径も大きめで、低くした場合の高さも他社より高めです)。

また、一般的なテーブル(またはデスク)と椅子の組み合わせでも、この製品の高さならテーブルの上と下の両方に風を送れます。私はキッチンで使用する場合は、扇風機を台の上に載せてテーブルの上下に風が行くようにしてたのですが、この製品では台は不要でした。

・4段階の風量切替。

一般的には3段階の風量切替で十分で、「弱」の風量が「微風」程度に弱い風であれば良いと思っていたのですが、「微風」(または弱)より強い風が2段階しかないのと3段階あるのでは大きな違いですね。少し離れた距離からの「微風」より1つ上の「弱」の風も心地よいです。

以上だけでも十分お勧めできます。DCモーターに拘らない方なら、何の不満もないでしょう。実売価格1万円以上の機種に匹敵する機能が、この価格で買えるのなら文句なしです。この製品がDCモーター搭載なら今年№1でしょう。私はもう一台扇風機が必要となったら、現時点ではこの製品を追加で購入します。

■以下は、このレビューの続きで、長い文章になります。

短いレビューでは物足りない人や、もっと詳しく知りたい人、時間に余裕のある人だけ読んで下さい。

★購入後に良いと感じたところ、の続き、

・運転表示が支柱部分に表示されて見やすいです。

本体の操作ボタンは他機種と同様、本体のベース部分にあるのですが、表示パネルは支柱部分に縦に並んでいて、ベッドやソファーの低い位置からでも確認しやすくなっています。

・切タイマーと入タイマーの同時セットが可能です。

私は就寝時に扇風機をかける時は必ず切タイマーをセットします。温度を管理するエアコンと違いON/OFFだけの扇風機の場合、明け方冷え込んだ時に扇風機がついたままだと間違いなく風邪をひくからです。扇風機の切タイマーは必需品でも入タイマーは不要と思っていたのですが、人によっては夜勤明けで、朝寝て昼起きる人もいるので必要な方もいるのでしょうね。また入る切るの同時セットも可能で、2時間後に一旦切って4時間後に再度入れることも可能です。誤作動が起きないか、試しに現在運転しながら2時間後に切る設定をして、その切る前の今から1時間後に入れるという間違った設定をしようとしたところ、入タイマーは4時間後か6時間後でしか設定できませんでした。この製品にはマイコンか集積回路が使われていて、ちゃんと演算して制御されているようです。

また残り時間の減算表示も行われます。2時間後に切タイマーをセットしたら切タイマー表示は2時間、その後1時間経過すると切タイマー表示は1時間に変わります。リズムモードのランダムな風量制御といい、結構おりこうさんです。

・配送の為の化粧っけのない段ボール箱が、本製品の収納箱になります。

季節家電ですので使わない時は仕舞い込むことになります。他の製品でも本製品と同様に手軽に分解して省スペースで保管できるのですが、分解して収納するのに丁度良い形や大きさの箱がないのですね。故に、余り分解してまで収納する人はいませんでした。本製品では通常は配送の為に使うダンボール箱を、分解して収納するのに適した縦横の比率に変えてコンパクトな収納箱にしてあります。これは意外なアイデアでした。

★やや気になる点、

・本体下部、ベース部分が大きくて場所をとります。

本製品は他の製品と比べて最大全高が高いのですが、その際の安定性を出すためでしょう。ベース部分の直径は36cmで他社製より2cm大きい程度ですが、一回り大きく感じます。使用中は気になりませんが、使用外の保管期間はやはり背の高さもありますので邪魔になります。そこで考え出されたのが分解収納の収納箱ではないでしょうか。

・本体下部、ベース部分の縁が高く、足がつまづきます。

縁の高さは低い所で3cm、高い所では4cmを超えて、はっきりとした段差となっています。縁のデザインは通常は人がつまずかないように低くしといて、本体中央に行くに従い徐々に高くしてゆくのですが、この製品では縁が切り立った崖のようになっています。これではヨチヨチ歩きの子供はつまずいて前に転び、指先を扇風機の網の隙間から差し込んでプロペラで怪我をしてしまいそうです。

そこで考えられたのが「指が入りにくい保護リング付ガード」ではないでしょうか。一般的な他社製品では網の隙間から指を押し込むと網が曲がって隙間が広がり、指が押し込めてしまいますが、本製品ではこのガードのおかげで他社製品と同じ網の隙間幅でも網が広がらずに、指が入りにくくなっています。

しかし何でそうまでして、本体ベースの縁を高くしたのか?。唯一のメリットはロボット掃除機のルンバなどです。ルンバのセンサーは高い縁に当たると、縁を段差として感知しますので、扇風機に乗り上げることなくバックするでしょう。他社製品のように縁が低くいものでは、人はつまずきませんが、ルンバが乗り上げて扇風機のスイッチを間違って押してしまいます。

★少し残念な点、

・一流メーカーの製品ですが、プロペラやモーターの精度は価格相応です。

購入する前に一番心配だったのが、プロペラやモーターの精度です。異音がしたり振動が出るのは、プロペラでは歪みや芯ズレ、重量バランスの悪さが振動の原因になります。モーターではさすがに安物でもシャフトが曲がっているものはありませんが、シャフトに打ち込んであるプロペラを止めるピンの平行度がずれているものが多く、そういうものに当たるとプロペラが傾いて付いてしまいます。そして安価な製品では大抵はプロペラが歪んだり芯ズレしていたり、重量バランスもでたらめで、更にはシャフトのピンの平行がずれていたりして、回転中のプロペラの縁は波打って見えます。

本製品でも精度は悪く、回転中のプロペラの縁は数ミリ波打って見えます。それで減点1です。リモコン付きで3千円程度で売られている扇風機よりは少しましですが、1万円以上する国産品の品質には遠く及びません。その点ではたいへん残念でがっかりしたのですが、実際には運転中に振動や異音は出ませんでした。回転中のプロペラの縁は少し波打って見えますが、プロペラが薄くて軽いせいでしょうか、または本体の剛性が低くて、しなやかに振動を吸収するのでしょうか。気になる異音や振動はありませんでした。それさえなければ運転音は僅かなプロペラの風切り音だけですので、実に静かです。ただしレビューでは振動や異音の報告も多いので、この精度であれば十分発生が考えられます。(2015年7月時点)

器用な方なら特別な道具が無くても、プロペラが振れずに回るように取り付けネジの締め加減を変えてみたり、厚紙やテープを挟んでズレを補正してプロペラの平行を出してやることも可能ですが、分解収納するたびに調整し直すのも面倒ですね。私が一昨年購入したリモコン付きで3千円の格安の海外生産品はプロペラの芯がズレていて、フローリングの床の上に置いて使用すると全体がガタガタ振動する程の低品質の製品でしたが、それでも座布団の上に置いたり自分でプロペラのネジの締め加減を調整したりして、何とか就寝時でも使用できる程度に収まりました。今回、同じ苦労はしたくないので、多少値段は高くても信頼のおけるメーカー品にしたのですが、結果的にはセーフでした。

★結論

DCモーターがはやりのようですが、本製品の消費電力も「弱」や「微風」では実測20W程度です。面白いのは「弱」よりも「微風」の方が、実際の消費電力は少し上がります。 この辺が回転制御に有利なDCモーターとの違いですね。DCモーターの「微風」なら10W程度でしょう。私の場合、大電力を消費するエアコンとの消費電力の比較なら意味を感じますが、扇風機同士の20Wと10Wの違いは全く気になりませんでした。それより本製品の意外な使いやすさや設計思想に共感を覚え、この価格でこの製品が買えるなら、もう1台買って古いのと取替えても良いと思いました。古い扇風機はただの微風の風が続けて出るだけですが、こちらの風はリズムモードで微風にして45度の首振りをさせると、全く異なる自然な風になります。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月25日
他メーカのものに比べ、価格相当のものとしてほぼ満足しています。しかしながら以前購入したHEF-60Rには劣ると感じるのは何故でしょう?
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月2日
お値段・操作性は良いが首振りがスムーズでなく(他メーカーと比べて)日立製(製造は今どきの中国)なのに残念
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月4日
組み立て式なので、冬場にはコンパクトに収納できる点がいいですね。微風でリズムオンにすると、本当にうちわで送られた風にあたっている程度の風量をランダムにコントロールするので、暑ぐるしい熱帯夜には最適です。概ね満足してますが、あえて挙げるのであれば、リモコンが反応する範囲がもうちょっと広ければ、と思いました。ベッドルームにおいてあるのですが、ベッドから寝転がったままだと、高さのせいか、反応があまりよろしくない感じでした。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月15日
安い商品は他にもたくさんありますが、食品問題でもあるように、安かろう悪かろうだと考えて日立に。
これら国産メーカーの商品も諸外国で安く生産したものが多いですが、一定の品質を保った設計、検査を安心、安全料として選びました。
商品の機能としては不満なく使っています。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月1日
昨年の夏に前モデルのHEF-90Rを購入して良かったのでHEF-100Rを今回購入しました。
機能・デザインは昨年とほぼ変わりませんでしたが、今回モーターからのキィーンという異音が気になり商品の交換を依頼しました。
交換品からも同様の異音が聞こえたので他の購入者の方がレビューに書かれているように外れの製品に当たったのかもしれません。
取扱い説明書にも書かれていますがメーカーさんがどのくらいの異音なら許容範囲と考えているのか教えてもらいたい気分です。
日立製ということで製品の品質を信用して購入を決めましたが裏切られた感じです。(値段が安いから品質も相当品)
今後、日立の扇風機を購入することはないでしょう
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月11日
エアコンのスリープとあわせて使用しています。
リズミカルな風量機能により、いい感じで眠れます。
扇風機も随分と進化しましたね。
コスパもいいと思います。
満足のいく一品でした。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月11日
組立タイプでしたが慣れている男性で5分、慣れていない女性でも15分~20分もあれば組み立てられるでしょう(私は10分程度かけて組み立てました)。DCモーターが流行りですが、省電力といっても消費電力が半分以下になったところでもともと消費電力が少ないですので、それほど電気代は変わらず、本体の価格差はペイできないと思いこちらを購入しました。
結果は大変満足です。騒音もそれほど感じないし、風量もこれ以上強い風や弱い風は必要性を感じませんでした。耐久性はこれからですが、いい買い物ができました。
今の家で扇風機を買ったのは初めてですが、エアコンをつけている時もサーキュレーター代わりにつけているせいか昨年の同時期より電気代が安くなっています。今年の単価は昨年より上がっているので十分効果ありですね。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)