Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
2
5つ星のうち4.5
星5つ
1
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥1,373+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月20日
(使用頻度とこの商品1つでどれほど持つか)
3/4ほど使いました。MTBにて使用しています。大体1年間に9000km走るのですが,300kmごとに洗浄注油してもまず二年以上は持ちます。値段は高く感じますが,それに見合った性能を持っているといえます。
(オイルの性質)
・高粘性のもったりしたオイルです。オイル自体は茶色いですが,チェーンに塗布すると気になりません。
・夏場の高温で玄関先においておいても気化せず(雨ざらしではない),長期間の油膜維持が特徴的です。
・100-200kmせいぜいで異音やら油膜切れのある低粘性オイルと比較して,500-600km位までは油膜切れの心配はないでしょう。

 非常に安定したオイルです。少々値は張りますが,それに見合った商品であるといえます。

(デメリットとオイルを選ぶ際の着眼点~これは蛇足です~)
 ただご存じのとおり,高粘性オイルの特性である汚れの付着しやすさも倍以上ですので,結局300kmせいぜいで駆動系の洗浄と共に再注油ということになります。洗浄のタイミングというのは,はっきり言ってどのオイルでもそこまで劇的に変わるものではないと思います。汚れはためず,落としやすい段階で落とすが鉄則だからです。
 結局用途に合っているかどうかが,オイル選びの重要なポイントになると思います。普段100kmを超えるような長距離を走る方ならばこちらのような高粘性のオイルに手を出すのがよいでしょう。また,普段の走行距離は大したことないけれども,オイルを何度もつけ直ししている時間のない人にも,この商品は向いていると思います。更にブルぺやレースなど,何が起こるかわからないような,ここぞというところでの使用にも向いているでしょう。
 逆にめったに載らない,割と普段メンテナンスの時間が取れる人ならば,より洗浄が容易な定粘性タイプを選ぶほうが賢明だといえます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月2日
十年ほど前に購入したバイク(自転車)のチェーンがあまりに汚かったので洗浄しました。
6〜7年放置プレイの自転車を復活させたのですがチェーン+ギアがあまりに汚く自転車購入後
2度目のチェーン清掃。さすがにバラすのはしんどいのでディグリーザーで清掃後、
噂のモーガンブルーをチェーン1コマ毎に注油。
いざ、試乗してみると今まできたなく砂粒ホコリによる汚れの抵抗のためモーガンブルーの良さは分からず。
残念なレビューとなってしまいました。
多分2〜3カ月後のレビューならもっと良い事が書けたかも...
でもほとんどのプロチームが使っているので品質は良いのではないかと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告