Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
54
5つ星のうち4.4
価格:¥57,667+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

Nikon COOLPIX 史上最大のズーム倍率を誇る製品です。
そのため大きさもCOOLPIX最大です。作例はチラホラとネット上に上がってきていますが、
本体の大きさがわかりにくいと思いますので手持ちのデジタル一眼レフ(NikonD7100)と
比較した映像をアップします。ちなみに、D7100に付いているレンズはAF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
です(フィルタサイズ52mm)。ちなみにCOOLPIX P900 はフィルタサイズ67mmです。
市販のプロテクタをはじめとするフィルタが取り付け可能です。もちろんフィルタを取り付けた
場合でもフィルタががたついたりすることはありません。

フードはニコン純正はありません(一眼レフカメラ用レンズのようなフードが取りつく構造には
なっていません)。必要な場合はフィルタ枠に汎用品のねじ込みフードを取り付けることになり
ますが、これだけのズーム倍率をすべてカバーすることは不可能と思われますので、使用したい
焦点距離の範囲でフードを選ぶ必要がありそうです。

大きさの比較に戻ります。D7100とCOOLPIX P900を比較するとほぼ同じ大きさであることが
わかります。また、やはりNikonの高倍率デジカメであるCOOLPIX P610と比較しても一回りから
二回り大きいです。そのため気軽にバッグに放り込んで持ち運ぼうというわけにはいきません。

ケースなどのアクセサリを選ぶ際はデジタル一眼レフの中型機相当と考えるとわかりやすいかも
しれません。ちなみに私はバッグに入れる際のインナーケースとして、
ELECOM 一眼カメラケース GRAPHGEAR イエロー DGB-S009YL
を使用しています。衝撃吸収までは難しいですが、バッグの中でほかのものと当って傷になるのを
防ぐ程度の用途であれば問題ありません。もちろんサイズもぴったりサイズです。

肝心の写りですが、これは私の拙い作例を見るよりはkakaku.comなどを見ていただければ作例が
たくさんアップされています。これまでのコンパクト機と比較しても一歩先んじているような画質
で気合が入れば土星の輪や木星のシマまで写ってしまう高性能です。VRの効きも素晴らしく、
手持ちでも最大望遠で撮影可能なシチュエーションさえあります。また、広角側も換算で24mm相当と、
これ一台であらゆる撮影に対応可能です。

欲を言えばRAWで保存できる機能や照準器を見越したアクセサリーシューなどが望まれるところでは
ありますが、現時点でも非常にコストパフォーマンスが高い機種であることは間違いありません。
review image review image
1コメント1件| 291人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月26日
最近購入しました。普段はソニーの一眼レフで撮影をしています。

最初に悪い点を挙げさせていただきます
・まずは周知の通りRAW撮影ができません。ニコンのCaptureNXという現像ソフトは優秀なのに
これが使えない(生かしきれない)のはもったいない。
・ソニーでも主力になっているEVFですが、それに比べるととてもお粗末です。
像の粗さ、小ささはもとより、ズームアップしてF値が変わると露出が追いついてない。
望遠端まで一気にズームすると一瞬画面が真っ暗になります。
・ソニーのEVFは撮影前に画面に映っている状態と、撮影結果がほぼ同じ。画面に映っているそのまま写真になると言ってもいいですが
ニコンに限らず他のライブビューは結構いい加減です。
露出補正して頑張ったのに、撮ってみると白飛びしてたりします。
それが楽しいんだと思う人なら問題ないでしょう。
・せっかくダイヤルが二個あるのに、触りやすい上面のダイヤルが無駄になっており
露出補正なんかするたびにファインダーから目を離さないといけない。
これも被写体を見失う大きな原因になります。
Aオート時に上面ダイヤルに機能を割り当てられない意味がわからない。
ぜひともファームアップで対応を期待しています。
・若干暗い場面だとピントが迷って帰ってこないことがありますがこれは暗いレンズで超望遠なので仕方ないと思います。

とまぁ残念に思ったこともいくつかありますが、このカメラはとても楽しいです。
一般的な趣味の範囲で買える一眼レフのレンズは200mmから300mm程度だと思いますが
このカメラは2000mm。それでいて広角端では24mmf2.8と普段使いにも優秀。
それなりのレンズを付けた一眼と比べると解像度は見劣りしますが、
それでも物理的に撮れないよりはよっぽどマシです。
高感度ノイズは気になりますがISO上限オートがあるので、800(or1600)以上は使わない、という対処ができます。
鬼望遠レンズって言ったって、暗いレンズじゃ手持ちでなんか撮れないじゃん。
と、思って今まで手を出せずに来ましたが、それは私の間違い。時代遅れな妄想でした。
ごく一般的な家の室内で最大望遠で手持ち撮影可能です。
息を止めて、手ぶれ補正の動きを読んで…とかなり気は使いますが。笑

シャッターチャンスを逃さないためには、一眼だとどうしても2台体制が必要ですが
このカメラがあれば最悪1台で事足りますね。
よっぽどの高感度が必要な時や、写真メインな旅行以外はこの一台でいいかなーと思えます。
今までは、コンパクトさよりも多少でも画質を優先していましたが、
2000mmという領域に来てそれがひっくり返った感があります。

この先もこういった高性能コンデジが進化をしていくなら
メインの一眼レフ選びも優先条件が変わってくるなぁと思いました。
0コメント| 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
一昨年末ぐらいに"NikonP700"が去年のGWぐらいに出るのでは?との噂がありました。
超望遠、1cm接写など、非常にハイスペックな機種との噂でしたが、結局噂のまま時間が経過していきました。

一眼ではニコン派の当方ですが、あまりに長く待たされすぎて、こらえ性の無いこともあり昨年SX60HSを買ってしまいまして、
3月上旬に衝撃のプレスリリース…待ちに待ってはいたハズなのに、もう少しガマンをしていれば…と、ショックを受けました。
ニュースサイトで見たときは"P700"のようなガセだろうと思いましたが(そう思いたかった)、
ニコンのサイトを見て愕然としました、85倍、1cm接写、噂のP700のスペックその物では無いですか、
当に夢の具現化とも言えるスペックで、何とか予算に都合をつけ購入いたしました。

ルックスは強烈です、一般向けコンデジでここまでレンズの自己主張が非常に強い機種は他に知りません。
好みの分かれる所でしょうが、まるでジオンのモビルスーツやサイクロプスのような大きな単眼が非常に個性的です。
"何かに特化した異形"感がプンプンとし、大戦末期のドイツ兵器のようなキワモノ感すらあります。
ズームすると更にその異質ブリが際だちます、普通のカメラのレンズ前に350mlのコーラの缶が付属している、そんな雰囲気です。
ルックスにキワモノ感はありますが、オールマイティーな能力を持っています。

マクロは特化はしていない物の無難に使えます。
コンデジですから風景はのっぺりとしてしまいます、味や質感という物には欠けますが、スナップ写真程度でしたら問題は無いでしょう。

本機最大の売りである85倍ズームは、望遠では言葉が足りない超望遠です。
現時点で最高倍率、鳥屋には正に垂涎の機能です、何と言っても「鳥モード」があるんですから、鳥屋のための超望遠と言っても過言ではありません。
そのルックスどおり、望遠の一点に関しては正に超絶です。
人間贅沢な物で50倍65倍でウハウハ言っておきながら、本機を使用すると、50倍が全然物足りなく感じてしまいます。
視力やコンディションによりますが、50倍や65倍だと、被写体は肉眼でも確認できることが多いです(保護色や擬態は除く)。
これが85倍ですと、肉眼では認識していない物でも。ズームしてファインダーで初めていることが確認できるレベルです。
この超望遠のおかげでチョロチョロ動き回らなければ、画面いっぱいの小鳥も難しくは無く、気むずかしい猛禽のアップを撮ることも可能です。

手ぶれ防止機能もかなり強めです、倍率に合わせて強めにしたのかな?と言う気もします。
手持ちでズームしても、三脚がそれほど必要に感じる局面は少ないです、
逆に機能をフルに生かして、手持ちでアクティブに動体や長遠距離を狙える仕様になっていると感じます。

また、被写体を見失った際にはクイックバックズームが非常に便利ですが、
このクイックバックズームとズームレバーがレンズ横に配置されているため、ズーム時にぶれたり、被写体を見失う確率が下がりました。
更に"鳥モード"は、広角時にズームした場合の収まる範囲を表示して、一気にズームしてくれる機能なので、
ズーム中に被写体が手ぶれなどこちらの過失でファインダーから消えるような事態を減らしてくれます。
これらの点は使う側と言うよりも、使った際に問題に感じた点を解消した感があり、
機能面だけでは無く、使用感まで非常に優れた物になっています。

倍率が大きいためかズームの速度はお世辞にも速いとは言えません、しかしイラっと来るほど遅いわけでもありません。
測定はしていないのですが、倍率辺りの速度は比較的速い様に感じます。
85倍までズームしようとして、50倍や65倍よりも遅いことは当然ですから、85倍と思えば許容の範疇です。

AFは優秀です、迷うことが全くないわけではありませんが、迷うぐらいなら決めてしまおうと言う感じであわせてくれます。
だからといって見当違いの所に会わせることは殆どありません。
その決断力もあってかAFの速度も早く感じます。
85倍ともなると深度があるため迷ったりしそうな物ですが、
某機種のように、深く行ってあわなかったらから浅い方へ…等と言う悠長な事はまずしません。
内部機構については当方詳しくは無いので、表現が正しいかどうかは判断しかねますが、
本機のAFは判断力と決断力がシッカリとしているため、ストレス無く撮影が出来ます。
とは言え、早くは感じますが、そもそも85倍のAF速度なんて他に比較のしようが無いので
感じ方に個人差もあるとは思いますが、意外と早く感じます。

ISOが少々寂しいですが、F値が低めですので、天気さえ良ければ野外ではどうとでもなり、
2000mm相当でF値が6.5なんてのはバケモノレベルで、曇り空でも動体は何とかなります。
そもそも2000mmで動体をファインダーにいれ続けることが技量的に難しいのですが、
ここまでの望遠でこの値というのは驚愕です、ピーカンですとAFさえあってくれれば問題なく、
そのAFも高性能ですから全く問題有りません。

画質に関しては特筆すべきことはありません、良くも悪くも無い、普通です。
そもそも画質に拘る人は最初からコンデジに手を出すことは無いでしょうからその点は許容範囲かと思います。
85倍までズームしても収差をあまり感じません、画質の点でも超望遠にあわせた作りなのでは無いかと思われます。

なお、望遠で小鳥を画面いっぱいは出来ますが、望遠で昆虫を画面いっぱいは出来ません。
昆虫を画面いっぱいにしたかったら…ある程度近づかないといけません。
望遠とマクロの機能は持ち合わせているのですが、望遠しつつマクロ撮影の機能は持ち合わせていません、
(ある程度はできるんですが…)
ここまでの高性能機に、そこまで求めるのは贅沢なのかも知れませんが、この点はちょっと残念です。

非常に優れたカメラですが難点も結構あります。
まず重さです、コンデジの割りには重いです、それでも通常のデジイチレベルです。
元々ガワが大きいので、極端に重いと言うことは感じません。
山へ持っていくことが苦となるレベルではありません、あくまでコンデジとしては重い、と言うことです。

また、ファインダーが常時見えるわけでは無く、のぞき込んだ際にセンサーで察知して表示されるシステムですので、
覗いてから見えるまでにごく僅かですがラグがあります、
ごく短時間ではありますが、一瞬と言うには少し長いぐらいのタイミングです。
野鳥を狙っているときは0.1秒ですら貴重なのでこのラグは少し痛いです。
とは言え、この点については気になるけど支障は無く、許容範囲です。

やはりというか当然というか、光量不足には弱いです。
この手の望遠特化型ではお約束的なのですが、機能的というか物理的にどうしようも無いのも事実です。

最大の弱点というか難点はバッテリーの持ちの悪さです。

ズームの動きが大きい為かバッテリーの消耗が格段に早いです。
動物園などでバシバシ撮りまくっていると、上野のような大きな動物園ですと最後まで持ちません。円山でも厳しいです。
ですから朝から晩まで撮り回る様なときには予備のバッテリーが絶対必要です。
それでも夏場の日の出ている時間撮りまくるには厳しいかも知れません。

また、基本的に本体でのUSB充電を前提としているようで、バッテリーの充電器が別売りになってます。
充電はいわゆるコンデジで有れば出しっ放しでもそれほど気にはならないのですが、
一眼ほどのサイズがある本器を電源側に放置して充電というのは、
大きめのこともあり、濡らしたりぶつけたり落としたりというリスクがなかなかに怖いので、この点は何とかして欲しかったなと思います。

バッテリーの持ちが悪く、頻繁な充電を必要とするのですが、その充電時にも難点があるのは少々いただけません。
この点はもう少し使用者側に立って欲しかったと思います。

とは言え、その難点は、超高倍率とそれをフォローする高機能の前にはかき消されます。
安い所でも6万後半の価格です、コンデジにしては高価とは感じますが、性能から7万を超えても安い、そう言える逸品です。
価格がこなれるのを待つ時間が惜しいです、望遠を求めている人や、野鳥を狙っている人なら、いま買って後悔はしません。
0コメント| 269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月5日
 近所の池のアオサギの観察に使用しています。かなり遠い場所に営巣しているので・・・100メートル以上・・・ 手持ちの望遠 500ミリでは充分ではなく何かないか探していたところ 2000ミリのこの機種を店頭で見て触って見て これだと思い 即、購入しました。ファインダーものぞきやすく歩道橋からの観察なので手すりにもたれて超望遠で撮影していますが手ぶれ防止機能が良く効いて細かなところまで撮影出来 その上 フイールド望遠鏡を使わなくてもこのカメラがあればある程度は観察も出来るので便利です。 当方 天体観察、飛行機好きなので そちらでも使用するつもりです。 もちろん小鳥の撮影にも使用していますが便利です。ただサイズが少し大きいので女性や子供さんには扱いずらいかもしれませんが そこそこの重さのおかげで安定感はあり手持ち撮影にも役立つていると思います。月も三脚なしで撮れます。
review image review image
0コメント| 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月12日
野鳥や星の写真が撮りたくて購入しました。
2000mmという数字が想像できなかったのですが、撮ってみて驚きました。
月の写真はP900が届いて最初に撮った写真です。
シジュウカラとカワセミは、こんなのが撮れて自分でもビックリ。
残念なのはやっぱりコンデジ、デジ一眼の画質を期待するのは無理。
それとシャッターにタイムラグがあり、動きの速い鳥を追うのは難しい。
ピント合わせも思った以上に時間がかかります。
鳥の手前に小枝などがあるとそちらにピントが合ってまうことも。

それでも83倍は面白い。
私は気に入ってす。
review image review image review image
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月3日
P900  ここまで撮れるのか!!驚きのカメラであることは間違いありません。
デジタル望遠8000ミリの威力は、過去に愛用の一眼望遠では撮れなかった月面クレーターまで
ハッキリ写すことができました。(添付の月面写真は三脚使用 AUTOで撮影)
半月時に撮りましたが、まるで天体望遠鏡の領域です。

また、至近撮影でも驚きの性能がハッキリ現れています。
百合の花もAUTOでここまで撮れます。
瞬時にピントが合い、背景のボケ具合も程よいですね。
PL等のフィルター、クローズアップレンズも使えるので、この1台で撮影の幅が広がるコンパクトデジカメです。
レンズ交換の必要もなく持ち歩き便利で、ますます撮影の楽しみが増えました。

★ PS:(10ヶ月経過後の感想)
P900購入後約10ヶ月になりますが、改めてこの機種の魅力を感じています。
約50年、趣味として何台もの国内外のカメラを使ってきましたが、どの製品にも愛着があります。
カメラとは、その時代、その瞬間を記録する最高の媒体であると思います。
私の過去の経験として「あの時にはもっと大きな望遠が欲しかった」「あの瞬間にもっと広角があれば」
「あの時にもっと接写が出来てたら」と感じたことが何回かありました。
当時その瞬間を記録する最適なレンズを何台も持ち合わせていなかった後悔がありました。
然し、P900を持ち歩くようになり、その後悔は半減したかのように感じています。
この1台で24-2000ミリをカバーできる凄さを実感できました。
過去に体験できなかった2000ミリ望遠の世界は「凄い」としか言いようがありません。
とにかく、この1台があれば、1センチの接写から、24ミリ広角~超望遠域まで使えるのですから
魅力が無い訳がありません。
当初不安があった撮像素子1/2.3型は、実際にはほとんど問題なく画像の不安は解消しました。
広角域f2.8は明るく、2000ミリでもf6.5は驚異の明るさと言えます。

重たい望遠レンズを持つのも良し、何台ものボディー&レンズを持参するのも良しですが、このP900は
それらを乗り越えた『楽しく遊べる新世代カメラ』であると感じています。
今はP900を持って、気軽に外出できる楽しみを味わっています。
review image review image
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月5日
P600でカワセミを追いかけていたのですが、どうしてもデジタルズーム域までアップしないとキャッチできず、A4に印刷すると粒子のザラザラが出てしまいます。P900では1.5倍の倍率になるので同じ被写体ならきれいな拡大が可能と思い、購入しました。重量も1.5倍になり、三脚必須ですが、留まっている小鳥なら、手持ちでもズーム可能で、P600より撮りやすい事が体感出来て満足しています。この冬のカワセミが楽しみです。添付写真は、手持ちで欄干支持で撮ったのですがデジタル2400mmで目がきれいに撮れました。
review image
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
一眼(D7100)とP510(2012年3月発売)を並行して使ってきてました。最近この機種を買ったのでP510と比較しながら書いてみます。

・2000㎜相当の実力をいかんなく発揮してくれます。鳥、飛行機を撮ったり、高い塔からの撮影などのとき、特別に便利です。
・ファインダーが格段にみやすくなっています。P510はファインダーを通じてフォーカスするのが苦手な機種でした。そこのところの改善が著しいです。2000 ㎜と1000㎜の違いとおなじくらい私にとっては値打ちのある進歩でした。
・同じくファインダーのことです。目を近づけると特別の操作をすることなしで撮影に入れます。
・超望遠なのに軽量。持ち出しやすい重量です。一眼よりも手軽に持ち出せる使用感です。さらに手ぶれが置きにくい適度な重量感も気に入っているところ です。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月23日
普段は7D2+サンヨン及びシゴロで野鳥を撮ってます。
ボディを新しく7D2に替えてから、高感度も良くなりかなり満足してます。
このカメラはサブ機として、遠距離の止まり物を撮る用に買ってみました。
早速小鳥系を撮ってみましたが、やはり被写体までの距離が遠いと
所詮はコンデジなので、最低感度でもベタベタの塗り絵状態になります。
しかし30Mぐらいまでの距離で撮れれば、上記セットの一眼の写真と比較しても
全然変わらないぐらいの写真が、手持ちでいとも簡単に撮れました。
シゴロは三脚必須ですので、このカメラの手軽さは特筆ものだと思います。
一眼と比較しないのであれば、又、この手のカメラしか使わないのであれば
100m離れた鳥でも多分、かなり満足できると思います。
3コメント3件| 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月6日
カメラのキタムラで最近下取り購入しました、一見使用して普段持ち歩くカメラではありません、ですのでヤフオクなどでかなり出品されてますが望遠レンズを持っていると思えばとても良い買い物をしました、また望遠時の暗さはしかたありませんがサブカメラとして所持する分には問題ないと思います。注意点はP900一台で賄うのは可なりガサバルので手放す方向にいくと思いますよ。前方の岩場にとまるカワウなんですけど分かりますか同じ場所から手持ち撮影しました。
review image review image
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)