Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
33
5つ星のうち4.2
価格:¥7,390+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年5月28日
近年のコーエーの歴史SLGでは稀に見る良作。創造無印での不満点を、ほぼすべて解消してくれている。唯一不満を述べるのであれば、最初からこれで出せってくらいです。
天道や三國志12のようにライトユーザー向けではありませんが、外交を駆使し、連合して強大な敵と戦ったりと、戦国大名を疑似体験できます。セーブを忘れるくらいどっぷり浸ってしまいますが、VITAだといつでもサスペンドできるので助かります。戦国伝も無印に引き続き楽しいですし、イベントも追加されているのでやりがいがあります。
イベント鑑賞がPS3と共有できないのは今後のパッチで解消されるのでしょうか?
0コメント| 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月29日
vitaでPKが出るのを知り本体と一緒に買ってしまいました。素晴らしいの一言です。携帯機でこのクオリティは凄い!
グラもPS3版とほぼ変わりません。
タッチパネルも使い勝手が良く好印象。
これから数年遊べるゲームに出会えました。ひとつ注意点があるとしたら良くも悪くもPS3版そのまま。画面が小さい分全てが比例して小さいです。私はPS3版を遊んでいたのですぐに慣れましたがvitaから始めた人は少し慣れが必要かな?
しかしそんな事は問題にならないくらい素晴らしい作品だと思います。
0コメント| 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月27日
発売一ヶ月、ようやくトロフィーコンプ寸前まで達しましたのでレビューいたします。
『創造PK』は、プレイヤーが織田信長や上杉謙信といった戦国大名となり天下統一を目指すゲームです。
本作の大きな特徴は二つ。「外交」と「リアリティ」です。

近作『革新』と『天道』は3D一枚マップによるリアルタイムストラテジーで、
本作もリアルタイムで展開する軍略フェイスと会戦システムにてその傾向を受け継いでいるものの
本作は一ヶ月ごとにじっくりと戦略を練る評定フェイスが加わることで
ターン制シミュレーションとリアルタイムストラテジーの良いとこ取りの基本システムとなっています。

信長の野望は作品によって戦争重視(天翔記、革新等)、内政重視(烈風伝、天下創世)に別れます。
本作は内政が簡略化された戦争重視のシステムなのですが
外交が非常に重要になっており、これなくしては初級すらクリアは厳しくなります。
といってもやることは単純で、家宝を商人から買って強い勢力、敵に回したくない勢力に渡し、
外交工作で信用度を上げて同盟や停戦、援軍を申し込む、という流れです。
あとは着実に支配国を増やしながら、敵に囲まれることがないよう外交相手を変えつつ進めていき
30カ国の本城と京都の二条御所を押さえれば惣領無事システムによりゲームクリアです。

内政がチープかつ、勢力拡大のためにやることはどの大名でもほぼ変わらず「外交→侵略」の流れでして
武将の質より兵力が重要なため、兵力差がほぼそのまま国力差に繋がっており、
数百万の軍勢を相手に最強武将率いる寡兵で立ち向かって勝つ! といった、ド派手な展開は難しく、
戦争重視だからといって『革新』のようなゲーム的な面白さを期待するとちょっと肩すかしをくらうと思います。
はっきり言ってしまうと、戦略ゲームとしては単調であり、飽きがきます。

しかしながら、個人的にそれを補ってあまりあるのが本作の「リアリティ」です。
まず、3Dグラフィックと全国津々浦々にある数百の城で構成された一枚マップの「日本」が素晴らしい。
視点を変えながらマップをじっくり眺めていると、様々な発見があり良く出来ているなと関心します。
兵士の拠点に紐付けされており拠点間の兵士移動ができない本作では
前作の天道以上に街道の開発が重要で
道が狭いと人口が増えず拠点が発展しなかったり、部隊の行軍速度が下がったり、
道に入りきれずスタックしたりするため、ポイントを絞りながらしっかり開発する必要があります。

次に、拠点の人口数と兵士の数が連動しており、その数がリアルな点が良いですね。
ゲーム序盤ですと各国の本城で3000~5000、支城なら1000~2000人の兵数配置となっており
信玄と謙信のような強い勢力同士の戦いなら数万対数万、という現実感のある戦い。
天下人ともなれば数十万という大軍を動かすこともできますが、
兵糧の制限があるため、基本的には大勢力同士の戦いも十数万対十数万というぶつかり合いとなり
これまでの信長作品と比較して実際の戦国時代の戦いにより近いものとなるため、
「うわっ、周辺諸国が連合を組んだ! 本城は遠征でがら空きだぞ…
 取り急ぎ支城から兵力をかり集めて、国人衆を懐柔し、同盟国から援兵を頼まねば…」というように
当時の戦国大名の気持ちに寄り添うことができ、自分の想像が膨らむわけです。

武将の扱いですが、能力以上に兵士の数と部隊数が重要で、
たとえ相手が超強力な上杉謙信や真田幸村であろうとも
複数の部隊で街道の両側から挟撃すればなんとか倒すことができます。
本作を含めた信長の野望シリーズのいくつかには私の先祖が武将として登場しているのですが
ちょっと武力が高いだけの、いわゆる無能武将でして、登場しても使い道がありませんでした。
ですが、そういった無能武将でも使い方次第で序盤は活躍してくれますし、
重用していると全能力が+20まで伸びて、「特性」という特殊スキルも習得していけますので
ゲーム終盤だと凡将くらいまでは育ってくれるので嬉しいですね。

国土の表現も実にリアル。
肥沃な濃尾平野を制した織田信長の躍進理由や、広大な関東平野を制した北条の強さ、
八方敵だらけの山岳国家で大勢力を築いた武田信玄の領国経営の巧みさ、
大遠征や上洛を成功させた上杉謙信の戦上手っぷり、
島津以外の僻地国家の二段絶望(苦労して自分が大勢力になるころには畿内を制した超大国が出来ている)……等々
変化に富んだ縦長の日本国ならではの様々な戦国模様を体験できます。

リアリティ重視といっても限度はありまして、
上に挙げたようにゲームシステム上最重要な外交は数値のやりとりで結果が確定する単純なものですし
関ヶ原の戦いシナリオで庄内地方が上杉所有ではなく最上所有だとか
坂本城が作れない、丹波亀山が全く育たない等々
戦国マニアの方ほどツッコみたくなるポイントはいくらでも出てくるとか思います。
しかしながら、戦国時代の当時に思いをはせながら
空想や想像を膨らませつつ楽しむ箱庭ゲームとして
適度なリアリティをもった本作は、もっとも優れている作品ではないかと感じます。

さて、難しいという触れ込みだった本作の難易度ですが、外交を使いこなすだけで劇的に変わりますので
名の知れた有力大名でプレイすればさほど難しくはありません。
それでも難しいという方は、登録武将で強いキャラをいくつか作って自勢力に所属させれば、
あっという間に国力が向上するのでどんな大名・難易度だろうと楽勝です。
初心者の方向けにはチュートリアルがありますし、ネットには沢山の攻略サイトがありますので決して難しくありません。
戦国伝という史実に即したイベントがありますので、歴史の勉強にもなります。
肝心なのは、戦国時代を楽しみたい、という気持ちです。
想像力ならぬ創造力でもって自分だけの戦国ワールドを体験したい! という方に強くお勧めいたします。

*****

以下は気になる点、要望等になります。

私はVITA版のみのプレイですので他機種との比較はできませんが
3Dマップのデータが大きいためか、全体マップ表示時や大勢力になると多少のもっさり感があります。
ユーザーインターフェイスをローカライズして拠点をリスト表示できたり、
拠点や武将の五十音検索機能を付ける等々の工夫が欲しかったですね。
VITA独自のタッチ操作はなかなか便利で、覚えるまでが大変ですが使いこなせばかなり快適に操作できます。

トロフィーについてですが、基本的には楽しみながら取れる良い設定になっていると思います。
しかしながら「全特性取得」だけはいただけない。これだけコンプできずに残っています。
朝廷・官位システムがやっつけ仕様のため、一つ一つの取得に時間がかかる上に
日向守やら薩摩守やら修理亮やら治部少輔やら、大量の令外の官職を
一つ一つ取得していかねばなりません。
まともに取得するのは狂気の沙汰ですので、
プレイヤーが関白になった上で、二条御所を支配して全官職を取れるようにしてから
セーブ&ロードの繰り返しで取るのが最善かと思いますが……こういう作業はいかがなものかと思います。

現時点(2015年6月)で、信長の野望30周年記念の無料コンテンツがダウンロードできるのですが
その中に、歴代信長シリーズのBGMが本作のBGMとして使用できるというデータがあります。
一部ながらも天翔記や風雲録のBGMが本作プレイ中に聞けるのがとても嬉しいです。
本作のBGMも悪くありませんが、やはり信長の野望と言えば菅野よう子氏の音楽だな~と感じます。

最後に超個人的な意見になりますが、
携帯機でもしっかり最新作を出してくれるコーエーさんの姿勢はありがたいですね。
この一ヶ月、仕事以外では寝食を忘れて本作の戦国ワールドに没頭しておりました。
ゲーム性の部分で若干の物足りなさはありますが、素材としては超傑作となりうる作品だと思いますので
次回作もこの創造の路線で、天下創世のようにがっつり楽しめる内政と
外交戦略の多様化、戦国伝以外の細かなイベントの追加や大名・武将の個性を強化した
最新最強の信長の野望が発売されることを祈っています!
0コメント| 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月1日
これまでの信長や三国志も楽しめたんだけど、内政が妙に面倒だったり、謀略で城落とせたり、兵数インフレゲーだったりして、いい意味でも悪い意味でも『ゲーム』してた。
でも今作は違うね。
内政が面倒なら委任すればいい。プレイヤーは勢力情勢に注視してればいい。複雑に絡む外交状況からより良い戦略を導き出す過程がクセになる。
敵国より兵数増やせばいいってもんじゃないところが面白い。前線の城だけ兵がうじゃうじゃいて、後方は空っぽ、なんていういびつな状態にならないのも良い。
とにかく臨機応変に攻略方針を、『変えさせてくれる』ゲームになってる。
単なる数値上げの作業にも思えてしまう危うさのあるSLGが昇華された。
これは面白すぎる。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月28日
操作性も良くてしっかり楽しめます。
シリーズ初挑戦の方でもチュートリアルやれば慣れていくと思います。難易度設定もできるのでファンの方もじっくりプレイできそうです
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月15日
ゲーム自体は☆5
バグが多い…
現時点でトロフィー7割取得で、個人的なプレイ感としては天翔記に近いかな〜と。武将が能力的に多少劣っていても戦法や特性と成長によって役割があるのはとても良い。また、平野と山間部、機内と東北等でかなり土地に差があり、リアリティ(というかかなり史実に忠実)も良し。30周年記念の作品として不満点が皆無ではありませんが名に恥じない作品だと言えるでしょう。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月28日
簡単なシミュレーションなんて、そもそもそっちの方がやる気が起きないけどね。嫌ならやんなきゃいい話。俺は野望が好きだから、どんだけシステムが変わろうと、複雑になろうとずっとやり続けると思う。このゲームを遊ぶ人ってみんなそうなんじゃないかな。
1コメント1件| 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月30日
Vitaのスペックを考慮すれば致し方ないですが動作が重くモッサリしています。これは想定内なので不満はないしそれほど気になりません。内容は今更なので割愛しますが携帯機でこのvolumeあるゲームを手軽にプレーできる事が最大の利点だと思います。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月14日
2015年の年末のDLセールで買いました。

創造のパッケージ版の時は
1GBに迫る勢いのパッチもあったので
DL版は相当数のデータ量も覚悟していましたが
ソフト+システムファイル+セーブデータ(1個当たり6MB程度)でおおよそ2GB程度に収まりました。

ゲーム内容としては
軍団制や、国境も表示されているので非常に分かり易く
前回不評だった、「花いちもんめ」の会戦も見直され
非常に遊び易くなってます。

ただ、不満点もあるわけで、
vitaだと一時停止時のレスポンスが鈍く
評定終了からそのまま進む場合の停止がおおよそ2割程度進まないと停止できなかったりします。

あと、やってもやらなくてもトロフィーには関係ないのですが
歴史イベントの穴埋めは非常に面倒なところがあります。
私の場合、一応全部埋めましたが
イベント埋めは無印からのアップデートでも空白だったり
一部条件が分からず現状維持や
数時間、ただ進行させる操作をする行為をしないといけない物があったので
はっきりいってそれは「つまらなかった」です。

まぁ、イベント埋めさえしなければ
非常に楽しめるゲームだと思います。

追記
部隊数が多くなるとフリーズする事が多くなります。
特に上級以上だと頻発した印象です。      
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月3日
天道もはまったがこれもおもしろい
vitaであるメリットはたくさんあるが、唯一デメリットがあるとすれば
長時間プレイした後に目が悪くなってることぐらいか
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥4,780