消滅都市ストア Amazonファミリー ホリエモンチャンネル for Audible Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 映画「ペット」×ペット用品 Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

このトランスミッターはTVなど、Bluetoothの送信機能が無い機器でBluetooth対応のヘッドホンなどを使う機器ということで、受信側ではないです。

私はBluetooth対応のヘッドホンを持っているのでTVの音をBluetoothヘッドホンで聞く為に入手しました。

さて、肝心のペアリングですが、トランスミッター側はボタンが1個だけです。ヘッドホン側もいろいろ操作ができるわけでもないので、最初はペアリングが正常にできるのかどうかが不安でした。(認証番号「0000」とかどうするんだろう?的な)
しかし、本機をペアリング受付状態にして、もう片方の機器もペアリング受付状態にすれば自動的にペアリングが成立し、あっけなく設定ができ、1分後にはTVの音をBluetoothヘッドホンで聞くことが叶いました。

ちなみに、このトランスミッターは相当小さいです。スマホの電池くらいの大きさで、私のTVのイヤホンジャック部が側面にあるタイプなのですが、側面からちゃんと見ないと挿さっているのがわからないくらいに小型なので目立つこともありません。
なお、TVのイヤホンジャックが中央くらいにあるので当然トランスミッターが宙吊りになるのですが、本機が本当にバッテリーが入っているのか不安になるくらいに軽いのでケーブルの曲がりも気にならず安心です。

充電も端子がmicroUSBなので専用のケーブルが付属しておりましたが、私はスマホの充電器で充電しました。
使い回しができる端子なのもGOODです。
review image review image review image review image
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
モニターに参加しました。

古いラジカセやTVなど、Bluetooth未対応のオーディオ機器をワイヤレスヘッドセットで聴くための送信機です。
Bluetoothトランスミッターにはたくさんの製品がありますが、本機のいちばんの特徴は2つのヘッドセットを同時に接続できる点です。

まず、一台目のヘッドセットを用意します。電源は切っておいてください。
本機の電源ボタンを7秒間長押しして、ペアリングモード(緑と青が交互に点滅)にします。
次に、一台目のヘッドセットの電源を入れてペアリングモードにします。(たいては電源ボタンを長押し)
しばらくすると本機と一台目のヘッドセットのペアリングが完了して、緑が点灯します。
ここでいったん、両方の電源を切ります。
次に、二台目のヘッドセットを用意します。
さきほどの手順を繰り返して、二台目のヘッドセットとペアリングします。
この状態で、一台目のヘッドセットの電源を入れます。
本機の電源ボタンをポンポンと二回押します。緑と青のLEDが両方とも点灯します。
これで2台のヘッドセットの同時接続が完了です。
二度め以降は、登録済みのヘッドセットの電源を入れるだけで2台とも繋がります。

二人で同じプログラムを聴くことって、なさそうでわりとあります。
たとえば旅行中に長距離の電車の中でTVやビデオを見るときなどです。
これまでは分配器にイヤホン二つつないだりしていましたが、これがあるとスマートですね。
またどこにも書いていませんが、音の遅延が少ないのでおそらくaptX対応なんでしょう。音もいいです。

ひとつあるといろいろと使い道がありそうな、2台同時接続機能がおもしろいモデルでした。
review image review image review image
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月8日
一定の音量より小さくなると音が消えます。そのためクラシック音楽などの場合だと音が途切れ途切れに聞こえてしまいます。ノイズも目立つので、テクノやポップスを聴くのにとどめた方が良いでしょう。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年6月18日
 Bluetooth4.0の規格に対応している為、省電力タイプです。過去Aukeyのオーディオトランスミッターは3.0規格しかなかったので、省電力タイプの4.0に対応してくれたのは嬉しい点ですね。また外観は非常にコンパクトでサイズは32mm×45mm×8mmです。しかも軽いです。

 このトランスミッターの面白い特徴は1度に2台のBluetooth機器と接続できるのも魅力的です。日本語の説明書が付属していますが、2台ペアリング方法については少々わかりづらいです。もう少し簡単に2台ペアリングできると良いと思います。

 音質の方ですが、遅延も感じませんし、音の劣化も無くて良いと思います。深夜なんかに周りに気を使わず、且つワイヤレスで映画などが楽しめるのが非常に嬉しいです。

【サンプルとして商品を提供頂きました】
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月24日
テレビの音声をワイヤレスで聞きたくて、
Aukey Bluetoothステレオオーディオトランスミッター BT-C3 と
QCY QY8 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン
を併せて購入しました。

今回、こだわったのは、aptX対応であること
調べたところ、Bluetoothでは音声の遅延が0.22秒程度は発生するところ
aptX対応の場合0.07秒程度に抑えられるそうです。

[・・・]

家にあったAH-W150と聴き比べたところ、
音声が テレビのスピーカー<QY8<AH-W150 であることが良く分かります
AH-W150では、テレビで話すしている人の口の動きと声が合わず違和感を感じますが
QY8では気になりません。
テレビゲームも(私はRPGしか遊びませんが)問題無し。
ゲームの世界への没入感が高まりより楽しめるようになりました。良い買い物をしたと思います。

なお、最初は「サー」というホワイトノイズが気になりましたが、
テレビ側の音量レベルを上げ、イヤホン側のボリュームを下げたら、全く気にならなくなりました。
(うちのテレビはスピーカーとは別にイヤホンの音量の設定があることに
 最初は気が付けませんでした)
ホワイトノイズが気になる方は、是非、試してみてください。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月15日
3DS(LL)+sony MDR-1ABTで使用しています。
DQ8で使用してみましたが、ゲーム中などで無音になる時などに「サー」というノイズが聞こえていました。
また一部の音が聞こえにくいことがありましたが、これに関しては他の評価者様の対応方法を参考にして解決しました。
具体的には3DSのボリュームを最大にして、ヘッドホン側のボリュームで調整することでノイズは聞こえなくなりますし、
聞こえにくかった一部の音もはっきり聞こえるようになりました。有線のヘッドホンと比較してみましたが遜色無いと思います。
ユニットを3DSの裏面にでも貼り付ければ見た目を度外視すれば、本体も非常に小さいので、持ち歩きも苦にならないと思います。
付属のマニュアルには日本語表記もあるので、使用方法が分からないということは有りません。
まだ、購入したばかりなのでしばらく様子をみたいと思いますが、現時点では良いものです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
軽量、コンパクトな場所を選ばないBluetoothトランスミッター。
付属品として、平面形状の充電用USBケーブル、ステレオケーブル、日本語対応の取扱説明書が付属。
縦3センチ、横4.5センチ、厚さ0.6センチと非常にコンパクトです。

オーディオのステレオ出力に接続するだけでBluetoothによる出力が可能です。

ペアリングは電源を長押しすることで、青と緑のLEDが点滅するので、
点滅中に受信側のスイッチを入れることで、ペアリングが完了します。

ハイレゾコンパータから本機を利用して出力してみましたが、
音質の劣化なく、ヘッドホンの能力を発揮してくれています。
ウッドベースの低音や空気感もしっかりと再生してくれます。

場所も選ばないので、テレビやオーディオなどお好みの場所に設置できます。
一昔前の赤外線よりもコンパクトにワイヤレスオーディオを楽しむことができますよ。
review image review image
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月15日
買ってまもなく充電が出来なくなり、スイッチもなかなかonにならなくなってしまいました。今では、usbコードを繋いだままで使っています。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月30日
ブルートゥースのイヤホンと同時購入しました。

ジムでのランニング用に私が持っている古いアイポッドシャッフルに装着。
ペアリングもまあなんとなくでできました。

この手の機器は初めて使いましたが、良いのではないでしょうか。
小さくて軽い。最初こんなんでいいのかと思いましたが、しっかり聴けて
いるのだからいいのでしょう。
街中で手持ちのカバンの中に本製品を入れてるとたまに途切れますが
まあこんなモノかとストレスは感じずに使っています。

充電の持ちは使うたびに充電しているのでわかりませんが、3時間は
もちました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月13日
AukeyのBT-C3 Bluetoothのステレオオーディオトランスミッタです。
簡単に言うと、Bluetoothの送信機です。
なんと言ってもこの製品の特徴は小さくて軽いところと、簡単なペアリングです。
以下取扱説明書より(一部文章変更しています。)

【仕様】
 Bluetoothバージョン        4.0
 対応Bluetoothプロファイル    A2DP,AVRCP
 送信距離               10m
 入力電圧(充電)           DC5V
 バッテリータイプ           リチウムポリマー(150mAh)
 バッテリー駆動時間         約10時間
 充電時間               約2時間
 サイズ                 45×32×8mm
 重量                  11.2g

【付属品】
 3.5mmφステレオミニプラグ
 充電用USBケーブル
 取扱説明書

【電源ON/OFFとペアリング】
 電源ON/OFF マルチファンクションボタンを3秒長押しすると青と緑のLEDランプが点灯し電源がONになります。
           マルチファンクションボタンを3秒長押しすると赤のLEDランプが点灯した後、消灯して電源がOFFになります。
 ペアリング  電源OFFの状態からマルチファンクションボタンを約5~約7秒押し続けると青と緑のLEDが交互に点灯しペアリングモードになります。
          この先は接続先の機器の操作に従います。
【使用感】
 簡単操作で、Bluetooth送信機能の無いラジオやラジカセ、PC、テレビ等がBluetooth送信対応の機器になります。
 送信機としての機能のみを求める場合はとてもお勧めです。
review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)