Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
55
5つ星のうち4.1
スタイル名: 通常モデル|変更
価格:¥44,925+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト100レビュアー2015年11月2日
飽和した蔵書を電子書籍化するために購入しました。いろいろ検討して最終的に購入したのがix500です。
ix500にして正解でした。初めてスキャンした時は読み込み速度に驚きました。あっという間に読み終えます。
データも問題ありません。かなりの速度で読み込みつつOCR機能も働いていて文字認識も行います。
(OCRを使うと読み込み終了が多少は伸びます。)
文字認識を有効にして文庫本を一冊処理するのに、カバー外しから始まって裁断からスキャン、保存までにおよそ10分です。
文字認識も問題ありませんでした。確認した範囲では縦書きでもちゃんと読んでいます。
紙の重なりの検出もかなり高精度です。重なりを見つけるとすぐに止まります。
500冊ほどスキャンしましたが、今のところ普段の清掃以上のメンテは不要なようです。
いずれはパーツ交換が必要になるでしょうが、当面問題なさそうですね。

清掃は1000Pごとにと書いてありますが、もっと頻繁にした方が良いです。清掃をサボるとあっという間に
紙詰まりを起こします。紙詰まりそのものはすぐ解決できますが、詰まると原稿がグシャグシャになって
再度読み取る時に大幅に支障が出ます。ツルツルではないけど紙が厚めのものは引っかかりやすかったです。

清掃にはキムワイプ+無水エタノールがお勧めされていますが、私はエアダスターが便利でした。
ただエアダスターを使ったら、スキャンを終了した後でスキャナ周辺を清掃しないと
紙ホコリが舞い散って大変です。服にもついているのでコロコロでとらなきゃいけません。
掃除機で吸い取るのも試そうとしましたが、スキャナの位置の関係で断念しました。
しかし自炊でエアダスターを使っているとあっという間になくなります。頻繁に消費するとエアダスターが
意外と高くて継続に躊躇します。今はカメラ用のブロアーを使っています。圧縮空気が送れるブロアーは
強めで紙くずを飛ばすのに良いです。エアダスターに比べると物足りませんが、使いやすいです。

画質に関しては、「紙をスキャンする」ということをよく理解しないといけませんね。
最初スキャンした時は汚くてびっくりしました。でもスキャナに問題があるのではなく、読み込んだ本に問題がありました。
古くて状態が悪かったので紙が変質していたのをそのまま読み込んでいたのです。
紙の曲がりや折り目、歪み、変色、それらもそのままモニタ上に再現されます。
状態の悪いものをスキャンする時は白黒で読み込んで、不要な情報は落とした方が綺麗に見えました。
紙で読んでいると気にならない汚れや劣化、印刷のかすれも、液晶で眺めるとかなり汚く見えるので
ある程度情報を落とすか、画像修正が必要になります。
そういう意味では画質重視の方には向かない機種だと思います。速度重視の人向けですね。

残念な点は右綴じ保存不可能なところですね。外国産の製品のローカライズなら仕方ないと
諦めもつきますが、国産企業の富士通でなぜPDFの右綴じ設定に対応しないのでしょうか?
PDFで保存した後で一つずつ右綴じに変更するのは面倒です。保存時または設定で綴じを指定したいです。
もう一つ残念な点は保存形式はPDFかJPGのみなところです。PNGにも対応してほしいですね。

ちなみにツルツルした上質紙?をスキャンするとキュルキュルと高音が鳴ります。故障ではなく仕様のようです。
騒音というほどではないのですが壊れたのかと思ってビクビクしました。
1コメント1件| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月14日
本が本棚に収まらなくなってきたので、自炊を始めようと購入しました。
初めて自炊に必要な機器を揃えたので、前機種の使い比べなどの感想はありません。

自炊を始めるにあたり、色々とWEBサイトやレビューで調べ、
最終的にCanonのスキャナとこちらの機種で迷いました。
去年の段階ではscansnapを購入するつもりだったのですが、
2015年発売の最新機種はレビューがとても悪いのが怖くて。
過去のscansnapを買った方がいいかとも考えましたが、
調べたら値段が上がってしまっていましたのでやめました。

基本的に悪いレビューの内容はAcrobatが付いていない事に関してだったので、
Acrobatは持っているし、Canonの機種よりscansnapを持っている方が多いので、
使い方を書いてくれてるWEBサイトが多い点(初心者には重要)で、
最終的にこちらのscansnapiX500 FI-IX500Aを購入しました。

100冊以上電子書籍化したので、使用の感想も書かせていただきます。

・Nuanceの使い心地ですが、私は使いにくかったので結局自前のAcrobat9を使用しています。
 使いにくいと感じた点ですが、
 AcrobatではPDFを開くとページ1ページ目から表示され、そのページを選択→ページ挿入を選ぶと
 挿入する場所(前、後)を選ぶウインドウが出て、選択するとそこにページが挿入されるんですが、

 Nuanceの場合PDFを開くと、Acrobatと同じ様にページが表示される左横にサムネイルが表示されます。
 Acrobatのようにページを選んで挿入すると、選択したページが挿入したページと入れ替わり、選択したページが消えてしまいます。
 なので、サムネイルの方で小さい画像の右横をクリックすると枠が出るので、そこに挿入するとページが追加される仕組みでした。
 サムネイルを選択すると大きい画像も選択され、大きい画像を選択するとサムネイルも選択されるので、
 致命的に使えない訳ではないのですが、Acrobatを使い慣れていると面倒に感じます。
 
 ただ、使うのはほぼ角度修正とページの挿入だけなので、
 AcrobatもNuanceもどちらも使った事が無い方なら、それほど気にしなくてもいいのかもしれません。

・スキャン速度はとても早くストレスはありません。
 ちなみにストップウォッチで計ってみたら、50ページ25枚が36.9秒でした。
 (読み込み開始時ではなくscanボタン押すのとストップウォッチ開始ボタン同時押しです)

・100冊以上取り込みましたが、今の所一度も二枚同時に読み込んだりはありません。
 背表紙のノリが残っていたせいで二枚一緒に取り込んだ時も、
 スキャンを止めて重なってますよと教えてくれました。

・紙の粉が残るので、数冊に一回掃除しないと黒ベタに白線が入るのが不便な気がします(これは他機種でも同じでしょうか)。

以上です。とりあえず初めての自炊としては特に不満も無く楽しんで電子書籍化をしています。
ただ、前機種からそれほど変わっていなく、Acrobatの件や値上げで不満な方の気持ちも分かるので☆-1です。
新機種を楽しみにしていてそれではガッカリですよね。
0コメント| 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月12日
読み取り方式が変わったとのことだが、特にS1500よりもスキャン画像が劣る点も感じられない。
スピードは格段に速くなった。
紙の巻き込みエラーなども今のところ全く生じていない。
重宝している。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月10日
購入から一ヶ月たちますが、スキャンのトラブルはたったの一回もありませんでした。
安心して見守ることができます。
最近ではスキャン中は見守ってもいません。
とても良い買い物でした。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月20日
旧製品に比べると、付属ソフト以外何も変わらないのです。
付属ソフトはAdobe acrobatから使えものならないぐらいの安物Nuance PDFに変更されました。
値段だけ1万以上上がりました。
富士通という会社、最低です。
1コメント1件| 259人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月12日
自炊用卓上スキャナと言えば、もうコレしかありません。事実上の標準機です。が、他レビューの通り、添付ソフトが改悪されてしまいました。

元々、「FI-IX500」として発売された当時、Windows用のPDF作成ソフトは、Adobe Acrobat Standardが添付されていました。
こちらも業界標準ですので、初めてスキャナを購入するようなユーザーも、特に意識せず、業界標準を使い始めることができたわけですが、
「FI-IX500A」という、末尾に【A】が付く型番になって、「Power PDF Standard」(Win)」に変更されてしまいました。
PDFはいろいろとクセモノで、やはりサードパーティーの互換ソフトで作ると、微妙な表示の差が出たりすることがあります。
自炊で現物を処分してしまった場合、後から作り直しはできないわけですから、初心者ユーザーこそ、業界標準を使った方が何かと安心。
その意味で、「iX500にAcrobat」の組み合わせは非常に良かったわけですが、富士通側としては、コスト削減が優先だったようです。

一方で、Macユーザーにとっては、朗報なのかも知れません。今まではPDF作成ソフトは添付されていませんでしたが、
「PDF Converter for Mac」が、新たに添付されることになったからです。ただし、私が思うにMacユーザーの場合、特にデザイン関係の仕事を
しているユーザーは、既にAcrobatを持っているはず。そうなると、「こんなソフト要らんから、価格を下げてくれ」という話になるんじゃないでしょうか。

レビューする現時点で、amazonの商品名表示は、「富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A」となっています。
末尾の【A】が目立たないよう苦肉の策なのかもしれませんが、この点からも、今回の型番変更について、富士通側としても、
あまり大っぴらにしたい変更ではないような気がしてなりません。
0コメント| 111人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年3月3日
私は以前iX500を購入しましたが、
今回購入したところ現在は末尾にAの付くiX500Aになっていました。
それは別にかまわなかったのですが、富士通のサイトで
最新のドライバなどを入手しようとしたところ、
iX500はありますがiX500Aがありません。
この件を富士通に問い合わせたところ、
「iX500とiX500Aは同じドライバです。
また、現在は商品名をiX500、形名をiX500Aとしています」
と回答が来ました。つまり現在はiX500=iX500Aというわけです。
以前からiX500を使っている私にはちょっと表示が紛らわしいです。

スキャンの方は相変わらず高速で高精細ですが、
どうも雑誌やコミックスの表紙など、
少し厚めでフルカラーのつるつるした用紙は吸い込みが悪いです。
紙を吸い込めなかったり、紙送りの最後で斜めになったりといまいちです。
しかし小説やコミックスなどの白黒の薄い普通の用紙は適当にセットしても
二重送りすることもなく、まっすぐどんどん吸い込んでいきます。

スキャン枚数が1000枚くらいになった時にセンサの所を見たら
紙送りの時にできたと思われる傷のようなものがありました。
最初はもう傷が付いたのか、と諦めていましたが、
眼鏡拭きでゴシゴシしたところ綺麗にとれました。

そしてスキャンしたJPEG画像をウィンドウズフォトビューアで表示。
ウィンドウズフォトビューアで
横向きにスキャンした画像を縦向きに変更して
画像の縦横を変更して保存しました。
こうするとウィンドウズフォトビューアでは正しく表示されますが、
ほかのビューアソフト、例えばLeeyesやスマホのPerfect Viewerでは
スキャンした時の横向きのまま表示されます。
どうした物かと考えていましたが、これはビューアソフト側の設定で直すのではなく、
画像そのものを直した方が良いと考えが至りました。
結果としては至って簡単で、編集したい画像をフォトショップなどの
画像編集ソフトで編集して保存するだけです。
ウィンドウズフォトビューアで正しく表示されていた画像を
フォトショップなどで保存し直すだけで直りました。

少々話は脱線しましたが、総評すると本機は雑誌や小説、コミックスなどの
デジタル化にはとても適した良い機種だと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月13日
初めての自炊挑戦でネット等の情報を参考に購入しました。とにかく快適です。スキャンするのは書籍のみなので、画質はスーパーファイン。詳細な図版はエクセレントを設定。向きの選択は「回転しない」をお勧めします。ファイル圧縮はできたら弱く(私は2)した方がいいと思います。

スキャンのコツとしては、スキャン可能幅の半分程度を使うことです。めいいっぱい入れると、重なりスキャンの原因になります。その対応に時間をかけるくらいなら、一回のスキャン量を少なく、それを数回繰り返した方がはるかに早く終わります。とくに私はOCRを使わないのでスーパーファインでも高速に読み取りが終わります。

仮に読み取り失敗したページがあってもいったん保存し、当該ページを別途スキャン・保存(PDF)し、その部分を付属アプリPDF Geniusでドラッグし、編集すればOKです。

あとスキャン時のちょっとしたTips。排出される紙の先頭側に本でもおいてスキャン後のページの順番を保ちます。こうしておけばスキャン時、そばにいなくともすみます。ただし場合によって排出側の下部に数ミリ程度の薄目の本を置くと、さらにスムーズになる場合があります。

当機はWiFi対応です。ネットワーク苦手な人は敬遠しがちですが、すでにWiFi環境があればScanSnapインストール時の指示通りに進めば簡単に設定できます。なお、その途中で、ScanSnap背面のWiFiスイッチをOnにするのを忘れないように。

【追記】再度の修正追記です。スキャン後のガイドがあることに気づかず余計なコメントしてしまい、その部分を削除しました。なお、購入して1000冊近くスキャンして感じたことは、兎にも角にもにも裁断次第だということです。ノリ部分が残らず綺麗に裁断する、そこにすべてがあるように感じます。つまり、高価であっても裁断機をケチらない。そこがポイントだと実感しています。現在使っているのはDURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DXです。

【追記】Kindle等の電子ブックリーダーで読むために。文字が主体であれば白黒ではなくグレースケールでスキャンする。白黒はいくら解像度を上げても所詮2値。したがってKindle上では文字のかすれが目立つ。グレースキャンできない場合(たとえば本の焼け)は、白黒でスキャンし、何らかのツールでグレースケール化する。品質はツール依存。グレースケールを維持できるPDF最適化ツールならばファイルサイズ縮小しても問題無い。なお、気をつけなけなればならないのがカラー自動判定機能。カラー以外はグレーモードではなく、白黒化される。したがってグレー化する際、二度手間になる。かつ文字主体のスキャンの場合、すべてカラーで読みとった場合、カラー扱えないKindleの場合は、かなり文字が薄く、読みにくい。つまり、文字主体のスキャンであればグレースケールモードでの読み取りがお勧め。

PDFファイルが白黒かグレースケールかどうかはPDFプレビューアで開き、どんどん拡大してみるとわかります。白黒の場合は、拡大につれ文字輪郭の掠れが目立ちます。一方、グレースケールの場合は、掠れがほとんど見えません。そうしたファイルをKindleで読んだ場合、オリジナルのkindle形式(文字部はテキストでフォントを自動選別)とは比べ物にはなりませんが、十分読める状態となります。

【追記】ScanSnapを上手に利用するには、とにかく裁断ですね。綺麗に裁断できれば100%問題なくスキャンされます。あとは、頁の折れ、あるいは栞等の挟み込みくらいです。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
消費者にとって何らメリットのないモデルチェンジ

富士通という会社の志の低さに憤りを覚えます
0コメント| 175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年3月5日
scansnapはs1500から使っており、この商品のほかにs1300なども現役で使っている。
とにかく読み込みが速いのが感動的なレベルである。この一点だけで☆5でよい。
読み取りも正確、紙詰まりもなかなか起きない。
起きた場合はスキャニングしている紙がくっついているなどの場合だけである。

メインの用途は当然自炊だったが、
ペーパーレスを実現するために、書類スキャンもしばらく前からするようになった。
ただ、書類の読み取りをメインに考えるなら本機はハイスペックすぎるので、
1300や1100を使えばよいと思う。
自炊メインの人が事務の効率化にそういう使い方をする分には最強だろう。

私の自炊冊数は1500時代も含めると1000冊以上はあると思う。
さて、それを踏まえて述べるのだが、
確かにacrobatがバンドルされなくなったことは痛恨の極みである。
しかし私は昔から使っているユーザなのでacrobatはいくつか持っており
流用して対応できるのでそこはスルーしている。
Adobe CCでacrobat dcを契約してもよかろうと思う。(実際している。)
とか言っておいてなんなのだが、
最近はacrobatを使って調整することがめっきりなくなった。
確かにacrobatがあった方が調整は楽だが、
そもそもそこまで厳密に管理する必要はないのではないかと考える。
acrobatで細かい調整をする時間を使って本を炊いた方がマシなのである。
そんなに焦って本を炊く必要がないという輩は本棚に十分に本が入るのだろうから
そもそも自炊などしなくてよろしい。携帯用は原本を持ち歩くかkindleでどうぞ。
さて、どうしてもacrobatが使いたいなら、
いつかacrobatを使う日のためにデータを保持しておけばよい。
その我慢ができないというなら大人しく何ヶ月かacrobat dcを契約すればよい。
acrobatを持っていない人ならそもそも比較しようがないのだから、
気にしなくてよいのではないかとすら思う。

強いて言うなら両面スキャンをした際にどうしても裏面が黄ばんでしまうという
1500の頃からの癖がまだ残っているのが問題かもしれない。
こういうのを調整するためにツールが必要になるわけだが、
しかしスマホやタブレットで読む上では問題になったことがない。
だから気にしなくてよいと思う。神経質な人は、しょうがないから調整してくれ。

そういうことで☆5である。とにかく素晴らしい速度のスキャナである。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)