Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.857
5つ星のうち4.8
色: レッド|スタイル名: 18-140 VR レンズキット|変更
価格:¥98,711+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年2月13日
型落ちのD5300が安くなっているのでこちらを買おうと思い、お店に行って念のため新製品のD5500と比較しました。大きな差はタッチパネルの採用で、ピント、設定時ももちろん便利ですが、プレビュー時にスマホのように拡大やスワイプができるのはとても魅力的でした。またバッテリーの持ちも大きく改善しているそうで、D5300→600コマ、D5500→820コマ。大きさも一回り小さく、重さも少し軽くなった程度かと思いましたが、グリップ部分のデザインが大きく変わっています。実際持って見たらグリップした時のしっくり感が凄く良くなっています。妻もD5500の方が持った感じが良く疲れにくそうという事で奮発してD5500にしました。実際使ってみても悪い点はなく、D5500にして良かったと思っています。動画が綺麗に撮れるのも条件だったのですが、ピントの動作も良く、何と言っても60fpsのスムーズな動画が撮れるので、もうムービーは不要。これ一台でオールマイティに使えそうです。
0コメント|211人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年2月15日
【外観】
 D5300から更に小型軽量化し、特に、深くえぐれたグリップが秀逸です。大きい手の人も、小さい手の人も、握りやすく疲れません。
カタログスペックに現れないが、相当手間ひまかけて設計したのでしょうね。
底部を比較するとボディ基部が削り取られてD5300とどれほどシェイプされたのかが、ひと目でわかります。
ヨコ開きバリアングルの初代モデルD5100のボディ重量が560g(バッテリー込み)だったので90g(ipod一個分も)軽くなり、
横幅も12.8cmあったのが、4ミリシェイプされています。

【操作性】
 ボタン類がとても押しやすく、反応も良くなっています。俊敏でキビキビとした操作感は、D7000のミドルレンジ機を越えており、
触っていてとても気持ちがいいです。特にファインダー撮影でのシャッターのキレ、像喪失がD5300とは全然違います。
 光学ファインダーは本当に素晴らしい。屋外ではやはり、光学ファインダーが2015年時点では最も優れているのではないでしょうか。
(ブルーライトも発生しないので、EVFより目に優しいですし。)
 タッチパネル液晶もとても美しく、屋外での視認性がグッとUPしています。
 なんと言ってもD5500のウリは、進化したタッチパネルです。
これは、タダのタッチパネルではなく、ファインダー撮影時にも指でなぞれば、
フォーカスポイントの移動や絞りや露出補正の操作に使用できる。「小技のきいた」タッチパネルです。
ファインダー撮影時のフォーカスポイントの移動は、少々慣れるのに時間を要しますが、従来のカーソルボタンをつついて
移動させる方法よりも、よりフレキシブルにスピーディーに移動させることができるので、一瞬のヒラメキを切り取ることが
更にカンタンになっています。また、ファインダー撮影時の誤動作を避けるため、アイセンサーも装備しています。

【画質】
 高感度画質帯は、単に常用感度を拡張した、という類のものではなく、ISO9000ぐらいでも、露出に乱れがなく、
薄暮の朝焼けに流れる雲とか、とても自然な薄暗さと柔らかさなどを表現してくれます。
夕暮れや夜が明けかけていく空のグラデーションも、きめ細かく淡く表現されて、D7000時代とは、明らかに数段上の表現力となっています。
 D5300とどう変わったか、ですが、ファインダー撮影、ライブビュー撮影、いづれも、より速くなっており、
思いのままに撮りたい瞬間を収めることができること、ボディが一層軽く、薄くなっており、
ショルダーバッグにも難なく収めることができること、画質は、世界を驚かせたD750のDNAを受け継いで、色彩に雑味がありません。
従来機より画像がよりクリアで透明感があり、高精細でありながらシルキーで滑らかな階調は、
室内でも屋外でも息を呑む写真を吐き出します。
2400万画素、ローパスフィルターレスという現在のトレンドもNikonでは三世代目を向かえて、
風景、人物、スナップ、どんなシチュエーションでも、相当こなれ感があり、その安定感はさすが、業界不動でしょう。
 新しいトレンドをいち早く取り込みつつ、Nikon流のスパイスを効かせて高次元に製品化するチカラには感服します。
 なお、附属の18-55mm f3.5-5.6 VR'Uレンズについては、単品のコーナーにレビューしてありますが、
沈胴式でありながら画質も過去の銘レンズを越えています。

【総評】
 2014年、販売台数は、ミラーレスが追い上げを見せていますが、D5500はグリップをつけたミドルクラスのミラーレスに
限りなく厚みと幅を近づけて、光学ファインダー、ファインダー撮影でも使用できるタッチパネル、内蔵フラッシュでミラーレスに
差を付けた感じがします。
D5500はNikonのそのようなミラーレス機に対する回答であるような気がします。
多彩な状況でベストの一瞬を切り取る。そのためには、グリップも、光学ファインダーも、内蔵ストロボも必要です。
愚直にそれを製品化する。そこにNikonの良心を感じます。

 より小さくなって、光学ファインダー内蔵で素早く、“一瞬を永遠に変える。”
いつでもどこでも傍に置いておきたくなる、そんな可愛い奴だと思います。
review image review image review image review image
0コメント|272人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月9日
2ヶ月前にD3300を購入したのですが、身内がはまってしまい、D3300を取り合うような感じになってしまったので奮発してD5500を購入。
初心者なので、AFの性能とか、その辺のことは他の方に任すとして、初心者なりの視点なのですが、結果的に予算が許すなら絶対にD5500がいいと思います。
一番大きな特徴のバリアングルモニターとタッチパネルなんですが、これがかなり使えます。D3300の時には出来なかったり、しにくいアングルが余裕でできるようになりました。例えば、花を真下から撮影するとか変わった視点からの写真が簡単に撮れます。
画面を見ながら、ポチっとピント合わせたい場所を押せばそれで撮影完了です。変な姿勢になってパンツの膝が伸びたり汚れたりすることが一切なくなったのでお気に入りのパンツで撮影に繰り出すことができるようになりました。D3300だと、下から取りたければ地面に膝ついたり、勘でシャッター押したり・・・でしたが。
それと設定メニュー等のレスポンスもD3300に比べて早いです。ボタン押して、反応よく動いてくれるのでストレスがありません。
重さや大きさは大差ないですがD5500の方が持ち手が細くなっており、安定性が高いです。
wifi標準搭載もポイント高いですね。内臓の場合D3300の外付けより安定性、スピードが優れているように感じます。携帯のwifiと設定すれば、カメラで撮った写真を携帯に転送してLineで友達に送るなんてことが出先で簡単にできますし、携帯電話をカメラのシャッター代わりに使えるので(携帯にもファインダー越しの映像が出ながらシャッター押せます)友達と自撮りを他の人にとってもらっているような感じで簡単に出来てしまいます。D3300にもwifiはOPつければありますが私個人の感覚ですと安定性や転送速度においてやはりD5500の内臓タイプの方が優れていると感じました。
あとISO常用感度がD3300の12800に比べて2倍の25600になってます。早い話暗いところでも、撮りやすくなってます。
2ヶ月前一眼に踏み出すことを考えた頃、D3300かD5500で迷いました。結果として、「まずは」って事でD3300を選択しました。D3300はD3300でいい機種です。それは間違いありません。写真を作る根幹部分はD3300もD5500も変わらないので利便性を考えなくてもいいならD3300も十分選択肢に入る良い機種です。
しかしD5500を使うと、それはそれで世界が変わります。バリアングルモニターによるアングルの多様性。操作レスポンスの向上等、値段が許すなら、いや多少無理してでもD5500を購入されることをオススメします。よりイメージ通りの写真が取れるようにD5500が手助けしてくれるはずです。
0コメント|112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
初めて一眼レフを購入いたしました

性能などは私よりも詳しい方がレビューなさってるので割愛させて頂きます

今回は初心者の目線から、何故私がキヤノンやニコン、ペンタックスなど数ある中のメーカーからニコンを選んだか、並びにこの入門機とランク付けされているD5500を購入したかの動機を書かせて頂きます!

まず、その1! 〜何より軽い!!〜

私の中で一眼レフのイメージというのはカッコいい!でも重たい!威圧感がある!
といったものでした。

なので最初はミラーレス機を検討していたのですが、店頭でD5500実際に触ってみるとあまりの軽さに先入観が一気に払拭されました

これはカタログ値の重さでは語れないと思います
現に横に置いてあった10g軽いはずのD3300と比べてみても体感ではD5500の方が遥かに軽いのです

これはグリップのホールド感から差が生まれているのだと思います。

是非店頭で実際に持って頂きたいです!
これは人によると思うのですが、手の大きい私はオリンパスのミラーレス機であるe-m10と比べてもD5500の方が持ちやすく、体感の重さも変わらないと思いました!

これはネットで多くの意見としてあったのですが、重い一眼レフは持ち出すのが億劫になられる方が多いそうです…。
ですがこのサイズ感、重量であるなら、その悩みは多少軽減されるのではないでしょうか?
少なくとも私は今のところ、天候で持ち出さないことはあれど、重さで持ち出さないことはありません!
だってボディだけみればペットボトルより軽いのですから!

その2! 〜シャッタ音〜

意外と軽視されてはいないでしょうか?
シャッター音はこれこそ完全に好みなのですが出来ればどの機種を買うにしても実機を手にし聴いて頂きたいです!(youtubeでも一応聞けます、出来れば生の音が良いと思います)

私はオリンパスのe-m10,キヤノンのkiss系、D7200,D5500のシャッター音の中でNIKON機のD7200とD5500が好みでした!
シャッター音は写真を撮るモチベーションにダイレクトに関わってくるのではないかと思います

その3 〜18-55のキットズームレンズ〜

何気にコレが決定打になったと思います!

沈胴式なのが功を成し、非常に小さいです!
またこれが小柄なD5500にマッチし、可愛いらしいです!
また、小さな単焦点レンズをつけても似合うのではないかとニヤニヤがとまりません

ダブルズームキットにしなっかのは、勿論予算が第一の理由なのですが、自分の撮りたいモノを考えた時に望遠の必要性が感じられず(愛車のGB400TTが撮りたかった)欲しくなったら買い足そうという考えからです
まず、その予算があるなら35mmの単焦点にまわしたいなって思いました
余談ですが何故かD5500ではボディ単体より、18-55mmレンズセットの方が安いという謎の現象が起こっています

あと、セットの望遠レンズは逆にD5500には少しデカすぎ、重すぎるな…
という印象を受けました(これは完全に主観です!)

勿論、初めての一眼レフで
動物や飛行機撮りたいんだ!
って方はダブルズームキットか18-140のズームキットが最も正しい選択だと思われます!

初めはキヤノンのkissシリーズとも悩んだのですが、キヤノンのズームレンズは本体に比べ少し大きく感じたのと、NIKONはプラスチック独特の安っぽい光りかたではなく艶消し?な感じがカッコ良かったのと角張った外観が私の好みでした!

(何分学生なのでお金が…しばらくはズームレンズで慣れていこうという考えのもとキットレンズの選択も私にとっては重要でした)

見た目ばかり言及して申し訳ありません!笑

でも私にとって見た目や携帯のしやすさは優先順位が高かったのです!

スペック値で悩まれる方が多いと思うのですが、安い買い物ではないので愛着が湧きそうかというのも判断基準にいれてもいいのでは?と思い、書かせて頂きました!
私は未だにD5500を朝目覚めて見てはそのカッコよさにうっとりし、買って良かったと痛感します笑

参考にして頂ければ幸いです!
0コメント|30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月9日
手に持った瞬間にわかりました。これは過去最高のDX機だということが。

今までにDXカメラはD60,D300S,D7000と使ってきました。
新しくするたびに、カメラの進化を感じ、感心せずにはいられませんでしたが、
今回はそんな中でも一番進化を感じ、そして一番感動しました。

過去のNikon機にも特段大きな不満はなかったですが、今回D5500を持った瞬間に
これが道具として進化した本物の写真機なのだと、理解しました。
このグリップを経験してから、他のDX機、他メーカーのミラーレスや一眼を持つと、さらにD5500の良さがよくわかります。

画質はEXPEED4と2416万画素、ローパスフィルターレスだけあって安定、安心。
高感度もさらに強くなって個人的にはISO6400までは完全に実用の範囲内。夜のスナップ、暗い室内でも明るい単焦点と組み合わせれば
撮れないモノなんかないんじゃないかと思わせられる。 そんな安心感。

一瞬をとらえる力はタッチパネルを有効活用した操作性(設定次第でAFポイント移動、ISO感度変更など)と、
光学ファインダーでさらに磨きかけられた感じで、完全に前の機種から一皮も二皮もむけてます。

今回、DXでそろえる事で機材を軽くしようという目的があったので、D5300も安くて悩みましたが、
こちらを買って完全に正解でした。
タッチパネルということで、動画もより撮りやすくなったし、
何より持ちやすい分さらに軽く感じるということで、撮影意欲があがります。

FAMILY NIKON ということで、パパママにももちろんおすすめできると思いますが、
これから写真を本気ではじめようと考えている人にももちろん自信をもってお勧めできる製品です。

二度と来ない一瞬を残すにはやっぱり一眼レフですね。
0コメント|109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
18-55㎜レンズと55-300㎜レンズのダブルズームキットを購入しました。55-300㎜の望遠ズームについては重いし大きい、という難点がありますので、特に望遠にこだわらない人であれば、ダブルズームを外して18-55㎜のレンズだけキットで購入し、余剰資金で必要なレンズを別にそろえる、という方法もおすすめかと思われます。

あと、ライブビューを使って撮影したり、カメラ内で編集したり、ビデオを撮ったりしていると、意外とバッテリーの消費が速いので、念のために、予備のバッテリーの購入をおすすめします。

スマートフォンみたいにタッチで操作できて、とても使い勝手の良いカメラです。

ただ、購入時はタッチパネルが一番の決め手でしたが、今はもっぱらファインダー撮影が多くなりました。

夜景や天体写真もきれいに撮れます。私自身、全然使いこなせていないくらい、風景写真にもスポーツ写真にも対応できるオールマイティな機種です。使いこなす為にはいろいろ勉強しないといけませんが、それもまた一眼を購入するうえでの醍醐味かと思われます。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月4日
エントリーモデルといわれますが、十分すぎる機能です。
ボタン配置もやりやすく、右手だけで事が足ります。
(液晶画面の操作には左手を使いいましょう)

残念なポイント
ライブビュー撮影が遅い
 これは一眼レフでは仕方がない、上級機ならいいのでしょうが。
 ミラーレスから上がってきた人にはストレスに感じます。
動画撮影のオートフォーカスがうるさい
 オートフォーカスのモーター音がうるさいため、動画撮影中に録音されてしまいます。
 マニュアルフォーカスで動画撮影しましょう。
 これも、ミラーレスから上がってきた人にはストレス
再生機能が弱い
 ファミリーニコンといいつつも、テレビなどのモニターにつないで再生する際に
 スライド再生が日付指定開始ができず、最初に撮影した写真からになってしまう。
 Nikon1ではできたのに。

と、あくまで写真を撮影する機械だと考えれば、必要十分な機能です。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月25日
OLYMPUS PEN EP2からの乗り換えで購入。
デザインに携わっていることもあり、比較的趣味以上の用途でカメラを使用します。
そんな私の基準は、携帯性。(一眼であればある程度の解像度、描写力を満たしているという前提で)

これまでもデジ一を購入するか迷っていましたが、重さと体積が難点でした。また雪山や砂漠で使ったり野生動物やアスリートの一瞬を望遠で撮影したりすることもないので、ハイエンド機を持つ必要はありません。

D5500は一眼のクオリティを備えながら、非常に薄くグリップが深い。ミラーレスに比べるとある程度の重量感があるので撮影時は安定します。好みにもよりますが、このシャープなデザイン性と携帯性に惹かれました。機能もその分シンプルで、私には充分です。

欠点としてはDX向けのレンズがまだまだ少ないということです。レンズにこだわる人は必然的にカメラもFXの人が多いということなのでしょうか。ただD5500のターゲット層であるファミリー層にとっては、レンズも現状のもので申し分ないと思います。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月8日
D5500は一眼レフに不慣れでも軽くて使いやすく、操作も分かりやすい完成度の高い製品だと思う。
ダブルズームレンズ付きのキットを購入したが、実はすぐに別のズームレンズを購入してしまった。

レンズキットのレンズは、悪くないんだけど、動き回って撮るような、人を被写体としたイベント撮影が多いこともあり、一本でカバーできるレンズを、と考えた時に、帯に短し襷に長し、という感じだった。その感覚がイメージできていれば、ボディ単体購入にしたと思う。

でも、それは人それぞれの用途だから、一般化はできない。

旅行に出かける前に、一眼レフを、でも難しいことは分からない、なんて人にはレンズキットは有難いセットだろう。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月16日
一眼レフを初めて持つので、色々調べてこれにしました。
どこかの比較サイトで、Canonは白に強く、Nikonは黒に強いと言う記事を見て、黒猫を飼っている私はNikonに決めました。黒猫って室内のスマホカメラや安いデジカメでは本当に真っ黒にしか写らないので(-_-;)
早速撮ってみましたが、一眼レフってすごいですね。薄暗い室内でも顔の表情がわかるくらいにはっきり写りました。もうそれだけで満足です(笑)
他のカメラと比べて、小さめで軽いのもとても良かったです。
液晶画面が稼働するのは使い勝手はどうなのかな?って感じでしたが、バックに仕舞うときに液晶を伏せて保護できるのでこれは良いなと思いました。
review image
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)