Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.412
5つ星のうち4.4
星5つ
7
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月10日
良い評価はみなさん書いていらっしゃるので、個人的にはいまいちだった部分も。

魔術魔術で彩られていますが、舞台装置と中盤までの展開はびっくりするほどコッテコテのミステリです。
あまりに古典的すぎて、たぶんミステリ好きのひとは、突然挿入される見取り図や、
「殺人は死んだ当主の呪いだ」「見立て殺人は事情を知る人物への脅しだ」みたいなセリフで
思わず笑ってしまうと思います。私は笑いました。というか笑わせに来てると思います。

このあたりのこてこてミステリパロディのような部分とTYPE-MOON的世界設定が、
中盤までは上手く噛み合っていないように感じました。
とはいえ終盤解決編で、一気にその2つが融合して終結に向かう様は見事で、
白熱してあっという間に読みきってしまいました。いや面白かったです。

本作は本格ミステリをパロっているような部分が結構ありますが、実際のところは
読者が得られる情報と、探偵役(絶対領域マジシャン先生)が得ている情報はかなり不平等で、
読者が真相を当てるのはほぼ不可能です。(だからこそ"広義の"ミステリなんでしょうけども)
この辺は本格ミステリ好きとしては残念かも…いやミステリ読むつもりでこの本を
開いたわけではなかったんですが、あまりにコテコテで期待してしまった…。

あとネタバレになるのでアレですが、またアレがアレなのは…賛否別れるのでは…。

終盤はとてもおもしろかったですし、もちろん、端々で描かれるⅡ世の心象には感慨深いものが有ります。
彼のファンなら一読の価値があるでしょう、お勧めです! 解体まで書いてくれよォ~続刊が楽しみ。
0コメント|41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年1月4日
遂にこの日が来た。ZEROから世界観を繋ぐ存在として生み出され、ZEROで誰よりも主人公っぽく駆け抜けた男。
過去の名を奪われ君主と呼ばれるようになってしまった男。
パラレルな世界でも便利に、もとい世界観を繋ぐ存在として機能したロード・エルメロイ二世。ついにその秘められた十年が解き明かされる時が来た。

なぜ彼がエルメロイの名を継ぐ羽目になったのか。
どこまでも二流でありながら、その真価を認められる彼の才能とは?

時は第五次聖杯戦争の兆候が確認され、時計塔で代表選考が行われている頃。
ロード・エルメロイ二世の元に、義妹のライネスから厄介事が持ち込まれた。
ある魔術技法を持つとされる異端の魔術師が死亡し、その遺言が公開されると言う。
憂いなく再び聖杯戦争に挑むため、エルメロイ二世は内弟子のグレイと共に天使をモチーフとした魔術師の城を訪れる。
そこには同じく『遺産』を目的とした招待された六組の魔術師と、立会人となる時計塔法政科の魔術師が集まっていた。
その中には、かのエーデルフェルトの姫までもいて、天使の謎かけと共に遺産争奪のゲームが始まる。
それは当然の如く、最初の犠牲者と共に最悪な展開へと転がり始めた。

集まった面子の中で最弱を自覚するエルメロイ二世。しかし彼はその分析と知識で、真実に挑む。
それは、魔術師の業と、魔術を極める事への果てであった。

十年の歳月が育てたエルメロイ二世の立居振舞と、彼が準備した切り札も見どころ。
ちなみにこの一巻で一つの事件は終結します。
以降も続巻予定ではありますが、年一だそうです。おお、なんというざんこくなしうちを。
0コメント|31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月2日
やや高いのはタイプムーンブックスとして同人誌扱いで出てるからですね。
ウェイバーとロード・エルメロイ2世、同一人物ですがウェイバーが至ったのがロード・エルメロイ2世で、
終盤のボクから私が語るとある場面は、「三田先生書いてくれてありがとう」となりました。

広義の意味のミステリーであうあわないはあるでしょうが、成長したなウェイバーとなる感じ
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月21日
 読みやすい文章に先が気になる展開と往った流れが、とても良かったです。

 あと、ウェイバーのその後やルヴィアの事情なども書き記されており、読めて満足でした。
 2巻はよう、出ろ!
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月3日
一気にラストまで読みました。

ステイナイト→アタラクシア→ゼロ→ストレンジフェイクのルート(の、どれかでも
を、歩んでこられた方はぜひお手にとってください

ラストはしっかり泣かされました。いい正月休みになった。
内容は物語の性質上、詳しくは書けませんが(ここでネタバレしたら刺客がくる。
これは面白いぞ。気が早いけどアニメ化も是非検討を。

続刊に期待大です。
0コメント|20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月24日
魔術概念の説明だけでも買う価値がある!さすが三田誠といったところか
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月28日
zaroではヒロイン枠のウェイバーくんですが、ここでは大きくなって登場。
あのウェイバー君が・・・と感慨もひとしきりです。続編でないかなぁ・・・。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月1日
状態に問題はなかった。内容に関しては、色々な魔術師が出てくるものの、バトルともミステリーともいえない感じ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
おもしろかった。

まだ200ページほどしか読んでいませんが、すでに面白い。

テキストは詩的な表現や比喩などを重ねつつ描かれ、読みやすいし、とても丁寧に書かれている、ように見えた。

私はそこまで熱心なファンではありませんが
fate/stay nightやfate/zeroなどはもちろんとして
空の境界、魔法使いの夜、それに各種マテルアル本まで調べてきている、ように見えた。
そういった各種ネタを自然に出し、なおかつ、もし知らなくても、自然に読み進められるように
書かれ、さらに世界観の幻想的or神秘的な雰囲気を出す色付けとして活用できている丁寧さと手腕にすごさを感じる。
さらに言えば、突っ込みすぎず、されども浅すぎずという、筆者のバランス感覚と配慮の巧さにもすごさを感じた。

引用ネタだけなのか?と言われればそうではなく
各種オカルト知識をも調べてきているようで、そういった方面からも世界観の雰囲気を演出できているし
fate/stay nightでも見られた解説や説明を彷彿とさせ、懐かしい気持ちになりました。

ここまで、調べているかどうか、などということについてばかり語りましたが
ストーリーもおもしろいです、しかし、中身は作品の性質上語りづらいので
各種感想サイトなどでネタバレを食らう前にサッと手にとって読んでみるのが正解だと考えてます。

上段に配置したものの、短く目立たなくなってしまいましたが
テキストが気に入りました。私の少ない語彙力では表現できませんが、作品の空気に合ってて良い。

総じてうまく物語の世界を筆者なりに表現し、描けている、ように見えた。
本作からは力と熱を感じました。

前述したとおり、私の少ない語彙力では、あまり表現できませんでしたが
とっても面白い小説だと思ったので読んでみてください。

どうやら続刊は毎年冬、1年ごとに発行する予定のようです。
今から楽しみです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月5日
Fate/zeroでウェイバーくんとライダーのコンビが好きだったこともあり購入しました。タイトルから推理物を想像しましたが、そこはFateなので、魔術とアクションも楽しめます。所々で知識を披歴するロード・エルメロイは京極夏彦の京極堂を連想させます。百鬼夜行シリーズの雰囲気が好きならこれもそれなりに楽しめるんじゃないでしょうか。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告