Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年7月13日
2階に取り付けて、1階の玄関防犯に使用しています。夜間でも鮮明に記録されていました。
運用に電源が必要で、ガス湯沸しの電源が外にあったので使用しています。防水使用ではありません。雨に濡れると漏電しますので、屋根の軒下で雨に吹き込まれないところに設置しなければなりません。取り付けはビス止めで簡単ですが、ズーム機能や、モニター機能がないので、パソコンで撮影中のモニターは出来ません。パソコンにSDカードダウンロードして撮影場所を特定する手間があります。3回ほど位置変更しました。パソコンへのダウンロードも、USBケーブルで簡単です。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月30日
自分はこの価格では安いと思いますが、この価格としては費用対効果はまずまずといった感じです。

最初にウィークポイントを。

A.IRカット付との事だが、昼間で「露出明るすぎ」→「普通」と明暗を繰り返すことが多く見辛い時が多い
B.夜間は赤外線LEDが明るすぎるのか、2m以内だと露出オーバーで識別し辛い
C.画質は昔のデジカメaviファイル程度
D.画角が狭い
E.20時間程度しか記録されない事がある(上書きされていて)
F.3gpによる記録なので再生ソフトを選ぶ
G.本体にmicroSDから時間を読み込ませる事で時間の概念が生まれるので、カード差替えなどは「パラメーター更新」+「差替え」をスピーディーにしないと時間表示がズレることになる。
H.録画対象によってはタイム表示が飛んで見辛い(黄色表示の為)
I.音声記録機能は音が小さい

などなどまだ日が浅いもののこれだけあります。
B.とD.については取り付け位置などを後述のPCカメラツールで確認しながら距離感なども考慮し設置すると良いでしょう。
E.についてははっきりとはわかりませんが、他カメラ(同種カメラ)のレビューによる 「動きの多い動画の場合は容量を消費しやすいので記録時間が短くなる」 というのが当てはまっていると思います。

逆に良かった点は

・昼間記録中の「青LED点滅」は見辛いが、夜間はプラスして赤外線LEDの薄光によって防犯対策アピールとなる
・電源が確保できれば取付けは簡単
・予備microSDでローテーションすれば、落ち着いて内容を確認できる

どちらも当たり前の部分は評価していませんが、
カード方式なので管理が面倒(入替えやデーターの移し込みなどが面倒)というのは最大のポイントです。
防犯上高所に取付けたり、複数台取付ける方には頑張りが必要だと思います。

付属CDはユーティリティーが納められていて、
「マニュアル(英語&中国語)」、「タイム&パラメーターツール(タイム書込みツール)」、「PCカメラツール」が格納されています。
ERAPIONEERSTOREという出品者から購入しましたが、こちらから「日本語版簡易マニュアル」も送られてきます。

注意点は数多くありますが、カメラに時間を書き込む流れは
1.microSDカード(初期化済み)をカメラにセットする
2.PCとカメラを接続する(PCでカメラ/USBデバイスとして認識する)
3.付属CDをPCにセットし「タイム&パラメーターツール」を起動し「SAVE」を押下する→【ここで書き込まれる】
4.安全な取り外しでカメラをPCから取り外す

もし記録済みのデーターを閲覧・移動するとともにタイム修正をしたい場合は(この方法の方が効率的で正確度を保持できる)、
1.付属CDの「タイム & パラメーターツール」をPCに移しておく (実行ファイルなのでインストールは不要)
2.カメラからmicroSDカードを抜き(※抜き方はマニュアル参照)、PCにセットする
3.microSDに記録された動画ファイルを視聴(若しくは保存)する
4.1.の「タイム~」を実行し「SAVE」
5.すかさずPCから安全に取り外し、カメラにカードを刺す(※刺し方及び起動方法もマニュアル参照)

となります。
先述の予備カードの場合は4.で予備に書き込んだ後5.及び2.(PCに~の要素を除く)を同時に行えるのでカメラの未使用時間が最小で済みます。

4.で使用する「タイム~ツール」は本来カメラをPCにつなげて使用するのが前提と思われますので、カードのみで行う際には、付属のUSBカードリーダーにて使用する事が必要だと思われます。(USB上にあるカメラ/カードにタイムテキストファイルを書き込むツールである為、他のUSB機器などへの誤記入を起こした場合カードにタイムテキストが記録or更新されない可能性がある為)

最後にPCカメラとして使用する場合ですが、
付属CDの「Win7 PC Camera」内の実行ファイル(.exeファイル)の実行によって、カメラがPCから認識されていれば、PCカメラとして起動します。
この場合にはリアルタイムモニターとなり記録不可・時間表示不可となり防犯カメラとしての用途からはやや外れることとなります。
別の録画ソフトなどと合わせて使用する様になるでしょう。(Webカメラとしてならそのまま使える)
ノートPCなどでPC本体にもカメラが内蔵されているモノだと、実行ファイルを実行してもPCのカメラが起動してしまうので、デバイスマネージャーなどでの切替えが必要になります。

たまに雑音が酷い時や記録されない時があるなどまだ謎やクセのあるカメラですが、もう少し粘り強く使って特性を見極めたいと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月9日
自宅でテスト撮影しましたが、画像だけでなく音声まで記録されています。
再生も簡単で使えそうです。
説明書が英語なので、ややわかりにくいですが何とかなりそうです。
マイクロSDをUSBに変換するアダプターも付属しておりお得です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)