Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト1000レビュアー2015年1月21日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
テレビ用として使用しています。
高い機種じゃないと違いはわからないかなと思っていたのですが、
普通の番組でも十分違いがわかりました。
ウーハーが効くような音楽番組だと更に違いが出ます。

あまり設置場所が無く、とりあえずウーハーと同じ幅ぐらいの
細いテレビボード上に乗せました。ウーハーに物が寄りかかる状態でも
特に振動音はなく、また棚板との共鳴も発生せず快適に使えています。
これにより子供が手に届く範囲に置かずに済んで助かりました。
外観についてウーハーは特徴ありませんが、左右のスピーカ足部分が
透明になっており、浮いているように見えるのでカッコイイです。

スピーカ側に手動コントローラが接続間に用意されていますが、
席を立つのがイマイチだったのでウーハー上に固定で放置して
テレビの音量とリンクさせて使用しています(テレビ側で設定すればOK)。
手動コントローラで今までのテレビの音量と同じぐらいになるように
しておけば特に違和感もなく使用できました。
Bluetoothでスマホやタブレットと接続できますので、
それらの外部スピーカとしても使用できるのは良い部分ですね。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月2日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Bluetooth 4.0規格に準拠しているということで、96kHz/24bitまでのApple Lossless Audio Codec、
略称:ALAC再生が行えるかどうかとそれぞれの音質をiTunes環境での三つの方法で聴き比べをしてみました。

環境 : MacBook Pro (15-inch, Mid 2009) OSX10.10.1 iTUnes12.0.1.26 環境でBluetooth接続

1. ALACファイルをiTunesで再生
2. iTunesで CDを再生
3. iTunesでAAC(256kdps)を再生

3方法とも音飛びも雑音も無く高品質で再生出来ました。

自分的には、ウーファーのBASS調整が中位で低音高音ともとても好きな方向の音質で、
順位的には、
1. CD(音質、音量共に群を抜いてる)
2. ALAC(ファイルで扱えてCDに音量出力は劣るが音質は良好)
3. AAC(iTunes標準のエンコードで容量が小さいが音質的には3位)
での順(私的感想)です。
私はAppleユーザーのため一押しでALACファイルですが、容量が大きいので外付けHDDにALAC専用iTunesライブラリーを作成し、
iPhoneに必要に応じて転送して聞いています。

iPhone6PLUS 128GB & iPadmini2 128GB & MBP15 (2008) ともデバイス名400-SP053指定後
タップするだけで簡単にペアリング出来、手元でボリュームを操作出来る点は最高評価出来るのですが、
折角のリモートが有るのにメインスイッチがウーファー部にしか無く、
スリープ設定も無いため使用後ウーファー側のスイッチを切らなければならず不便を感じました。
出来れば、リモート側にメインスイッチまたはスリープモードを設定していただければ星5つです。

リーズナブルで据え置き型Bluetooth接続機能付きスピーカーをお探しの方にオススメの製品です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月24日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
両サイドのスピーカーは中音から高音までバランス良く鳴って、
低音はウーファーで調整できるので好みに合わせられ、迫力もあります。
1万円半ばの価格相応の音質でホワイトノイズもさほど感じません。

デザインはシンプルでコンパクトです。
スピーカーの台座部分が透明なプラスチック製で
チープとも取れますが個々の許容範囲によります。
コードの長さも十分でパソコンラックに配置していますがちょうど良いです。

欠点は以下の通りです。

・再生してからの反応が遅いく曲の頭が切れることが多い
・手元コントローラーは便利さよりもコードの取り回しの面倒臭さが先に立つ
・Bluetooth4.0だが、対応してるはずのパソコンと接続できない(PC側の問題?)
 スマホ、ウォークマン(SONY NW-S786)、Nexus7(2012)との接続は問題なし

総合的に音に不満はないですが、配線のしづらさや
搭載機能が一部使えない点でフラストレーションを感じざるを得ないです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月21日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
いままで無線接続できるスピーカーが部屋になく(車載のはあったのですが)、早速手持ちのありと
あらゆる機器で再生を試してみたのですが、音質は(金額的に)思っていたものよりも良いものでは無く。
それもその筈、他の方のレビューを見ると(僕のレビューこんなんばっかですみません)、この機器の本領を発g揮させる為には、
なんでも「apt-X」という規格に対応したもので再生する、外付けヘッドホンアンプ等をつける等々、当方の環境では
試せないものばかりで、本機のスペックを生かしきれているとはお世辞にも言い難い状況なのでした(泣)
  ※実際に再生を試した機器はスマホ(XperiaA ※apt-X非対応)/ガラケー(CA006)/iPhone4です。
    この中では恐らくiPhoneが規格的に一番高音質と思われます。

なので音質に関しては星の数には一切関係ありません。これは環境次第で上二つは優にあり得かと思われます。

次に使い勝手の部分ですが、こちらはまだまだ改善の余地ありと言うのが正直な所と思われます。
せっかく無線対応なのですから、電源のオートオフは実装してほしかったですし(主電源は切れなくても、
せめて省電力の待機状態になるとか)、光デジタル端子等くらいあればTVやPCとの親和性も
大きく向上したのではないかと思います。(流石にHDMIは贅沢でしょうけど・・・)

あと、これはスマホ側の問題の気がしてならないのですが、当方のXperiaではNFCでの接続の際、
接続OFFはできるのですが、接続ONがどうやってもできませんでした。
(Bluetoothの接続画面からやればいいので何の問題も無いのですが)

NFC接続部兼ボリュームコントローラ兼外部入力/出力端子も、ここだけどうしても有線になっちゃうのは
仕方ないのかも知れませんが、正直ちょっと不恰好。(しかもS端子みたいなアナログっぽい専用ケーブル)
あとボリュームが軽すぎるのも×。

モニターとして使わさせて貰っている立場なのであまり酷評したくは無いのですが、改善の余地が大いにあるだけに
ちょっと辛口のレビューになりました。しかしながら、他のレビュワーさんも仰られている通り、音質については
環境さえ整えばそれなりの物になるそうですし、Bluetoothと有線接続に対応しており様々な用途が見込めるので、
折角の機会ですし、色々使い倒してみたいと思います。

長々と書いた割にはあまりレビューになっておらず、申し訳御座いませんでした。
このシリーズで次の商品が出る暁には、これらの点を踏まえた上で改善した商品が出てくれる事を
切に望みます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月17日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
音はなかなか良いです。

が、ウーハーがあまり重低音では無くウーハーのボリュームを前回にしても思ったほど重低音ではありません。
しかし、最大にすれば重低音自体は出ます。

高音はかなり出ていていわゆるドンシャリですね

手元のボリュームは良いのですが、今何処なのか?が解らないのでスマートフォンから始めて繋げたときに馬鹿でかい音が鳴り響き焦りました。
手元ボリュームも軽いので、ちょっと手があたっただけで変わりそうです。
電源On/Offもその手元にあれば尚良いのですが、残念ながらウーハーの側面にしか着いていません。

当方、XPERIA Z1fでNFC接続を行いましたが、接続までは非常に簡単にできました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Xperia Z UltraのBluetoothでの認識も簡単ですぐにできました。
パスワードも入れる必要がありませんでした。
 

サブウーハーにBASSコントロールのボリュームがあり
これを絞るとこもったような音になり、
コントローラーを回していくとちょうど真ん中でワンクッションあります。

私、
Rockを好んで聞きますが、
真ん中だとハイハットの音が気持ちよく響くように変化し
真ん中から上げていくと
バスドラのドコドコ音が目立ってきます。

自分の好みはコントローラーの真ん中よりも
少し上げた位置でハイハットもキレイに聞こえてバスドラも響かせる
ポジションが好きな設定でした。

ワイヤード手元コントローラはボリュームのアップダウンができ
なめらかに回ります。

ウォークマンNW-E083を有線接続、Xperia Z Ultra Bluetoothともに
簡単に接続できクリアな音が楽しめる製品でした。

最後にひとつ、
サブウーハーの上部に線キズが2カ所ありました・・・・
せっかく楽しみにして取り出したらキズが・・・・
品質には問題ないものの、
残念におもいました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月13日
音響製品メーカーでは無いので、音は、二千円のスピーカー並みです。今回、WindowsノートPC用に購入しましたが、Mac用に使っている、「ONKYOのWAVIO+サブウーファ」と比較すると天地どころの違いではありません。安いんだからしょうがない。でも場所取るから小さめの物に買い替えるつもりです。Blue Toothでは使えないので、Wiredで接続しました
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月11日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
Bluetooth使用なので配線を気にせず、ウォークマンなどの音楽プレーヤーと気軽に接続して音楽を楽しめます。
左右のスピーカーと本体、そして音量ダイヤルとは有線なのが少し残念です。(仕方ないでしょうが)
音質は可もなく不可もなくですが、手軽な再生スピーカーとしては良い商品だと思いました。
もう少しフルレンジスピーカーの品質を改良できればベストバランスなセットになると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月13日
彼氏の誕生日プレゼントに購入しました!気に入ってくれたかは分かりませんが、いつもこれで音楽流してます(^^)
ウーハーがいい感じです!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年12月28日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
【長所】

 テレビの外部スピーカーとして使っています。

・使い勝手

 ワイヤード手元コントローラは

 音量をダイヤル式に左右へ回すだけで直感的に操作できるのでとても便利。

 一緒にヘッドホンジャックも付いているので、音量を調整しながら聴けていいです。

・音質

 そこそこ低音も利くので、ニュースからバラエティーやドラマを観る分にはいいと思います。

・比較

 同じサンワダイレクト製の

 「Bluetoothスピーカー高音質 低遅延apt-X AAC対応 NFC対応Bluetooth4.0 木製 iPhoneスマホ対応 48W 400-SP050BK」

 を持っていますが、かなり低音が利いていて下の階までボンボンと響くほどです。

 映画鑑賞する時はこれに切り替えると、迫力が違います。

 あと持っている音楽コンポのスピーカーよりもいい音なので、音楽鑑賞の時も切り替えて使っています。

【短所】

 映画を観る時、ずいぶんと迫力に欠けます。

 高音だけを聴いてみると、PCの再生音みたいで平たい感じです。

 じゃ、低音を加えたらいい音になるかと言ったら違いました。

 試しにソニーのネットジュークを再生してみると

 BASSコントロールをMaxにしても高音の設定がとても軽い感じなので

 どうしてもアンバランスな感じに聞こえてしまう。

 ソニーのハイレゾウォークマンを再生してみると、

 低音が無理やり強くしてあるような感じに聞こえました。

 BASSコントロールを調整しながらやってもバランスの悪い音で

 このスピーカーでは音楽は聴けないなという感じです。

【結論】

 音質とかをあまり気にしない方なら、映画や音楽も大丈夫かもしれないのでおススメします。

 音質を気にし出したらキリがありませんが

 気になる方にはこの商品はバラエティーやドラマ鑑賞程度くらいで期待すると外れるのであまりおススメしません。

 ということで星2つ。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)