Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0194
5つ星のうち4.0
スタイル名: 1台|変更
価格:¥11,580+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト50レビュアー2015年3月16日
AtermWR9500Nからの買い替えです。
フレッツ光ネクスト ハイスピード(200Mbps)からギガライン(1Gbps)に変更し、スピードテストで700Mbpsを超える速度をマークしたので、無線LAN環境も高速化しようとこちらに買い替えました。

※※※※※※
2016年03月30日現在 ファームウェア Ver1.0.13が提供されています。
安定性の向上以外に、セキュリティの脆弱性の修正が含まれているのでバージョンアップは必須です。
詳しくは Aterm のサポート技術情報を参照してください。
※※※※※※

2台で親機、子機として使用するため、2台セットのイーサネットコンバータセットを購入しようと考えましたが、1台ずつ買ったほうが安かったのでWG1800HP2を2台購入しました。(イーサネットコンバータセットも同じWG1800HP2が2台入っているだけです)
イーサネットコンバータセットではペアリングの設定がすでにされているのですが、1台ずつの購入だと自分でペアリングしなければなりませんが、らくらく無線スタートのボタンを押すだけでペアリングできるのでそれほど面倒ではありません。
2台ほしい方は価格変動がありますので、その時の価格差と手間を考慮して購入しましょう。

一般的な木造2階建ての家ですが、1階の「Bridge Mode」の親機を光ルーターに接続し、2階の「Converter Mode」の子機にパソコンとプレイステーション3を有線LAN接続、スマートホン、iPod touchをWi-Fi接続しています。中継モードはTVモード(5GHz)に設定しています。
LANケーブルはCAT6準拠以上が望ましく、5e以下のものは速度が出ないものもあるので注意が必要です。1Gbpsでリンクしていない方はLANケーブルを見なおしてみましょう。

子機は親機の真上の部屋の隣の部屋に設置していますが、WR9500Nの時は11n(2.4GHz)接続で150Mbps位だったものが最速500Mbps程度に高速化し、高負荷をかけても速度低下や接続が切れたりすることもなく非常に安定しています。
発売当初はWiFi関係で速度低下などの問題がありましたが、ファームウェアのバージョンアップで解消されたようです。
以前Wi-Fiで繋いでいたプレイステーション3は11G規格だったのでかなり通信速度が遅くアップデートのダウンロードが遅かったり、パソコンからのネットワーク共有のメディア再生もコマ落ちしていましたが、11AC規格の子機に有線LAN接続した所ダウンロードが高速化し、ネットワーク共有でのハイビジョン映像もストレス無く再生できるようになりました。プレイステーション3のLANは1000BASE-Tに対応しています。

子機が中継機を兼ねているので、どの部屋でも電波が強くスマートホンなどのWi-Fi機器は快適に使用できます。Androidスマートホン SH-01F、SO-02Gで100Mbps以上安定して出ます。

「こども安心ネットタイマー」という機能があり、機器ごとにWi-Fi接続時間を細かく設定管理できるので非常に便利です。AndroidやiOS専用アプリ「Atermスマートリモコン」がありスマホやタブレットなどで簡単に設定できます。
中学生の子どもがiPod touchを使用しているので重宝しています。

簡易NAS機能でUSB接続したハードディスクやUSBメモリーをネットワークドライブとして使用できます。
FAT32及びFAT16でフォーマットしたものでなければ認識しないので、4GB以上のファイルは扱えません。以前使用していたバファローの無線ルーターではXSFでフォーマットでき、4GB以上のファイルも扱えたので残念です。

説明書によると「Bridge Mode」と「Converter Mode」の場合、aterm.me/でクイック設定Webに入ることができず、有線LAN接続した上でらくらくスタートボタンを押しながらACアダプタのプラグを接続してCONVERTERランプが緑点滅したら、らくらくスタートボタンを放して192.168.1.210/を入力してはじめてクイック設定Webに入ることができると記されており、設定するのが非常に面倒です。
しかし実際はこのような面倒な作業をしなくてもクイック設定Webに入ることができます。環境によって違いますが、うちの場合は親機は192.168.1.3/、子機は192.168.1.10/で直接アクセス可能でした。
スマートホンやタブレットをお持ちならば「Atermスマートリモコン」からアクセスすることが可能です。
このIPアドレスは「Atermスマートリモコン」からブラウザを開いた時にアドレス欄で確認できます。あと、ESファイルエクスプローラーなどのファイル管理アプリでネットワーク探索すると探しだしてくれます。
スマートホンやタブレットが無くてもパソコンでメディアの共有を有効にしていると、エクスプローラーでネットワークを開きメディア機器のWG1800HP2を右クリック、プロパティを開けば親機のIPアドレスが記されています。

デフォルト設定だと本機のIPアドレスを自動取得する設定になっており、ブラウザにブックマークしてもIPアドレスが頻繁に変わってしまい使い勝手が良くないので、IPアドレスを固定する方法もあります。
本機管理画面から基本設定に入りDHCPクライアント機能のチェックを外し、IPアドレスをWAN側のゲートウェイと競合しないであろうIPアドレスを指定して(192.168.1.250など)、ネットマスクを24、ゲートウェイの固定アドレスをWAN側のゲートウェイ(光ルーターなど)のIPを指定(192.168.1.1など)します。
こうすれば指定したIPアドレスをブックマークしていつでも簡単に本機の管理画面に入ることが可能になります。

コンパクトな筐体で派手な外部アンテナもなくスタイリッシュですが、2階でも充分な速度で通信できます。
1Gbps光回線を引いた環境で無線LANを多用する場合は是非ギガスピードWi-Fiルータを導入しましょう。
review image
0コメント|112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月4日
まだ使い始めですが、設定も簡単で調子もいいです。
ただ、接続1週間くらいで、通信速度が1/3程度に落ちる現象があります。その場合は本機を再起動すれば元に戻ります。
デバイスからブラウザ経由で再起動をかけてもいいですが、設定画面への接続も面倒だという方で、本機のコンセントやacアダプターに手が届くようならそれを抜き差ししてしまった方が早いでしょう。

2016.2.23追記
レビュー後、ファームウエアのアップデートがあることを知り、アップデートしてみたところ、その後の速度低下は認められなくなりました。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月13日
1台を試しに購入するつもりが、2台で32,400円だったので思わず安いと思って購入したらコンバーターセットが来ました。
現在はまた値段が上がっていますね。まだ出たばかりの商品なので、価格変動が激しいようです。
フレッツの終端装置を近々1Gbpsにアップグレードするので、その準備のためにセットアップしました。

セットアップ手順(親機ブリッジの時)
1) 親機をブリッジモードとし、クイックWEB設定(192.168.1.210)でSSIDを変更し、セキュリティはTKIP/AESに変更。
オーナー SSIDとゲストSSIDをそれぞれ11nと11ac用に準備。またWEP Only機器向けにWEP専用SSIDをもうひとつ合計5 SSIDとしました。 ゲストはネットワーク分離をオンにしてあります。また、TVモード中継機能はデフォルトのまま有効にしました。
子機は中継機モードとするため、親機と子機でSSIDは同じです。

2) 子機は親機の設定をらくらく無線スタート手順で同期させます。
3)親機を終端装置につなぎ再度電源Off/Onさせ、ブリッジとして立ち上がり子機と通信するのをActivity,2.4GHz, 5GHzランプで確認。
4)終端装置と親機は1Fに子機は2Fにおき、5つのSSIDに接続できることを確認。

これまで電波が弱い部屋があったのですが、これでPC, Mac,iPhone5, iPhone 6 plus、iPad mini, Kindle,Nexus, Chromebook,Chromecast、ゲーム機、ヘルスメーターなど20台強が家のどこにいても快適につながるようになりました。

現在はフレッツファミリーなので、フレッツのSpeedtestサイトでの性能測定では92Mbps位(PC)です。時間によって測定結果の変動が大きいですがこれはフレッツの性能が揺れているためです。セットアップも難しくなく、WAN側の状態を判断して自動で自分がルーターになるのかブリッジになるのかを判断してくれるのは便利です。

フレッツがギガファミリーになったら、また測定結果などを追加したいと思います。
----
2014/10/29追記
フレッツギガファミリーにしましたので、早速、有線と無線でのテスト結果です。今回はRadish Network Testingサイトで上下の速度を測定しました。MacBook Pro Retinaで測定しています。
11ac
接続:終端装置 --有線--1F 親機 11ac --5GHz--- 2F 中継機 --5GHz-- MacBook Pro Retina
下り 227.4Mbps (28.42MByte/sec)測定品質: 94.5
上り 131.3Mbps (16.41MByte/sec)測定品質: 99.1

有線接続
接続:終端装置 1F --有線 -- Cat5e-- Gbit Hub -- Cat6 -- MacBook Pro Retina
下り 684.4Mbps (85.55MByte/sec)測定品質: 94.6
上り 567.7Mbps (70.97MByte/sec)測定品質: 96.1

なお、iPhone 6 plusでの接続は11acには対応していますが、MIMO対応ではないのでこれまで最高 88Mbpsです。
LTE接続の場合、最高42Mbps(東京)程度なので、それよりは早いかな。
0コメント|99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2015年8月14日
【2015.10.24更新】
*待ちに待った『アップデートファームウェアの公開』です。
*ファームウェアバージョン『1.0.12』。
*ファームウェア更新内容は以下の通り。
 1.一部のご利用環境での有線通信/Wi-Fi通信の安定性を向上しました。
 2.BRモード時にWAN側でグローバルIPアドレスの使用可否を選択できるようにしました。
 3.送信元検証機能を追加しました。
*このファームウェアにて『リンクダウンが完全に解消』される事を願います。
*特別に入手した暫定ファーム『1.0.10』にて約2ヶ月間『リンクダウンが発生していない』
 ので正規ファーム『1.0.12』への期待値は大きい!!
*因みに、皆様御存知だとは思いますが、ファームウェアの更新手順は以下の通り。
 1)WG1800HP2のクイック設定Webを開く。
 2)[メンテナンス]→[ファームウェア更新]をクリック。
 3)自動更新(オンラインバージョンアップ)を選択して『更新ボタン』をクリック。
 4)約5分程度でファームウェア更新と再起動を自動で行い完了。
*最新ファーム『1.0.12』にてまた様子を見て再度レビュー更新します。

【2015.09.10更新】
*NTT西日本『フレッツ光ネクスト隼@1Gbps』に関して、
 WAN側設定の間違いが有ったので訂正します。
*フレッツ光ネクストは『PPPoE接続』ですので、
 Aterm『WG1800HP2』はPPPoEモードで認識させるのが普通です。
*私は、ルータ接続時に色々と『手動設定』していたので、
 『WG1800HP2』の楽々回線診断が正常に働かず、
 誤って『ブリッジモード』で使用していました。
*コントロールパネルからネットワークセンターを見れば直ぐに解るのですが、
 私の思い込みで誤った設定をしていました。
*『WG1800HP2』を工場出荷状態に戻して、
 『クイック設定web』を起動すれば自動的に『PPPoE設定モード』を検出します。
*今回の設定間違いと【リンクダウン】の因果関係は無関係です。
*再設定後も、NECから提供された『暫定ファーム』を使用しています。

【2015.08.14原文】
*某価格比較サイトの評判が良いのと、以前からAtermを使用していたので購入。
*WAN側環境はNTT西日本『フレッツ光ネクスト隼@1Gbps』です。
*主要PCはイーサーネットでの有線接続,iPadのWiFi及びテレビ・Blu-rayのDNLA接続の為に、
 11AC対応(3×3ストリーム)の本機を購入。
*以前は、同Atermの『WG600HP』を使用。
*11AC対応の接続デバイスが増えてきたので、
 『WG1800HP2』を購入した。
*同じAtermシリーズなので、手動でのWAN側接続は至って簡単。
 ↑しかし、ブリッジモードで使用したため、上位ルータアドレスが自動取得出来ずに、
  手動で『WG1800HP2』にIPアドレス直接入力にて対応(^^;
 *この辺りは、取り扱い説明書にも明記してほしかった・・・

*本題に戻りますが、
 最悪の評価は『ある日突然に』リンク速度が【数百Mbps→30Mbps】まで激落ちする事です。
*症状が突然なので、色々と戸惑いましたがネット上の情報を収集して自分なりに対応しました!!
*リンクダウンが発生する可能性の高い環境は以下の通り。
 1)iOS端末の接続
  ・iPhone,ipad,MAC等を接続している環境でのリンクダウンが多く報告されている。
  ・リンクダウンに気付いた時は、ルータ電源のOF/ONにて一時的に回復する。
   ↑この状態を『熱暴走』と誤認識しているユーザーが多数(><)
 2)NECの対応
  ・サポートデスクは基本的に『リンクダウンの不具合を把握していない』のか、
   サービスマニュアル通りの対応なのか解らない・・・が惚けられる。
  ・本機に限らず『11AC対応のAterm全シリーズ』にてリンクダウンの可能性が有る。
  ・リンクダウンの環境が限られる為、NECとしてはリコールを行う予定は無い。
 3)リンクダウン回避対策
  ・NECへのインタフェースはサポートデスクしかないので、
   ネット上で調査した情報を『根気よく伝える』のが入り口。
  ・担当者次第ですが、対応の良い担当者の場合【NEC開発部】に問い合わせてくれる!!
  ・NEC開発部では【現在調査中】と真摯に対応してくれます。
  ・NEC開発部では非公開の【暫定の対策ファーム】を準備している。
  ・サポートデスクの担当者が当たりなら、【対策ファーム】へのURLを口頭で教えてくれる。
  ・【対策ファーム】のURLを入力するとアップデート用のバッチファイルが入手出来る。
 4)暫定ファームでの回復
  ・暫定ファームに手動アップデートしてから約2か月経過するが、
   以前は頻繁に発生していた『リンクダウン』が一切発生しない。

*と言う感じですので、ネットワーク知識に精通していないと、
 サポートデスクを動かすのは難しい(^^;
*『暫定ファーム』さえ入手できれば『サクサク且つ安定したWiFi環境』が構築可能!!
*私の個人的な感想は、
 メーカー側の宣伝文句ばかりを信じてハイスペック機をNECで購入するのは、
 危険性が大きい上に、まだまだ世の中の接続デバイスが『3×3ストリーム』に対応していないので、
 競合他社の『2×2ストリーム』ルータの購入をお勧めします。
*2015/08/14現在正式発表されていない『対策アップデートファーム』がリリースされれば、
 今後の拡張性やNAS機能を搭載した『WG1800HP2』が現時点でのお勧めルータになると思います(^^)v
*間違っても『普段から簡単接続』しかした経験の無い方々の購入は避けた方が良いです(^^;

以上、私なりに調べた情報を『公開できる範囲』にて記載致しました。
2コメント2件|46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月16日
これを買うまではこれよりもちょっと安いNEC製のAtermシリーズの商品を使っていたんですけど5Ghzも2.4Ghzも1階から2階まで電波が届かなかったので、今回この商品を買わせていただきました。
今まで使っていたルーターをイーサネットコンバーターとして使用することができたので、今では1階から2階までwifiの電波が途切れることはなくなってくれて助かっています。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月26日
今まで使用してたB社のルーターがそろそろ限界ということ、つまり二階まで電波がほとんど
届かない状態になった為(木造二階建てでPS3がオンラインにならない状態)

今後PS4、PC、大画面テレビを二階に設置しようと思っていたので、このシリーズではそれなりに高スペックな方で
かつ、三階まで届くというふれこみの本機を購入してみました。

結果。。。。3階まで届きません。。。いや、、、、2階まで【さえ】も届きません。

う~~~んなるほど、他の方のレビューどおり、高価なルーターを購入しても電波の届く
距離に限界があるということでした。

そんでもって、3階まで届くと言うのは、都心の3階建ての建造物での話であって、それは
【決して】嘘では無く、自身のような田舎者の広いだけの一軒家での使用が例外なのだから仕方がないと
納得した次第です。

ということで、電波の届く距離が広くなると思いこみ本機を購入すると肩すかしをくらうでしょう。

ただし電波の届く守備範囲内であれば、低スペックのものより、とにかく安定度があり、サクサク動きます。

自身は二階まで電波が届かなかったので、単純な発想ですが本機だけ電話回線から長いコードを
引っ張って来て自宅の一階の中心部に設置しました。

すると自宅全体に電波が届くようになったので、大きい自宅の方、本機を購入して電波が届かないと
思った方はお試しください。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月21日
Wi-Fi中継機を親機と離れた部屋に置いて、どの部屋からでもストレスなくWi-Fi 接続できるようにするため本セットを購入しました。
結果は大正解!
家中どこでも135〜390Mbpsのリンク速度(スマホ・タブレット)になりました。大満足です。

風呂にタブレットを持ち込んで、ひかりTVのストリーミングを観ていた家人からも、画面が超キレイ(HD画質)になったと喜ばれました。
今のところリンク切断、速度低下といった不具合も全くなし、家中が快適なネット環境になりました。

これまで無線LAN規格の変わり目でC社B社と何台か無線LANルータを買い換えましたが、ノートラブルだったのはNECだけでした。今回も次の規格までそうあることを期待しています。

■これまでの構成(5年間使用)
親機:WR8700N(ルータモード)
子機:WL300NE-AG(イーサネットコンバータ:有線)

■交換後の構成
親機:WG1800HP2(ルータモード)
子機:WG1800HP2(Wi-Fi TVモード)

■「高速中継モード」と「TVモード」について
子機の設定には「高速中継モード」と「TVモード」の2通りあり、中継した先の子機との接続が、それぞれ2.4GHz/5GHz専用に切り替わります。
「TVモード」と言っても、本機にはもともとアクセスポイント機能があるので、5G専用のWi-Fi中継機として使えます。

あえて「高速中継モード」(2.4GHz)にする必要があるのは、
・中継機に2.4GHz(11gとか)で接続したい場合
・TVモード(5GHz)では電波が届きにくく不安定な場合
主にこの2通りだと思います。

わが家の場合は、5Gのみで家中どこでも135〜390Mbpsのリンク速度(※※)になったので、結局TVモードにしました。
※※)Xperia Z2, Xperia Z2 Tablet, AQUOS PAD(SH-08E)
※12/30追記:その後中継機の場所を見直したところ390〜433Mbpsまで改善

以下、デフォルトの『Wi-Fi TVモード』から『Wi-Fi 高速中継モード』に設定変更する際の手軽なやり方を紹介します。
長文なので興味のある方以外は読み飛ばして頂いて結構です。

子機の工場出荷時の設定はコンバータ(CNV)かつ『Wi-Fi TVモード』です。
『Wi-Fi 高速中継モード』への切り替え設定をしたい場合は、子機側にログインして設定を変える必要があります。

取説では子機のクイック設定Webを使ったログイン手順の説明があります。
PCを子機に有線接続してから、電源を落として、10秒待って、らくらくスタートボタンを押しながら再び電源を入れて・・・(子機のDHCPサーバ機能を有効にして、有線接続したPCとの間でローカル接続するため)
そして設定が済んだらまた親機と再度リンクさせるのです。が、はっきり言って面倒くさいし、取説なしでは厳しい。

実はスマホからでも親機と同様、ブラウザから無線でログインできます。
子機には親機のDHCPサーバ機能で若い順に空いているアドレスが振られています。なので、ブラウザから
http://192.168.10.★/でクイック設定Webに入れます。
※デフォルトで親機が192.168.10.1なので、★は2以降の数字。ログイン画面が出るまで★の数字を順に増やして試します。(わが家では3が振られていました)
※上記が有効なのは、親機の設定(アドレス,DHCPサーバ機能)をデフォルトから変更していない場合です。

クイック設定Webのログイン画面が出たら、それが子機のアドレスです。
ユーザー名とパスワードを適当に入れログインすると、子機(コンバータモード)の設定画面に入れます。(親機とは設定画面のメニューが違います)
この方が簡単だと思うのですが。

ちなみに、取説には『子機は出荷時にコンバータモードで192.168.1.245に設定済み』と書いてあります。
これは親機とリンクする前の初期アドレスです。
クイックガイドに沿ってセットアップすると、その時点で親機のDHCPサーバ機能で子機のアドレスが書き換えられてしまい、192.168.1.245ではアクセスできません。
親機のデフォルト192.168.10.1に手を加えなければ、上のやり方でサクッと子機にアクセスできます。

この辺りの説明がはしょられているのでちょっと不親切だと思いました。スイッチで切り換えができると簡単なのですが・・・
0コメント|53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月26日
AtermWR8700N(HPモデル)イーサーネットコンバータセット PA-WR8700N-HP/NEからの交換組です。少世帯マンションから一軒家へ引っ越ししたので、受信環境がギガスピードWi-Fiルータ受信が可能になったのを機に交換しました。受信能力、設定の容易さ、コスパ等々全く文句のつけよう無し !!
勿論、カタログ=リーフレット通りのスピードは「BB TEST」等のアプリで計っても出ませんが圧倒的に前機とは「桁」違いのスピードが出ます。いつもNEC製品は他社製より価格的にイマイチですが、ここは「信用・信頼度」「ブランド」「製品完成度」と割り切って使っています。今迄何度かNEC製無線ルーターを使用してますが「裏切られた」経験が無いのでこれからも使用するユーザーだと思います。もうチョット「価格は頑張って」は「希望」です。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月17日
2階建て一軒家での使用。
1Fの家の奥に設置。

電波最高→4本、弱い→1本、入らない→0本で表すと、
設置位置(4本)、隣の部屋(3本)、玄関(2本)、2F手前(1本)、2F奥(3本)、玄関外家の角(1本)、トイレ(2本)、風呂(1本)レベルで電波は入ります。
思ったより強いですし、思ったより弱いです。
1本でもそこそこ速度が出るので強いのですが、4本入る範囲が設置した部屋だけなので弱いです。

3ヶ月経過した状態で上記の状態ですが、設置直後は1.5倍は強かったです。(風呂で1~2本くらい)
速度も少し遅くなった気がしますが、多機種で同時利用していても使えているので十分満足です。

一軒家ならこのレベルで十分だと思います。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月30日
大元のルーターはヤマハのFWX120で、ローカルルーターモードで使ってます。
高校生と中学生の子供がいるんで、ファミリースマイル機能とネット接続時間制限機能が欲しかったので購入しました。
バッファローの8000円程のルーターも使ってましたが、ファミリースマイル機能も甘かったし(無料だから仕方ないですが)、ネット接続時間制限機能も誤作動を起こしてました。
2週間程使ってましが今の所、両方の機能は問題なく作動しているようです。
3~4台程接続してますが、アスセススピードも遅くはありませんね。
発熱を気にしている方もいるようですが、そんなに気になる程の熱さではありません。
最初の設定は、他メーカーと比べて少し面倒ですが、説明書通りに進めていけば問題ありません。
後は長期での運用で安定しているかどうかです。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)