Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
16
5つ星のうち4.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2015年12月24日
鉄道員をしています。 この冬の時期は、袖口がマジックテープになっているジャケットを着て仕事をするので、腕時計をいちいち、めくるのが苦労するので、今回、この「定番中の定番」を購入ししました。

時計本体については、大きさ、見やすさ、正確さは、どの時計よりも、ずば抜けていますし、生産数が多い分、メンテナンスも、今後心配することはないでしょう。

あらゆるところに、試行錯誤して、この時計に集約されたんだと、思います。ですので、購入する前から、この部分は納得して購入したのですが、購入して改めて、驚いたのが、付属の「江戸打ち紐の完璧さと美しさ」だと思います。

制服の懐中時計ポケットに入れて、制服の上着を着ると、ちょうど写真のように、江戸打ち紐が美しく組まれた部分が、さりげなく、表現することができますし、容易に時計を取り出すことができます。

また、手に懐中時計を乗せて、落下防止のために、江戸打ち紐を手に巻くとちょうど良い長さなのがわかります。

つまるところ、どれをとっても「完璧」なのです。

とはいえ、鉄道時計という特殊な時計ですので、普段使いや、他のビジネス時計には合わないかも知れません。
review image review image
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月26日
業務用(プロ向け)の時計は数ありますが、一般で一番見かけるのが鉄道時計だと思います。
現行の電車でも、運転台に鉄道時計を収めるくぼみがありますね。

セイコーの鉄道時計は、85年前に当時の国鉄で採用された歴史を持つ懐中時計で
鉄道という業務に即して、見やすい文字盤、割れない風防、程よい大きさ、高トルクで正確な運針、耐磁を
実装・継承して今日まで続いています。
(当初は手巻きでしたが、現在のものはクォーツになっています)

この商品(SVBR003)は、前モデル(SVBR001)のマイナーチェンジのような位置づけなのですが
ケースが真鍮(クロームメッキ)からステンレススチールに変わっているのが一番の特長です。
この時期に発売したのは、85周年記念モデル(SVBR005)のベースにするためなのかもしれませんが、
ステンレスになったことで、より長期的にきれいな状態を維持できそうなのは良いと思います。
(使い込んで真鍮の地肌が見える醍醐味はなくなりますけど)

材質の変更があったためか実売価格が結構上がっているのが残念ですが、業務用のと同じものが
一般店で買えるということもあり、ぜひ実際に手に入れて使ってほしい時計ですね。

携帯に押されて腕時計をつける人は減ったと言われる昨今ですが、時間を見るという一点をとらえると
「見やすい」懐中時計という選択もありだと思います。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年8月30日
 電車の運転台に置いて使用する、おなじみの懐中時計型鉄道時計には、国内ではSEIKO製かCITIZEN製がある。CITIZEN製は一般市販されていないので、一般ユーザーが普通に購入できるのはこちらとなる。

見やすく安定した高精度と、完成されたシンプルかつスマートなデザインで、長らく鉄道現場だけでなく一般にも広く愛用されている。
特徴である大きな針を比較的高精度で安定して動かすために、ダイバーズウォッチ用から派生した7C21キャリバーを使用している。

先代(SVBR001)はたしか1998年頃の発売で、キャリバー改良による電池寿命の長寿命化がポイントだったと思われるが、今回のモデルチェンジではケースのステンレス化が大きなポイントである。

●利点:
・なんといっても大きく見やすい針と文字盤
・読みやすいながらも、少し粋を感じさせる数字フォント
 (CITIZEN製は普通のブロック体)
・程よいサイズ感とシンプルかつスマートなデザイン
・ダイバーズ譲りの7C21キャリバーの安定性と比較的高い精度
 (公称月差+/-15秒だが、+/-10秒以内のものが多いのではないか)
・ボディのステンレス化によって錆の悩みが解消
 (先代は裏面にサビが浮きやすかった)

●改善に期待したい点:
・アクリルガラスはキズに強くなく、一般の懐中時計と異なり蓋がないためポケットに一緒に入れるものに注意が必要(キャリングケースなどがあると望ましい)。
 (割れた時の安全性などもあるので、ガラス採用も別の難しい問題があるが…)
・CITIZEN製のように針やインデックスに夜光塗料によるポイント表示があればベター。
・不慮の事態に備えて、日常生活防水程度はほしい。

 基本的に完成しているモデルなので、ケース以外は利点、改善希望点ともほぼ従来どおりではある。時計としては間違いなくオススメできるモデルである。特にサビが浮き出すと面倒なので、これから購入する方には先代よりこちらを強くお勧めする。

なお、当方所有の先代SVBR001では、使用開始6~7年目くらいで遅れが大きくなり、しばらくして停止したことがある。このときの原因は油分の劣化によるものであった。ちなみに、当方ただのサラリーマンのため、特異な環境下での使用はしていない。
一方、同系クオーツ(7C46・公称電池寿命5年)を採用したSBBN011では、丸8年間以上2秒運針になっても、このような事態は発生しなかった(もちろん、経年に応じた油分の劣化は認められたようであるが)。
せめて日常生活防水程度の防水性(気密性)があれば、劣化がもう少し抑えられたのではないかと思うので、特に防水採用はお願いしたいと思っている。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月9日
父の100歳誕生日にプレゼント、これからもいい時間を過ごせて欲しいものです。とても見やすいと喜んで貰いました。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月11日
高校生にしては、少し高すぎる買い物でしたが満足。
よく遠出をするので、そのお供として重宝しています。
85年間も鉄道と共に歩んできた、というロマンも感じられます。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月25日
鉄道時計は 明治4年。翌年 新橋-横浜 開通で日本の鉄道誕生 これにて使われ始めました 
その当時日本では まだ不定時法(和時計)が使われており 明治6年に 定時法(今の時計)になる
明治4年当時 日本では正確に刻む時計が無く 鉄道時計はアメリカの ウォルサム が使用され
明治40年 帝国鉄道庁 大正9年 鉄道省  と名を変えつつ 鉄道時計はその時計が使われていました
(ウォルサムのメーカーは今でもありますが 今では製造がほとんどされていないようです)
その後 ウォルサム以外の時計も混じっており時間誤差があり その誤差を無くす為
昭和5年 当時 精工舎 (現在 セイコー)にて日本の鉄道時計が生まれました 
当時刻印 SEIKOSHA (現在 SEIKO) 今に続く鉄道時計
当時の秒針はスモールセコンド(小さい秒針) 手巻きでした。
19セイコーとウォルサムとの準拠の話が昭和の時代にあり その当時、数人の鉄道関連の方に
話を聞きましたが首を縦に振る方は一人もいませんでした(昭和5年から約10年後が原因)
19セイコーからのものは内部部品も日本製のものでありいくつか変わるところがありましたが
今日まで続いてきました。
このSVBR003は今まで続いてきた真鍮メッキからステンレスに変更された
明日に続くすばらしい鉄道時計です。

(再追記) アクリル風防などについて
今回の変更では本体が変更されましたが 風防はアクリル風防のままでした
性質上 ガラス風防では 風防の曲線が弱くなり 
サファイヤ風防の場合平面風防になる為ですが 今後ガラス風防に期待します。

ムーブメントは 前作のSVBR001 と同様のため 電池寿命10年 、耐磁性や
月差 15秒 (ばらつきが あると思いますが私の物は 6秒程度でした)はそのままです
時計の針の軸は 機械時計並の太さで クオーツ時計としては珍しくやや稼動音も大きめです
その分 大きく見やすく正確な針が この時計を引き立てています

かつての セイコーの アストロン(初期の物)は 月差 5秒以下(実際それより上の性能) 
ほぼ 年差レベルでしたが 50年ぐらい前のものなので当時の価格で車が買えるほど
(水銀電池のため購入された方は 悲しいショックがあったようです)
ウォルサムの 傑作品 リバーサイドは 当時 家が買えるほど
江戸時代 前半の和時計は それ以上といわれていた価格だったようです
昭和のクォーツショック以後時代と共に時計が安く購入できるようになりましたが
最近では電波時計が中心になっています 鉄道時計は電波時計にできないため
セイコー アストロン(初期型)の超高性能は魅力的ですが今でも年差レベルでは
高価になってしまうのでしょうか。

 
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月17日
欲しいです!!
でも、SVBR001とSVBR005で満足してしまっているので、二万五千円を払えるかというと・・・
いえ、オールステンレスの良さはわかってます。だから、欲しくてたまんないんです。
もし、今このときに実用目的でSVBR001を買おうとしている人には、絶対こちらのほうがお勧めです!

もちろん、85年受け継がれてきた伝統の真鍮ケースが欲しいという方には、SVBR001しかありえませんが。

うーん、結局、今このときに買うのなら、SVBR001のほうが良いような気がしてきたなあ・・・だって、この003は今後ずーっと作り続けられるに決まっているんですから。

-----2015年2月27日追記。
今amazonで見たら、ついにSVER001は「出品者のみ」になってしまいましたね。在庫が終わってしまったようです・・・
何十年も現役だった先代に代わり、これからはこの003が、また何十年もがんばってくれるのでしょう。
明日買いに行きます。
2コメント2件| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月27日
私は鉄道ファンとしてこの時計のマイナーチェンジ前の製品であるSVBR001を購入しました。
他に昭和30年代の鉄道時計を所持していますが、文字盤のデザインは、あまり変わっていません。
鉄道の現場で昔から使われ続けている視認性の良さや正確さはもとより、無駄な機能が一切ない非常にシンプルで使いやすい時計であると思います。
また、電池寿命が約10年であり、長い間電池交換が不要である点も大きな魅力です。
鉄道ファンの方も、そうでない方にもおすすめできる時計です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月15日
懐中時計の隠れFANなんです。ただ「鉄道時計」だけは1台も持っていませんでした。シンプルなデザインに隠された、なんとも言えない重厚さに感激しています。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月6日
懐中時計はかっこいい。価格は満足、デザインも満足です。高級品を求める人は高級品をどうぞ。入門用に最適。まづは安心のセイコーから出発だ。次は置き台がほしい。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)