Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年2月8日
こういうインナータイプの物はイヤーピースのフィット感がすごく重要なので緩いと隙間が出来て低音が抜けてしまう
ピッタリ合う物を着ければ抜群にいい音を鳴らせてくれる。
A2とどちらにしようか迷ったがダイナミック・ドライバーのサイズが12ミリより16ミリなのが一番の決め手でした。

あと耳掛けタイプの方が安定するしイヤーピースさえ耳の奥まで差し込んでフィットさせれば低音も音漏れせずしっかり鳴ってくれます。
寝転んで聞いてもズレたりしないので、いまテイラースウィフトのCDを聴いていますが低音がズッシリ来て心地いい。

これで聴いていると今までそんなに意識していなかった音に気づいた
久しぶりにイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」を聴いてみるとそれまではドン・フェルダーとジョー・ウォルシュの
ツイン・リード・ギターとドン・ヘンリーのヴォーカルに耳が行くのが普通でしたが、
ベースのランディ・マイズナーのベース・ラインは結構複雑なメロディ・ラインがとても心地良い事に気づいた。

※追記
見た目が大きくて周りの目を気にする人も居るかもしれませんが、
表を歩けば大きなヘッドフォン着けてる人も居るくらいだから自分は特に気にしていない。
それと付属のイヤーピースはシリコン入りのほうは硬めなので耳の穴の形に合ってないとフィット感は悪いが、
普通のシリコンなしのほうは柔らかいので耳の中に入ると穴の形に合わせてくれるので
奥までスッポリ入ってしっかりフィットして心地良い重低音を響かせてくれる。


イヤーハンガーのフィット感に違和感を感じる人が居るかも知れませんが、
自分の場合は先にイヤーピースを奥まで差し込んでからハンガーは
あくまでも補助的に耳の外側に沿うようにするだけで特にずれる事もなく安定しています。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月27日
自分は買ってすぐのレビューになります。
あまり詳しくないので参考程度に、、、。

自分mdr-ex1000を使っており、今回新商品が出たということで財布との相談によりA3を買いました。
使用環境はZX1直さしか、PHA2をかませてます。

・着け心地
 ものすごいいいですね。
 EX1000より少し硬く、しっかり固定してくれるので、つけててもずれることはないです。

・音について
 結構自然ななり方で、空間が結構広いです。
 楽器ひとつひとつがよく聴こえて、聞いてて心地がいいです。
 EX1000は結構ダイレクトに音が来るのに対し、こっちのほうは空間が表現されていて
 なかなか聴き入ってきしまう感じです。
 
・遮音性
 なかなかいいです。
 自分は聴く音が大きいということもあると思うのですが、全く気にならないです。

全体的にとても満足のいく買い物だったと思います。
これから使い込んでいけばもっといい音になっていくと思うので、楽しみですね
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2015年10月20日
【XBA-A2】と比較して【XBA-A3】は低音が弱いとよく言われますが、
低音が少ないのではなく、高音域がクリアな分、そう感じてしまうのだと思います。
実際、A2も所持していましたが、
A2は大きな本体をイヤーピースの押し込みだけで保持しなくてはいけません。
ホールド性がイマイチなため必要以上にイヤーピースを押し込んだ結果の
『低音強め』の印象、なのではと思います。A2でも適正に付ければ高音域は
綺麗に聴こえるはずです。

話をA3に戻しますが、このA3は耳かけ式のため、ホールド性は問題ありません。
デサインは個人的にはメカっぽく隆々として好きですが、
見る人が見ると『ツチノコ』っぽく見えて賛否はあると思います。
肝心の音については、SONYらしさを感じる最先端技術を結集した音になっていると感じます。

隆々ボディに内蔵されているのは3WAYハイブリッド機構である
リニアドライブバランスド・アーマチュア(BA)2基(高~中音域用)と
イヤフォンとしては相当大きい16mmのダイナミックドライバー(低音域用)。
BAで繊細な高~中音域を表現し、BAでやや苦手とされる低音域を
ダイナミックドライバー(大型振動板)で表現しているとのこと。
得意な音域は得意なドライバーで再生・・・まさに理想的な構造だと思います。
うまく全音域にかけてバランスの取れた音に仕上がっていると思います。
重低音はSONY【XBシリーズ】でお馴染みのズンズン響く低音から
ボワつきを改善したクリアで締りのある低・重低音へ調整されています。
音圧を維持したまま荒らさが消えた印象です。

低音は量があり締まって十分気持ちよく聴かせてくれますが、
【高音域の透明感】が印象的に残るイヤフォンです。
さすが、いいとこ取り・・・BA+ダイナミックのハイブリッド型です。

~ 【XBA-A3】単独 と 【XBA-A3】+【MUC-M12SM1】での変化点 ~
SONY純正の別売りケーブル【MUC-M12SM1】を接続すると更に透明度が上がります。
変化を感じない人はいないと思います、かなりの変わり様です。
音の輪郭がはっきりとして音の分解度が向上します。
ボワつき感が更に無くなり、相当締まった低・重低音に変化します。
解像度、分離度が全音域で向上するため、音の距離感、奥行と広がりが鮮明になります。
全音域にかけて色んな音がくっきりと聞こえる印象です。

リケーブルの評価の様な感想にもなってしまいましたが
それだけ、【XBA-A3】と【MUC-M12SM1】のセットが素晴らしいということです。
これまで、自分の中ではこの【XBA-A3】より若干JVCの【HA-FX850】が評価が上でしたが
リケーブルした【A3】は高・中・低音域のバランスと臨場感たっぷりのクリアな解像・分離度が
やや低音に偏っている【FX850】を追い越し、【A3+リケーブル】の方が評価が高くなりました。
【A3+リケーブル】は全音域での解像度と分離、バランスが絶妙です。

同価格帯のイヤフォンで購入を検討している方は
木製のハウジングに真鍮を組み込み、自然な音作りに重点を置いて設計されている
JVCの【FX850】と比較、試聴してみてください。
同じ曲で聴き比べると違いが面白いと思います。

【XBA-A3】は【MUC-M12SM1】をセットで使用することを強くお勧めします。
総額4万円近くになりますが、その価値は十二分にあります。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月12日
その昔、今では型番も忘れてしまった程度の安いイヤホン達を渡り歩いてきた自分が、某店の店員に勧められるがままに試聴し、30分後には1か月先までの小遣い不足に泣く予感と共に妙にワクワクしながら持ち帰ったイヤホンが10proでした。
あれから数年、すっかりイヤホンの泥沼にはまって散財を続けてきましたが、やっと終着駅に辿り着いたかな?と感じてます。
(ちなみにカスタムIEMにはあえて手を出してません。性格的に破産するのが分かってるので。。。)

装着の仕方は奇しくも10proにそっくり。おかげで変に目立つところもそっくりです。
着け心地もよく似てますね。取れやすそうに見えて実は安定してます。

出てくる音の方向性もなんとなく似てます。音楽を華やか&楽しく聞かせようとする方向性です。
ただし、10proが弾む様なノリの良さと響きの良さからくるクラブのような楽しさだとすると、
A3は繊細さと重厚さを兼ね備えた良質なホールで聞く音楽の楽しさです。

10proとの比較を続けると、10proはどんなソースでも10proで聞いていると感じさせるキャラクターの強さがありますが、A3にそれはありません。
むしろソースごとに「(良い意味で)あれ、こんな曲だっけ?」と思わせるくらいに繊細&緻密な描写をしてきます。

なによりも面白いのはただのMP3が、なんだかハイレゾ音源を再生しているかの様に聞こえることがあること。
ソースの良さを1ランク(以上)引き上げるように聞かせてくれるんですね。ダメダメなソースでも意外と聞けちゃいます。
それなのに、ソース(スマホ直挿し、ポタアン、据え置きヘドアン、バランス駆動)を切り替えたときの反応の良さ・分かりやすさもあきれるほどです。

描写力の懐が深くてジャンルもあまり選ばない。
刺さりはほとんど無いのに突き抜けるように澄み切って伸びの良い高域。
低域は兄弟機A2のように頑張って出しました!という雰囲気はなく、ゆとりをもって鳴らします。
コントラバスや和太鼓の超低音をいい感じに響かせたかと思うと、切れ味の良いリズミカルな低音も出せてしまう。
「万能」という言葉がちらつきます。

ちょっと多めにイヤホンを置いている程度のその辺の電気屋さん(ヨドバシとか)で簡単に手に入るイヤホンとしては、現時点でほぼ最強なんじゃないでしょうか。
ただ、遮音性はあんまり良くないので、電車の中等では実力を発揮しきれないかもしれないですね。
それと、純正のケーブルは耳かけ部分が太くて眼鏡にはちょっとなじまないです。自分は純正でリケーブルしました。

ちなみに、A3についても(弱)ドンシャリという意見を目にしますが、家庭用のまともなサイズのスピーカー(30cmウーファー位のね)で充分な音量を出したらこの程度じゃ済みません。低域は良くて中型ブックシェルフSP(20cmウーファー)程度の量感です。
中低域(バスドラ位の音域)を無理に持ち上げてドンドンとモコらせてるわけでもないですし、クリアな感じを出すために高域をシャリつかせてる感じもありません。未聴の人も安心して聞いてください。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月19日
各所でよく言われているA3とコンプライのイヤーチップTs-200との相性ですが、試してみたところ、自分には余り良いものだとは思えませんでした。
コンプライ付け替えで確かに遮音性が高くなるのですが、A3の特徴でもある高音の繊細さと音の解像度が全体的につぶれてしまい、勿体無い感じがしました。チップを逆差しすると幾分か改善しますが、根本的にこもった感じの音であるのは、さほど変わりがありません。
代わりにオーテクのER-CK50M BRDを使用しています。これだと標準付属品(2種とも)のイヤーピースよりも遮音性が上がり(もちろんコンプライほどではありませんが)、抜けが良くなり低音は更に伸びる感じです。ややドンシャリ寄りになる(とは言ってもA3は元々音の質が高いので変なシャリ感にはならない)のが人によっては好みが分かれるかもしれませんが。

A3自体については文句のつけようがありません。かなりの高音質です。A1とA2も悪くは無いのですが、A3は音の立体感が両機とレベルが違い過ぎで、次元の高いところにあります。聴いていると心地良さなどは圧倒的に違います。
初めはイヤーハンガーに抵抗があって他のグレードと迷ったのですが、実際使ってみると想像していた程気になりません。ハンガー部はよく出来た素材で耳にかけても疲れませんし、形状記憶になっていて慣れれば着けやすいです。

結局このグレードに決めて大変満足しています。

ちなみにZ5は価格帯が違いすぎて比較対象にはしませんでした。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月17日
まず、リケーブル。MUC-M12SM1は合わせて買っておいた方がいいです。
自分はXba-a2の時に買っておいたのですぐにxba-a3にも使いました。
値段は張りますが、リケーブルする価値は絶対にあります。ほかのことを少し我慢してでもMUC-M12SM1を合わせて買ってください。

さて、音質についてです。
zx100に直差しです。
Xba-a2の感想は低音が凄く、迫力があってロックを聴く自分としてはものすごく良かったです。
ただ、xba-a3にも興味があったので試聴して買ってみました。
その感想ですが、とにかく、細かい音まですべて聴こえます。
Xba-a2から乗り換えの場合、最初は低音が物足りない気もしましたが、それを上回る解像度の高さがありました。低音は高音、中音を潰さずに主張します。
Mdr-1aも持ってますが、xba-a3のほうが聞こえる音の量が多い気もします。
いい買い物をしました。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月4日
まず開封した時の喜びは大きいです。
ケーブルが2つあってとても安心です。
別売りのケーブルも売っているのでぜひ
SONYの人には向いてると思います
高音質と重低音がしっかりして、3万5千円するのには意味があります。
16mのスピーカー(低音)とバランスドアーマチュア(高音)が組み合わせて
MDR-EX750よりすごく繊細な高音で低音も重いです。ヘッドホンよりコンパクトでイヤホンの方がボーカルが得意です。臨場感はイマイチよくわからないです。あとスマホで聴くとき他の3万円よりボーカルが強かったと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月23日
まずXBA-A3は、「原音そのまま」とか「いかに美しく奏でるか」などの類のイヤホンではありません。
「楽しく、華やかに」音を鳴らす。そんなイヤホンである気がします。

とりあえずイヤホンに重要ないくつかのポイントで自分なりの感想をまとめました。
プレーヤーはA16とスマホとPC、コンポなどなどですが、
特に記載がなければどのプレーヤーでも共通に感じたことを書きます。

イヤホン・ヘッドホンは色々使ってきましたが
現在手元に残りしているのは
ZERO AUDIO ZH-DX200-CT
Ultimate Ears 10pro
SHURE SE535LTD
です。

《低音》
よく出る。ただ単に「出る」だけではなく締りのあるスピード感がある音だと感じた。
好みの問題はあるかも知れないがただ量だけ出ているSONYのXBシリーズとは一線を画する低音。
響き渡る系の音もよく出る。
また感覚的な話になるかも知れませんが、標準のイヤーピースでは低音が定まらない感じがした。
コンプライに替えてから締りとスピード感がました。

《中音》
中音部、というのがよくわからないが、高音でも低音でもない部分を中音とした場合、
よく言われる「中音部は下がっているが、出ていないわけでもない」という表現は的を得ていると思う。
イコライザでちょっと持ち上げると途端に独立した音が出るのでとても楽しい。
【弱ドンシャリ系】と表する人が多いが、イコライザ次第で何にも化けるので
ドンシャリで片付けてしまうのはもったいない。
他のイヤホンでは音割れが発生するようなイコライザの設定でも
(音として破綻するが)とりあえずは鳴らしてしまうのは頼もしい。

《高音》
中音と同じく、なのだがイコライザ次第で化ける。耳に刺さるような高音もでる。
でもあくまで音割れしているわけでない。高音が「伸びる!」というのは感じないが
ダイナミック型ではありえない音の鳴り方をする。
聴く音楽にもよるが楽しい音楽を鳴らすと、とても楽しく鳴る。
実は結構繊細な音もなる。

《音全般》
高級で「ちゃんと音を鳴らす!」「美しく奏でる」のイヤホンには無い味付け。
嫌いな人は絶対嫌いだろうし、好きな人には「コレしか無い」と思えるイヤホン。
「耳元で楽器がなっている気が・・」しないし
「限りなく響き渡る弦楽器」ではないが
「音楽ってたのしぃぃぃ」と思えるイヤホン。

《携行性》
みたらわかると思いますが、結構大きいです。
個人的には全く問題ないのですがね。

《遮音性》
コンプライにしたら問題ないレベル

《音漏れ》
結構漏れてるみたいです。
コンプライでもあまり解決しなかったので
筐体の問題でしょうか?
さすがに地下鉄では外の音が大きいので気にならないみたいですが
静かな家で聞いてると「うるせぇ」と言われました。

《フィット感》
「全然ダメ」と思っていたが、コンプライにすると気にならなくなった。
ただコンプライが苦手な人は合わない人も居るんだろうなぁと思う。

《総評》
このイヤホンはプレーヤーによってかなり印象がかわります。
前述の「イコライザ」を使って触りやすいという特徴はつまり
プレーヤーに左右されやすいという意味だと思います。
【優秀なイヤホン】とはいえないかも知れませんが【愛すべきイヤホン】なのではないでしょうか?

ただ。。このイヤホンのポテンシャルが高過ぎるのか
「あれ?もっといい音出るんじゃない?」と思って、
電気屋で色んなプレーヤやらアンプに挿したら最後

イヤホン「いままでの音は第一段階にすぎない」

と言わんばかりにパワーアップしていきます。

僕「これが沼か!?」

ソニー「バランス接続で待ってます」

僕「っ!!!!!」

〈追記〉
別の方がMUC-M12SM1を使用するとすごく良くなったというふうなことを書かれていますが
私も同感です。MUC-M12SM1を付けて売ればいいのに、と思うくらいです。
でも「差がないよ」という人もいるので、好みもあるのでしょうか?
MUC-M12SM1は入手困難ですが大阪のソニーストアで普通に売ってました。
ソニーストアならリケーブル状態で試聴ができるので、「MUC-M12SM1」まで買いかどうかの検討がし易いですよ。
(PHA3のバランス駆動には手を出さないように注意してください)
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月27日
sonyのヘッドホンやaudio technicaのイヤホンなどを経て、少し高級なものに手を出そうと思い同機種を購入した者です。
同じくsony製のウォークマンnw-a16にそのまま挿して使っています。
一応買う前に実機を見たかったので家電量販店まで足を運びました。

当然のことながら最初に気が付くのは特徴的な形状。
シュア掛けというイヤホンの装着法らしいのですがこのイヤホンを手に取るまでは知りませんでした。
しかし、着けるのに慣れてくるとイヤホンのずれも少ないので快適に曲を聴けるようになります。

音質はとても良いです。
私が前から持っている二万円台のsonyのヘッドホンよりは断然いいです。(さすがに値段分の違いはある)
ただ、ケーブルを交換するとさらに音質が良くなりました。
リケーブルというそうですがこの単語も今まで知りませんでした。
一応sony製品ということでMUC-M12SM1を別途で購入して元からついているケーブルはしまってあります。
このイヤホンを買うならぜひ合わせて買うことをお勧めします。

音質と言っても聞いている側からすれば結局感覚なのですが、いつまで聞いても飽きないイヤホンは初めてでした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月14日
スマホをXPERIA Z4に替えたのでハイレゾ対応のイヤホンとして購入しました
いままでせいぜい一万円クラスまでしか買ったことが無いのですが、それらとは明らかに性能が違います
低音は迫力があり、下から上まで全体的に滑らかになり、厚みも出ました
音源自体のランクが上がったと思ってしまうぐらい聴きやすくなり満足です
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)