Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.597
5つ星のうち3.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月10日
発売に購入。
1.脈拍が冬になるとほとんど計測できない。
 サポートセンターに尋ねると、体表面温度が低いと計測できないとのこと。
2.脈拍の誤測定が多い。
3.完全に止まっているのに、歩数がどんどん増えていったり、脈拍が160くらいになったりすることがある。
 そういうときはダブルタップでのメニュー操作もできない。
 クレードルにセットすると復帰するが、出先だと家に帰るまで何もできない。
4.この2ヶ月間で3回くらい突然時計が狂う。
 それも1時間近く、一気に狂う。
5.ビューワーがトレーニング用としては全く機能していない。
 24時間分まとめて表示なので、インターバルトレーニング時にログなどは見れない。

結果として、事務仕事している人に健康管理ツールとしてはいいのでしょうが、運動目的では全く使えません。
ただ、普通に歩いているときや、家でのんびりしているときは比較的安定して計測できているようです。
また睡眠時もたまに計測できていないことがありますが、おおむね正確に計測しているように感じます。
0コメント|156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月15日
発売日から1か月程度は、楽しく使えていたのですが、
その後に心拍計が気が付くと止まっているし、
最近では、毎日気が付くと、時計が大幅に遅れている。

時間が信用できない以上、1000円の腕時計より劣る
ガラクタになってしまった。
1コメント1件|117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月23日
昨年晦日に、解離性大動脈瘤で緊急手術。一命を取り留め、1ヶ月余の入院後、現在自宅療養中。
退院間際は、ちょっとの外出で、動悸で気分が悪くなる事があり、脈拍を実測していました。
高めの状態が続けば、病院に連絡するためです。
ただ、あまりにも面倒なので、何か手軽に脈拍が測れるアイテムはないものかとアマゾンで検索して見つけました。
表示される脈拍数は、自分で実測したもの、血圧測定器で計測された脈拍数と比較しても、常にほぼ同じ数値を示しているので、信頼できます。
横になっているとき、座っているとき、立ち上がったとき、家事を行ったとき、ウォーキングのとき、等々、場面ごとの脈拍数を、いちいち実測することなく知ることができるのは、とても便利です。
家事等で脈拍数が上昇するとドキッとしましが、安静にすると数値も落ち着くので、体調の把握に多いに役立っています。

ちなみに、自分の場合は、その時々の脈拍数を瞬時に知ることができればよいので、他の機能はオマケとして楽しんでいます。
データはPCで見ていますが、歩数はほとんどあてにならないように思えます。
また、自宅療養中ということもあり、昼間横になっていることもありますが、本を読んだり、テレビを見たりしていても、脈拍の安静状態が続くと睡眠時間にカウントされるみたいです。
0コメント|46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月6日
 運動に関しては素人で、自分に必要な運動量がわからず、たどり着いたのが心拍トレーニング。以前は安物のタッチ式の腕時計型を使っていましたが、検知が遅く状態によって5秒~20秒もかかり、常時表示型のものが欲しくなったため本機を購入に至りました。胸バルト式は面倒で、長続きしないと思って除外。電池のもちとか、時計機能があるか、国産かどうか、などに拘るとこれしかありませんでした。心拍計の精度は、他の心拍計とほぼ同じ値を示します(時々バンドが緩いとロストします)。
 本機に改善を望むのは次の点です。
(1) デザイン:デザインが昭和です。厚さも結構あります。常時身に着けるものなので最後まで悩みました。これを乗り越える=自分に納得させるのが一番難儀でした。
(2) 時計に秒数表示が無い。フィットネスやトレーニングで使うなら必須でしょう。また、他人の脈拍を手で計るためにも必須です。加えてラップタイム計測くらいは可能であるべきです。
#(3)データをアップロードすると、バイブレータのオフなどの設定がリセットされてしまう…と思っていましたがWEBで設定できました(後日訂正)。すみません。
(4) 価格。中国産で同じ価格を出すのなら更に高度計が付いてバッテリーが一週間ほどもつApple Watch「もどき」が買えます。本商品に使われているセンサーは$15くらいの血中酸素飽和度計に使われている奴です。医療機器ではないのでもっと安くできるはず。
(5) 充電クレードルが持ち運びに不便。本体の防水性は欲しいところですが、普通のUSBケーブルが使いたい。
 (2)はファームや母艦アプリの改善で対応できるのではないかと。あと、充電式電池の交換とかベルト(ウレタン製なので紫外線とか汗で劣化して必ず切れる)の交換とかも気になりますが、この二つがほぼ同時に駄目になる気がするので、結局そこで買い替えろ、ということかな。また、ゾーン設定が自動ですが、心拍数はトレーニングの目安に過ぎないので装置任せでも良いと思いました(計算式は公開されています)。あ、WEBサイトの消費カロリーの単位ってkCalの間違いですよね。
 良い点は
(1) もちろん胸ベルト要らずの心拍計測。
(2) 充電式であること。他社のベルトセンサー型も含め、CR3020などのボタン型電池を3日に1回交換なんて耐えられません。
(3) 何とか時計の代わりになること。上述のように秒針が無いとか普通のアラームなどもありませんが。
(4) 国産ならではのサポートサービス。サービス拠点が説明書に書いてある。ベルトとか電池とかがダメになりそうなので、有料でもこのようなサービス体制がある、と言うことが安心です。
ってことくらいかと。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月31日
Pulsenseは時計サイズの中で、心拍数測定もできるのが手軽で良いです。
その反面、各レビューで報告されているAndroidとの連携がGalaxy以外はほぼできない所と、厚みが厚く、長袖ワイシャツを脱ぎ着する時に袖に引っかかるところが私的には欠点。あと、活動量計側で、LED設定、バイブ設定をしても、端末につなぐと端末側設定に変わってしまうのが不便。総合的には良い製品だと思うので早く、Android端末接続を改善させて欲しいですね。

追記:ファームウェアアップデートで

皆さん既に報告されていますが、ファームウェアアップデートでAndroidスマホ連携が劇的に改善されました。Xperia z1f を使用していますが、BT接続の問題は解決されました。ただし、BT接続で転送速度が通常どの程度のスピードか分かりませんが、USB接続でのデータ転送と比較すると、データ転送に時間がかかりすぎです。win+usbが30秒だとすると、Android+BTだと5分くらいかかります。これはしばらく改善されないのかなー?
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月24日
自己管理がいい加減なので、始終体調を崩します。
「これではイカんw」と思い、購入。
★が4つなのは、GPSが付いていないから。
承知で購入したので、機能的には充分です。

『パルセンス』は日々の健康管理に役立ちます。
ダイエットに気をつけている人は、『パルセンス』シリーズを付けると、日々の励みになると思います。
ジム通いしてて、ダイエットがうまくいかない人に勧めます。

身に着けていると、時々心拍数見たりして、少しずつ気を使うので、
生活習慣が整ってきたように感じます。
朝はスヌークで目覚まししてくれます。

このタイプは身に着けているだけで心拍数がわかるので、便利です。
ただしGPSは付いていないので、どこで何やったかは、解かりません。
PCでできる、付属のメモリー機能の中にメモしておいてください。

上級のタイプはGPSも付いているので、手軽に総合的な自己管理ができると思います。
正確なものが欲しい方は、胸に着けるタイプを選んでください。
(ワタシは胸付けがメンドーで、これ買いました。)

夜中のライトの件ですが、タップするとライトが点灯して、時刻がわかるようになってました。
暗くても心配ありません。

記録はPCでしています(スマホ持って無いの(--)v)。
PCとの接続ですが無線接続は信頼してないので、USB使ってます。
充電他、問題ありません。

『パルセンス』は、
『PS-100BL(時計無し。PSかスマホないと管理できない。)』
『PS-500B(時計あり。PCかスマホないと管理できない)』
『PS-600(時計あり。単体でも管理可能)』
の3つあります。
用途に合わせてお使いください。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月9日
軽い不整脈あるので、不整脈発見目的で2015年1月に買いました。※不整脈発見目的の使い方はメーカー非推奨です
最初の頃は、睡眠中や安静時に150以上の心拍数が出てて心配しましたが、サポートに確認したら、瞬間値としてのMAX心拍数みたいです。要するに心配要らない
期外収縮ぽい。
その後、数回アップデートがあり、メーカーサポートには確認していませんが、2015年9月現在、どうも平均心拍数を表示する仕様に替えられたっぽいです。なんとなく。
前に比べると、不整脈には鈍感になったような気がしますが(本来の使い方じゃないんだから、しょうがない)、PCへデータ転送する際に、体調悪いと、不正なデータが見つかりました、とお知らせしてくれたり、急に脈が早くなるとバイブレーションでお知らせしてくれます。
あくまでも非推奨の使い方ですが、同じ目的で購入する人のご参考に。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2014年11月15日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
スマホ(android)が対応しておらず、パソコンで使用(データ管理)しています。

●使用までの手順●
 エプソンサイトからWindows7対応アプリをダウンロード。
 IDとパスワードを設定し、クレードルを接続。
 まもなくリンクが開始されます。
 Web画面上で身長や体重などの基本データを入力。
 時刻などの基本情報は、パソコンに接続した時点で取得される仕組みのようです。
 (これは未来的!)

本体に2つのボタンがありますが、使い始める際にいろいろ押して、時刻合わせをしようと格闘してしまいました。
このあたりは、昔の人間ならばやってしまうことでしょう。

●使用方法は?●
入浴時以外は基本的に常に身に着けておく必要があるようです。
装着時の違和感は3〜4日すればなくなります(慣れます)
本体の厚みが1cmほどあるため、よくぶつけます。
早々に、液晶部(ガラス?)に傷が入りました。
充電については、パソコンとリンクした際に行われます。
(もちろん、スマホなどのUSB充電器に繋げても充電可能)
一日24時間付けていて、入浴のタイミングでパソコンにリンク。
液晶部は電池マークが出ますが、バイブ機能をオンにしていると半分くらい消費。
バイブ機能をオフにすると2/3くらいは残っているようです。
風呂から上がった頃には、充電完了しています。

最近、血圧など気になることがあり、運動量計というものの存在を知りました。
心臓の近くに計測器があるタイプは知っていましたが、常に使用するには現実的ではないと感じていました。
腕時計タイプになっているのはうれしいですね。

センサー部が小型化(薄型化)されれば、よりスタイリッシュなものになるでしょう。
この製品のデザインは非常にダサい。
980円で販売されていた(されている?)昔のデジタル腕時計そのものです。

何気に袖から見える時計はその人のセンスが窺い知れますが、この時計はいただけない。
基本機能やバッテリー性能を優先するあまり、使う人の気持ちになった製品づくりは疎かになっているのでしょう。

面白い製品だけに酷評は避けたいのですが、今後の期待も含めてファーストインプレッション評価は☆4つ
今後も使用を続けて、追加レビューをしたいと思います。

追記:
腕時計をつけたまま寝ました。
睡眠の大切さをグラフで確認することができますね。
一眠りしただけで消費されるカロリーが892あったことに改めて吃驚しました。
(もともと、筋トレをしていますのでふつうの方よりも代謝は高めです)
ランニングなどで800カロリー消費しようと思うとかなり大変ですが、しっかり寝るだけで簡単にカロリー消費できるという結果に。
自分の体の状態を数値で知るのは、かなり有意義です。
パソコンWeb上のpulsense-viewという自分専用の画面で、寝ているときの情報も確認できます。

私のデータ:オムロン体組成計によるデータ
身長:170cm
体重:69kg
体脂肪率:19%
筋肉量:33kg

追記:2014.11.19
入浴中外している時でも、消費カロリーデータは増えていました。
「つけていなくても?」という不思議な現象です。
いい意味で考えると長時間装着したデータを元に未装着時も代謝としてこれくらいは使っているだろう…と思いたいのですが、もしかしたら適当?という疑いも少し出てき始めました。

パルセンスをつけていることで起きた現象かどうかは不明ですが、体重が1kg減りました。
ある意味レコーディングダイエットみたいなもの?
都度データを気にしている状態ですので、一時的なものとは思います。
(また1kgですから誤差の範囲でもあると思います)

長期で様子を見て、結果をレビューしたいと思います。
---
追記:2015.3.10
---
悪い点も多く見えてきました。

一日中つけていることが前提の腕時計。
心拍数を計測する部分が強く当たったままになっていると、かぶれます。
タップしても反応しなくなることも多く、その場合パソコンとのリンクに必ず失敗します。
その場合のリセット機能がない(パソコンにUSB接続するとリセットされるようですが面倒)

心拍数が高い状態が続くと、歩数やエクササイズの数値が狂います。
心拍数の記録をやめるとカロリー消費量などの数値は平均値になるため、記録を続ける必要があるが、気が付くと消えていることも。
パソコンにもBluetoothがあるのだから、パソコンでもリンクするようにできればいいのに…。

ファームウェアの更新でどこまで完成度の高いものになるか…少々不安です。
3か月以上使用した後での評価は☆3つです。
2コメント2件|65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月11日
先日、返品交換してもらいましたが毎日フリーズしています。エプソンに問い合わせしてます。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月15日
ダイエットで心拍数を測定して効率を上げたいと思い購入しました。胸に巻くタイプの心拍計は嫌だったので、腕時計型で精度の高い製品が出て嬉しいです。

pulsense + iPad mini(Retina) + Macbookair(2012)の組み合わせで使用しています。
iPad miniは本機の計測データを見る「pulsense view」のiPhoneアプリをAPP Storeからはダウンロードできないので、MacにてiTunesストアからダウンロードし、MacとiPad miniをリンクさせてインストールしました。
iPad miniとpulsenseのブルートゥースでのリンクは特に問題なくできていて、ファームウェアのアップデートもデータのリンクもpulsenseとiPad miniだけでできます。
pulsenseの本体は腕に合わせてみると厚みもそうですが上下方向の高さもあるので、女性には大きすぎるかも知れません。
心拍数を安定して測定するには位置とバンドを巻く強さが大切で、祥細マニュアルに掲載されている位置合わせの方法に従うと精度良く合わせることができます。
バンドには各穴ごとに番号が振ってあるので、一度合わせてしまえば次回からは迷うことなく合わせることが出来ます。
ここまで、使う前の流れについてクドクドと書いた理由は、マニュアルをちょっと良んだだけでは初期設定が理解できないからです。ユーザーインターフェースは余り直感的ではありません。
星ひとつ減らします。

私もフ口に入っている時間に充電しており、それで毎日の測定に支障はないです。

測定したデータはiOSアプリの「pulsense view」を立ち上げるとpulsense本体とリンクして直ぐに見る事ができます。

意識して運動している時以外のデータも測定できるので日常の活動の中でどの行動がカロリー消費に効果がありそうかわかって嬉しいです。私の場合はウォーキングでは心拍数が余り上がっておらず、階段を昇る方が脂肪燃焼に効いていそうなので、そちらの運動量を増やしてみることにしました。

機能としては期待通りでしたので、今後もダイエットに活用していきたいと思います。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)