消滅都市ストア Amazonファミリー Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.074
5つ星のうち4.0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年10月20日
運動時に心拍やペース、走ったコースを計測したく、Gamin Forerunner 110を米国で購入。
今ではGSPウォッチは、無くてはならない存在になっています。

Garmin Forerunner 110を3年使用して、気になる点を抜粋すると
・心拍計の胸バンドが面倒
 →装着も運動後の洗濯も含め
・心拍計がありえない数値を計測する
 →治すためにバンドのずらしや電池の放電等の儀式が必要。それでもダメならストラップの交換
・電池持ちが悪い
 →自転車のロングライドや登山で電池が持たないケースがある
・起動時のGPSの捕捉が遅い
・同じコースを走っても、日によって200mぐらいの誤差が生じる

特に、心拍を計測する胸バンドは使用や使用後の手入れが面倒で、かと言って装着し忘れると運動時のモチベーションが下がってしまいます。
胸バンドが不要な心拍計として「mio ALPHA」や「Apple Watch」を調べてみるも、肝心のGPSが無いので選択肢から外れていました。
そんな中、EPSONから胸バンドなしで心拍が計測できるGPS Watchが発売される事を知り、早速予約しました。

以下、Garmin110と同時に使用してのレビューです。
まず一番気になる心拍計ですが、謳い文句どおりGarmin110と比較して誤差+-2で推移します。
腕で計測する心拍計の性能に正直疑念を抱いていましたが、ありえない数値が出ることもなく、全く問題なく使用できそうです。
唯一気になったのが、運動後のクールダウン時に心拍が中々下がらない現象が見受けられたことです。
ここだけがGarmin110と数値に違いがでましたが、時計を少しずらすことで正常値に戻ったので、しばらく様子見です。

次にGPSの捕捉。Garmin110の半分ぐらいの時間で捕捉完了。とても優秀だと思います。
我が家の環境ではAGPSを活用できるインフラがありませんが、それでもストレスを感じない速度です。
Garmin110の場合、なかなか補足してくれない事がよくあり、冬場は本当につらい思いをしましたが、これからはその心配は無さそうです。

走行距離ですが、1kmあたり5〜10mぐらいGarmin110より長く計測されました。(結果トータル距離は短めになる)
計測にバラつきがあるGarmin110は、いつもより短くに計測されていたので、わりと良い値を計測しているように感じられます。
これは、ストライドセンサーによる誤差調整が働いているおかげ?いずれにせよ、もう少し統計を取って確認したいと思います。

電池持ちについて、長時間の計測をしていないので何とも言えませんが、カタログスペックどおりでしたら、自転車のロングライドや登山に活躍してくれそうです。

最後にGarmin110には無い機能として、便利だと感じた機能について
・オートストップ、オートスタート
 →Garmin110の時は、信号が青になってからリスタートボタンを押し忘れると、その日の気分まで悪くなります。押し忘れの心配が無くなるだけで、走りに集中できるのが嬉しいです。
・バイブでのラップ通知
 →車の音がうるさかったり、音楽を聞いていると、通知音を聞き逃しますが、バイブだとその心配は不要です。
・Bluetoothでのスマホ連携
 →いちいちクレードルに接続しなくて済むと思いきや、うちにある環境「スマホ:Z1f、タブレット:Nexus7(2012)」ではアプリがインストールできず...もう少し対応機種をふやすか、PCとの無線接続を実現して欲しいのでマイナス1とします。

値段は少々張りますが、買って良かったと思える商品です。
2コメント2件|140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月9日
私は他にGarmin110と220Jを所有しているので、以下はそれらとの比較での話となります。
使用し始めてまだ1週間です。
・脈拍計測機能は実にしっかりしています。手首でずれない程度の、自分としてはいつもの普通の締め付けの装着で安定して脈拍をひろってくれています。これは本当にすばらしい!もう絶対に胸バンドに戻ることはできないなあ。
・液晶画面はGarmin220Jの方が圧倒的に見やすいです。EPSON810の液晶は普通のG-Shockの様なデジタルウオッチの液晶画面という感じ。軽い老眼なので走りながらではどんな液晶でも見づらいのですが、少し斜めから見た時でもばっちり見えるGarmin220Jの液晶はすばらしいということを再認識しました。
・GPSの捕捉時間はGarmin220Jほとんど同じで早いですし、正確性も問題ありません。
・重さは超軽量のGarmin220Jにはかないませんが、EPSON810はGarmin110とほとんど同じで、重さを気にすることなく使用できました。
・表示画面のカスタマイズ自由度は充分。

その他、こまかーいところでは
・EPSON810はアラーム音が単調で音を聞いただけでは何のアラームなのか判断できない。
・アプリのNeoRunは悪くない。Garminコネクトではペースや脈拍のグラフの縦軸の調整ができないので、平均から大きく逸脱するデータが一つでも入ると縦軸の域値範囲が広くなってしまい「グラフにするの意味ないんじゃない?」と思うくらい見たいところの変化が微細なものものになってしまっていたが、EPSONのNeoRunは縦軸の調整ができる。でも惜しいことにこれはズーム機能で同時にもれなく横軸もズームされるので表示範囲が狭くなってしまいドラッグによる表示範囲の移動が必要です。でも苦しい所のペースや脈拍の変化を振り返れる自己満足感は満たされます。これからの改良の可能性を感じました。地図もデフォルトの画面では隠れていて少し焦りましたが、ワンクリックで簡単に表示されることがわかりました。

総じて、液晶こそGarmin220Jに負けていますが、それ以外は素晴らしいです。
脈拍測定機能とGPSが合体して20時間連続動作、この値段と重量、すばらしいです。
0コメント|82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月23日
使い始めてまだ4回ほどですがレビューしたいと思います。

ランニングの際にベルトを使用するのが嫌ですし、洗濯するのが面倒でしたので購入しました。
他の方が言われている通り、GPSの補足までに少し時間がかかるかな?とは思いますが1分前後なのでストレッチをしていれば問題ナシです。また実際のGPSを使った距離測はほぼ問題ないと思います。4回とも同じ距離(15キロ)を走りましたが誤差は5M以内。またその前に使っていた他社製のGPS機能付き時計との誤差は10M以内です。もちろん距離が長くなれば誤差が大きくなる可能性はありますが、今後使用しながら確認します。

走っている途中、ほぼ無になって走っていてもアラームと振動で1キロごとにラップを教えてくれるので見逃すことはなく、また心拍数も他の方が言ってるほど計測できないと言う状態にはなりません。真夏の30℃を超える中、人よりかなり汗かきですがベルトを強く絞める必要もなく正常に計ることが出来ます。

また、別売りのACアダプターを同時に購入しましたが、スマホの充電器がUSBで切り離しが出来るタイプでしたら(iphoneとか)でしたら流用できますので必要なしです。

悪い点としてはデザインはもうちょっとどうにかなりませんかね(笑) 色もヴァイオレットと最後の最後まで迷いましたが結局ブラックにしました。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月27日
Germinと比較されている方が多いので、SUUNTO Ambitとの比較を。

Ambitは2年半使用。
SF-810Bとしばらく併用し、移行できそうなら810Bに一本化しようと思って購入しました。

大きな違いはやはり心拍計の有無ですが、それ以外に使い勝手で色々差がありました。
一長一短があり、用途によって好みが分かれるのではないかと思います。
SF-810Bを使った感想を、Ambitと比較してみます。

・使用開始のGPS補足が遅い
 Ambitの方が早いです。数年前の機種なので、Ambit3はさらに早いはず。
・設定が競技毎に分かれていない
 Ambitでは、バイクはオートストップあり、ジョギングはなし等、設定内容を
 競技毎に分けることができました。810Bは設定が1種類しか無く、競技を変えて
 使用する場合は、その都度設定を変更する必要があり手間がかかります。
・画面を競技毎に分けられない
 Ambitでは、バイクは速度計とHR、ジョギングは距離と時計等、計測時の画面を
 競技毎に設定できました。使い易いだけでなく、どの競技設定で使っているのかが
 一目瞭然でした。810Bではどの競技も共通の画面になるので、今どの競技設定で
 使っているのか、設定画面に入って階層をたどらないと分かりません。バイクと
 ウォーキングでは動作ロジックも変わるので、間違った競技設定のまま使ってしまう
 (切り替え忘れる)ミスが頻発しそうです。
・反転表示が見づらい
 黒背景に白文字の設定が可能ですが、見づらいです。全面黒にならず枠が残って
 しまうことと、コントラスト調整してもAmbitほど綺麗に表示できません。
 通常表示なら見やすく、問題ありません。
・NeoRunはいまひとつ
 まず、MACに対応していません。iPhone経由でデータを上げましたが、60分の
 バイクで転送時間が約6分。時間がかかりすぎます。AmbitのMovesLink2では
 1分未満でした。改良されたそうですが、NeoRunのWEB表示もSUUNTOの
 MovesCountに大きく劣ります。ただ、SUUNTOはクラウドの安定性が悪く、
 使いたいときにサーバーダウンが多かったので、暫く使ってEPSONのクラウド
 管理を見てみないとどちらがマシかは判断できません。
 後発なのに他形式からのインポート機能が無いのも不思議です。
・反応が早い
 速度表示などは、自転車の車載メーターと変わらない追随性があり、ほとんど
 ディレイが無く素晴らしいです。Ambitは2,3秒遅れます。
・小さく、軽い。
 ベルトは少し頼りない感じがしますが。
・オートストップが実用的
 バイク、ウォーキング、どちらも速度でもオートストップが適切に働きます。
 Ambitはある程度の速度がないとうまく機能せず、停止中に何度もOn/Offを
 繰り返す状態でした。
・バイブレーションが便利
 オートストップが働いたときなど、アラームだけでなくバイブレーションも
 加わるので、気が付きやすくなります。Ambitには無い機能です。
・電池の保ちは同じくらい
 Ambitは2年を超えてもバッテリーの劣化を感じませんでした。

心拍計もうまく動いてくれますし、総じてハードウェアは素晴らしいと感じました。
それに対して、内蔵ソフトウェアとクラウドの設計はAmbitに大きく劣っています。
どうしても心拍計が必要で、かつ別体はイヤというのですとSF-810しかありません。
あとは、競技は単一(ジョギングでしか使用しないなど)で、かつ母艦がWindows、
データはNeoRunを使わずエキスポートして他アプリで管理する、という条件なら
SF-810がいいと思います。
MACを使っていたり、走るのにも自転車にも使いたい、繋いだらそのままメーカーの
クラウドで楽にデータ管理をしたい、というのでしたら新しいAmbitの方を勧めます。

1週間使った後の追記です。
気温が下がると(10度程度)、液晶に縞線が入って見づらくなります。
設定でコントラストを下げれば消えるのですが、そうすると数字も薄くなって
見えづらいか、ほとんど見えない状態になります。
腕に着けてしばらくすると暖まり、この症状は解消するのですが ...
マイナス気温ならともなく、10度前後でコレでは液晶の質が悪すぎます。
使用に難ありなので、Ambitに戻りました。
0コメント|106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月24日
初めてGPS時計を購入し、半年間使った結果です。

使い易さ、webデータについては初めてということもあり満足しています。

ただ残念なのが心拍計。9月に購入して1ヶ月間は問題なく機能していたのですが、10月から反応したりしなくなったりして12月には殆ど機能しなくなりました。メーカーに問い合わせてみますと寒くなると動かなくなることがあるとか。。。でも10月で寒いとなると折角のランニングシーズンは使い物になりません。今は服の上から装着して心拍計は使ってません。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月24日
機能的には脈拍が計れて、至極素晴らしいGPS 時計ですが、先日ウルトラ100kmマラソンレース中に1年近く使って初めて液晶が水滴で曇る症状があり、メーカーに問合わせましたら、「それは仕様です。もとに戻れば問題ないので対応いたしかねます。」と回答が返って来ました。980円の腕時計じゃあるまいし、曇って時計として機能しない事に理解が出来ないメーカーだった事が、大変悲しかったです。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月16日
ダイエットをはじめてはいるのですが、挫折ばかりで何かのきっかけになればと思い購入しました。
ランニング用としては申し分ないと思います

本体も腕に見合わせて大きすぎず電池の持ちを考慮してモノクロシンプル表示。
GPS+心拍機能つきだから、走った距離も測れるし心拍数に応じたトレーニング強度が出来る。
消費したカロリーが表示されるとダイエットのはげみになります。

この時計を購入する前は結構なペースで走っていたのですが、購入後、脂肪燃焼に適した心拍数を目安に
ペース配分すると、明らかに今までのダイエット目的のトレーニングがオーバーロードだった事がわかりました。

スピードも計測出来るということは・・・・短距離全力疾走で自分の最高スピードがわかってしまう。(笑)
GPSなので、登山口から山頂まで歩いた距離のおよその目安がわかる・・・(便利)

何気ないこんな使い方も出来るのですね~。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月1日
ランニング時に、
手軽に脈が計れ、
GPSが利用できるのは、
こうした機器の進化のお陰。
使い勝手も、慣れれば、簡易です。
お願いは、よく使われている
ランニング用携帯アプリとの連携です。
Runtasticと繋がれば
ありがたいのだけれど、なぁ…
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月21日
購入して2週間程度ですが主に登山用に使用しています、使用中に誤ってストップボタンを押してしまいます。そうしますとリセットが出来ず、データーを保存しもう1度スタートをかけなければ仕様出来ません。使用中に誤ってストップボタンを押しても止まらないようにロック機能が付いていればいいのですが、、、、この点が難点です。これが無ければGOOD!!
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月21日
脈拍・活動量を計るものとして、①¥10,000以下のもの ②¥20,000弱のもの、及び③本機の3種類を使用中。①は胸ベルト式 ②は指にセンサーを付ける(嵌める)タイプ、③本機は本体裏側にセンサーがある方式。脈拍を見て判断する単純な使い方なら①は価格・精度・扱いやすさ・時計(曜日も表示)もあり最も扱いやすい、弱点は胸ベルト(特に夏場)。②は①よりも情報は多く、指にセンサーを嵌めるタイプであり、胸ベルトのうっとうしさは無いが、手を洗うときなどセンサーに注意(一時外すなど)は要す。また、PCで数値の変化も表示できる。③の本機はGPSも搭載されており、得られる情報量は最も多く前2者では得られぬ情報、例えば歩数・移動距離など、更に高度(精度は参考値程度か?)他もつかめる高機能タイプです。2か月使用、ランニング・ウオーキング・自転車に合わせた3つのモードの選択ができ、これらのときには、使用価値があると判断。また、体育館等室内での運動も楽しんでいますが、この場合は脈拍をとらえるのみ、価格相応の価値は出ません。
また、高機能であるだけに、①②と比べると、扱いやすいとは言えません。勿論PCで数値変化も見れますが、ソフトも若干扱いにくさを感じます。旅行・山に持って行く場合、途中充電は必要な場合が多いですが、スマホを始めマイクロUSBで充電可能な機器が多いなか、本機は専用充電台も持って行かねばならず、弱点と感じた次第。総合評価は、目的をはっきりして使うなら星4つ、幅広く日常的運動でも使いたい場合は金額も考慮すると星3~2。総合3と感じました。メーカーの設計コンセプトは、使用目的を絞って開発したものと感じています。
使用半年後に追記、星は一つに変更。半年使ったが急に動作しなくなった、フリーズ状態。半年間の使用中も本体・ソフトとも使いにくさがあり、完成度に疑問も感じていた。価格も勘案すると、星ひとつに変更。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)