Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
8
5つ星のうち3.6
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
3
星1つ
0
価格:¥16,080+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年1月31日
解説本の帯にFinale2014と完全互換とはなばなしく書いてありますが、完全互換ではありません。PrintMusicはFinaleの記譜機能のかなりの部分と再生機能の一部を抽出したダウングレードバージョンであることを、メーカーは明確にするべきなのに説明書を読んだり、サポートに問い合わせをしたりして初めて気が付くという残念な販売方法です。
私の行き当った互換性がない点は、反復記号に制限があるという点です。メーカーのサポートの返事を転記します。「「PrintMusic」では基本的には機能制限上、「文字反復記号」にプレイバック情報を持たせることができない仕様となっております。そのため、「反復記号」ツールで配置する「D.C.al Fine」や「Fine」などの「文字反復記号」をプレイバックに反映させることは出来ません。「PrintMusic」上の「ユーティリティ」メニュー>「コーダ切れの作成」によって作成された「文字反復記号」に限り、自動的にプレイバック情報が組み込まれます。しかしながら、この自動的に追加されるプレイバック情報は楽譜上に「1括弧」、「2括弧」などがある場合には、自動作成される「文字反復記号」のプレイバック情報と矛盾が生じ、正しい順序でプレイバック出来なくなる場合がございます。※上位ソフトとなる「Finale」では、「文字反復記号」をプレイバックに反映させることが可能となっております。」
ということで、丁寧に説明していただきましたが、解説本の「完全互換」という表現は不適切かと思います。出版社の責任かもしれませんが、抱き合わせで販売されている解説本なので、信用してしまう人が多いのではないかと思います。
ちなみにPrintMusicのホームページには、「PrintMusicは、そんなFinale譲りのパワフルな記譜機能はそのままに、標準的な楽譜表現に必要な基本機能を凝縮。どなたでも気軽に楽譜作成に取り組めるよう設計されています。」と記載されています。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月24日
例えば、楽典教材などの作成の際、
拍子記号を必要としない場合、一番高額のタイプ(6万以上)以外は、
拍子を強制的に選択させられます。
(拍子を選択しないと、その先へ進めない)
機能の無い方が高額なことに驚きました。
他にもこういったスペック的難点が見つかる可能性もあり、
調べてから購入すべきだったことに後悔。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月14日
Printmusic2009からアップグレードしたのですが、ほとんど有難味が感じられない、
というかむしろ使いにくくなっています。 
 私が普段使っていて「2014」が「2009」に優っている点は、小節内で音部記号を変えることが
できる点くらいで、基本は「Finale」の廉価版、悪く言えば劣化版です。 相変わらずカデンツァは
作ることができませんし、使える記号も少ないです。 

まあお値段がお値段ですから、そこはある程度仕方がありませんが
更に廉価だった「2009」と比べて、起動時間がかなり長くなったのはいただけません。 
サポートの回答では「VSTプラグインに対応したため」とのことですが、
かなり重いオーケストラ音源のVSTプラグインと組み合わせたCubaseのほうが、
ずっと起動時間が短いというのはやはり納得しかねます。  

私のように決して若くないユーザーにとっては、
画面の色味がコントラストの低いものになって薄くなったのも欠点です。 
メニューやシンボルが見難くてしょうがありません。
 「ファイルユーティリティパレット」が消えたので、「保存」も「印刷」も「戻る」も
すべてプルダウンメニューかショートカットキーで行うしかなくなったのも改悪点です。 
「作業領域を増やすため」だそうですが、それはユーザーの要望なんでしょうか?
「ファイルユーティティパレット」は移動できますし、表示も消せます。
「2009」なら、作業領域を増やしたい人は表示を消せばいいだけの話です。 
あって困ることはないはずですが・・。

また起動後、時間が経つにつれて、「再生」をした時の発音に遅れが生じ(カーソルより音が遅れます)、
時間が経つにつれてその遅れがどんどん大きくなります。  作業中の時間だけでなく
パソコンの前を離れても、離れている時間の経過に比例して遅れが大きくなります。
たちが悪いのはこの遅れ、再生についてだけでなく、MIDIキーボードから入力した際の発音に
対しても発生することです。  この点もサポートに相談しましたところ、
試してみてくださいという方法が、すべて本家「Finale」についてらしく、
そもそも回答で指示された画面は「Printmusic」では開きませんでした。 
実際に試してみての回答とはとても思えません。
回答の最後には「遅れは無くなりはしないので、再起動してください」とありました。 
私は30~40分に一度再起動しています。 
そうして再起動のたびに上述の起動の遅さが・・・もう笑うしかないですよね。 

ということで感覚的に総評すれば、☆1.5くらいです。  
結局どうしても[2014」でないと書けない譜面以外は、ほとんど元の「2009」を使っています。
いくら廉価版とはいえ、もうちょっと真面目に作ってほしいですね。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月2日
cubaseで楽譜を作ろうとした際あまりにも作りにくいので、楽譜作成ソフトの中でも絶大なシェアを誇っているFinaleと言うブランドがあると聞き今回ピアノのコードを押さえる練習用楽譜を作る為に買いましたが、いやあ物凄く使いやすい。
個人的には初めからfinaleの一番高いのを買えば良かったかなあと後悔しちゃいました(笑)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月22日
高齢化社会、歌、コーラスのカルチャーも{高い声が出ないで叫びになってしまうなんとかして」と楽譜をいくつももってこられ、
手書きで調をいくつか降ろしてやったり、音程の良く取れない人のためにメロディーつき伴奏を作ってやったりしてました。
これを買ったら楽譜は市販のようにきれいに出来て、みんなに喜ばれもっと早く買えばよかったのにと変な後悔してます
finaleの講習会というのも全国大きな会場であり聞きにいきました。その実演を見ていると本元finaleは出来る機能が
盛りだくさんで欲しくなってしまいます。内容は良く説明されていて素人でもすぐ楽しめる程度です。
欲をいうとワード、エクセルが出来る人ならすぐ出来ます
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月21日
出版しないなら十分ですが、4/4のとき三連符を1小節に4つ入れることと二拍三連を2つ入れることができません。
それ以外は満足です
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月26日
初心者で相談する人もいないのでどちらの製品のどの程度のグレードのものを
選べば良いのかさんざん悩み迷いましたが結果的にこの製品を選んで満足です。
説明書がとてもわかり易くて助かりました。自分の読みにくい手書きの楽譜とサヨナラです。
慣れればもっと速くスムースにできると思うので楽しみです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月17日
管理者モードではヘルプやユーザーマニュアルチュートリアルなどが表示されない。とても使えないソフト
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)