Androidアプリストア Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.113
5つ星のうち4.1
価格:¥29,160+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年11月2日
器楽演奏の練習録音として使用しています。現在、TASCAMのDR-100MK2を使用していますので、それとの比較になります。

DR-100MK2は、非常にクオリティの高い録音性能を有していますが、DR-44WLは更に磨きをかけた感じになっています。
癖の強い感じではなく、フラットでナチュラルなサウンド、音としては固くなく、PCMレコーダーにありがちな「倍音が少ない」感じはありません。低音も、きちんと拾えているようです。

機械的に測定したわけではなく、録音をほぼ同条件で比較した感想になりますが、例えば演奏の合間の会話などの声の質感を聞き比べても、より原音に忠実な録音を目指しているような感じがします。

また、電池が、単3電池4本のみに変更となり、いざという時に予備が確保しやすいのもありがたいです。私は、普段、アマゾンから購入したエネループを使用しています。

今回より、スマホのアプリからWi-Fiでリモートコントロールできるようになったのも特色です。TASCAM DR CONTROLで全ての機能をリモートコントロールできるわけではありませんが、録音の開始や停止など、基本機能はスマホをリモコン的に使用できて、非常に便利です。

◎できれば改良を望む点
基本性能としては非常に満足していますが、あえて改良を望む点としてコメントします。

1.ENTER/MARKボタンを押しやすく
 本体下部のジョグダイアル中央にあるボタンが、「カチッ」という感じではないため、スイッチの種類を別のタイプにしたほうが良いように思いました。
2.日付がリセットされる
 DR-100MK2の場合は、内蔵バッテリー併用であったので、バッテリーが切れない限りは日付はリセットされませんが、私のように単3充電型電池を一旦充電して使用する場合は、日付がリセットされるので、例えば、ボタン電池(CR-2032など)などでリセットされないような設計であるとうれしいのですが、難しいかもしれません。なお、短時間の入れ替えの場合はリセットされない(はず)なので、エネループを買い足す予定です。
 →この件は、TASCAM DR CONTROLで一発で合わせることができることがわかりましたので、解決しました。
3.TASCAM DR CONTROLのinput設定
このアプリを使ってスマホでリモコン+レベルモニター的に考えている方は、inputレベルも調整したいと考えている方が多いと思いますが、iinputレベルを調整するスライドのストロークが短いため、思うように操作することが非常に難しいです。指を離した瞬間に設定が変わってしまうため、この操作は相当な慣れが必要です。結局、私にはコントロールできませんでした。例えば、ドラックしてレベルを変えるというよりは、+-ボタンでレベルコントロールできたほうが操作しやすいので、ぜひアプリのアップデートでの改善を望みます。

なお、DR-100MK2のinputはアナログのボリュームで、持ち運びの際に勝手にダイヤルが回り、レベル設定が変わってしまうなどの欠点がありましたが、DR-44WLは、本体にあるinputボタンを押してからinput levelボリュームを回す操作になっていますので、この点は改善されています。

細かい改良希望はあるものの、基本性能部分も比較してみても、全般的に非常にクオリティの高い商品に仕上がっています。私は、自分の演奏の今後の参考のために録音していますが、このような用途には、適していると思います。
今回買い替えた最大の目的である外部マイク+本体に付属しているAC電源による録音を今後試してみたいと思いますが、本体内蔵マイクでも申し分なく、練習録音用としては、これ一台で十分だと思っています。

[追記]
付属のACアダプタ+本機からファンタム電源供給の外部コンデンサマイク(XLR×2ch)での録音を試しましたが、外部電源からの影響によるノイズは全くありませんでした。ACアダプタが付属であることを勘案すると、相当コストパフォーマンスが高いです。
[追記20151010]
ファームウエアアップデートをiOS経由で実施してみました。ものすごく快適にアップデートできました。iOSは、ほぼリモコン代わりに使えるので便利です。ただし、相変わらずインプットレベルのリモート操作は、iphone6sでもやりづらいです。この点の操作性を是非改善してください>メーカー様
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月13日
これでリハーサルなどの資料を録音すると『あとでそれ送っといてよ!』と言われること間違いなし。その時は「wavだけどいい?」か、「曲間の分割は自分でやってね!」かどちらか一言添えることになります。その理由は下記に。

この手の機器はたくさん試してきましたが、数千円のものと比べて特筆すべき点は2つあると思いました。
◆4チャンネル同時録音機能
音源からの距離に応じてディレイタイムを1ms単位で決められるのでライン録音とマイク録音の位相がバッチリ決まります。ライブの時に卓においてもらう時にスピーカーとの距離が何メートルなのか聞いておくと計算できます。1mあたり2.91msです。

◆Wi-Fi機能
ファームウェアをアップデートしないとWi-Fi機器の動作は非常に不安定です。まずは本体のファームウェアをアップデート。
アプリでマーカーを打っておけば後で一発分割ができますので録音は回しっぱなしにできます。
ただし非圧縮音源のみでしかできません。mp3コーデックで録音したものをマーカーポイントで自動分割できれば最高なのですが、、、手動です。
Wi-Fi機能を使うと著しく電池の持ちが悪くなりますが4時間程度持ちましたので電源を確保できなくても確実性は高いです。

音も情報量が多く全く問題ありませんが、この手の音楽向けレコーダーはだいたいこんなもんかと。
マイクホルダーに付けるためのマウント、一眼レフのシューに取り付けるためのマウント、三脚に付けるためのスペーサー、ウインドスクリーンも全部ついてます。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年11月27日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
機能性能はモチロンですが、やはりWi-Fiでスマートフォンやタブレットから遠隔操作できるのが良いですね。

【機能性能について】私の場合はホールなどの広い会場内を行き来しながら、カメラを回したり、録音作業をする環境での使用ですから、ポケットに忍ばせたスマートフォンから機器の確認や操作ができるのは非常に助かります。遠隔操作の方法としてはこれまでにも赤外線などもありましたが、身近なスマートフォン・タブレット対応という事と、モニタリングや入力レベル・フィルターの設定、ストリーミング再生などにも対応していますので使い勝手が良いです。 録音機器としての機能は商品説明にもあるように申し分なく非常にクオリティの高い商品に仕上がっています。ハイレゾ対応という事で、録音品質も良く、今までの機材では拾えなかった音も拾えていたりで驚きました。また、Wi-Fi接続はDR-44とiPhoneの1対1の接続の為、アクセスポイントなどは必要なく接続できるので、助かります。

【デザインについて】プロダクト製品としても直線基調のデザインでソリッド感があり、サイドの金属部分はアルマイト調の仕上げ加工となっており「ハイレゾ」「高音質」というイメージを上手くデザインで表現していると思います。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月20日
ソニーのリニアPCMと迷った挙げ句こちらを購入し値段なりの音質だろうと思っていましたが実際使ってみて、内蔵メモリが無く付属の4GBでは心もとないのでマイクロSDカードを購入する必要があり別に購入しましたがカードごとに入れている音楽を分けられると言う意味で割り切ってしまえば不満はなく安いわりに良い音質なので録音したマイクロSDカードをスマホに差し替えたりしてウォークマン代わりにしています。この手の物なので買ってすぐ使えるわけではなく設定もあり(難しくありません。
)やはり本番前には色々試しに録音して慣れる必要があると思いました。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月15日
ヤマハの電子楽器で多重録音した演奏を、CDに移して再現するために、PCM録音のできるICレコーダーを使っていましたが、どうしても音質が悪くて、音響に詳しい友人のアドバイスで、こちらを購入しました。
もともとの演奏をリアルに再現できて、満足しております。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月15日
WiFi接続ができるので離れた所からの操作が楽。
しかしeneloopでは4時間程度しか電池が持たなかった。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年11月27日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
まずは肝心な録音した時の音ですが、内蔵マイクは非常に素直で特別な色付けなどなく極めてナチュラルに録音されます。過度な膨らみがあったり、高域が強調された感じもなく音源の音にかなり忠実に録音できるので楽器の練習などで使用する時は安心して(?)自分の音が確認出来ると思います。また、外部のマイクを使えばきちんと使用したマイクの特徴で録音されるので、マイクの持つ味付けを録音で気にされる方などもその味付けを殺さずに録音を楽しめるはずです。つまり、マイク、本体ともに極めて素直な音といえると思います。
内蔵のマイクですが、かなり感度が高く、屋外で自然音などを録音する時にこちらの想定していたよりも音が拾えていたりするなどというということもありました。ただ、やや風の音を拾いやすいようなので本体のローカットで調整するか、またはきちんとウィンドスクリーンを使用したほうが良い結果が得られるようでした。風切音をうまく回避できれば、録音のクオリティ小鳥のさえずり、水の流れる音などはハイレゾで録音すると高域成分が損なわれていない自分専用のヒーリング音源が思いのまま作れます。
この機種の最大の特徴と言ってもいいwi-fiによるコントロールですが、これが思いの外便利でした。知人の演奏会の録音をしたのですが、ワンポイント風に録音するためのベストのマイクポジションが他の人の迷惑になるような会場でしたが、三脚にセットした本機をセットしておき、自分はスマホでコントロールが出来、肩身の狭い思いをせずに済みました。コントロールパネル、インジケータなどがきちんとスマホの画面に表示されるので録音中の状況にモニター出来るのが非常に心強かったことも付け加えておきます。
MTRとしてはまだ使いきれていないのでレビュー出来ないのが心苦しいですが、いずれ試した時にまた書きたせるようであれば書き足そうと思います。
なお余談ですが、録音のプレーバックの時にヘッドホンを使いましたが、ヘッドホンがきちんと「いい音」でドライブされたのは嬉しいおまけでした。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月8日
電池を抜くと日時がリセットされて再入力が必要になる。
故障それとも仕様通りどちらかな?
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年11月23日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
娘のピアノの練習やコンクールで使用してみました。
音声の入力レベルを感知して自動で録音を開始するオートレック機能では、
録音開始前のセットで、音声感知で自動的に録音できるもので、とても便利でした。
他、マークの場所でファイルを自動分割するオートディバイド機能では、
オートマーク機能と併用することで、長時間録音されたファイルを自動で曲ごとに分割できるもので、
手動でするよりも便利です。
録音するだけのレコーダーは、スマホのソフトなども含めて、たくさんありますが、
録音した後の整理に苦労していたので助かります。
1コメント1件|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
楽器を習い始めて半年
初めて演奏を録音してみました。
録音機器を持たずにスマホで片手で操作できるので便利です。
ただ直接操作する場合はボタンが押しづらく感じました。
録音の質もいいですね。
実際は下手なのですが実力以上に聞こえました。
私にとっては過ぎたるもの、ですが
非常に良い製品だと思います。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告