Amazonファミリー 0616 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame 家電・生活用品サマーセール ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 梅雨対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年8月29日
塗装は自分ではイメージ通りでした。キレイです。
剥げチョロ塗装は無しです。
スタークも似てると思います。
胸のリアクターはちゃんと塗装されてます。光は暗めです。
今までのダイキャストシリーズと違い、腹部の可動は無くなり、パーツ交換により着地ポーズを再現する様になってます。
交換作業がかなりキツイです。胸と腹のカバーを外し、背中のボタンを押しながら腹部パーツを胸、腰から引き抜くのですが、かなり力が要ります。
42、43等はそのままでも可能だったので、これは面倒なだけかなと思います。
この機能は賛否分かれそうです。
腹部が可動すれば良かったです。
今までのモデルと同じで、お尻のボタンを押すと両脚を大きく前方に曲げる事が出来ます。
肩の引き出し機能は無い様です。
肩のミサイルですが、ノーマル状態のカバーはマグネットで外しやすいです。
この商品の目玉は背中の複雑なフラップと脚のフラップが大きく展開出来る所だと思います。
よく再現出来ていると思います。
最近のスーツは地味にしか開かないので、ここまで複雑な形で開けるのは良いです。
フラップを全展開して、肩、腕、腰のミサイルも展開状態にして、後ろ向きに飾るとサマになります。
昔の退色しておかしなプロポーションのマーク3をプレミア価格で買うくらいなら、こちらを購入する方をお薦めします。
review image review image
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月30日
妙にスリムになるよりフィクションの世界とはいえ信憑性が増す気がするのと愛着でマーク3が好きです。
そしてダイキャストでの所有も満足度が高いです。箱も豪華で素晴らしい。
注意点は細かく保護ビニールシールが貼ってありますが、細かいパーツに粘着度が高い為、壊しそうになってしまいます。
何箇所か剥がすのを諦めようかと迷うほどでした。(壊していたら★減点のところでしたが・・)
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月7日
ホットトイズアイアンマーク3はロボコンの超合金に似てると思いました。昔、お腹の蓋がパカッと開く懐かしのロボコンの超合金をおもわせます。ズシリと重い超合金ならではの豪華さ。ダイキャストもまさにこの重さがあってのもの。ホットトイズのフィギュアは基本的にあまり動かさないで飾るのがメインなので可動は副産物みたいなものです。今回のマーク3は腰の他あまり足首動かないので昭和の間接動かないガンプラを思わせました。好き嫌い別れる今回のマーク3ですが自分としては腰意外は良しとしています。アイアンマンはもうお腹いっぱいです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月2日
 既に廃版になっている最初のマーク3(ダメージ・バージョン含め)をお持ちの方は評価が分かれるような気がします。

 まず全体像は若干パンプアップされたかの胸部、これはよりマーク3らしくなりました。
また塗装もより美しく、重厚感もあり、まさにマーク3かと思います。
トニー・スタークのフェイス塗装も明らかに丁寧なものになっております。

 旧作との大きな違いは、各ウエポンが内蔵式から、パーツ交換に変わりました。
旧作の飛び出るランチャー、腕部の小型ミサイルの展開、フレアーの飛び出し・・・
結構に芸が細かかったので、パーツ交換での再現は寂しさを感じるかもしれません。
恐らくはコストダウンと破損防止かと思われます。
 
 腕部小型ミサイルパーツは接着が甘いのでパーツが簡単に外れちゃいました。
フレア交換する際、上部に外す為の凹があります。説明書にありませんが
そこを付属のヘラ(?)で外すようになっています。

 旧作は足のフラップ部のヒンジが(材質の問題でしょうか)若干弱く、外れることがママありましたが
これは改善されています。また背中のエア・ブレーキもキチンと収納できるようになりました。

 一番の見せ所は、腰部のパーツ交換で、誰でも簡単に「床ドスン」ポーズが付けられるようになったこと
かと思います。旧作はコレが困難でした。
ただ既発売のDICASTシリーズの様では再現された腰の回転が通常ボディでは出来ません。
これも評価が分かれそうです。
また当初腰部が軟質パーツで経年劣化が心配だった箇所は
マーク43同様に硬質樹脂に変更されています。

 全体的にはよりマーク3に近いフォルムになった感があります。
HALL OF FAME に飾ると、より栄える気がいたします。

 個人的な感想として、ですが、これDICASTにする意味はあったのかな、と。
ムービー・マスターピースで十分に再現できたんじゃないか?と。
このDICASTシリーズは結局は「重さを楽しむ」だけのような気がするのですが、どうなんでしょう。
マーク4以降のDICASTシリーズでのリブートは避けて欲しいところですが。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月2日
いろいろ好みは、あるでしょうが、ホットトイズのアイアンマン現時点最高峰だと。思います
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告