Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.719
5つ星のうち4.7
形式: CD|変更
価格:¥1,630+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年11月27日
今まで1999年発売のRVGエディションの紙ジャケット盤と、ボーナストラック入りのRVGエディション輸入盤の2枚を愛蔵していました。
何度も何度も再発されるこの「Somethin' Else」。
既に持っている方も今回のBlueNote 75周年のリマスター版は買い。
あの超有名な不動の名演「枯葉」は1曲目ですが、なんとその別テイクが録音から50年以上の歳月を経て世界発登場。
ボーナストラックとして7曲目「Autumn Leaves (alt.TAKE)」として追加収録されているのです。
この歴史的な発見、必聴です。この曲のために購入する方も多いのではないでしょうか。

RVG盤と比較するとリマスター方法が全く違います。ステレオは同じでも、bが完全に右よりへ、tp、alt-saxは左よりへリマスター編集されており、音の分離が良くなった感はあるものの、全体の統一感がいままでのRVG盤よりも劣った感もあります。ここは好みでしょうか。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
マイケル・カスクーナさんは<枯葉>の別テイクの存在は、かなり前にご存知だったそうですが、
アルフレッド・ライオンさんの意向を尊重して今まで表には出されなかったのだそうです。

その意味でも、史上初めての<枯葉>別テイク「take-1」が収録されたこのBlue Note75周年記念限定発売のCD、とても貴重だと思います。

Somethin'Elseをすでに、LP、CDでお持ちになっていらっしゃらない方は、ジャズを聴いていらっしゃる方で、恐らくいらっしゃらないと思いますが、
わたしも<枯葉>の別テイクが聴けるということで、このCDはぜひ、欲しくなりました。

そして、音もいいですし、<枯葉>の別テイクも、わたしはとても、いいと思いました。

改めて聴きますと、このアルバム、<枯葉>は別格として、
<ワン・フォー・ダディー・オー>、キャノンボール・アダレイのミディアム・スローのブルースが、
惚れ惚れするほど素敵なことを再認識いたしました。
それに、ハンク・ジョーンズのピアノも、なんて、素晴らしいことでしょう!

この時(1958年3月9日)、キャノンボール・アダレー(as)29歳、マイルス・デイヴィス(tp)31歳、ハンク・ジョーンズ(p)39歳、
サム・ジョーンズ(b)33歳、アート・ブレイキー(ds)38歳、

永遠に語り継がれるジャズの至宝、blue note 1595番。

<追加>:
ちなみに、このCDに添付された、仏文学者の中条省平さんの解説は、とっても素敵だと思います。こーいう解説なら大歓迎です。
<ワン・フォー・ダディー・オー>の最後のところで、マイルスがブルーノートのオーナーのアルフレッド・ライオンに向かって、
「あんたのお望みの演奏になったかな?」と発するマイルスの上機嫌なだみ声のことも、ちゃんと、解説なさっています。
この中条さんの解説は、「わたしの望みのライナー・ノートはこーいうのです!」と申し上げたくなりました。
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月26日
ヨーロッパ盤として、興味があって購入したが、オリジナルでは左チャンネルのサックスがセンターに位置している。また、低域のふくらみ感があったサックスのエネルギー感も後退して、全体的におとなしくなっている。逆にピアノがやや大きめに鳴り続ける。おそらくマスタリンクの違いだと思うが、あまり良い出来とは言えない。全体的に中央寄りのこじんまり感が強い。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
これは、『SOMETHIN' ELSE』国内盤リマスターSHM-CD仕様(TYCJ-81002)のレビュー。。。
かつて、この超と付く程のジャズの名盤で、レビューしたいという気にはならなかった
名盤嫌いというのでもない
大勢の方が評価してくれるからいいか。。と思っている訳でもないのだ

自分の所持するのは、RVGリマスターの国内盤(TOCJ-7092、Importでは1999年盤と同一)だったのにも関わらずである。。。
今回、枯葉の別テイク入りという事で、この盤を購入してみたのであるが、自分の中の『SOMETHIN' ELSE』の価値観や概念を変えてしまう1枚であった

冒頭の『AUTUMN LEAVES』が鳴り出した瞬間、イメージが違うのである
かなりゆったり感があり、妙に生々しい。。そこに演奏者達が居るようである
これは定位、ステレオ云々というよりも、楽器そのものに立体感があり、例えばドラムセットのタムタム、バスドラ、ハイハットやライドシンバルの位置まで、ちゃんと解る繊細さなのである
ピアノを始め、アコースティック然とした円やかな艶もあり、質感が素晴らしい

ニュアンスが豊かなので、曲自体に表情が生まれ、情感が宿る。。。
例えば、マイルスは最初、弱音でさり気なくスタートするのである
それが、徐々にあの耳を劈(つんざ)くような鋭い音色を見せ始めるのであるが、その抑揚のニュアンスがハッキリと伝わって来るので、演奏に必然性が備わる事になる。。。

そして、トランペットから、アダレイのサックスに切り替わる際の、『ふわっ』と空気が変わる一瞬。。あのニュアンスが、鳥肌が立つ程に表出して来るのだ
あれはまさしく神韻(しんいん)を帯びている。。。

それは、『AUTUMN LEAVES』の別トラックを聴くと、もっとハッキリ理解できる
別テイクは少し大人しい佇まいで、演奏が終わる直前にリーダーの声でベースにダメだしが入るので、失敗が事前に告げられているのだが、本編に採用されたテイクとは、アレンジが違うという些末なものではなく、全くの別物で、『オーラ』がないのである
しかし、それはあくまでも比較の問題で、音質的には統一感があって秀逸であるし、資料性という意味でも貴重な追加収録だと思う

このアルバムは、冒頭の曲が売りになっている要素もあるが、総体的に、これ程素晴らしい演奏だったのかと改めて思ったし、この国内盤SHM-CD仕様は非常に画期的だと感じた
自分のような気持ちで『SOMETHIN' ELSE』に接していた方が居られたら、是非この盤を聴いてみて欲しい。。。
勿論、RVGバージョンの方も違った良さはあるし、御大のリマスターであり、世界的に貴重な記録でもあるので、売り払ったりせずに聴き比べを楽しみたい。。。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月2日
このアルバムは、豪華メンバーの名演ですから、アナログレコード、CDと所有して居ます。
演奏の内容は、今更記述するまでも無く、素晴らしいの一言です。更に、SACDと言うメディア
での再生は、奥行き感も表現され何度も何度も聞き返しています。お勧めの一枚です。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月21日
本作と言えば、まずはやはり 1.Autumn Leaves における Miles のプレイでしょうか。
ミュートされたトランペットの鋭い音で、Autumn Leaves(枯葉)を連想させる絶妙な演奏は見事です。

それを Cannonball Adderley の溌剌としたサックスが追いかけ、とてもご機嫌な雰囲気を出しています。
あと、本曲で個人的に好きなのが Hank Jones のピアノ。
終盤にある、クラシックを思わせるようなロマンティックなプレイは、『ここでそうきたか』と思いました。

2.Love For Sale 以降も、アップテンポな曲、アンニュイな曲いずれもとても心地良いコンビネーションを見せています。
Art Blakey のメリハリのあるドラムと Sam Jones の武骨なベースも良い。

最後に Adderley のワンホーンによる 5.Dancing In The Dark で締めるのも気が利いています。
何度も聞いて、じっくり味わいたい作品です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月4日
1986年、東芝EMIの「Blue Note CD Super 50」で発売されてからこれで何枚目の購入かは忘れたが
世紀の大傑作「枯葉」の別テイクが収録されているとなれば買わずにいられなくなるのが人情。

開封後、何はさておき#7を再生。気のせいだと思うが、リズムのテンポが若干速く感じられてマスターテイクのどっしり感が弱い。
キャノンボールのソロは素っ頓狂なフレーズを吹くマスターテイクよりも個人的にはこちらの方が好み。
マイルスはさすがに素晴らしいのだが、途中からイマジネーション不足を露呈してしまうのが残念。
曲のエンディングも打ち合わせ不足でバラバラ。

改めてマスターテイクを聴くと、完成度の高さには雲泥の差があります。
(仮にマスターテイクが存在していなかったとしたら、これはこれで素晴らしい演奏なのですが)

「枯葉」がどの様に完成していったかを知る事ができるこの別テイク一曲のみでも、買う価値は十分にあります。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月20日
2013年版は1999年版に比較し、LPの録音バランスに近い楽器群の配置であり、最初にLPを聴いた時の感動を思い出しました。 しかも大注目の『枯葉』の別テイクまで含まれているという、至れり尽くせりのCDでありました。 本当に素晴らしいリマスター版ですので、誰にでもお勧めできます。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月27日
RVG盤と比較。ヒスノイズが軽減されていて音の輪郭がよりシャープになっている。特にキャノンボールのアルトはくっくりはっきり響いてくる感じで、好き嫌いもあるとは思うが個人的にはこちらの方が聴きやすくて好きだ。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月11日
このアルバムは、通常のCDで所有していますが、やはりJAZZの名盤である以上、よりよい音質で聴きたいもの。

SACDフォーマットによる本アルバムは、空気感も表現されています。

せっかく聴くならば、SACDでしょう!
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥927