Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.434
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト1000レビュアー2014年7月29日
【カタログに載っていない部分の感想】
●動画記録時は撮像素子の一部切り出しのため、4K動画時は焦点距離35mm判換算37mm〜592mm相当。フルHD時は31mm〜496mm相当に変わります。4K動画だと「止め絵の全景」がしっくりくるので、ちょっと引きが足りなくなるかも。高くてもワイコン欲しい!
●UHS-Iスピードクラス3推奨ですが、東芝の海外版格安SDカードでも問題なく4K動画撮影可能(あくまで自己責任で)
●内蔵フラッシュのガイドナンバーがカタログにも取説にもないという謎仕様ですが、かなり大光量。1/4000秒でもシンクロするため、真夏の逆光下でも補助光として使えます。
●スマホアプリと本体のWiFi接続の出来がものすごく良い。ライブビュー画質もフレームレートが高く、当然リモートでズームもフォーカスも調整可能(電動式の強み)。さらにタッチフォーカスが可能。iPad版は画面もスイッチも大きく操作性抜群。WiFiルータを介しても接続可能というものすごい仕様ですが、さすがにリモート撮影は不安定(画像転送時はネットワーク接続、リモート撮影時は直接接続で使い分けています)。スマホさえ無くてもWiFiルータさえあればFlickrやTwitter、Facebookに直接アップロード可能(公衆アクセスポイントは接続不可)だし、ホームネットワーク対応のテレビにカメラからワイヤレスで静止画を表示させることも可能(AQUOSで確認)。WiFiでやりたいこと、およそフル装備でできるカメラです。
●絵づくりの印象は、「写真は従来よりメリハリついてより写真ぽく、動画は肌が明るくテレビ放送っぽい色調」。当然自分の好みにスタイルを追い込むこともできますが、iAモードにすれば誰が撮っても万人受けする気持ちよい絵になります。噂ではSONYのRX100系と同じ1型撮像素子で、ダイナミックレンジ等従来のコンパクトカメラとは一線を画す画質です。
●付属のストラップの扱いが残念。太さも材質もそんなに悪くはないのに、最後にヒモ部分を束ねる四角いプラスチックのパーツが入ってないんです。サルカン(Amazonの取り扱いはこのストラップ用より少し幅広なのであくまで参考)っていうパーツだそうですが、ヒモの端っこがぷらぷらしてみっともなくなります。(別売りストラップ買えばすむのですが)

【メインの売りである4Kほか動画の撮影機能について】
●光学ズームで600mm相当/F4の明るさで4K動画が撮れるってだけですごい。
●GH4さえ超えるフルHD/120fpsのハイスピード動画は6分44秒連続撮影可能。(残り時間が液晶に表示される)処理系を限界まで働かせるためと思いますが、いったん撮影を始めてしまうとズーム、フォーカス、露出補正、手ブレ補正が一切効かなくなります。実際撮った動画を確認すればそんなに問題ない仕様なのですが、ここまで長時間録画できるならスポーツ系の一瞬の動きだけじゃない使い方ができるのに、ちょっともったいない。(ライブビューのフレームレートが落ちないのは逆に凄みとこだわりを感じる)
●動画録画開始の立ち上がりが爆速。カードの相性もあるかもしれないですが、電源ON→1秒以内に録画ボタンを押して4K動画記録がスタートできます(AVCHDだと一瞬もたつくかも)。このSDカードでは、録画終了後0.5秒以内にすべての書き込みが終了し、すぐさま次の操作に移れます。
●AFが爆速なうえに行ったり来たりの迷いが少ないため、とにかく気持ちよくピントが合います。
●そこまで高速、大容量のデータ処理をしているにもかかわらず、とにかく発熱が少なく、安定して録画ができる。そしてバッテリーの減りが少ない。(真夏の炎天下で撮ってみましたが写真400枚ぐらいと4K動画40分ぐらい撮れてバッテリー切れ起こさず)
●4K動画は、フルHDテレビにつないでみても一目瞭然の高精細さ。4Kテレビが無ければ意味無い、なんてことはありません。むしろ今あるフルHDテレビでもここまで緻密な映像が再現できるんだと認識できます。

【不満点と言い訳】
「ここまでAFの性能がいいのにタッチパネルじゃない」→これだけは残念だけれど、たぶんこの機能を搭載したらCPUをさらに高速処理にしなくちゃダメだったんだろうなぁと思います。それぐらいぎりぎりの性能を載せて来ていると感じます。前述の通りスマホアプリでタッチAFが使えます。
「一体型のくせにAPS-C一眼レフ並にでかい」→望遠でここまで収差少ないシャープなレンズだからしゃーない。ただ、持った感じはそんなに重くはなく、「疲れる大きさ」ではありません。持ったときに微妙にバッテリー下あたりに若干のスカスカ感があるんですが、たぶん放熱対策じゃないかと思います。
「10万近くするカメラなのにソニーRX10よりプラスチッキー」→でもボタンやダイアルの作りがとてもよく、変にメッキっぽい飾りでごまかしていない分、納得できる質感になっています。
「手ブレ補正の効きが弱い気がする」→4Kを撮っていると余計に思います。そもそも光学式+電子式で5軸ハイブリッドと銘打っている機構が、4Kだと(またしても)処理上の限界か光学式だけになってしまう上、画像が高精細すぎてカメラがちょっとでも動くと画面全体に神経が持ってかれる感じがするからです。手持ちで撮れる画期的なカメラではありますが、本格的に4K動画を撮るなら三脚の併用は必須です。(逆に言うとよっぽど厳しい光の条件じゃなければ数十倍する値段のカメラとそんなに遜色ない映像は撮れると思います)

このカメラを買って4K動画撮らないというのも贅沢な話かもしれませんが、それでもカメラとしての押さえどころがばっちり過ぎて10万円以上の楽しさはあると思います。
WiFiリモート撮影+大光量フラッシュ+2000万画素で、「イベント記念写真カメラ」として使っても元が取れるパフォーマンスではあります。
そして、面倒でも小さな三脚と組み合わせて撮ると、4K動画、ハイスピード動画、そしてタイムラプス動画と、面白い映像が撮れること間違いなしです。
0コメント|154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月10日
10日間の北海道旅行に行ってきました。
カメラはこれ1台。光学25mm-400mmの威力は絶大。
野鳥は、デジタル800mmまでなら十分鑑賞に堪えます。
小雨なら後で拭いておけば特に問題なしでした。
これなら一眼を持っていくことはないですね。
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
私のデジカメはルミックスのLX7。宣伝が地味なこのカメラの優秀さが気に入って愛用のD810のサブ機にしています。
そこにこのFZ1000が登場しました。初めは見過ごしていたけどスペックを見てビックリ。かっこも悪くありません。
まず25-400ミリでF2.8-F4なのです。そんなのありませんでした。
大きいだろう、と思ったらそれほどでもない。例えばD810でF4、300ミリなら2キロをゆうに超えます。
それが800g程度で価格も段違い。資料を読んでみると、至れり尽くせり。
信じられないほどでフルサイズのカメラが及ばない多機能ぶりに感心してしまいました。

特に望遠側で便利に使いたくて購入。評判に違わず高性能。
ライカが認めるレンズはさすがに高精度でフルサイズ機に近い高画素を見事に表現します。
しかもフォーカスからズームに至るまで反応の速さに感心するばかり。
ピピッ、ピピッで準備完了です。重たさを感じさせない。評価の高いiAズームを試したら画質の高さにも感心。
1000ミリレンズを付けたような画が撮れます。しかも手振れ補正。フルサイズ機の機能をすべて上回るほどです。

たとえば100m先に怪しい人物を見つけてカメラに収めたい、なんて言う時は瞬時に対応できてしまいます。
EVF(電子ビュー)ファインダーはモニターと同じ情報を見ることができて見やすい。
目を当てると液晶モニターから自動で切り替わる設定ができます。どちらにも固定できるし、モニターは裏返しで隠せます。
マニュアルで細かくピントを合わせしたい時は、まずAFで合わせ、レバーをMFにして鏡胴を回すと部分拡大されて、
合焦点は緑色に光り正確なピント合わせが簡単です。機能面では老舗の大ブランドに差を付けています。

とにかく欲しい機能がいっぱい詰まって、作り手の熱意がしっかり伝わってくる。
やたらに撮りたくなってしまうカメラに仕上がっています。
グリップも優秀で持ちやすいし、肩から下げてもそれほど重さが気にならない。
レンズ交換ができないだけで、なんでこれが一眼ではなくデジカメに分類されるのか不思議なくらい。

レンズは25ミリワイドから樽型はなく、超望遠まで精度は高い。
望遠レンズを多用したいカメラマンにとっては魔法のようなカメラです。
パノラマも進化、タイムラプスやスローモーションなど、なんでもできてしまう。どこでもドアのカメラみたいです。
ビデオの4Kにも感心しますが、撮影中のズーミングが手動も含めてスムーズなスローが欲しいと感じました。
多少高価でも、ボディだけでも金属感があればと思いました。
重たくてはイヤですけどね。それほど愛着が持てそうなのです。
0コメント|114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月22日
旅用、登山用カメラとして購入しました。
良いところは
・レンズ交換せずに25~400mmまでの焦点距離が活用できる。
・高画素のビューファインダー搭載
・オートフォーカスが速い
・レンズ・センサー性能を含めて高画質
・バリアングルモニター装備
欠点は
・コンデジとしては気軽に持ち歩くにはサイズが大きい
くらいではないでしょうか?
もちろん、出てくる絵はAPS-Cやフルサイズの一眼レフなどとは違いますし、センサーサイズからすればボケの表現や高感度特性は劣るのは致し方ないところです。
また、これだけの高画質をこのズームレンジとF値(実際にはF2.8はほぼワイド端だけですが)で成立させたのはすごいですが、もう少し寄れるとうれしいですね。
細かいところですが、手振れ補正のON/OFFがレンズの側面にあり、何かの拍子にOFFになってしまっていることが多々あります。
手振れ補正を頻繁にON/OFFするケースはないと思うので、メニューなどに入れてしまっても良かったのではないでしょうか?
また、再生表示の際の処理にはちょっと階調がおかしくて、空などの緩やかな階調のところに不連続があります。16Bit処理なのかしら?とさえ感じます。
あと、いわゆる「スイングパノラマ撮影」が可能ですが、つなぎ目がずれていたり明るさが段階的に変わっていたりと、明らかなミスショットが多いように感じます。(逆光などの悪条件ではほぼNG、順光の条件でも不連続が出ることが多々ある)

C社のコンパクトカメラで体験するような低温動作の弱さもなく、登山のお供で冬の2000m弱くらいの山に持ち出した際も、氷点下での作動も特に不具合ありませんでした。
また、普段使いでも電池のもちは非常に良いと思います。

あと、メーカーが盛んに「4K」を売りにしていますが、当初は特に動画に興味がありませんでした。
自衛隊の「富士総合火力演習(の事前演習)」を見に行く機会に恵まれたので、通常の連射と4K動画撮影で火器の発射の瞬間を撮ってみようと考えました。
4K動画からの静止画切り出しを使ってみたところ、画素数は800万画素程度になりますが、画質的には静止画に近いもので驚きました。
秒間30枚の連射をずっと行っているわけですから、連射の息つきもなくてシャッターチャンスを逃しません。
戦車砲の発射の瞬間も、発射炎が3コマ程度は写っています。
CanonやNikon製の大砲(^^;に混じって、小さなカメラでの撮影でしたが、ここまでできるのか、と友人も驚いていました。
制限はありますが、シャッター速度や絞りも設定できますので、動画として切り出す際のことを考えて設定すると良いと思います。
(静止画の切り出しもカメラで簡単に出来ますし、Exif情報も付随します。)
余談ですが、1インチセンサーでこれだけ写るなら、4/3のG7やGX8などを使うと、もっと高画質なのか試してみたくなりました。
review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月13日
FZ1000のレンズの実焦点距離は 9.1~146mmで、
35mm換算焦点距離は、
アスペクト比  4:3では 27~432mm、
アスペクト比  3:2では 25~400mm、
アスペクト比 16:9では 26~416mm、
FHD動画(5軸ハイブリッド手ブレ補正OFF、動画傾き補正OFF)では 26~416mm、
FHD動画(5軸ハイブリッド手ブレ補正ON、動画傾き補正OFF)では 28~448mm、
FHD動画(5軸ハイブリッド手ブレ補正ON、動画傾き補正ON)では 31~496mm、
4K動画では 37~592mm
0コメント|81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
FZ1000 は、非常に高画質な動画撮影が可能ですが、スイッチを入れて録画している間は、『常に(つねに)』、「カラ・カラ・カラ・カラ・カラ・カラ・・・」という「手ぶれ補正の部品の小さな音」がします。

(この音がする件はメーカーサポートに確認した所、実力の範囲内とのことでした。もちろんこれはズームを作動させた時の音のことではありません。)

この音は本当に静かな部屋の中では、レンズから耳を数十センチ離しても聞こえるレベルの音ですので、静かな場所で動画を撮影する場合には、この「カラ・カラ・カラ・カラ・カラ・カラ・・・」という音が、かなり気になるレベルで内蔵マイクから録音されてしまいます。

それゆえ、例えば、ピアノの発表会などの動画撮影目的で FZ1000 を購入される方には、内蔵マイク以外で録音をするといった、事前の心構えをお勧めします。

ちなみに、手ぶれ補正をオフにしても、ピントをマニュアルに切り替えても、この「手ぶれ補正の部品の音」を止めることはできません。

実は今回私は、4Kの綺麗な画質と綺麗な音でピアノの発表会を撮影したいと思い、FZ1000 と同時に「メーカー純正マイク DMW-MS2」も購入したのですが、DMW-MS2 をホットシューに取り付けた撮影でも、ほぼ同じレベルの「手ぶれ補正の部品の音」が録音されてしまいました。

私は購入直後のテストでこの問題に気がつきましたので、すぐにメーカーサポートへ問い合わせましたが、ただちに納得の行く回答を得ることはできず、数日後にようやく届いた回答では、「この音は手ぶれ補正の部品が付いているために発生している音で、手ぶれ補正のスイッチをオフにしても、ピントをマニュアルに切り替えても、この音を止めることはできません。この音はこの機種の実力の範囲内で、改善の予定やリコールの予定はありません。ご期待に添えず申し訳ございません。外付けマイク DMW-MS2 には2メートルの延長ケーブルが付属していますので、カメラからマイクを離して設置すれば、この音は録音されなくなると思われます」という物でした。

そこで、この商品のウェブカタログ(下記URL)には、「クリアな音質で、臨場感あふれるステレオ音声での録音が可能です」や「ステレオガンマイクロホンDMW-MS2(別売)を装着することで、高音質で臨場感のある音声を録音可能」などと書かれているけれども、これが「クリアな音質なのですか?」「この表示は変えた方がよいのではないですか?」などと言っても、以降は「ご意見として伝えさせて頂きます。ご期待に添えず申し訳ございません。」の繰り返しでした。

ちなみに「クリアな音質」の記載は現時点でも変わっていません。(2014/11/11)
http://panasonic.jp/dc/fz1000/movie.html

メーカーからの回答を待つ間にいろいろ調べた所、専門家は外付けマイクが常識のようで、「重箱の隅問題」などというレビューまで見かけましたが、ハンディビデオの延長の感覚で FZ1000 を購入した私にとっては、これはショッキングなメーカー回答でした。

手元の FZ1000 が不良の可能性も考えられましたので、メーカーに送って正常かどうか見てもらおうかとも思いましたが、メーカーからの回答を待つ間に見つけた PaPaGGさんがユーチューブにアップされている「LUMIX DMC-FZ1000雑音問題の動画」を見つけて、全く同じ音でしたし、メーカーサポートからの回答もPaPaGGさんが得られた物とほぼ同じでしたし、価格ドットコムにもこの音について「音楽ホールで静かな時に、隣の席の人にも聞こえるかもしれません」など、この音に関する書き込みが多数見つかりましたので、これがこの機種の実力なのだと思います。

参考:PaPaGGさんのユーチューブ動画(特に3番目の動画が「手ぶれ補正の部品の音」がわかりやすいと思います。)

LUMIX DMC-FZ1000 動画撮影でノイズ(雑音)が醜い件(原因判明)
http://www.youtube.com/watch?v=y8lIy4y37ek

LUMIX DMC-FZ1000雑音問題 残念な報告です パナソニックからの回答」
http://www.youtube.com/watch?v=mD7FK05BJXk

LUMIX DMC-FZ1000が退院したけど?!  レンズより常時微小な音は確認だが性能の範囲内なんだって??
http://www.youtube.com/watch?v=ghjKBV77-8Y

参考:価格ドットコム『レンズ部分から音がする』のクチコミ掲示板
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000664331/SortID=17771365/

肝心の動画の画質は AVCHD Progressive で撮影しても、私が今までいろいろ使って来たビデオカメラや一眼レフカメラの中で一番綺麗に撮れましたし、4K動画は本当にほれぼれするほど美しく撮れましたので、画質については大変満足しています。

ご参考までに、私の最終的な「手ぶれ補正の部品の音」の対策ですが、(ピアノ発表会レベルで客席からマイク別立ては大袈裟すぎると思いましたので)、レンズとマイクの距離を稼ぐために、ホットシューに手持ちの雲台を2つ重ねて取り付けて、その2つの雲台の上に、対策として新たに購入した「RODE STEREO VIDEOMIC PRO」を取り付けて、レンズからマイクを離すという方法です。これでどうにかほとんど聞こえないレベルまで「手ぶれ補正の部品の音」を下げることができました。

(実際には雲台2台重ねでもかすかに「手ぶれ補正の部品の音」は録音されてしまいますので、完璧を求められる方はもっとマイクとカメラを離す工夫が必要かと思います。ちなみにホットシューに直接「RODE STEREO VIDEOMIC PRO」を取り付けた場合は、マイクがレンズに近いので、まだだいぶ「手ぶれ補正の部品の音」が録音されてしまいました。)

今回の問題でいろいろ調べて、外付けマイクはショックマウント付が良く、「RODE STEREO VIDEOMIC PRO」のようにゲインが+20db上げられるマイクは、その分 FZ1000 のゲインを下げることができるので、結果的にホワイトノイズをかなり少なくできるということまで勉強できましたので、「こけた所で火打ち石」的な結果で、私的には大変良い買い物が出来たと思っておりますが、上記のウェブカタログ表記のこともあって、今後は Panasonic の製品を購入する際には慎重な検討が必要だと思っています。

http://panasonic.jp/dc/fz1000/movie.html

このレビューがこれから FZ1000、他、Panasonic の製品を購入される方の参考になることを期待しています。
0コメント|171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月23日
私が買った頃はまだ高価でしたが4Kフォトを試したくこちらAmazonが最安の時に購入。
最安とは言え当時予備バッテリーや4K対応の高価なSDカード等で8万5千円位かかりました。
その後色んなネオ一眼が登場しましたが、これ以上のネオ一眼は今のところ出ていないと思います。
現在FZ300も出ていますが価格コムやPHOTO HITOの画像を見てもこれを超えるネオ一眼は見当たりません。
400㎜では望遠が足りないと思われる方も居られると思いますが、iAズームの800㎜まで充分鑑賞に耐えられますし、4Kの場合は光学で≒600㎜、iAズームで≒1200mmまで寄ることができます。
しかもセンサーが大きいことの恩恵でトリミング耐性は1/2.3センサーのネオ一眼より遥かに上です。
またファインダーの視認性が素晴らしく、動き物撮影や構図を作りたい場面等で真価を発揮します。
兎に角、広角から望遠まで、あらゆる面でオールマイティーなカメラだと思います。
間違いなく名機だと思います。手放せません!
※唯一付属のストラップは余りにも貧相なので他の物を着けました(^_^;)
review image review image review image review image
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月3日
従来、フィルムカメラ時代より、一眼レフを使っていましたが、この度、初孫が生まれデジタル一眼レフカメラを買う予定だったのですが、カメラ店で、FZ1000を手にして、此れだと決めました。理由は、⑴4kビデオが撮れる。⑵25ミリ〜400ミリ迄カバー出る。⑶マクロ機能も付いている。今迄、カメラと重いレンズを持ち歩いていましたが、年を取ってくると、負担になってくる事があった為、此のカメラに決めました。
一眼レフに比べれば、ボケ加減は、やや劣りますが、レンズF値2.8〜4.0あり、普段使いには、充分満足しています。
review image
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月2日
もうこんなに安くなってるなんて! でもキッカケが合ったから買ったのでいいです。
画質は思っていたとおりで問題ありません。動画の設定がここまであるとは思いませんでした。四苦八苦しながら勉強しています。
4Kも素直に撮れ、良かったと思います。 欲を言えばもう100gほど軽く仕上げて頂けませんか!この価格で!でしょうか。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月4日
1インチセンサーと比較的明るい400ミリを備えた万能機ですね。作りはややおもちゃっぽいですが、操作スイッチも使いやすく(FZ300のようにダイヤルが前後にあればもっと良かった)、直感的に使えるようになります。4Kフォトも想像以上に役に立ちますし、マクロ領域の絵も悪くない。開放でもう少しきれいにボケて欲しいですが、それは値段を考えれば贅沢ですよね。画質はシャッキリ系で、アートっぽい写真を撮るのには少々不向きかも知れません。
FZ300とも悩みましたが、センサーの大きなこっちにしておいて大正解でした。
実は背面ディスプレイが時折ブラックアウトする初期不良で、近いうちに保障修理に出す予定ですが、そんなトラブルがあってもお気に入りです。
写真は4Kフォト(鳥)と通常撮影です(花と虫)。
review image review image
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)