消滅都市ストア Amazonファミリー Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.315
5つ星のうち4.3
形式: CD|変更
価格:¥1,336+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年9月3日
類型的なメタルのメロディ展開から意図的に距離を置いたのではないかと思われる地味なメロディ、ギクシャクして聞こえてしまう曲順などでどうしても馴染めなかった前作heritageと比較して、段違いに好感の持てる作品です。
デスメタル的なカタルシスはありませんが、らしいリフ・展開は端々で聞けますし、いわゆるクサメロにならない一歩手前で胸を打つメロディのセンスは絶妙。
次回作でグロウルが復活したとして、それはそれで歓迎ですが、このクオリティを維持してくれるなら今の路線も大歓迎です。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月25日
純粋なプログレ作品として聴きましょう。"Ghost"や"Black"を期待するならやめておいた方が良いです。強いて言うなら(本当に強引な解釈ですが)少し整理された"Heritage"です。グロウルは完ぺきに無し、但しノーマルボイスの洗練は半端ありません。これまでは、ミカエルのノーマルボイスは「あのグロウルと同一人物?」といった比較で素晴らしいという向きがありましたが、数作前からそうでしたが、この作品に至ってはギターを棄ててヴォーカルだけで行っても相当なものだと認識出来ます。
"Storm Corrosion"をもうちょっとロックにした・・・という感じの方がしっくりするかも。
ブックレットに「メロディーの洪水」みたいなことが書いてあったけど、確かにそうですが、もうちょっと分かりやすいフックも欲しかったかな。
因みに、個人的にはボーナスのライブ音源は不要でした。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
プログレファンなら堪らん一品。
デスでない作品が2作続いたので、次はデスを聞きたい気持ちもあるなぁ・・・。
とはいえ上質な作品です。
往年のプログレファンにこそ聴いてほしい。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年9月12日
スウェーデンのプログレッシブ・ハードロック、オーペスの2014年作
70年代ロックに傾倒したような前作からの流れで、今作も古き良きプログレッシブロックの感触に包まれている。
アナログ的なドラムサウンドに鳴り響くオルガン、ミステリアスなピアノややわらかなフルートの音色に、
バックにうっすらと響くメロトロンもじつに美しい。前作が70'sブリティッシュロックのスタイルだとするなら、
今回はかつての北欧プログレの薄暗さと叙情性をたっぷり含んだ聴き心地で、思わずにやにやとしてしまう。
ミカエル・オーカーフェルドのジェントルな歌声もいよいよ含みを増して、繊細な楽曲をマイルドに彩っている。
デスメタル的な激しさはほとんどないが、案外緩急のついた展開と、しっかりとしたテクニックのアンサンブルは、
プログレメタル系のリスナーにも充分楽しめ、10分を超える大曲での美しいドラマ性は、このバンドのひとつの到達点だろう。
メタル云々を抜きにして、素晴らしい完成度の音楽作品だ。プログレファンはむろん必聴。スティーヴン・ウィルソンがゲスト参加。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月14日
古いプログレ要素を強めにしてデスメタル要素はないですが、前作Heritageでそれほど見受けられなかったヘヴィな要素を上手く混ぜている傑作だと思います。

Mikaelのセンスに圧倒されました。歌上手いですね〜。#6の展開がいいと思いました。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ミカエル・オーカーフェルト(vo,g) フレドリック・オーケンソン(g) ホアキム・スヴァルバーグ(key) マーティン・メンデス(b) マーティン・アクセンロット(dr)

スウェーデン出身メタルバンドによる、2014年発売11作目のアルバム。キーボードがペル・ヴィバリからホアキム・スヴァルバーグに交代している。

前作同様、デスメタルとは…いやメタルそのものとも距離を置いた作品。ミカエルは表現力豊かなノーマルヴォイスで朗々と、切々と歌い上げている。この繊細な歌声の持ち主が、かつては凶悪な咆哮を響かせていたこともあったなど、最近このバンドを知った人にはにわかに信じがたいのでは。

70年代のフォークやプログレの香りが濃厚な、非常にアナログ的で温かみのある楽曲が並ぶ。繊細に折り重ねられた音の層が織りなす情景は、聴くほどに味がでる。まあ逆に言えば正直地味で、1曲1曲のインパクトが弱いのだが、爽やかな秋の風に吹かれながら聴くには最適。

ボーナストラックは "Atonement" と "Demon of the Fall" のライヴ。前者は「Ghost Reveries」(2005年 8th)に、後者は「My Arms, Your Hearse」(1998年 3rd)に収録されている。元からアコースティックの小品曲だった "Atonement" はともかく、 "Demon of the Fall" の方はそれはそれは凶悪なデスメタル曲だったのだが、なんかいい感じのアコースティック・アレンジとして生まれ変わっている。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月21日
音楽、作品としては素晴らしいとは思う。
但し宣伝文句に【獰猛に炎を吹き出すかのようなヘヴィな曲、さらには、初期オーペスを想起させるようなオールド・スクールなオーペス・サウンドも収録】とあるが全く該当するような曲はなく前作を継承するアルバムだと思う。確かにギターはメタルっぽくアグレッシブな部分はあるけど宣伝文句からdeliyevanceっぽい感じを期待してしまっただけに残念。
0コメント|18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月8日
いままでのOpethをより落ち着かせた感じの素晴らしいアルバムです.Death声はありませんが,陰鬱ながら曲の流れが非常によく,名盤だと思います!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月13日
Opethの新作良いですねーデス声で激しいのもありですが、このOpethはデス声だろうが、ノーマルだろうが音楽性が高いサウンドをいかに聴かせるかというところに重きを置いているバンドだし、自分もそういう見方をしてましたんで、今作の趣も全然OKですし、むしろノーマルトーンのボーカルの方が好きかも知れません。非常に上手いし、いい声です。そこにOpethの高い音楽性、中毒性、形式美が加わればつまらない作品になりようがありません。
今作も買ってよかったアルバムです。今後もじっくり聴いていきたい。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月14日
前作ヘリテイジのプログレ路線を推し進めた内容。曲のメロディも残るものが多く満足。
次作がどうなるか楽しみ。とりあえず来日希望したい。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています