Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
33
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年8月2日
Z系チップセット以外のマザーボードで使用した場合、このCPUのマイクロコードがWindows10では認識されず、アップグレードに失敗します。
新規インストール時は無限再起動ループとなります。
アップグレード時にはエラーコード0xc1900101-0x200017 「SAFE_OSフェーズで失敗しました」が表示されます。
一部の情報ではオーバークロックを解除したらインストールできたなどの情報がありますが、当方のAsrock B85M Pro4環境では
デフォルトの3.2GHzでもインストール不可でした。
各社のマザーボードメーカーからのMicroCode修正版BIOSの有無を確認のうえ、BIOSアップデートが必要です。
Windows10に移行予定の方はご注意ください。
Z系以外のマザーボードでWindows10を利用予定の方は、G3250など固定倍率のCPUをお勧めします。
2コメント2件| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月8日
 Ivybridgeのcpuで十分満足していたので、しばらく買い足すつもりはありませんでしたが、pentiumは思い入れのあるものだったのでどうしてもほしくなってしまい…。 20周年と言われなければ気づきもしなかったわけなので、物の売り方は重要ですね。
 motherboardも同時に必要で、gigagyteのGAーz97xーSLIを購入しました。貧乏人なのでB85、H81辺りで選ぶべきでしょうが、急いで使いたかったので、動かないわけは無いだろうと思いましたが、新しいcpuなので念のため不具合発生時、問題の切り分けがし易いようにZ97の安い中から、尚且つあまり考えず選びました。オーバークロックや省電力の設定が簡単で安定し、今のところ不具合はありません。

 他の構成は
  cpuクーラーはコルセアA70(空冷で大きめのもの)
  パイオニアのDVDドライブ
  東芝 1T HDD
  80PLUSblonzeの650W電源
  DDR3 1600 4G x 2枚
  12cmFAN (LED付き) x 2個
   
 この構成で消費電力は45〜55W程でした。(設定は変えておりませんので、まだまだ下がるかもしれません)cpu温度は室温30℃で35℃(室温25℃の時は31℃でした) 
とりあえずwindows8.1をインストール後エクスペリエンスインデックス測ってみると7.1でした。
以前にsandybridgeのceleronG550を購入しwindows8.1を入れてみて、使用中時々処理の引っかかりを感じましたが、こちらは全く気になりません。 ただ、アップデートはcorei5、7と比較すると時間がかかります。

 壊れても自己責任ですが、オーバークロックも少し試しました。 ニュースサイト等で電圧1.7Vで4.9GHzを試しているのが多い様ですが、私はwindows上でgigabyteのソフトウエアで軽く(本当に適当に1.3v、4.5GHz)です。設定は全然詰めておりませんが安定して普通に使えます。エクスペリエンスインデックスはcpu7.4になりました。4.5GHzまで上げていてもクロックダウンする機能をUEFIで無効にしなければすぐ0.8GHzに下がり、使用時間全体での消費電力は多くなりにくいです。
後でジャンクで手に入れたnvidiaGTX480でFF14のベンチテスト(1920x1080最高品質)も試してみました。
負荷がかかった時にしかクロックアップしないようになっているのもあって、FF14ベンチマーク直後でもcpu温度は室温30℃で36℃とほぼ変わらずでした。(私はゲーム詳しくありません。スコアは8040でしたがOC時も3.2GHzもスコア変わりませんでした。ベンチ中もモニターには4.5GHzの表示でしたが…ちなみにcorei5 2500k+GTX480だったら9600程でした。)

 変なレビューになりましたが最後に、実際使ってみて、1万円以下でcpu買うなら、消費電力も含めこれが良いと思いました。現在のceleronとは2千円以上、差がありますが十分その価値はあると思いました。本当にパワーが欲しければもちろんcorei5以上ですが。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月23日
2つ買って、結局2つとも殻割りしてしまいました。中にリキプロを入れた後、殻は戻して(?)使っています。

TIMは、中にリキッドプロ、外にGC-EXTREMEもしくはOC7 です。
調子がよさそうな方の個体は、4.8GHz(ただしRingCoreは4GHz、GPU1.6GHz)で利用中です。
ケースAntecP100、マザーボード ASRock Z87M-Extreme4、メモリはOCなしのDDR3 4GBx2、GPUはCPU内臓を利用、CPUクーラーは虎鉄の純正デュアルファンです。
CPU Input 1.8V / Vcore 1.430V / CPU Cache(RingCore) 1.420Vで動いています。室温28で、OCCT:CPUを走らせるとCPU温度70度程度で、さらにGPUも働かせても80度を超えない程度です。常用するならもうちょっとクロックと電圧を下げたほうがよいのかもしれませんが、気にせず使っています。

CPUもお手ごろですが、値段の下がってきたZ87マザーボードと、コストパフォーマンスの高いCPUクーラーのおかげで、手が出しやすいです。性能は、しょせん2コアなので、エンコードなどは4コアのi5に越えがたい壁を感じますが、プログラムのビルドや圧縮ファイルの展開など、シングルコア性能が重要なシーンもあり、全体的には割と快適に使えています。

※画像を追加しました。殻割りして掃除したところの写真と、リキプロと接着剤(黒いもの)塗布して張り合わせる直前の写真です。
review image review image
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月8日
Core2Duo E7300からの載せ替えです。
玄人志向のRAIDカードで組んでいたミラーリングが、NTFSの論理的にクラッシュしたらしく
最近のファイルがほとんど読めなくなったので、これを機会に組み替えました。

主な構成  
マザーボード ASUS Z97-K
メモリ 4GB DDR3-1333メモリを1600で使用
ビデオカード AMD HD6850 2GB
Win7 Ultimate

オーバークロックはマザーボード上でクロックを46倍にして
あっさり動いています
もう少しあげられると思いますが、電圧を上げてまではしたくないので、
これで常用しています。

この構成でWindowsエクスペリエンスは7.4です

CPU 7.4
メモリ 7.4
グラフィックス 7.7
ゲームグラフィックス 7.7
プライマリハードディスク 7.9

ゲームはスカイリムをしていますが、特に不満はありません。
(元々はC2Dを使っていましたし)

7000円のCPUが4.6GHzで使えるとは、いい時代になったものです
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月12日
ミドルより少し下のゲーミングpcを組もうと思い購入しました。
稼働から約1年ほど経ちますが、oc4.2GHzで元気にやってます。
パーツやモニターなどコミコミで7万くらいで楽しくオンゲや動画観賞できてます。最高画質を求めないのであれば、このcpuにGTX750tiで大抵のゲームはできるはずです。世代的には2世代前の4世代cpuですが、ソケットはLGA1150で5世代のcpuが搭載可能です。
i7-4790kなどの高価なcpuの繋ぎとしてでも、十分だとおもいます。

最後に大まかな私のpcspec
OS:Windows7
CPU:Pentium G3258 oc4.2GHz
M/B:Asua H97-pro
RAM:8GB
GPU:msi GEFORCE® N750TI TF 2GD5/OC
電源:500w 80plus bronze
HDD:1.0TB+500GB
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月5日
ぺルチェで強制冷却と電圧UPで4.7G通常使用で着ました。設定煮詰めれば瞬間5G近くいけるかも。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月9日
初のPentium 倍率クロックフリーモデルですがオーバークロックしても発熱が小さくがよくリテールクーラーで4.2GHzで常用が可能です。
また、付属のリテールクーラーは銅柱付きでCore i7のリテールクーラーと同様のものが付属しますので冷却もリテールクーラーで十分です。
内蔵グラフィックはMinecraftが快適に動作しますので小学生などがゲームをやるには十分な性能があります。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月11日
i3以下のローエンド帯だと思われがちの本製品です、Passmarkスコアも一見すると芳しくありません。
しかしながら、適切にオーバークロックすることによりi5相当の性能を発揮します。

特にシングルスレッド処理が求められる場合の性能は(特にゲームなど)極めて優秀であり、AMD社のハイエンドCPU,FXシリーズですら圧倒する性能を発揮します。

ただしコア数が少ないため、マルチスレッド性能が求められる場合はFXシリーズのほうが分があるようです。

1万を切る低価格、高いオーバークロック柔軟性、そして処理性能を考えると「オーパーツ」とも言えるべき代物かもしれません。

低価格でPCを検討する場合は、G3258位外の選択肢はありえません。それほどまでに優れた性能です
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月13日
抜群のコストパフォーマンスです。今まで使用していたcore2のワークステーションがぶっ飛ぶくらい調子良いです。
メインの使用は、エクセルとアクセスで結構重たい作業をしても気持ちよく走ります。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ASUSのH97M-E マザボにPentium-G3258(3.2Ghz 20周年記念モデル)とメモリ4GBx2の構成で、ビデカードはなし(オンボードの機能を使用)、CドライブはSSDという環境です。Windowsエクスペリエンスインデックスは次の通りです。
左側の数字がこのマザボの構成で、 右側に比較のために3、4年ほど前に組んだCore i7 (P7P55D / SSD)マシンのものを示しています。
プロセッサ  7.1 / 7.6
メモリ     7.6 / 7.6
グラフィック  5.6 / 7.3
ゲーム用グラフィックス 6.5 / 7.3
プライマリハードディスク 7.6 / 7.8

プロセッサ、メモリ周りは遜色ありませんね。Core i7は3,4年前に3万円くらいで購入したのですが、8千円のペンティアム恐るべしです。
オーバークロックはまだやっていません。定格の動作でこのパフォーマンスです。
これでオーバークロックしたらどんなことになるのか楽しみです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)