Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8187
5つ星のうち3.8
スタイル名: 旧モデル|変更
価格:¥4,600+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月30日
感想としては他の人と同じですね
タッチパネルは使い物になりません
他の方が書いてるように100均保護フィルムで多少ましになりますが
常用するにはきついと思ってください
0コメント|15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月9日
キー自体は非常に押しやすく、タイピング音も「カチカチ」ではなく「トントン」と鳴るタイプでかなり静かな方です。

反応速度は、5msくらいの伝達速度のモニターを使っていますが、ノートPCと変わらない反応速度で、流石はMicrosoft というところでしょうか。

気になっていたタッチパッドですが、付属の調整機能では「精度」を変えることが出来ません。
OSはwindows7を使っていて、マウスオプションで「精度を上げる」にチェックを入れていたとしても、そこらの安物のパッドと何ら変わりがなく、思い通りにブラウザのボタンやアイコンに持って行きづらいくらいです。

ですが、試しにタブレットなどのタッチ画面保護シールをカットして貼ってみた所、かなり感度、精度共に向上しました。100均の物ですが、貼るのと貼らないのでは雲泥の差です。

購入したはいいが、マウスが使い物にならなくて幻滅されている方などいらっしゃいましたら、試してみてはいかがでしょうか?
1コメント1件|100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月8日
ワイヤレスのせいなのか、マウス部の反応感度はイマイチです。なのにキーボードは反応感度は良好です。 一見コンパクトにまとまってスタイリッシュですが、それぞれ別に購入すべきだったと思いました。
毎度思いますが、この手の商品は実際に使ってみないと色々とわからないもんだなぁと改めて感じた品でした。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月16日
【利用を確認したOS (とPC)】
Windows ME (Dell note PC), Windows 2000 SP4 (Dell note PC), Windows XP SP3 (Dell note PC), Windows 7 64bit (Acer / Toshiba note PC),

【キーボード】
キーストロークは浅いが、最近のノートPCと同じと考えれば問題ない。打鍵に必要な力も少ないし、打鍵音も比較的静か(若干チャカチャカ言う)。配列なども問題なし。敢えて言うならば、多くのキーボードの感覚でESCを押そうとしてマウス左ボタンを押してしまう可能性がある点に慣れが必要かもしれない。

レビューで駄目出しされているファンクションキーの問題も[Fn]+[Caps]で問題なく切り替えできており、通常のキーボードのように使えている。OS側のスタンバイや休止には影響されない。2015/9/16購入品(製品外箱にWin10対応シールが貼られた品)。キーボードの電源スイッチを入れ直す度に入替え作業が必要だが、大きな不満ではない。
※KewCtrlやKeySwapなどのキー入替えツールを利用している場合でも、この操作では物理的な[Caps]キーを使う必要がある
※[Fn]+[Caps]の切り替えは、先に[Fn]を押してそのままの状態で[Caps]を押す要領。私の購入品では[Fn]を1秒押す必要はなく「順番さえ守れば」瞬時でもOK。

[Home] = [Fn]+[←]、[End] = [Fn]+[→]、[PageUp] = [Fn]+[↑]、[PageDown] = [Fn]+[↓]、[Print Screen] = [Fn]+[Space]、[Sys Request] = [Fn]+[Alt]+[Space] として使用できることも確認(Q&Aでの「しましまくん」さんの回答参照)。※但し、[Insert]は無い様子

電源入/切状況が見た目で分かりにくい。電源を入れた直後の数秒間だけ右奥のLED(バッテリ状況表示)が緑に点灯するがバッテリ消費を考慮してか後は消灯状態となるため、右端のスイッチの位置&塗装色を確認するか、キーまたはパッドを操作するかしかない。

キーボードを傾斜させる脚がないので、必要なら自前で適当なゴム脚などを貼る必要がある

【パッド】
パッドは手前全体が左右にクリックできる構造。尤も1本指/2本指のタッピングで済むので敢えて押し込まなくても構わない(私はタップ操作しかしない)。

パッドの感度が高過ぎる気がするが感度調節などができない様子で、人差し指以外にも反応している雰囲気で、慣れないと意図しない指に反応してカーソルが揺れる。

SynapticsやAlps(Cirque)やElanなどのドライバが備えるようなドラッグロックがないので1本指のタップだけでの長距離のドラッグに若干難がある。MS標準のHIDマウスが備えるクリックロックでも「ほぼ」同じことが可能だが、これは本来左クリックを1秒ほど押し続けた後に指を解放できる機能のため、タップだけで実現するにはタップした指を意識して静止させた後に動かすようにしないと失敗する場合があるため使い難い。

同梱の説明書にある指による拡大縮小(ピンチ・スプレッド)は、WinXP, Win7で試す限り全く反応しない様子
横スクロールもどうやってもだめ(IrfanView, PhotoImpact, Excel, ペイントなどで試した)

2本指でのスクロールが多くのノートPC内蔵タッチパッドと逆で、内蔵パッドでは下に指をスライドするとスクロールバーを下にスライドさせるのと同じ動作、即ち表示画面が上へスライドするが、本機のパッドだと画面が下へスライドする方向(スクロールバーが上へスライドの方向);スマホ類の操作感に揃えている? 慣れればなんとかなる。
※スクロール方向はスクロールは専用ソフトで変更できるとのコメントあり(但しWinXPなどそのアプリが適用できない環境では意味がないけれど)

パッドはややざらつくので2本指スクロールなどは指がひりひりする。別のパッドで試したように表面をヤスリで滑らかにするとよいのかも…。

[2015-09-17 追加] しばらく使ってみて気づいたこと。枠のほとんどないパッドで長時間作業すると、手首周辺の筋に負担が掛かるので、小指・薬指を置いて作業できるような不感領域を確保するために厚紙を貼ってみた。多少楽になる(添付図参照)。同様に[Enter]キー/カーソルキー付近に手を置いて作業する場合も、パッドが意図せず小指に反応するのを防ぐために不感領域を作ると、小指を休める事ができて良いかもしれない。

[2015-09-19 追加] キー操作とタップ操作が両立しない構造になっているため、アプリによっては操作に問題が出る。キー操作時にパッドの反応をなくす(復帰遅延時間)設定を持つタッチパッドの一部ドライバ(例:ALPS)もあるが、嫌なら無効にできる。本製品ではファームウェアで設定されていて無効にできない。(同時押しでパッドが反応しなくなるキー例:[ESC], [Ctrl], [半角/全角], [変換][無変換][カタカナ/ひらがな/ローマ字]など;同時押しでも問題ないキー例:[Shift], [Alt], [Windows])
 例1:エクスローラで複数の不連続位置のサムネイルを選ぶ場合など、[Ctrl]を押しながらのパッド(タップやパッド左手前押し込み)での選択が不能 → 左奥隅の左クリックボタンを使えば回避できる(でも面倒)
 例2:例1で選び終えたサムネイルをドラッグ&ドロップする場合、エクスプローラならばキーを押さないままパッドによるドラッグ&ドロップができるので問題ないが、とある画像管理ソフトでは[Ctrl]を押し続けなくてはならず事実上不能だった(このアプリの例では[Ctrl]を離して連続位置選択で使用する[Shift]に押し変えることで偶然にも不能回避できた(でも通常と違う操作を要求されたり、全く不能だったりするのは好ましくない)
review image
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月22日
全体的に問題ないのですが、下記は要注意です。
ファンクションキーの標準機能はFnキーとの同時押しで、設定変更できません。
文字入力でF8周辺を使う人や、Alt+F4でウィンドウを閉じる人などにとっては究極に使いづらいでしょう。
私はウィンドウを閉じようとして何度もPCをスリープに落としました…
MSさん、今からでも改善して欲しいです…
0コメント|54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月27日
Windows 10で使用。
日常的にノートPCを使っている者の視点です。

▼キーボード
写真で分かる通り、独立型のアイソレーションキーボードです。
おそらくパンタグラフ式ではないので、比較すると音は大きいです。最近のノートPCに慣れている方は気になるかもしれません。
キーの深さ(キーストローク)は2mm程度。キーピッチは17~18mm程度でしょうか。

矢印キーの高さ、Backspace周辺のキーの横幅、Enterキーが若干小さいことは注意です。

右上にある三つのキーは、「Microsoft マウス キーボード センター」という純正ソフトから動作を変更することが可能です。
しかし自由が効くのは左端の「ホーム」キーのみであり、中央の「ミュージック」キー、右端の「メディア」キーに関しては、①設定したソフトの起動 ②設定したWebページを開く ③設定したファイルを開く の三つのうちのいずれかしか選択肢がありません。
ちなみに動作自体は無効化することが出来ます。

Fnキーのロックを解除することも可能です。Fn+Capsを押すたびに切り替わります。
しかし画面上にもキーボード上にも目印がないので、今現在どちらなのかは適当なキーを押すまで分かりません。
キーボードの電源をオフにすると設定は戻ってしまいます。

また
・Fn+Space: PrintScreen
・Fn+←: Home
・Fn+→: End
・Fn+←: PageUp
・Fn+←: PageDown
のように、特殊キーも使用することはできます。

左上(Escキーの左)には左クリックキーがあります。
これを左手で押しながら右手でタッチパッドを操作することで、ドラッグアンドドロップが容易になります。

▼タッチパッド
多くの方に不評ですが、個人的には全く問題ありませんでした。
これは、日常的にマウスを使用しているか、タッチパッド(=ノートPC)を使用しているかで評価が異なるのではないかと思います。
私は元々作業のほとんどをノートPCで行っていることもあり、不自由なく使用しています。感度、精度ともに良好です。
日常的にノートPCを使用している方にとっては満足出来るのではないでしょうか。

大きさは縦横8cm弱の正方形。
全体が押し込める作りになっていて、左クリックの役割を果たします。
表面はサラサラとしています。
ザラザラとした製品もありますが、個人的にはこちらの方が好みです。

二本指スクロールの方向も、最近のノートPCを使用している人にとっては一般的なものだと思います。現行のMac OS Xと同じです。気に入らない方は設定から変更することが出来ます。

最後に、多くのノートPCに使用されているSynaptic製のドライバーは適用されません。
Momentum(マウスカーソルが惰性で動く機能)などを使用している方は注意です。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月20日
これと似た製品は幾つかありますが、だいたいキー配列が特殊となっており、
Logicool K400も「ろ」がまったく反対側に位置してます。(発売前は、配列がJISだったのですが、寸前にUK配列に、
カナを載せた形となってしまいました。日本市場を軽視してますね、Logicoolは)
ちなみに、K400がK400rとリニューアルされましたが、ファンクションキー押した時にFnキー押しながらのが逆と
なってしまってます。

1.K400に有って、本製品に無い物→「Insert」、「Home」、「End」、右メニュー。

2.本製品に有って、K400に無い物→タッチパッド上の二つの機能キー。

3.両製品での微妙な動作違い→タッチパッドのスクロールが上下逆。

4.両製品での決定的な違い→K400はキー配列が特殊、本製品は標準である!

とにもかくにも、カナ配列の方には、本製品しか選択肢がないという・・・。
2コメント2件|64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月17日
Photoshopで使うために買ったのに、一番つかうスペースキーを押しながらポインターを動かすハンドツールが機能しません、キーを押しながらではトラックパッドが動かない仕様のようです、当然ズームツールもダメです。

トラックパッドはざらざらしていてスムーズじゃありません

品質はいいので残念です
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月5日
古いMacBookをHenge docksでキッチンのTVに繋いでHulu等の視聴に使ってます
食卓の上に転がしておくのでトラックパッド必須で何点か渡り歩きましたが純正を除けばコレが一番良かったです
Mac OSのゼスチャーには対応しませんが二本指でのスクロールや右クリックは問題なく動きボリュームボタンも使えます
トラックパッド下部の左右クリックの他にキーボード左上にあるクリックボタンが便利でドラッグ操作等に重宝します
リターンキーが小さいのですがキーの打鍵感は見た目程チープでもなく平らな底面と排水穴は食卓にピッタリw
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
スタイル名: 旧モデル|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
●よいところ
パッと見の特長はタッチパッド一体型の部分だと思いますが、
実際に使ってみるとそれ以上に下記の点がとてもよいと感じました。

・底面がほぼフラットで膝の上で使っても違和感がない
・防滴仕様で水濡れに強い
・メーカー3年保証

底面がフラットなキーボードというのはありそうで意外にないもので、
Mac用も含めた手持ちのキーボード数台を確認してもただの1台もありません。
それらの底面はみんな段差や尖った出っ張りがあって、膝の上に載せると
角や突起の感触がモロに伝わってきてとてもそのまま使う気にはなれません。
しかしこちらはゴム足部分のわずかな隆起を除いて底面はほぼフルフラット。
膝上で使っても異物感のようなものはまったくありません。
全体にエッジが尖った箇所はほとんどなく手触りは優しいです。
防滴に関しては、水がかかっても中に溜まらず底面の排出口から流れ出る仕組みになっています。

このように通常のデスクトップ用キーボードに比べると家電的なフィーリングが強く、
気楽に使えるのは素晴らしいと思います。

●イマイチなところ
・Enterキーがはっきり小さいのでこれを多用するユーザーには厳しい
・タッチパッドの分解能はあんまり高くない
・カスタマイズ要素が実は思ったほど多くない
・Win7やMacだと使える機能が減る
・個人的にはBluetooth仕様にしてほしかった

●使用感
タッチパッド以外の特徴として本体左端に左クリックキーと音量操作キー、
タッチパッド上部に特定のアプリや指定フォルダを呼び出せる3連ホットキーを完備。
独立した左クリックキーはなかなかよいアイデアだと思います。
今回Win7デスクトップ、Win8.1タブレット、およびMac mini (OSX 10.9.3)で使ってみましたが、
一番フィットしたのはWin8.1タブレットでした。
Win7の場合はWin8に比べて使える機能が多少減ってしまうため、
タッチパッド一体型がさほど便利だとは思えませんでした。
Macだとタッチパッドは一応使えるものの、純正にある3本指/4本指スワイプとかには反応しません。
左端の左クリックキーや音量系はその通りの動作になりましたが、
タッチパッド上部のホットキーは無反応でした。Macでは間に合わせレベルって感じですね。
Win8.1タブレットの場合は、そもそもWindows8.1のタブレットOSとしての完成度がイマイチなため、
しばしば外付キーボードがほしくなります。そういう時に本機があると
1台でマウス操作までまかなえるのでなかなか便利です。

●総評
1台でマウス操作までカバーするフリースタイルキーボードと考えると、
Win環境では悪くない製品だと思います。
打鍵感やキー配列に多少の不満はありますが、3000円台でタッチパッドが付属して防滴仕様、
膝上でも快適に使えるというのはお買い得じゃないでしょうか。保証も3年あるし。
ただ、接続が専用レシーバ方式でUSBポートを1つ占拠してしまうのが・・・。
デスクトップPC専用ならそれでもいいんですが、タブレットで使おうとすると
ただでさえ少ないUSBポートが埋まってしまうので、Bluetoothタイプにしたほうがよかったんじゃ?
なおかつ相手先機器をスイッチで切替可能にすれば、便利さはさらに上がると思うんですが。
Win8.1のスクリーンキーボードの使い勝手の悪さを考えると、
純正ならなおさら対象機器を広げて考えてほしかったです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[追記] キーカスタマイズ用ソフトのダウンロード先について

ホットキーなどをカスタマイズするには「マウス キーボード センター」のインストールが必要ですが、
このソフトのダウンロード先がものすごくわかりづらいので追記しておきます。
パッケージおよびマニュアル記載のURLはMicrosoftハードウェア製品関連の「ダウンロード」総合トップページで、
そこには確かに「マウス キーボード センターをダウンロードして Windows 8 を最大限に活用してください」の表示が。
しかしこれは罠で、なんとそのページに「マウス キーボード センター」のダウンロードリンクはありません。
実際はこのページの一番下のほうにある[ダウンロード−ソフトウェアのダウンロード]をクリックすると
「マウス キーボード センター」の別ページにジャンプします。
そこに小さな表示で32ビットバージョン/64ビットバージョンそれぞれのダウンロードリンクがあります。
いかにもMicrosoft的な不親切さですね。これでどうやって「最大限に活用してください』って言えるんだ??
なおWindows7での動作に関しては何も記載がありませんが、一応Win7 64bitでも使用できました。
0コメント|37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)