Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.371
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年11月10日
Macbook Pro Mid.2012
Appleを使い始めて20年超、初めてHDDが故障。
intelになってからは2年で本体を交換しているので、
今までも、もう少し長く使っていれば故障はあったかも。
という事で、ちょうど入れ替えの時期。
新規モデルが使用中のモデルと大差ないので、
値段もこなれてきたSSDを試してみた。
工具不要、静電気等基本的な事を知っていれば、
HDDとの入れ替え作業は10分程かと。
HDDでデスクトップ表示まで、数分はかかっていたものが、(3~4分)
SSDでは20秒。
よい買い物をした。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月18日
3年前の機種ですが、使ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
データも溜まって来たし、動作ももっさりして来たので壊れる前にと思い換装しました。
1ヶ月程前にMacBook Pro 15inch Mid 2010もSSDに何の支障もなくあっさりと交換でき、
あまりの爆速に変身したので、これは費用対効果ありと思っています。

メーカーの動画はMacBook Pro向けの交換方法しかないのですが、ネットで検索しながら
交換方法を確認すれば問題ありません。トルクスドライバーはもともとキットに付いていますが、Mac miniに換装する場合は、各種セットになっているものを予め用意される事をおススメします。

本体開けて思ったのですが、元のHDDの下にSSDが入りそうなスペースがあります。
基盤にコネクターも2つ用意されており、SSDと基盤を繋ぐケーブルがもう一つあれば
フュージョンドライブも可能の様です。資金が溜まったら、SSDをもう一台入れてみたいですね。
Transcendさん増設キットも需要あると思いますよw

結果的には本体動作も爆速になり、Mac本体のポテンシャルの高さを実感しています。
これだけサクサク動けば新しいマシンはしばらく必要ないかもw
SSDちょと高いですけど、購入は正解でした!!
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月12日
Macbook Pro 15inch mid2010のHDからの換装です。
最初、マニュアルが貧弱なので大丈夫かな?と思いましたが、
TranscendのHPのyoutube動画などを参考に事前学習したお陰で滞りなく作業できました。
念のためiPadで作業中に確認しながら作業したので、より安心してできました。
唯一困ったのは、取り出したHDを外付ケースに入れる際に、結構キツキツだった事です。
HDを徐々に入れながら、引っかかる箇所で何となくケースをヒネる感じで、騙し騙し最後まで入れることが出来たのですが「これ後から取り出せるだろうか?」と不安を感じました。
※たぶんもう取り出さないでしょうが。
付属のドライバーなどは、次の機会にも使えると思うので工具箱に取っておきます。
もちろんSSDm快調で、起動は快速です。(体感だけどHDとは比べ物になりません)
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月20日
既評価者のレビューには全て目を通し取り付けは上手くいきました。
既評価者の皆様に感謝します。
私の購入した機種はJetDrive420です。
風車の表示が少なくなりましたので、一定のスピードアップが図られたと思います。
「トランセンドのJetDrive 420で、あなたのMacBookをアップグレード!」という動画ガイダンスとマニュアルを見て、メモに手順を記録してから、取り付けを実行しました。動画ガイダンスとマニュアルが異なるときは、動画ガイダンスを優先しました。
(1)JetDriveのケースへの取り付けについて
ケースにJetDriveを挿入するときに、アダプタ基盤の立方体のクッション材(オレンジ色)がケースに当たって入らないので、クッション材を軽く押して少しつぶすとスムーズに入りました。
(2)JetDriveのMacへの取り付けについて
1) メモの手順どおり実行しましたが、次のようなことも行いました。
JetDriveをUSBでMacに接続する前に
① 電源設定をスリープしないに変える。(取り付け完了後に設定を戻しました)
② Macをシャットダウンする。
2) バッテリのコネクタの位置が機種の違いからか、動画ガイダンスとは違いました。(注意が必要と思います)
3) JetDribe Toolboxソフトウェアをインストールしましたが、マニュアルのようなTRIMのON・OFF画面は見当たりませんでした。
(3)取り外したハードディスクのケースへの取り付けについて
既評価者のコメントにもあったように、私の機種の場合はケースに入れるのがきつかったこと、また、将来Macの買い替えの際は、JetDriveを取り外してケースに入れ、外付けSSDとして使用することを考え、無理に取り付けないことにしました。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月6日
換装して2011MacBook Pro 13が蘇りました。体感速度は確実に速くなりました。換装についてはメーカーが公開している動画(https://youtu.be/_-HApU-Pmto)を見ると簡単にできます。

しかし、一つだけ落とし穴があります。Yosemiteになってから、FileVaultをオンにしている人が増えていると思いますが、これがオンだとセキュリティの関係でHDDの復元が不可能となります。動画の通りにディスクユーティリティ立ち上げ、SSD初期化して、いざ「復元」からHDD内容をSSDにコピーしようとしてもHDDがグレーアウトされソースとして選択できず、コピーできません。必ず、換装前に「システム環境設定>セキュリティとプライバシー>FileVault」を確認し、「入」になっていたら切ってください。切ると暗号の解除に数時間かかりますので、ポチったらすぐに取りかかった方がいいでしょう。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月12日
MacBookPro 2011 late の動きが遅くなってきたので、新しいMBPにするか迷いましたが、まだ現役で頑張れそうなので、思い切って購入。

http://youtu.be/qBXxn0jXS60
↑ ↑
コレで簡単に換装できました。
※ データのコピーは5hくらいかかりました(500GB)

立ち上がりは15秒に、これだけでも快適
静かで、発熱もさほどきになりません。
とにかく読み込みが速いです、念のため、USBのクーラーを下に敷いて使用してます。

外付けのケースもいいです、USBケーブルが少し安っぽいですが、ドライバーも2本付いおり他に何も買う必要がなく、このセットだけで換装できるので、満足しています。

MBPの買い替えを検討してる方で対応機種の方にはオススメです。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月30日
未だに壊れることない2008年製のMacBookを(ちょっとだけでも)延命させてみるべく当SSDに換装させてみました。
結果から言えば「そこそこ使えるレベルまで復活」するころができました。
HDDは寿命品。しかも少ない容量をフルに使っていたら寿命だって縮みます。SSD換装は良い選択であったかなと。
付属のHDDケース(USB3.0)が意外に拾いもの。
劣化してきてた元のHDDを入れるくらいなら別のHDDを購入しTimeMachineに使ってもいいかもしれないなぁ、
・・・なんて思っちゃったくらい。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月26日
メーカの注意書きに「購入するドライブは移行するHDDより大きいものを購入してください」とあったが、私のMACは320GのHDDのうち72Gしか使用していなかったので、容量的には240Gで十分であるしコストのかかる480Gはどうしても購入できず、キャンペーン適用で16,800円の240Gを購入。結果、取説やYouTubeの動画のようにはできないため、

0 元HDDで起動しOS及びアプリを最新に更新
1 HDDとSSDを換装し、元HDDをケースに入れ接続
2 「Command+R」でリカバリモードで起動
3 ディスクユーティリティでSSDをMAC拡張で初期化&ジャーナルを開始
4 SSDにMacOSをクリーンインストール
5 初回起動時に移行ユーティリティが現れるので、ここで元HDDからアプリや設定や書類を移行

以上の手順で小さいSSDに移行を完了し、快適な速度を手に入れ良いコストパフォーマンスとなりました。(※私の経験を記載したもので結果を保証するものではございませんし、質問等にもお答えできません。)
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月4日
アプリの起動も早くなり、かなり快適になりました。
ただ、セットに入っているトルクスドライバーがT6のため、MacBook Early 2009 には合わず
ホームセンターでT8ドライバーを購入してきました。
それを差し引いても、大変満足のいく買い物ができました。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月5日
もともとMac miniしか使っていなかったのですが、
MacBook Pro(2013)を買ってからというもの、
HDDの読み書きの遅さにストレスを覚えるようになってきました。

そんな時に見つけたのがこれ。

もともとのHDDと交換するには
別途トルクスドライバーT8を購入する必要があります。
交換についてはYoutubeで「mac mini jetdrive」なんかで検索すれば、
交換する手順を詳しく説明してくれた動画があるので心配もありませんでした。

交換後は読み書きのスピードが体感できるほど早くなりました。
容量は1TB→480GBと下がりましたが、
さくさくと動作するほうがストレスが少ないので重宝しています。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)